スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15'12 長崎県警 店員殴った警官ら処分

 県警は18日、県南地区の警察署に所属する男性警部補(40歳代)を本部長訓戒処分に、県北地区の警察署に所属する女性事務職員(30歳代)を所属長注意処分にしたことを明らかにした。いずれも11月27日付。

 県警監察課によると、男性警部補は9月、旅行先の鹿児島県内の飲食店で飲酒した際、女性店員の腹を殴ったとされる。女性店員にけがはなかった。女性事務職員は7月、拾得物として届けられた健康保険証を紛失。誤ってシュレッダーで廃棄した可能性が高いという。

 同課は「適切な指導を行い、再発防止に努めたい」としている。

スポンサーサイト

15'9 長崎県警 パワハラ 部下に 警部補を訓戒 

管理人一言コメント・爆笑、ドッチもどっち。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県央地区の警察署に勤務する50代の男性警部補が部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメント行為を繰り返したとして、県警は警部補を本部長訓戒の懲戒処分にしたと明らかにした。処分は9日付。

 県警監察課によると、警部補は3月17日から6月10日ごろ、部下である複数の男性警察官に「あほ」「使えないやつ」などと大声で叱責した。警部補は「申し訳ないことをした」と話しているといい、同課は「再発防止に努める」としている。

15'8 長崎県警 警察内部の試験で巡査がカンニング 本部長訓戒処分

管理人一言コメント・爆笑!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 県警本部の巡査(20歳代)が警察内部の試験でカンニングをしたとして、本部長訓戒処分を受けていたことが26日、県警への取材で分かった。処分は7月2日付で、同日付で依願退職した。

 県警監察課によると、巡査は6月26日に行われた試験で、予想解答を書き込んだ消しゴムを持ち込み、カンニング行為をしているところを試験官に見つかったという。巡査は「良い点を取りたかった」と話しているという。

 同課は「指導を行い、再発防止に努めていく」としている。

15'7 長崎県警 射撃訓練中の巡査、落とした銃弾暴発してけが 

管理人一言コメント・それらを含めて訓練していたはずだ、お粗末巡査。

              ・・・・・・・・・・・・・

 23日午後1時40分ごろ、長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保地方総監部の射場で、射撃訓練をしていた県警松浦署の男性巡査(22)が拳銃の弾を落とし、暴発した弾の破片で右足にかすり傷を負った。

 佐世保署によると、射撃訓練をする際、警察官はふだん所持している拳銃から弾を抜いて封筒に入れ、制服のポケットに保管することになっている。巡査はシャツの右胸のポケットに入れようとして封筒ごと落とし、中に入っていた数発のうち1発が破裂したという。

14'12 長崎県警 アパート侵入容疑 長崎県警の巡査長逮捕 埼玉県警

管理人一言コメント・いやはや。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長崎県警は29日、機動隊に所属する男性巡査長(24)が同日、埼玉県警浦和西署に建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されたと発表した。巡査長は容疑を認めて釈放されたが、県警は事情を聞いたうえで、処分を検討する。

 県警監察課の発表によると、巡査長は同日午前3時頃、同県さいたま市桜区のアパートの一室に侵入した疑い。住人から「不審な男がいる」と連絡を受けた管理人が2階の空き部屋で寝ている巡査長を見つけ、110番した。「寝ようと思って入った」と容疑を認め、上司が引き取りに出向いた。同署は同日午後、釈放した。

 巡査長は休みを利用して、27日から出身大学の剣道部の寒げいこに参加。28日夜に友人と飲酒し、友人宅に泊まる予定だったが、友人とはぐれ、今回の不祥事を起こした。県警は「埼玉県警が今回の逮捕を発表していない」として、巡査長の氏名の公表を見送った。

 県警の関勇一警務部長は「このような不祥事を起こし、県民に深くおわびする。指導、監督を徹底し、再発防止と信頼回復に努める」とのコメントを発表した。

14'12 長崎県警 駐車場で事故起こした疑い、巡査を書類送検

管理人一言コメント・これが警官の姿。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長崎市内の立体駐車場で7月、県南部の警察署に勤務する20代の男性巡査が事故を起こし女性2人にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで長崎区検に書類送検されていたことが10日、県警への取材で分かった。送検は9月11日付。巡査は同日、戒告の懲戒処分を受けた。

 県警監察課によると、巡査は7月31日午後2時ごろ、商業施設の立体駐車場で乗用車をバックさせた際、止まっていた軽乗用車に衝突。乗っていた20代と40代の女性の首に軽いけがをさせた疑いがある。巡査はそのまま逃げた。「大したことないと思った。上司にばれたら怒られると思った」と話しているという。

 巡査は非番で、自分の車を運転していた。逃げた後、立体駐車場の別の階で駐車中の車に接触する事故も起こしたという。監察課は「若手職員への指導、教養を徹底し再発防止と信頼回復に努める」としている。

14'9  長崎県警 セクハラ行為…男性警部を処分

管理人一言コメント・処分が軽い。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警本部の50代の男性警部が同僚の女性職員にセクハラ行為をしたとして処分された。
本部長訓戒の処分を受けたのは県警本部の50代の男性警部だ。

 男性警部は去年1月、県内の飲食店で同僚の女性職員の胸を服の上からさわるセクハラ行為をした。県警監察課に対し「コミュニケーションのつもりで、セクハラとの認識はなかった。反省している」と話しているという。

14'9 長崎県警 警部補 人身事故で処分

管理人一言コメント・常に安全運転で。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県北地区の警察署に勤務する50代の男性警部補が交通事故をおこし普通トラックの60代の男性にケガをさせたとして書類送検された。

安全確認を怠ったのが原因とみられ所属長注意の処分を受けている。

14'9 長崎県警 警察学校の試験でカンニング

管理人一言コメント・クビにならないとは。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 男性巡査は今年8月20、21日に県警察学校で行われた試験の際、会場に自分で作成したメモを持ち込み、カンニング行為をしているところを試験官に見つかったという。

20代の男性巡査が本部長訓戒の処分を受けている。処分は同29日付で、同日付で依願退職した。

 今回の処分について県警は公表しておらず、同課は「監督上の措置にとどまると判断した」と話している。

14'1 長崎県警 知人女性を殴る蹴る…20代巡査を書類送検

管理人一言コメント・助けようがない。

              ・・・・・・・・・・・・・・

 長崎県警の20歳代の男性巡査が、知人女性に暴力を振るってけがをさせたとして、県警が昨年12月19日に傷害容疑で長崎地検に書類送検し、減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしていたことがわかった。巡査は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、昨年9月30日、女性の頭部を手で殴ったり、腰を蹴ったりして全治11日間の打撲を負わせた疑い。容疑事実を認め、「女性の態度が気に入らなかった」と供述したという。女性の親族の110番で発覚した。

14'1 長崎県警 同僚のTシャツ1枚盗んだ巡査、事情を聞くと…

管理人一言コメント・助けようが無い。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長崎県南地区の警察署の20歳代男性巡査が同僚の衣服を盗んだとして、県警が減給10分の1(6月)の懲戒処分にしたことが7日、分かった。処分は11月13日付。


 県警監察課によると、昨年7月31日、警察施設内に干してあった支給品のTシャツ1枚を盗んだ。事実関係を認めたという。被害届が出ていないとして窃盗容疑での立件は見送った。巡査は、自分のTシャツをなくし、盗んだものを使っていたという。「支給品のTシャツをなくしてしまったことがばれるのが怖かった」と話しているという。

 県警は、県北地区の警察署の20歳代男性巡査について、昨年10月、拳銃を保管庫に納めず、署内の個人のロッカーに入れていたとして、12月10日付で本部長注意とした。

13'12 長崎県警 女性警官の制服ズボン盗み…男性巡査が懲戒処分

管理人一言コメント・巡査を見たらドロボーと思え!

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 所属部署で集めていた現金を盗んだとして、長崎県警が本部所属の20歳代の男性巡査長を書類送検していたことが分かった。

 同県警は11月27日付で、巡査長を減給10分の1(6か月)の懲戒処分とし、巡査長は同日、依願退職したという。

 県警監察課によると、巡査長は5月3~24日に所属する部署で夜食代として集めていた現金から5回にわたり計約1万2000円を盗んだ疑いで、11月27日に窃盗容疑で長崎地検に書類送検された。「遊興費などに使った」と話しているという。

 また、県警はクリーニング店から本部に返却された女性警察官の制服ズボン1着を盗んだとして、本部所属の20歳代の男性巡査を11月13日付で減給10分の1(6か月)の懲戒処分とした。巡査も同日、依願退職したという。

 同課はプライバシー保護のためとして、2人の所属部署などを明らかにしなかった。同課は「指導を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

13'2 長崎県警 職員に抱き付き、巡査長処分 他2警官もセクハラ

管理人一言コメント・多いこの種の警官による犯罪。

       ・・・・・・・・・・・・・・・

 女性職員に抱き付くなどのセクハラ行為をしたとして、長崎県警が県南部の警察署に勤務する30代の男性巡査長を減給処分にしていたことが5日分かった。処分は1月17日付で、巡査長は依願退職した。

 県警監察課によると、巡査長は昨年3月、勤務後に居酒屋で同僚らと飲食した際、女性職員の手を触り、路上で抱き付くなどした。

 同様に、飲み会の帰りや勤務後に自家用車の中で、女性職員の手を触るなどのセクハラ行為をしたとして、40代の男性警部と50代の男性警部補をそれぞれ昨年12月4日付と、同10月11日付で訓戒とした。(

12'11 長崎県警 警部が勤務抜け出し、捜査車両で女性と不倫密会

管理人一言コメント・やりたい放題の警察組織!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 不倫相手の女性に会うために勤務を抜け出したとして、長崎県警は15日、県北地域の警察署に勤務する男性警部(46)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分とし、監督責任を問い、同署の男性署長(55)を口頭厳重注意とした。

 警部は同日付で依願退職した。

 県警監察課の発表によると、警部は昨年秋に女性と知り合い、今年3月に交際を始めた。8月上旬の未明、当直主任として勤務中に捜査用の車を運転して署を離れ、路上で女性と話し、約1時間半後に戻った。この間、同署管内で事件や事故の通報はなかったという。

 交際のうわさを聞きつけた署の幹部が問いただしたところ、警部は交際を認め、勤務を抜け出したことも判明した。警部は「部下を管理監督する立場でありながら、大変申し訳ないことをした」と話したという。

 同課の鰐口達也首席監察官は「あるまじき行為。職員の指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努める」とのコメントを出した。

12'10 長崎県警 警部補が部下にセクハラ

管理人一言コメント・警察内部のセクハラ事件の多いこと!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 部下の女性職員にセクハラ行為をしたとして、県南地区の警察署の50代の男性警部補が9月4日付で停職3カ月の懲戒処分を受け、同日付で自主退職していたことが20日、わかった。県警は、警部補の上司にあたる警部についても管理監督責任を問い、同日付で所属長注意としたが処分を公表していなかった。

 県警監察課によると、警部補は今年7月6日の勤務終了後、女性職員をドライブに誘い、自家用車内で肩を抱き寄せ、キスを迫るなどのセクハラ行為をしたとされる。女性職員が別の上司に相談して発覚した。調べに対し、「自分に好意を寄せていると勘違いしていた」などと話し、セクハラ行為を認めたという。

 処分を公表しなかった理由について監察課は▽被害に遭った女性職員も悩んでいる▽プライバシーに配慮▽勤務時間外に私的な場で起きた−−などと説明している。同課の梅田貞省次席調査官は「県民の皆様に深くおわび申し上げたい。今後、職員に対する指導監督、職務倫理教養の徹底、再発防止と信頼回復に努めます」とコメントした。

12'6 長崎県警 巡査長を強姦致傷罪で起訴 同僚の下着や鍵盗んだ罪も

管理人一言コメント・厳罰にしなければ。

             ・・・・・・・・・・・・・

 長崎地検は15日、同僚の女性警察官の自宅の鍵を盗み部屋に侵入、女性を襲い軽傷を負わせたとして、強姦致傷などの罪で長崎県警大村署交通課の巡査長、岡田章英容疑者(30)=大村市=を起訴した。県警は同日、懲戒免職とした。

 起訴状によると、岡田被告は5月23日に大村署内で女性宅のカードキーを盗み、24日と25日の2回部屋に侵入。25日午後6時半ごろには下着など9点を盗み、午後7時15分ごろ帰宅した女性を乱暴しようと、首を手で絞めて押し倒すなどして軽傷を負わせたとされる。

 女性が抵抗したため岡田被告は逃走、近所の男性に取り押さえられた。県警が住居侵入容疑で現行犯逮捕し、強姦目的だったとして強姦致傷容疑を加えて送検。今月12日に窃盗容疑などで追送検していた。

12'5 長崎県警 住居侵入の巡査長が暴行疑い、女性けが

管理人一言コメント・何でもやります警官は。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長崎県警大村署交通課巡査長、岡田章英容疑者(30)が同僚女性(27)宅への住居侵入容疑で逮捕された事件で、同県警は27日、この女性に乱暴しようとしてけがを負わせたとして、強姦(ごうかん)致傷容疑を加えて長崎地検に送検した。

 発表によると、岡田容疑者は25日午後6時頃、同県大村市内のアパート2階の女性宅に侵入し、待ち伏せした。帰宅した女性に襲いかかって転倒させ、首などに3週間のけがを負わせた疑い。女性が大声を出して抵抗し110番したため、諦めて逃走。騒ぎに気付いた近所の住民らがアパート敷地内で取り押さえ、駆けつけた署員に引き渡した。「乱暴目的で部屋に入った」と供述しているという。

12'3  長崎県警 パトカー 軽微な交通違反追跡で人身事故

管理人一言コメント・何でも捕まえればいいのではない、何が重要かの判断が全く出来ない、軽微な反則行為を追跡するアホ丸出しの警官の多いこと!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 パトカーについては昨年12月5日、西彼杵郡内の県道交差点で、整備不良のバイクを発見、追跡しようとした際、別の乗用車と接触しそうになり、急ブレーキをかけた乗用車の男性がハンドルに頭を打ち、1週間のけが。パトカーの進行方向の信号は赤だったという。県警は2月20日付で、運転していた巡査を書類送検した。

パトカーを運転中に人身事故を起こした20代の男性巡査を1月23日付で本部長・所属長注意としていたことも分かった。

長崎新聞社の情報公開請求に基づき開示された文書や県警への取材で8日までに分かった

12'3 長崎県警 巡査 拳銃を個人ロッカーに保管

管理人一言コメント・警官は己に甘く、善良な市民に厳しい!!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警察署の拳銃保管庫で管理すべき拳銃を署内の個人ロッカーに保管していたとして、県警が20代の男性巡査を所属長訓戒としていたことが、長崎新聞社の情報公開請求に基づき開示された文書や県警への取材で8日までに分かった。処分は2月10日付。

 県警監察課によると、拳銃は昨年11月30日から12月14日まで、巡査が自身のロッカーに保管し、出し入れしていた。「(保管庫に保管すべきことを)忘れていた」と話したという。同課は、ロッカーが鍵付きで、施錠できる室内にあり、第三者が外に持ち出すことはなかったとしている。

 拳銃保管庫の管理責任者の60代の男性警部を所属長訓戒、同警部の代理者の50代の男性警部補を所属長注意とした。

12'1 長崎県警 巡査を窃盗容疑で送検 逮捕なし懲戒免職処分

管理人一言コメント・身内に甘い警察だ事!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警監察課は20日、知人女性方などから4件の盗みを繰り返したとして、諫早署地域課の男性巡査(23)を窃盗容疑で長崎地検に書類送検した。巡査は容疑を認め、県警は同日付で懲戒免職処分にした。

 巡査を逮捕しなかった理由を、県警は「全面自供して(盗品の)証拠も提出した。逃走や証拠隠滅の恐れがない」とし、氏名も明らかにしなかった。

 送検容疑は▽昨年12月8日と14日、県内在住の20代知人女性方で現金5300円や香水など計10点▽同12日、勤務する交番のクローゼットから同僚の防寒服や階級章など計4点▽同17日、別の同僚が住む公舎内で本とシャンプー--を盗んだとしている。女性が被害に気付いて諫早署に相談し、巡査は任意の聴取に自供したという。

 現金を盗んだ理由について男性巡査は「金が欲しかった」▽香水などは「自分で使うため」▽防寒服は「予備で使うため」--などと話しているという。階級章の転売などはなかったという。

 巡査は昨年4月に採用され、警察学校を卒業後、同10月に諫早署に配属された。県警は監督責任で署長ら2人を本部長注意、副署長を所属長注意とした。

11'12 長崎県警 巡査、拾った時計を横領容疑で書類送検

管理人一言コメント・情けない!!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は27日、10代の男性巡査が拾った腕時計を届け出ず横領したとして、11月17日に専有離脱物横領容疑で長崎地検に書類送検したと発表した。巡査は同日付で減給10分の1・1カ月の懲戒処分を受け、即日依願退職した。

 県警監察課によると巡査は7月13日、警察関係施設の男子トイレで腕時計1個を拾ったが、拾得物として届け出ず使っていた、としている。10月上旬、同僚に「いい時計しとるね」といわれ、「拾った」などと話したことから分かったという。県警は「職務倫理を徹底し再発防止に努めたい」とコメントした。

11'10 長崎県警 恐喝まがい行為、巡査長を減給処分

管理人一言コメント・ワルの標本としてクビにしない方がいい!!

 ・・・・・・・・・・・・・・・

 市民への恐喝まがいの行為があったとして、県警が県内署勤務の40代男性巡査長を減給(10分の1、3月)の懲戒処分にしていたことが、分かった。処分は9月1日付。巡査長は休職中という。

 県警監察課によると、巡査長の妻が今年5月上旬、県央地区の駐車場を利用した際、所有する普通車に傷を付けられたとして警察に通報。駐車場で事故があったとは認められず事故証明書は発行されなかったが、巡査長は駐車場の男性係員に修理代として現金10万円を支払うよう要求した。

 更に男性の職場に電話して支払いを求め、警察署から駐車場関係者の個人情報を聞き出そうとしていた。6月、男性係員から「修理代を払うよう言いがかりをつけられている」と署に相談があり、発覚した。

 金の受け渡しや個人情報の流出はなく、被害届が出なかったことから、県警は立件を見送ったという。

11'9 長崎県警 大村署員 情報管理内規違反で懲戒処分

管理人一言コメント・警官なんだから法律等を厳守して当然、処分が軽い!!

       ・・・・・・・・・・・

 県警は1日、大村署の刑事課巡査部長(42)が情報セキュリティーに関する内規に違反したとして減給(10分の1、1月)の懲戒処分にしたと発表した。

 監察課によると、巡査部長は私物のパソコンや外部記録媒体に7907人分の個人情報を含む警察情報を保存し、自宅でパソコンを使用。更に3月下旬からは、職場の公用端末と私物の無線LANアクセスポイントを接続し、インターネットを使用していた。

ただ、業務以外での使用履歴はなく、情報流出もなかったという。森繁樹首席監察官は「指導監督を改めて徹底し、再発防止に務めたい」との談話を出した。

11'4 長崎県警 飲酒2巡査が通行人暴行

管理人一言コメント・警官らしい!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 県警の警察署に勤務していた20代の男性巡査2人が長崎市内で酒に酔って通行人を殴り、けがを負わせたとして傷害容疑で書類送検されていたことが28日、県警への取材で分かった。2人は書類送検された21日、減給3カ月の懲戒処分を受け、同日、依願退職した。

 県警監察課によると、送検容疑は3月26日午前1時半ごろ、長崎市内の路上で20代の男性会社員に因縁をつけ、2人で両脇を抱えて歩き、1人が顔を殴り、口にけがをさせた疑い。

 被害者の仲間が110番通報。長崎署員が駆け付けた。巡査2人は勤務後に、同期数人で飲酒していた。「(男性の)見た目が気にくわなかった」などと話しているという。

 県警監察課は、2人を逮捕しなかった理由を「逃走の恐れがなく、被害者の傷の程度も軽かった。示談もすでに済んでいる」と説明。「職務倫理教育を徹底し、再発防止を図る」とコメントした。

11'1 長崎県警 女性警官宅に上がり込み抱きつく 46歳警部停職

管理人一言コメント・警部の犯罪が多いこと!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 長崎県警は20日、女性警察官にセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)をしたとの理由で県警本部交通部の男性警部(46)を停職3カ月の懲戒処分にし、発表した。警部は同日付で依願退職した。長崎県警では昨年12月にも、セクハラで男性警部補を停職3カ月の懲戒処分にする不祥事が起きている。

 県警監察課によると、警部は昨年12月上旬、同僚十数人と飲酒した後、タクシーで女性警察官を自宅まで送った際、強引に家へ上がり込んで抱きつくなどした。警部は「性的な関係を持ちたかった」などと話しているという。

 女性警察官が先輩に相談したことで発覚した。

10'12 長崎県警 警部補が部下の女性に職場でセクハラ 停職3カ月

管理人一言コメント・仕事もせず女子警察官の尻を追いかける男子警部補、これで高給取り!!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 県警は14日、県央地区の警察署地域課の男性警部補(55)にセクハラ事案があったとして停職3月の懲戒処分を明らかにした。警部補は同日付で退職した。

 県警監察課によると、警部補は94年9月ごろと今年9~10月にかけて、同じ課の部下の女性警察官の胸や尻を触ったり、「顔にしみがある」と発言したりした。女性警察官が11月に別の上司に相談していた。監察課の調べに対し、警部補は「コミュニケーションの一環だった。セクハラの認識はなかったが、申し訳なかった」と話したという。

10'7 長崎県警 ミニパトがバスに追突 女性巡査の脇見

管理人一言コメント・緊張感も無くボーとしているとこんなことに

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 23日午前8時45分ごろ、長崎市内の国道206号で長崎県警浦上署地域課の女性巡査(24)のミニパトカーが、渋滞で停止の路線バスに追突した。ミニパトカーは時速10キロ前後だったらしく、バスの乗客ら約40人と巡査にけがはなかった。

 浦上署によると、巡査は交番勤務を終えて署に戻る途中で、脇見をしたのが原因とみられる。

10'7 長崎県警 諫早署巡査部長、逮捕前に情報漏らす 元容疑者と不適切関係で小遣いも

管理人一言コメント・ワル刑事の多いこと!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

男性が巡査部長から購入した刀剣類=長崎市内
 諫早署刑事課の男性巡査部長(58)が、事件を担当した容疑者の男性(60)=長崎市内=と懇意になり、強制捜査前に捜査情報を漏らしたり、県警の内部情報を教えて「情報料」「小遣い」として金銭を受け取るなどの関係を長年続けていたことが2日までに分かった。男性の「告発」を受け、県警が事実関係を調べている。

 男性は1995年6月、女性に暴力を振るったとして暴行容疑などで逮捕され、当時、大浦署所属だった巡査部長が取り調べなどを担当した。男性の罰金刑が確定し、事件から数年たったころ、巡査部長から飲食に誘われるようになったという。

 男性によると、一緒に行った居酒屋やスナックなどの代金はほぼ男性が支払った。巡査部長は度々、男性が関心がありそうな県警職員の個人情報などを教え、金を無心。男性は「小遣い」「情報料」として数千円~数万円を渡していたという。男性の預金通帳には巡査部長への振り込み記録が残っている。男性が使った金額は飲食費なども含めると150万円以上になるという。

 県警が2005年に摘発した旧西彼三和町発注の公共工事をめぐる談合事件では、強制捜査前に巡査部長が男性に「役人と業者がパクられる(逮捕される)」と電話で伝えてきたという。男性は逮捕者3人のうち2人に事前に逮捕情報を知らせた。

 逮捕された男性の一人は「まさかと思ったが『逮捕されるよ』と聞いた。警察から聞いたのだろうと思った」と話している。

 巡査部長が男性宅を訪れ、刀剣類や時計、置物などの購入を持ち掛けたこともあったという。08年には佐賀県教委の登録証付きの脇差しと、登録証がない短刀の2本を持参し、男性は1万5千円で購入。その場に同席した別の男性は「巡査部長が『金にならんか?』と風呂敷に包んだ2本を持ってきた」と証言した。

 長崎新聞社の取材に対し巡査部長は「言うことはない」とコメント。県警監察課は「今の段階では調査中としか言えない」としている。

10'6 長崎県警 パトカー中央線越え、軽乗用車と衝突 3人負傷

管理人一言コメント・脇見は事故、パトカーが自ら証明してくれています!!

          ・・・・・・・・・・・・・・

 29日午前10時55分ごろ、西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷の国道202号で、西海署の男性警部補(55)運転のパトカーと、近くに住む無職男性(62)運転の軽乗用車が衝突。軽乗用車の男性ら3人が胸や腰に軽傷を負った。

 同署によると、パトカーが中央線を越え、衝突。警部補は別の交通事故処理の後、署に戻る途中で、「脇見をしてしまった」と話しているという。

 同署の永田昌寛副署長は「交通事故防止に携わる警察官がこのような交通事故を起こして大変申し訳ない。被害者の方におわびするとともに、今後、再発防止に努めていく」とコメントを出した。

2010.5 長崎県警 酒気帯び車同乗・逮捕罰金 巡査を懲戒免職

管理人一言コメント・懲戒免職は当然!!

           ・・・・・・・・・・・・・

 諫早市で友人が飲酒運転する乗用車に同乗したとして、道交法違反(酒気帯び運転車両同乗)容疑で浦上署の男性巡査(20)が逮捕された事件で、県警は28日、この巡査を同日付で懲戒免職処分とし、浦上署長を本部長注意の処分とした。元巡査は同日、長崎簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、即日納付した。

 県警によると、元巡査は友人に「一緒に飲んでいなかったことにして」と電話やメールで依頼していたという。県警の古川弘首席監察官は「二度とこのような不祥事案を起こさないよう、職務倫理教養、人事管理・業務管理を徹底する」とコメントを出した。

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。