16'6 兵庫県警 パトカーがバイクに衝突 男性重傷、

 15日午前4時ごろ、兵庫県尼崎市浜田町の国道交差点で、職務質問のためUターンしたパトカーがバイクと衝突した。この事故で、バイクに乗っていた男性会社員(47)=同県伊丹市=が太ももの骨を折る重傷。

パトカーを運転していた県警尼崎南署の升田浩一巡査部長(35)と同乗していた男性巡査(26)にけがはなかった。

 同署によると、反対車線脇の歩道を走っていた自転車がパトカーを見つけて急転回したため、職務質問しようとパトカーが交差点でUターンし、反対車線に入ろうとした。その際、同車線を走っていたバイクと衝突した。信号は青だったという。

スポンサーサイト

15'12 兵庫県警 警部補が不正強要「言うとおりにしとったらええんや」と

管理人一言コメント・兵庫県警は犯罪者集団の王者!

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「俺の言うとおりにしとったらええんや」。捜査諸雑費を詐取したとして兵庫県警が書類送検し、懲戒免職処分となった男性警部補(52)は上司の立場を悪用し、部下たちに不正に加担するよう強要していた。

捜査費詐取容疑で書類送検 兵庫県警警部補ら5人
 捜査関係者によると、警部補は少年捜査のベテランで、若手に捜査手法を教える「伝承官」でもあった。一方で、ミスをした部下に仕事を与えないなどの嫌がらせをしたり、暴言を吐いたりすることもあった。不正受給をした元部下らは「断れなかった」と口をそろえたという。

 兵庫県警では不祥事の発覚が相次いでいる。

 10月には、交通違反の実況見分をしていない同僚に名義を借りて捜査報告書に署名させたとして、現職警官ら70人が虚偽有印公文書作成・同行使容疑などで書類送検(その後不起訴)され、関与した78人を処分した。この事件では、ベテラン警察官2人がこの手口を蔓延(まんえん)させていたという。

 11月には、万引き事件の捜査を放置した3人が犯人隠避容疑で書類送検され、主導した警部補が停職6カ月の懲戒処分に。放置を決めた警部補の判断に対し、部下2人は「逆らえなかった」と話したという。

15'12 兵庫県警 警官5人が捜査費詐取=詐欺容疑で書類送検-80万円返還、15人処分

管理人一言コメント・ワルばかり!

        ・・・・・・・・・・・・・・・

警部補らが勤務していた兵庫県警宝塚署=同県宝塚市 兵庫県警生活安全企画課の男性警部補(52)らが架空の伝票を作成し捜査費をだまし取ったとして、県警監察官室は11日、詐欺容疑などで警部補ら5人を書類送検した。同日付で警部補は懲戒免職、関与した警察官14人は減給などの処分とした。不正に受け取った計約80万円は全額返還させた。

 監察官室によると、警部補ら5人は宝塚署生活安全課で昨年5月~同10月、「容疑者を尾行中にゲームセンターに入り、ゲーム代として使った」と偽って架空の伝票を作り、捜査費(捜査諸雑費)計約20万円をだまし取った疑いが持たれている。警部補は容疑を認めているという。

 昨年10月末、不正に気付いた部下が上司に相談。県警がさかのぼって調べたところ、警部補は前所属の少年捜査課でも2009~13年、部下に指示するなどし、警部補を含む11人で約60万円を不正に受け取っていたことが分かった。

 警部補は部下に対し、「言う通りにしろ。生安部から放り出すぞ」などと言って従わせたといい、部下らは「上司の指示で断れなかった」と話しているという。

 捜査諸雑費は捜査員が各自の裁量で使える経費だが、警部補らは私的な飲食などに使っていた。

 いずれもゲーム代として処理したが、上司は気付かなかった。警部補は「1件ごとに伝票を書くのが面倒だった。ゲーム代なら裏付けが取れないので絶対ばれないと思った」と話しているという。県警は当時の宝塚署長や少年捜査課長ら計11人の監督責任を問い、訓戒や注意などの処分にした。

15'11 兵庫県警 交番女性用休憩室にスマホ設置、巡査部長を減給

管理人一言コメント・女が交番に勤務すると、こんなこと当たり前、交番でSEXも。見つかっていないだけ、何でもやります警察は!

               ・・・・・・・・・・・・

 神戸市内の交番で女性用休憩室に侵入し、盗撮目的でスマートフォンを置いたとして、兵庫県警は6日、この交番に勤務していた男性巡査部長(33)を建造物侵入容疑で書類送検し、減給6か月(10分の1)の懲戒処分とした。

 巡査部長は同日付で依願退職した。

 県警によると、巡査部長は勤務中の4月14日未明、無施錠だった女性用休憩室に忍び込んだ疑い。

 巡査部長は穴を開けた段ボール箱にスマホを仕込んで休憩室内に置いたという。同僚の女性警察官が箱を調べ、スマホを見つけた。

 巡査部長は複数回、盗撮したことを認めており、「家庭内のもめ事でストレスがたまっていた」などと話しているという。



15'10 兵庫県警 交通係警部補ら70人書類送検…虚偽公文書作成容疑

管理人一言コメント・正しく組織犯罪集団の兵庫県警!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交通違反の捜査報告書に、立ち会っていない同僚の名前を記入するなどしたとして、兵庫県警は30日、高速隊などの警察官70人(うち2人は退職)を虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで神戸地検に書類送検した。県警は報告書の客観性を高めるため、違反の発見者とは別の警察官が現場の見取り図を作るよう内規で定めているが、急ぎの場合などに同僚が立ち会ったように装っていたという。

◇交通違反報告書、同僚立ち会い装う

 捜査関係者によると、過去6年間で65件の不正を確認したが、一部の職場では長年にわたって不正な手法が続いていたとみられる。県警は同日、送検されなかった警察官も含め、男性巡査部長2人を戒告の懲戒処分に、男性警部補ら76人を訓戒などにした。

 送検容疑は2009年8月から14年4月ごろ、交通違反の捜査報告書に、実際には捜査に関わっていない同僚に頼んで署名や押印をさせたり、立ち会っていない捜査の報告書に名前を貸したりしたとしている。

 70人は当時、高速隊と葺合、東灘両署の所属。勝手に名前を使っていたケースも少数あり、関わった警察官を有印公文書偽造容疑で書類送検した。

 県警によると、速度超過などの違反者が否認した場合、現場を計測して見取り図の作成や写真撮影をし、検察庁に書類を送る。1人の警察官が取り締まりと図の作成の両方をしても法的な問題はないが、県警の内規では、書類の客観性を高めるため、図の作成は取り締まりとは別の警察官が担当することにしている。送検された警察官らは「人手が少なく頼めなかった」「計測しているので問題ないと思った」などと釈明したという。

 14年5月、否認事件の報告書を調べている過程で不正が発覚した。不正を確認した65件では見取り図や写真の偽造はなかったが、うち2件では図にミスが見つかり、違反点数を取り消した。

 県警によると、同様の内規を設けている県警は多いという。兵庫県警は、現場の実情も考慮して現在の内規を変更する方針。【

15'10 兵庫県警 巡査、焼身自殺 独身寮侵入容疑で任意聴取後

 24日午前6時ごろ、兵庫県高砂市阿弥陀町生石(おおしこ)の山中にある展望台で、県警兵庫署の男性巡査(25)=高砂市=が全身にやけどを負った状態で死んでいるのを、散歩中の女性(64)が見つけ、110番通報した。焼身自殺とみられるという。

 捜査関係者によると、巡査は9月25日未明、同署の独身寮の女性専用スペースに侵入した疑いがあるとして、今月14日以降4回、任意で事情を聴かれていた。巡査は否認したという。

 巡査は20日から体調不良を理由に休んでいた。捜査関係者は「強制的な取り調べはしていない。容疑者とは断定しておらず捜査は続ける」としている。

 県警では9月下旬以降、機動隊員2人が相次いで自殺している。

15'10 兵庫県警 巡査長、女子大生を盗撮、減給処分 依願退職

管理人一言コメント・不祥事世界一、どこまでも続く!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は1日、電車内で盗撮したとして逮捕していた甲子園署の男性巡査長(29)を県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で神戸地検に書類送検し、減給(10分の1)6カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。

 監察官室によると、巡査長は8月24日午後6時過ぎ、阪神御影−神戸三宮駅間の電車内で、女子大学生のスカート内をスマートフォンで動画撮影した。巡査長は「仕事でストレスがたまり、5月ごろから10回ぐらい盗撮した」と話したという。

 県警で盗撮による処分を受けたのは今年4人目。監察官室は「言語道断の行為で、深くおわびする」としている。

15'9 兵庫県警 落とし物 紛失した拳銃実弾 無くした当人の交番に届け

管理人一言コメント・なにせ警察不祥事世界一の兵庫県警、何でもしでかします!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は2日、明石署地域課の男性巡査長(26)が、貸与された拳銃の実弾1発を路上に落とし、一時紛失したと発表した。実弾を拾った通行人が巡査長の勤務する交番に「落とし物」として届けて発覚した。

 同署によると、巡査長は明石市内の交番に出勤する前の2日午前8時45分ごろ、署で拳銃と実弾5発を受け取った。だが実弾を署内で装てんするのを忘れ、ズボンのポケットに入れたままオートバイで交番に向かい、途中で1発を落としたらしい。

 同10時40分ごろ、交番から約35メートル離れた歩道で女性が実弾を見つけて交番に届けた。巡査長は、別の職員が応対しているのを見て紛失に気付いたという。

15'8 兵庫県警 警察学校教官が入校中の女性巡査にキスし胸触る 停職3カ月

管理人一言コメント・警察不祥事世界一の兵庫県警ですから何でもやります!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警察学校(同県芦屋市)に入校中の女性巡査にキスするなどわいせつ行為をしたとして、県警は28日、強制わいせつ容疑で、警察学校教官の男性警部補(37)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にした。警部補は同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は7月24日夜、学校内で巡査を抱きしめてキスし、胸をさわるなどわいせつ行為をしたとしている。

 この日は学校内で懇親会があり、警部補は酒を飲んだ。警部補は懇親会後、訓練中に一緒に撮影した写真を記念に渡そうと巡査を教官室近くに呼び出した際、わいせつ行為に及んだという。

 警部補は「(巡査から)好意を持たれていると勘違いし、欲望を抑えることができなかった」と容疑を認めているという。

 県警の吉塚潤一郎・監察官室長は「あるまじき行為で言語道断。関係者、県民に深くおわび申し上げる」とコメントした。

15'8 兵庫県警 巡査長、スマホ盗撮 帰宅の電車で現行犯逮捕

管理人一言コメント・兵庫県警ですから!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 スマートフォンで女性のスカートの中を盗撮したとして、兵庫県警葺合署は24日、迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で神戸市西区井吹台東町、同県警甲子園署警備課巡査長、森川孝二容疑者(29)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は24日午後6時20~25分ごろ、阪神御影-神戸三宮間を走行中の電車内で、同県たつの市の女子大生(18)のスカートの中をスマホで撮影したとしている。

 森川容疑者の隣に座っていた男性(44)が目撃し、神戸三宮駅で駅員に引き渡した。森川容疑者は勤務先から帰宅途中だった。

15'5 兵庫県警 巡査長を逮捕 女性のスカート内を盗撮

管理人一言コメント・兵庫県警はいつでも何でもやります。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして、兵庫県警姫路署は8日、同県迷惑防止条例違反容疑で、同県警たつの署警務課巡査長、高本和範容疑者(29)=同県姫路市夢前町神種=を現行犯逮捕した。

 姫路署によると「女性の下着が見たかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午後6時15分ごろ、同市東郷町の量販店「ドン・キホーテ 姫路RIOS店」で、客の女性(41)の後ろにしゃがみ込み、スカートの下にスマホを差し入れ、動画撮影したとしている。

 女性が盗撮に気づくと高本容疑者は逃走。近くにいた男性(34)が高本容疑者を取り押さえた。同署によると、高本容疑者は当日は休みだった。

15'3 兵庫県警 警察手帳を紛失した警部補を戒告処分

管理人一言コメント・不祥事世界一の兵庫県警。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は13日、警察手帳を紛失した生活安全特別捜査隊所属の男性警部補(36)を戒告処分とした。

警部補は1月15日、同僚と飲食店2店で飲酒後、警察手帳が入ったバッグを紛失した。手帳はまだ見つかっていないという。

 吉塚潤一郎監察官室長の話 許認可事務に対する県民の信頼を損ね、深くおわびする。業務の指導および管理を徹底し、適正な事務処理に努める。

15'3 兵庫県警 巡査長を書類送検=古物商許可証を偽造交付

管理人一言コメント・不祥事世界一の兵庫県警。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は13日、古物商許可証を偽造し交付したとして、有印公文書偽造・同行使の容疑で、高砂署地域課所属の男性巡査長(35)を神戸地検豊岡支部に書類送検し、減給の懲戒処分とした。巡査長は同日付で辞職した。

 送検容疑は昨年1~7月までの間、当時、養父署刑事生活安全課所属だった巡査長が、古物商許可証関連の3件の許認可事務に際し、身上照会などの調査が不十分なまま、課長の決裁を受けずに許可証を偽造し交付した疑い。巡査長は「処理の遅れが上司にばれるのが怖かった」と容疑を認めているという。

 吉塚潤一郎監察官室長の話 許認可事務に対する県民の信頼を損ね、深くおわびする。業務の指導および管理を徹底し、適正な事務処理に努める。

15'3 兵庫県警 巡査部長が5年にわたって女性を盗撮

管理人一言コメント・助けようがない。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警監察官室は3月6日、女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反容疑で、県警豊岡南署地域課の男性巡査部長(34)を書類送検した。県警は停職1か月の懲戒処分にし、巡査部長は同日付で依願退職した。

 送検容疑は、昨年8月30日午後午後0時20分頃、同県朝来市内のコンビニエンスストア店内で、買い物をしていた客の20代の女性のスカート内を、セカンドバッグに仕込んだ小型デジタルビデオカメラで動画撮影した疑い。

 警察の調べに対し、巡査部長は「仕事のストレス解消と、性的欲求を満たすためにやった」と容疑を認めており、なんと「5年前から12台のカメラを使って、150~200回盗撮した」と供述しているというから、筋金入りの常習犯だった。

 巡査部長の容疑が浮上したきっかけは、盗撮用靴の販売会社が摘発されたこと。昨年7月、京都府警がカメラを仕込んだ靴を販売したとして、府迷惑行為防止条例違反(盗撮)のほう助容疑で、インターネット通販会社の社長らを逮捕した。

 その際、府警は約1500人分の販売先名簿を押収。そのなかに、巡査部長の購入履歴が残っており、県警が事情を聴いたところ、盗撮行為を認めた。自宅のパソコンからは、盗撮したと思われる動画や画像のファイル約150点が見つかった。

 県警の吉塚潤一郎監察官室長は「警察官としてあるまじき行為で、被害者を始め、県民に深くお詫びします。事実関係に基づき、厳正に処分した」としている。

15'3 兵庫県警 運転未熟のパトカーが衝突事故 信号無視のバイク追跡中

管理人一言コメント・兵庫県警のパトカーの運ちゃんはこんなもんです、爆笑!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

 9日午前11時55分ごろ、神戸市垂水区名谷町猿倉297の県道交差点で、サイレンを鳴らし緊急走行していたパトカーが、赤信号で停止していた乗用車に衝突した。けが人はいなかった。

 垂水署によると、パトカーは垂水署地域第3課の男性巡査部長(30)が運転し、信号を無視したバイクを追っていた。バイクは乗用車を追い越して去った。巡査部長は「ブレーキをかけようとしたが、かけきれなかった」と話しているという。

15'1 兵庫県警 「事件処理が面倒」で虚偽報告 容疑で巡査部長ら書類送検

管理人一言コメント・兵庫県警はこんなもんです。

                 ・・・・・・・・・・・・・

 不法焼却の現場に駆け付けたが、事件処理が面倒で虚偽の報告をするなどして見過ごそうとしたとして、兵庫県警は30日、犯人隠避と証拠隠滅の疑いで、神戸西署地域2課の男性巡査部長(56)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で依願退職した。

 送検容疑は昨年6月21日早朝、通報で駆け付けた神戸市西区櫨谷町の資材置き場で、解体業者の男性(41)が木くずなどを不法に焼却しているのを確認したが、上司に「枯れ木を燃やしている」と虚偽報告し、そばにあった枯れ木に着火して偽装するなどした疑い。

 県警監察官室によると、巡査部長は一緒に駆け付けた巡査(28)に指示して虚偽報告をさせようとしたが、巡査が上司に「事実とは違う」と報告し、発覚した。巡査部長は「家の事情があり、早く帰りたかった。たき火ぐらいなら口頭警告になると思った」と話しているという。

 巡査部長と解体業者に面識はなかった。県警は30日、巡査についても証拠隠滅容疑で、解体業者の男性は廃棄物処理法違反の疑いで書類送検した。

15'1 兵庫県警 警部補 酔って警察手帳を紛失

管理人一言コメント・手帳つりがあるはずだが、甘い管理は結果が出る。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は15日、生活安全特別捜査隊所属の男性警部補(36)が同日未明、警察手帳が入っていたビジネスバッグを紛失した、と発表した。

 同隊によると、警部補は14日午後7時ごろから同僚2人と神戸市中央区内の飲食店2店で飲酒。同僚は15日午前0時ごろに帰宅し、警部補も午前2時ごろ、代金を支払って店を出たという。警部補は仮眠を取るため、県警本部に向かって歩いていたが、15分後に肩に掛けていたバッグがないことに気付いたという。

 警部補は店や歩いてきた道を捜したが見つからず、同日朝、上司に届け出た。

 県警では、飲酒する際は、警察手帳をロッカーに保管するように指導しているという

14'12 兵庫県警 酒宴で部下の服脱がせ、下半身に酒吹きかけ 警部ら5人を書類送検 

管理人一言コメント・ホンマに兵庫県警は何でもありです、爆笑。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 酒宴で部下の服を脱がすなどしたとして、兵庫県警は19日、暴行容疑で、男性警部(42)ら県警の警察官5人を書類送検し、このうち警部を停職1カ月の懲戒処分にした。県警関係者への取材で分かった。

 ほかに書類送検されたのは、33歳と35歳の警部補2人=戒告=と、31歳と29歳の巡査部長2人=本部長訓戒。

 県警関係者によると、警部らは7月8日深夜、訓練で入校していた堺市北区の近畿管区警察学校の寮で、酒席に参加し、男性巡査部長(34)に下着を脱がせたり、酒を下半身に吹きかけたりした疑いが持たれている。

 被害を受けた巡査部長が同月下旬、県警に相談して発覚。警部は「巡査部長の訓練意欲が低く、戒めようとした。酒の場を盛り上げようとした」などと釈明しているという。

14'12 兵庫県警 パトカーの無謀追跡でバイク事故 巻き添えも含め6人重軽傷

管理人一言コメント・バイクの4人乗りは危険な状態であり、それを知って3キロも無謀追跡し、結果は巻き添え事故となり6人もの重軽傷者、巻き添え事故の責任は当然無謀追跡した警察にある。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 18日午後4時50分ごろ、兵庫県川西市清和台西5丁目の県道交差点で、パトカーが追跡していた少年4人が乗ったバイクが乗用車に衝突し、双方の男女計6人がけがをした。うち同市の男子高校生(17)ら少年3人が両脚骨折などの重傷。

 川西署によると、事故の数分前に同市の交差点で、パトカーで巡回中の署員がバイクを発見し、サイレンを鳴らして追跡。バイクは停止の指示に従わず、赤信号を無視しながら約3キロ逃走し、県道交差点で同市の女性(43)ら2人が乗った乗用車に衝突した。

14'12 兵庫県警 巡査長が強盗被害自作自演、虚偽申告容疑で書類送検

管理人一言コメント・こんなのが警官なんだ。 

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 うその強盗被害を上司に連絡したとして、兵庫県警は12日、軽犯罪法違反(虚偽申告)などの疑いで、須磨署地域課の男性巡査長(27)を書類送検し減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。

 腰を痛めていた巡査長は仕事を長く休もうと、医師の診断書を全治1週間から4週間に書き換えて上司に提出したが、上司にうそが発覚しそうになり強盗被害を装い免れようとしたという。

 送検容疑は8月14日正午すぎ、当時住んでいた神戸市須磨区の警察宿舎から「強盗に入られて金を取られ、脚を刺された」との虚偽の内容を携帯電話で上司に連絡するなどした疑い。

14'11 兵庫県警 パトカーが衝突しバイクの少年重傷

管理人一言コメント・重要事件容疑者護送中に、とんでもない事故だ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 5日午後10時35分ごろ、西宮市中前田町の市道交差点で、西宮署地域2課の男性警部補(54)が運転するパトカーと、バイクが衝突した。バイクを運転していた同市の無職の男性(16)が左足を骨折する重傷を負った。命に別条はないという。

 西宮署によると、パトカーは公然わいせつ事件の容疑者を乗せ、阪急夙川駅から同署に向かう途中だった。

14'10 兵庫県警 「給油ノズル付けたまま60キロ」…巡査を訓戒

管理人一言コメント・訳がわからん。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 給油代金を支払わなかったとして詐欺容疑で福井県警に逮捕され、福井地検武生支部が不起訴(嫌疑不十分)とした兵庫県警垂水署の男性巡査(24)について、県警は20日付で、警務部長訓戒の処分にした。男性巡査は同日付で辞職した。

 県警は処分理由について「給油ノズルを付けたまま、車を約60キロ走行させるなど警察官としてあるまじき行為だった」などとしている。

14'10 兵庫県警 巡査部長:「酔って覚えてない」タクシー蹴り逮捕

管理人一言コメント・兵庫県警の警官による犯罪の多いこと。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 タクシー2台の車体を蹴ってへこませたとして、兵庫県警生田署は18日、県警機動パトロール隊巡査部長、平井秀知容疑者(38)=神戸市西区井吹台北町2=を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。平井容疑者は「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているという。

 逮捕容疑は18日午前1時5分ごろ、神戸市中央区加納町3の市道上で、停車しようとしたタクシーの運転席側の車体を蹴り、さらに後続のタクシーに近づいて助手席側を蹴ったとしている。平井容疑者が車道を歩いていたため、タクシーは避けようとして減速した。

 生田署によると、17日は非番で、深夜まで飲酒していたとみられる。県警の吉塚潤一郎・監察官室長は「誠に遺憾。事実関係を調査の上、厳正に対処する」とのコメントを発表した。


14'9 兵庫県警 巡査、給油ホース引きちぎりガソリン代払わず逃走

管理人一言コメント・兵庫県警の犯罪事件警官の多いこと。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福井県警は23日までに、同県南越前町の北陸自動車道のガソリンスタンドで給油した代金を支払わずに逃走したとして、詐欺容疑で兵庫県警垂水署巡査の玉田健一容疑者(24)を緊急逮捕した。「疲れていて、代金を払ったと思い込んでいた」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は22日午後7時ごろ、北陸道下り線南条サービスエリアのガソリンスタンドで、店員にガソリン約14リットル(2455円相当)を給油させたが金を払わず逃走した疑い。

 越前署によると、玉田容疑者は赤っぽい普通乗用車でガソリンスタンドに入ってきて、「現金で満タンにしてくれ」と店員に言ったという。給油をしてからしばらくすると、後ろから車がやって来て接客をしようと店員が手を離した直後、玉田容疑者は給油口にノズルを挿したままホースを「ブチッ」と切って車を発進させた。店員はあわてて追いかけたが止められず、110番通報した。

 約50分後、約60キロ離れた石川県加賀市の尼御崎サービスエリア付近で県警高速隊が約3メートルの給油ホースを引きずったまま走っている玉田容疑者の車を発見し停車させた。

 玉田容疑者は22日は非番だったと話しており、所持金は約3万円あったという。兵庫県警監察官室の吉塚潤一郎室長は「本県の警察官が逮捕されたことは誠に遺憾。今後の捜査結果によって厳正に対処する」と話している。

14'9 兵庫県警 部下に「辞めてしまえ」警視をパワハラで処分

管理人一言コメント・どっちもどっち。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は11日、部下に暴言を吐いたとして、本部刑事部の男性警視(53)を本部長注意処分とした。

 県警監察官室によると、男性警視は飾磨署副署長だった2012年10~11月、部下の50代の男性警部が提出した決裁書類の不備などを指摘し、「あほ」「辞めてしまえ」などと複数回、叱責したという。

 男性警部は、12月中旬から体調を崩して病気療養中で、現在も職場復帰できていないという。男性警視の暴言が体調を崩す原因の一つだったとみられる。

 同室によると、男性警視は「業務上必要な指導の範囲だと思っていたが、言い過ぎた」と反省しているという。

14'8 兵庫県警 パトカーの無謀追跡で、逃走バイク転倒…高1ら2名負傷

管理人一言コメント・警察に未必の故意がある。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 17日午後2時45分頃、兵庫県小野市大島町の県道で、ヘルメットをかぶらず2人乗りしているオートバイを社署のパトカーが見つけた。

 パトカーを運転していた男性巡査部長(35)と同乗の男性巡査長(31)が停止を求めたが、オートバイは南に逃走。パトカーは赤色灯を点灯させ、サイレンを鳴らして約300メートル追跡。オートバイは市道交差点を左折しようとして曲がりきれず転倒した。運転していた小野市内の塗装工の男性(16)と同乗していた伊丹市内に住む県立高校1年の男子生徒(17)が手や足に軽傷を負った。

 発表では、パトカーは約15メートルの車間距離を空けて追跡していたといい、同署は「適切な方法だった」としている。

14'7 兵庫県警 丹波のミニパトカー死亡事故:容疑で巡査長を書類送検

管理人一言コメント・当然のこと。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 丹波市の県道交差点で4月、丹波署のミニパトカーと乗用車が出合い頭に衝突し、車を運転していた同市の女性(当時34歳)と助手席の長男(当時5歳)が死亡した事故で、県警は31日、ミニパトカーを運転していた同署の男性巡査長(39)を自動車運転過失致死傷容疑で神戸地検に書類送検した。

14'7 兵庫県警 盗撮:容疑の巡査部長、減給処分 依願退職

管理人一言コメント・警官による、この種犯罪の多いこと!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は4日、女性のスカート内を盗撮したとして県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された生活安全企画課の巡査部長(29)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、同容疑で書類送検した。巡査部長は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査部長は5月31日午後4時45分ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅ホームで、かばんに忍ばせたスマートフォンで20代女性のスカートの中を盗撮。

14'6 兵庫県警 巡査部長が下半身露出容疑

管理人一言コメント・仕事が暇でやることが無いから、こんなことで時間をつぶす警官!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は20日、出勤途中に下半身を露出したり、女性の胸を触ったりしたとして、公然わいせつと県迷惑防止条例違反の疑いで、機動隊の男性巡査部長(40)を書類送検し、停職3か月の懲戒処分にした。巡査部長は同日、依願退職した。

 送検容疑は、2月3日朝、神戸市北区でオートバイにまたがった状態で、20代女性に下半身を見せた疑い。2012年10月2日には、歩いていた別の20代女性の胸をオートバイで追い抜きざまに触った疑い。

 県警によると、「家族の問題など日頃のいらいらが募った」と容疑を認め、ほかに同様の行為を09年から8件したと供述しているという。

 吉塚潤一郎監察官室長は「言語道断の行為であり、被害者を始め、県民に深くおわびする」とのコメントを出した。

14'6 兵庫県警 拳銃突き付け:巡査部長を書類送検

管理人一言コメント・処分が軽いこと!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 実弾入りの拳銃を部下に突き付けたとして、兵庫県警は6日、県警高速隊の男性巡査部長(38)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は「冗談のつもりでやった」と容疑を認めているという。

 送検容疑は今年3月18日午前9時半ごろ、当時所属していた高速隊西宮北分駐所(兵庫県西宮市)の拳銃保管庫で、20代の男性巡査長の右腰に銃口を2度突き付け、警察活動以外の目的で所持したとしている。

 県警監察官室によると、当時、拳銃保管庫には2人だけおり、巡査部長はおどけながら銃口を突き付け、巡査長に注意された後、ホルスターに収めた状態で再び突き付けた。

 吉塚潤一郎・監察官室長は「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。指導を徹底する」としている。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード