15'12 岐阜県警 巡査長、官舎共益費着服か 業務上横領容疑で捜査

 岐阜県警各務原署の20歳代の男性巡査長が同県各務原市で警察官舎に入居中に各世帯から集めた共益費を着服したとして、県警が業務上横領の疑いで捜査していることがわかった。県警は懲戒処分を検討中だ。

 捜査関係者によると、巡査長は16世帯が入居できるこの官舎の会計担当だった昨年、月ごとの共益費の一部を口座から引き出すなどして私的に使った疑いがある。県警は穴埋めを繰り返していたとみて不正に使われた総額を調べており、監察課の実城晋吾次席は「捜査結果を踏まえ厳正に対処したい」とコメントした。

 各務原署では2007年にも別の官舎で共益費など10万円を着服したとして会計担当だった元巡査が業務上横領の疑いで書類送検され、停職3カ月の懲戒処分を受けて辞職している。

スポンサーサイト

15'10 岐阜県警 捜査車両死亡事故:巡査、罰金の略式命令 岐阜簡裁

 岐阜市の県道で昨年12月、捜査車両を運転中に横断していた男性をはねて死亡させたとして、岐阜区検は岐阜北署の男性巡査(24)を自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で略式起訴し、岐阜簡裁は罰金70万円の略式命令を出した。納付状況は明らかになっていない。

 起訴状などによると、男性巡査は昨年12月20日午前1時半ごろ、岐阜市六条福寿町の県道で捜査車両を運転中、大垣市の男性(当時75歳)をはねて死亡させた。岐阜北署の佐名健太署長は「指導を徹底し交通事故の絶無に努めます」とコメントした。

15'7 岐阜県警 巡査長、容疑者宅に捜査資料忘れる 

管理人一言コメント・こんな巡査長が多いんだね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警が連続強盗事件で逮捕した容疑者の自宅を7月上旬に家宅捜索した際、機動捜査隊に所属する30代の男性巡査長が、捜査に関連する書類一式を現場に置き忘れていたことが30日、朝日新聞の取材でわかった。容疑者の親族がこの書類を見つけて写真撮影し、ほかの親族に知らせていたという。県警は巡査長の処分を検討している。

 捜査関係者によると、県警は連続強盗事件を捜査しており、容疑者の逮捕を受けて愛知県一宮市にある自宅を家宅捜索していた。巡査長は応援の捜査員として現場に派遣され、7月上旬に行われた家宅捜索に加わっていたという。

 7月中旬になって別の捜査員が、共犯で逮捕された別の容疑者の親族から事情聴取したところ、県警内部でしか知り得ない情報を知っていたという。そのため、不審に思った捜査員が問いただしたところ、置き忘れがあった容疑者の親族から無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じ、捜査資料を撮影した写真数枚を受け取っていたことが判明したという。書類には捜査員の名前などが記載してあった。両容疑者の親族は知人同士だった。

 県警によると、捜査資料の写真は親族同士でしかやり取りされておらず、外部への情報漏洩(ろうえい)は確認されていないという。県警は取材に対し、「捜査に影響はなく、故意ではなかった」と説明している。

15'5 岐阜県警 自宅通勤なのに単身手当 不正受給の警部を訓戒、降格

管理人一言コメント・責任の取り方を他の警官は見習うべきだ。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警が、自宅から通勤していたにもかかわらず、単身赴任手当13万8千円を受け取っていたとして、40代の男性警部を本部長訓戒の処分にしていたことが14日、県警への取材で分かった。処分は2月6日付。警部は自ら降格を申し出て現在は巡査部長として勤務、不正受給した手当も全額返済した。

 県警によると、元警部は岐阜県各務原市内の官舎を借りていたにもかかわらず、実際には、月の半分以上を愛知県一宮市にある自宅から通勤。昨年4月から10月にかけて、毎月2万3千円の単身赴任手当を受け取った。

 県警監察課は「懲戒処分に至る事案ではなかったので、公表しなかった」としている。

14'12 岐阜県警 捜査用車両に男性はねられ死亡

管理人一言コメント・常に安全運転で。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 20日未明、岐阜市で道路を横断していた75歳の男性が警察の捜査用車両にはねられて死亡し、警察は運転していた23歳の巡査から話を聞くなどして事故の原因を調べている。

 20日午前1時半ごろ、岐阜市六条福寿町の県道を歩いて横断していた男性が、警察の捜査用車両にはねられた。
はねられたのは、岐阜県大垣市の不動産会社経営、松岡朝雄さん(75)で、松岡さんは病院に運ばれたが、頭を強く打っていてまもなく死亡した。

 警察によると、事故を起こしたのは岐阜北警察署の車で、所属する刑事一課の23歳の巡査が運転していた。

 車には岐阜県警察本部捜査一課の35歳の巡査部長も乗り合わせ、事故当時は赤色灯をつけておらず、サイレンも鳴らしていなかった。

 現場は片側2車線の直線道路で、警察は運転していた巡査から話を聞くなどして事故の原因を調べている。

 事故について、岐阜北警察署の佐名健太署長は「警察官が死亡事故を起こしたことは大変遺憾で原因は捜査で明らかにします」とコメント。

14'9 岐阜県警 パトカーの無謀追跡で、名鉄電車にバイク接触

管理人一言コメント・軽微な反則行為のバイクを1.5キロも無謀に追跡、一歩誤れば大惨事に、警察は責任を取れ。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 7日午後10時45分ごろ、岐阜市竜田町5丁目の名鉄各務原線踏切にパトカーに追跡されていた2人乗りのオートバイが進入、岐阜発犬山行き普通電車に接触した。オートバイ運転の男は現場から走って逃げた。岐阜中署は後ろに乗っていたとび職の少年(17)から事情を聴いている。2人や乗客約60人にけがはなかった。

 岐阜中署によると、警戒中のパトカーがヘルメットをかぶらずに走行する2台のオートバイを見つけ、停止を求めたが応じないため追跡した。2台は約1・5キロ先で遮断機が下りた踏切に入った。1台は通過して逃走、もう1台が電車の側面に接触して転倒した。同署は「追跡に問題はなかった」としている。

14'7 岐阜県警 パワハラ:30代警部補を戒告

管理人一言コメント・警察でのパワーハラスメントの多いこと!

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警は11日、パワーハラスメントを繰り返したとして、県警本部刑事部の30代の男性警部補を戒告の懲戒処分とした。さらに警部補は自ら申し出、同日付で巡査部長に降格となった。

 県警監察課によると、警部補は4〜5月、部下の30代の男性が運転する捜査車両に同乗した際、道を間違えたり指示通りにしなかったりしたなどとして部下の頭を拳や紙製板で殴ったり、蹴ったりしたとされる。部下が同僚らに相談し、発覚した。警部補は「悪いことだという認識はあったが、エスカレートしてしまった。反省している」と話しているという。

 森泉首席監察官は「ハラスメント対策などを再徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

 福島県警では4月、捜査2課幹部2人が課長のパワハラが原因で自殺した。さらに宮城県警で今月7日、30代の男性警察官が、上司からパワハラを受けていたことを示唆する遺書を残して自殺した。

14'3 岐阜県警 睡眠薬譲渡で警部補免職 横領の職員も

管理人一言コメント・警部補の犯罪多発中!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警は12日、知人に睡眠導入剤「ハルシオン」を譲り渡したとして、麻薬取締法違反(譲渡)の罪で起訴された高山署地域課の警部補山下祐樹被告(33)を同日付で懲戒免職処分とした。監察課によると、山下被告は今年2月、ハルシオン56錠を奈良県橿原市の女性に郵送し、譲り渡したり、インターネットオークションで県警の制服を出品したりした。

 内部調査に対し「住宅ローンのほか飲食代や衣服購入費などで約900万円の借金があり、金が欲しかった」と話した。ハルシオンは以前、自分自身に処方されたものだったという。

 また、県警は同日、書籍購入代金約37万円を着服したとして業務上横領罪で起訴された県警教養課職員岩井久被告(42)も懲戒免職とした。県警の安田憲司首席監察官は「関係者、県民に深くおわびする。組織を挙げて再発防止に努める」とコメントした。

14'2 岐阜県警 警部補を逮捕 向精神薬を譲渡した疑い

管理人一言コメント・警部補だから何でもやります。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警は8日、向精神薬を営利目的で譲り渡したとして麻薬取締法違反の疑いで、県警高山署地域課の警部補、山下祐樹容疑者(33)=同県高山市曙町4丁目=を逮捕した。

 逮捕容疑は1日ごろ、高山市内から奈良県内の女性(40)宛てに、向精神薬の睡眠導入剤「ハルシオン」56錠を郵送し、譲り渡した疑い。「売るために発送したことは間違いない」と容疑を認めているという。

 県警によると、6日に「県警の制服などがインターネットオークションに出品されている」とメールで通報があり、調べると、出品者として山下容疑者が浮上。自宅から大量の処方薬や薬袋が見つかり、事情聴取すると容疑が浮かんだ。ハルシオンは「県内で処方してもらった」と供述しており、入手経路や奈良県の女性との接点などを調べている

13'9 岐阜県警 無謀追跡のパトカーが軽乗用車に追突、1人軽傷−−北方

管理人一言コメント・運転未熟な運転手がパトカーで無謀追跡すると結果が出る!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・

 27日午前9時45分ごろ、北方町芝原中町の町道交差点で、違反車両を追跡していたパトカーが大野町の女性会社員(65)運転の軽乗用車に追突した。女性は首などに軽傷。パトカーを運転していた北方署地域課の男性警部補(57)らにけがはなかった。

 同署によると、パトカーは携帯電話を使いながら運転していた車両を追跡。違反車両との間に車が3台あったため、対向車線から追い越そうとし、交差点で右折した軽乗用車の右側面にぶつかったという。パトカーは赤色灯を回し、サイレンは鳴らしていなかった。

 各務(かくむ)武雄副署長は「相手の方にけがをさせ、大変申し訳ない。職員の安全運転指導を徹底し、事故防止に努める」と話している。

13'5 岐阜県警 女子大生の右太もも触った巡査長を減給処分

管理人一言コメント・処分が軽い!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警は31日、映画館で女子大生の体を触ったとして現行犯逮捕された多治見署地域課の高井邦幸巡査長(26)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。巡査長は同日、依願退職した。

 巡査長は10日午後、名古屋市中村区の映画館で、上映中に隣の席の女子大生(18)の右太ももを触ったとして、愛知県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された。31日、名古屋簡裁から罰金10万円の略式命令を受け、即日納付した。

 大坪道明監察課長は「警察職員として言語道断の行為。再発防止に全力を尽くす」としている。

13'5 岐阜県警 巡査長を逮捕 映画館で女性触る、容疑否認 愛知県警

管理人一言コメント・警官だから何でもやります。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 映画館で女性の体を触ったとして、愛知県警中村署は10日、県迷惑行為防止条例違反容疑で、岐阜県警多治見署地域課の巡査長、高井邦幸容疑者(26)=多治見市幸町=を現行犯逮捕した。中村署によると、「手が当たったかもしれないが触ってはいない」と否認しているという。

 逮捕容疑は、10日午後3時20分ごろから4時45分ごろまでの間、名古屋市中村区の映画館で、隣の席に座っていた同市の女子大生(18)の脚を触った疑い。

13’3 岐阜県警 関係者の聴取怠り調書捏造、元巡査部長に刑猶予

管理人一言コメント・仕事を迅速に出来ない、能力が低いからこんなことに。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交通事故関係者の聴取を怠り、供述調書を捏造したとして、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた岐阜県警の元巡査部長、中谷嘉治被告(37)=同県関市=に、岐阜地裁は8日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 山田耕司裁判長は判決理由で「警察の職業倫理が疑われ、供述調書の信用が害された。刑事責任は重い」と指摘。一方で、執行猶予の理由を「捜査段階から事実関係を認め反省している。職を辞すなど社会的制裁も受けている」とした。

 判決によると、岐阜北署交通課に勤務していた2011年11月と12年2月、衝突事故2件について、車を運転していた当事者や目撃者計6人の聴取をしていなかったのに、それぞれ1通の供述調書を作成し、上司に提出した。

 県警が昨年4月、書類送検するとともに停職3カ月の懲戒処分とし、中谷被告は依願退職。昨年12月に在宅起訴された。

12'12 岐阜県警 巡査部長わいせつ行為 岐阜南署、交通事故の女性当事者に

管理人一言コメント・ワルが多いこと。

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜南署の交通事故を調べていた40代の男性巡査部長20+ 件が、事故当事者の女性にわいせつな行為をしていたことが27日、分かった。

 関係者によると、巡査部長20+ 件は、岐阜市内であった交通事故の捜査の過程で当事者の女性と知り合い、その後、わいせつな行為をした疑いが持たれている。県警は強制わいせつ容疑も視野に、この巡査部長20+ 件から任意で事情を聴いている。

 県警監察課は「事実関係を調査中で、詳細は控えたい」などとしている。

12'10 岐阜県警 警部 女性と不適切交際で降格

管理人一言コメント・勤務中にメール約900通なのに懲戒免職に何故出来ぬ!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警は10日、警察署に電話してきた女性と勤務時間中にメールのやりとりをするなど不適切な交際をしたとして、警務部警務課付で前岐阜羽島署生活安全課長の男性警部(47)を停職1カ月の懲戒処分にし、警部補に降格した。また監督責任を問い、前岐阜羽島署長(現刑事部参事官)ら2人を本部長注意などにした。

 県警監察課によると、警部は今年2月から約1カ月間、電話で署に相談を持ち掛けてきた岐阜市内に住む20代の女性と、勤務時間も含めメール約900通をやりとりし、同市内で会った。女性に交際を申し込む内容のメールも含まれていたという。

 3月、女性が県警本部に相談し発覚した。警部は監察課の調べに「警察官としての自覚を失い内容がエスカレートしてしまった」と話している

12'6 岐阜県警 覆面パトカーと軽ワゴン車と衝突 主婦が軽傷

管理人一言コメント・緊急走行は危険を伴う、知って事故を起こす責任は警察です。

            ・・・・・・・・・・・・・・

 15日午前10時50分ごろ、岐阜県養老町下笠の県道交差点で、県警養老署の覆面パトカーと、左から直進して来た近くの主婦(55)の軽ワゴン車が出合い頭に衝突し、主婦が首に軽傷を負った。パトカーを運転していた巡査部長(49)と同乗の巡査長(30)にけがはなかった。

 同署によると、覆面パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして赤信号の交差点に進入した。「国道258号を逆走している車がある」との110番通報で出動していた。

 亀井洋志・同署次長は「けがをさせた方には申し訳ない。緊急走行中の事故防止について指導を徹底し、再発を防ぎたい」と話している。

12'6 岐阜県警 交差点でパトカーと車衝突、巡査長と女性がけが

管理人一言コメント・緊急走行は危険を伴う。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 1日午前3時15分頃、岐阜市若宮町の県道交差点で、岐阜県警のパトカーと、同県羽島市竹鼻町、会社員女性(33)の乗用車が衝突し、パトカーを運転していた岐阜中署地域課の男性巡査長(39)と女性がそれぞれ足などを打ち、軽いけがをした。


 発表によると、交差点で停車中だったパトカーが、信号無視をして交差点に入った別の乗用車を発見。赤色灯を点灯させた上、サイレンを鳴らして交差点に進入したところ、左から来た女性の乗用車と衝突した。女性側の信号は青だった。

 同署は、パトカーが安全を確認しないで交差点に入ったのが原因とみて調べている。同署の田代成樹副署長は「相手の方におわび申し上げます。事故原因について適正に捜査します」とのコメントを出した。

12'4 岐阜県警 巡査部長「取り調べ苦手」、事故の供述調書偽造

管理人一言コメント・何されるか分らない今日このごろの警察のやること。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交通事故の供述調書を偽造したとして、岐阜県警は18日、岐阜北署交通課の男性巡査部長(36)を虚偽有印公文書作成・同行使容疑などで岐阜地検に書類送検するとともに、停職3か月の懲戒処分にした。


 巡査部長は同日付で依願退職した。

 発表によると、巡査部長は昨年7月と10月、岐阜市内で起きた2件の自動車運転過失傷害事件の捜査で、事故当事者から事情聴取せず、供述調書計6枚を偽造するなどした疑い。

 偽造調書は、事故直後に当事者の立ち会いで作成した実況見分調書に基づいて作ったという。巡査部長は交通取り締まりを担当する交通指導係だったが、2件の事故は当直勤務の際に起きたため、捜査に携わった。県警の調べに「取り調べが苦手で、上司から早く作成するよう言われ偽造した」と説明しているという。

 自動車運転過失傷害容疑で書類送検された事故当事者から岐阜区検が事情聴取した際、署では聴取をしていないことが発覚した。

 相川哲也警務部長は「捜査への信頼を失墜しかねない極めて不適切な行為。再発防止に努めたい」とコメントした。


12'3 岐阜県警 ラーメン食べてる間に警察手帳盗まれる

管理人一言コメント・アホ丸出しの警部補だこと、重要なものを車に放置するアホ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・

 28日午後1時ごろ、岐阜県関市小瀬のラーメン店駐車場で、多治見署地域課の男性巡査(24)の軽乗用車が車上荒らしに遭い、同乗していた同署刑事1課の男性警部補(53)の警察手帳が入ったショルダーバッグがなくなっているのが確認された。

 多治見署が窃盗容疑で捜査している。

 同署によると、警部補らは関署で業務の打ち合わせをした後、昼食のため午後0時20分ごろ、ラーメン店の駐車場に車を止めた。約40分後に戻った際、助手席の窓ガラスが割られ、助手席の足元に置いていた警部補のバッグがなくなっているのに気付いたという。警察手帳の他には、預金通帳3通が入っていた。

 多治見署によると、内部規定で、警察手帳は勤務中に携帯するよう定められており、城下雅徳署長は「手帳の早期発見に努めるとともに、適切な携帯と管理を徹底する」としている。

12'3 岐阜県警 パトカー、一方通行逆走し衝突 

管理人一言コメント・安全不確認が原因の事故は不問? 甘い処分が不祥事につながる!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 7日午前10時10分ごろ、岐阜市茜部大野の市道で、岐阜南署地域課の男性巡査長(27)が運転するパトカーが一方通行を逆走し、交差点を通過しようとした岐阜市則武西、会社員男性(30)の乗用車と出合い頭に衝突した。事故によるけが人はいなかった。

 岐阜南署によると、パトカーは、サイレンを鳴らさずにパトロールしており地域課の男性巡査部長(31)も同乗。交差点には歩行者用信号だけがあった。

 巡査長は「一方通行の標識を見落とした。一時停止はしたが、乗用車に気付かなかった」と話しているという。岐阜南署は巡査長に交通反則切符を交付する。藤井重幸副署長(56)は「安全運転の指導を徹底し、再発防止に努める」と話した。

11'9 岐阜県警 ミニパトで信号無視 山県署の男性巡査長

管理人一言コメント・ボーとして運転すると結果が出る、不適格者は即刻クビに!!

              ・・・・・・・・・・・・・

 18日午後0時55分ごろ、山県市東深瀬の国道256号の信号交差点で、山県署地域課の男性巡査長(57)が運転するミニパトカーと、右側から来た軽乗用車が出合い頭に衝突した。近くに住む軽乗用車のパート女性(41)と同乗の小学校5年の長男(11)、同3年の長女(9つ)が首などに軽傷を負った。

 署によると、パトカーは赤信号で交差点に進入しており、署は巡査長を自動車運転過失致傷などの容疑で調べている。巡査長は「信号機に気が付かなかった」と説明しているという。

 巡査長は同市出戸の駐在所に勤務し、1人でパトロール中だった。交差点は普段からパトロールしている道だという。現場にブレーキ痕はなく、時速約40キロで交差点に進入していた。

 署は「大変な事故を起こして申し訳ない。署員に対して、事故防止を徹底したい」とコメントした。

11'6 岐阜県警 警察学校の未成年警察官らが飲酒、喫煙

管理人一言コメント・高校時代の不良ばかりが採用されている、これが警察組織!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警察学校の未成年の警察官らが飲酒や喫煙をし、口頭注意を受けていたことが29日、県警への取材で分かった。

 県警によると、19歳の男性警察官11人が5月21日午後、庭でバーベキューをし、7人がビールや韓国酒マッコリを飲み、うち4人がたばこも吸った。

 この日深夜には乗用車で岐阜市のカラオケ店に出掛け、4人は喫煙、1人が持ち込んだ酒を飲んだ。飲酒していない警察官が運転したという。

 今月6日に発覚、学校が事情聴取し、21日に口頭で注意した。警察官らは高校を卒業した後、昨年4月に県警に採用された。各署で実習を受けた後、5月から警察学校で学んでいた。

 種子島晃彦副校長は「警察官としての規範意識が低かった。再発防止のため指導したい」と話している。

11'6 岐阜県警 交番警官 発砲 神戸町の路上、刃物男けが

管理人一言コメント・警官5人、相手はひとり、刃体14センチの包丁を振りまわしたからとけん銃発砲、警察官を殺人未遂罪で検察庁に送検すべきだ!!

           ・・・・・・・・・・・・

 13日午後6時10分ごろ、安八郡神戸町北一色の路上で「男が刃物を持って歩いており、若い女性が逃げ回っている」と、付近の住民から大垣署神戸交番に通報があった。署員が駆け付け、男を職務質問しようとしたところ、男は刃物を振りかざして向かってきたため、男性警部補36 件(32)が拳銃1発を発砲。弾は男の右膝に当たり、2週間のけが。同署は男を公務執行妨害と銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、同町北一色の無職の男(40)。奇声を上げたり、意味不明な言動をしていたという。逮捕容疑は刃体14センチの包丁を振りかざし、職務質問を妨害した疑い。

 同署によると、通報を受け署員5人が男を路上で取り囲んだ。警部補36 件が「包丁を捨てろ。捨てないと撃つぞ」と警告したが、男が向かってきたため発砲したという。発砲について、同署の中島秀俊副署長は「容疑者逮捕のための適正な職務行為だった」としている。

11'5 岐阜県警 高山署の巡査拳銃自殺

管理人一言コメント・ご冥福を。

            ・・・・・・・・・・・・・

 高山市片原町の高山署安川交番の2階仮眠室で、当直勤務中の谷口翔太巡査(22)が頭から血を流して倒れているのを同僚の男性警部補(52)が発見、その後死亡した事件で、同署は巡査が自殺を図ったとみて、詳しい動機などを調べている。

 同署の調べで、事件は6日午後10時ごろ発生。警部補と1階で書類を作成していた谷口巡査が、印刷をするために2階へ上がった直後、発砲音が1発聞こえた。警部補が駆け付けて発見、近くに巡査が所持していた拳銃が落ちており、5発のうち4発の弾が残っていた。遺書は見つかっていないという。死因は脳挫傷と出血性ショック。

 谷口巡査は2009年4月に採用され、今年4月から安川交番に勤務していた。沢井孝明副署長は「拳銃を使った自殺が起きたのはとても残念だ」とコメントした。

11'3 岐阜県警 定年前に交番巡査部長一発 拳銃暴発

管理人一言コメント・弛み切ってる交番警官!!

       ・・・・・・・・・・・・・

 4日午前4時45分ごろ、岐阜県本巣市文殊、北方署本巣交番で、地域課の男性巡査部長(60)が仮眠前に保管庫に拳銃を入れようとした際、銃弾1発を暴発させた。弾は窓ガラスを破って外に出たが、けが人はなかった。

 北方署によると、巡査部長は弾の数の確認をした際、引き金に入れた指に力が入り暴発。「誤って指が掛かってしまった」と話しているという。交番には巡査部長のほか、勤務中の巡査(20)がいた。交番の周囲には住宅や病院があった。

 国家公安委員会の規則は、射撃時を除き引き金に指を入れてはいけないとしており、北方署の真鍋博文副署長は「拳銃の取り扱いについてさらに指導を徹底し再発防止に努めたい」としている。

11'2 岐阜県警 県内3署で調書偽造 計4件で疑い、5警官を書類送検

管理人一言コメント・警察は何をしでかすかわからん、悪ばからいだ!!

             ・・・・・・・・・・・・・・

調書差し替えなどをした警察官の処分を発表し、謝罪する杉山俊博首席監察官(右)と赤堀彰茂監察課長=23日午後、県警本部
◆県警が懲戒処分

 県警は23日、多治見、下呂、関署で立会人を得ないまま実況見分調書を作成したり、供述調書を差し替えるなどの不正が4件あったとして、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで男性巡査部長15 件3人と男性巡査長2人の計5人を書類送検。県警監察課は5人を減給や戒告の懲戒処分にした、と発表した。

 同課によると、多治見署機動警ら課の巡査長(26)と巡査長(25)は昨年6月、物損事故の2回目の実況見分調書を作成する際、実際に立ち会いしていない当事者の名前を書いて調書を作成。1回目の実況見分で事故の状況を把握していたといい、「これ以上、当事者に迷惑掛けたくなかった」と理由を話している。26歳の巡査長を減給10分の1(3カ月)、25歳の巡査長を戒告とした。

 下呂署では昨年7月、地域課の巡査部長(59)が道交法違反事件の供述調書を作成後、5枚のうち1枚を差し換え、原本を廃棄。当時交通課の巡査部長(37)=現在各務原署勤務=は供述調書を訂正する際、作成者に再録取を指示せず自ら2本線で訂正した。59歳の巡査部長を減給10分の1(3カ月)、37歳の巡査部長を同(1カ月)とした。

 関署では、地域課の巡査部長15 件(51)が昨年11月、窃盗事件の参考人供述調書を作成後、内容を付け加えるために2枚を差し替えた。巡査部長を減給10分の1(1カ月)とした。

 いずれも検察から指摘があり、不正が発覚。多治見署の事案では、検察が送検された男性を不起訴処分とした。下呂署と関署の事案は、いずれも検察側が補充して供述調書を作成し、捜査に影響はなかった。

 相川哲也警務部長は「捜査への信頼を失わせる行為で誠に遺憾。適正捜査や幹部によるチェックなどの業務管理を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

10'12 岐阜県警 巡査、通帳詐欺で逮捕=「振り込め」被害400万円

管理人一言コメント・こんなのが多い!!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 知人名義で預金通帳とキャッシュカードを銀行から詐取したとして、岐阜県警捜査2課などは8日、詐欺容疑で、県警関署地域課巡査尾関博計容疑者(23)=同県各務原市那加太平町=を逮捕した。県警によると、「他人に売るつもりで口座を作った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、県警に採用される前の2008年4月、板金工寺島秀容疑者(23)=詐欺容疑で逮捕=と共謀。愛知県江南市の銀行で、他人に販売するため寺島容疑者名義で口座を開設し、通帳1通とキャッシュカード1枚を詐取した疑い。

 尾関容疑者は通帳を別の知人に販売。同年6月、神奈川県と滋賀県で起きた振り込め詐欺事件で使われた。被害総額は400万円に上ったという。同容疑者は今年4月に採用された。

10'7 岐阜県警 盗撮で県警巡査長が停職処分

管理人一言コメント・情けない警察だこと。

             ・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警は2日、県警高山署地域課の男性巡査長(37)が、名古屋市内などのデパートで女性のスカート内を盗撮したとして、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。県警監察課によると、愛知県警が同日、同県迷惑防止条例違反などの容疑で巡査長を書類送検した。巡査長は容疑を認めており、同日付で退職した。

 同課によると、巡査長は6月6日午前11時45分ごろ、名古屋市内のデパートの婦人用品店で、女性店員のスカートの中を携帯電話で動画撮影したという。警備員が愛知県警に通報し、取り調べを受けた。5月24日にも大阪市内のデパートで女性店員に対し、同様の行為をしていたという。巡査長は非番で「高機能携帯電話に興味があり、女性にも興味があった」と話している。

10'7 岐阜県警 巡査長が盗撮容疑、携帯動画エスカレート

管理人一言コメント・仕事が暇でやることは盗撮!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 女性のスカートの中を盗撮したとして、愛知県警は2日、岐阜県警高山署地域課の男性巡査長(37)を愛知県迷惑防止条例違反容疑などで名古屋地検に書類送検した。


 岐阜県警は同日、巡査長を停職3か月の懲戒処分とし、巡査長は同日付で依願退職した。発表によると、巡査長は先月6日午前11時45分頃、名古屋市内のデパートで女性店員のスカート内を撮影した疑い。警備員が盗撮行為を見つけた。巡査長は大阪市内のデパートでも今年5月24日午後1時20分頃、女性店員のスカート内を盗撮した疑いが持たれている。

 巡査長は今年4月、動画の撮影機能がついた携帯電話を購入。風景を撮影しているうちにエスカレートしたといい、「女性を撮影することに興味があった。ほかにも数件やった」と供述しているという。

 岐阜県警の杉山俊博・首席監察官は「被害女性と県民におわびを申し上げるとともに、再発防止に努める」としている。

2010.6 岐阜県警 巡査部長 捜査車両で事故で戒告処分

管理人一言コメント・常に安全運転で。

            ・・・・・・・・・・・・

 捜査車両を運転中に歩行者をはねて重傷を負わせたとして、県警監察課は18日、高山署の男性巡査部長(35)を戒告処分としたと発表した。

 同課によると、巡査部長は、昨年11月9日午後5時10分ごろ、高山市花岡町の市道で捜査車両を運転中、前方を横断していた女性(72)をはね、脳挫傷など全治3カ月の重傷を負わせた。巡査部長は、捜査を終えて署に戻る途中で、女性に気付かなかったという。

 巡査部長は同日付で自動車運転過失傷害容疑で岐阜地検高山支部に書類送検された。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード