スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波紋・熊本県警察官の自殺

▼波紋・熊本県警察官の自殺▼ 

熊本県警剣道部員
警官自殺 組織的いじめが原因?を特集!!

▼警官自殺 組織的いじめが原因?▼ 

毎日新聞 2004年7月4日のニュースから

★警官自殺 組織的いじめが原因? 熊本県警剣道部員ら聴取

 熊本県警の男性巡査(22)が5月下旬、寮の自室で首をつって自殺していたことが分かった。県警剣道部の派閥争いに端を発した部員による組織的ないじめが原因とみられ、事態を重視した県警監察課は関係者から事情聴取を始めた。
自殺した巡査は県警機動隊所属。
練習中、先輩から竹刀で後頭部をこづかれたり、のど元への突きを執ように繰り返されていた。
 父親は全日本選手権や世界大会で優勝するなど剣道界の第一人者として知られ、県警職員の傍ら、武道全般の首席師範を務めている。
 県警関係者によると、数年前、部OBの元警察学校教官を会長とするグループが剣道部内に組織され、ほぼ全員が参加する中、巡査は勧誘されず入会していなかった。元教官と父親が対立関係にあったためで、県警監察課は、派閥による部員間の勢力争いがいじめの引き金になった可能性もあるとして、自殺の原因を詳しく調べている。
 巡査をよく知る県警関係者は「まじめでグチを言わない性格だったが、今年に入り『剣道部では1対11。いじめに耐えられず、警察を辞めたいが、父に迷惑がかかる。簡単には辞められない』と言って泣き出すこともあった。残念でならない」と話す。
 古閑司郎首席監察官は「具体的ないじめの事実は確認できていない。あったとする声も否定する意見もある。派閥の件など、さまざまな可能性を視野に入れながら調査している」と話している。

▼柔道教室で指導していた巡査が仕返し▼ 

柔道教室で指導していた巡査が仕返し 主婦 - 07/07(水) 10:11

「警視庁青梅署(東京都青梅市)に勤務する30代の巡査が1月、地元の柔道教室で指導中に小学生2人を強く投げ飛ばし、1人に鼓膜が破れる大けがを、もう1人にも打撲などのけがを負わせていたことが分かった。巡査の子どもが学校で2人にいじめられていたといい、同署の調べに「結果的に仕返しと受け取られても仕方がない」と話しているという。」(2月13日 朝日新聞より)

ああああ、どうしてこういう事件が起こるのかねえ???

この柔道教室は「青梅市が小学生などを対象に企画。市内の体育館で週2回、夕方開いている。巡査は柔道団体の推薦を受け、ボランティア講師として数年前から参加していた」(朝日新聞)とのこと。

巡査自身も“いじめてる子”たちの教育に関わっていたわけで、もっと深いところで教育を理解しないといけなかったんじゃないのかな?

最近、ボランティアの人たちを教育に関わらせる動きが盛んだけど、教育に関わるっていうことの責任をもっとしっかり感じないといけないよね。それにしても、この巡査、“親”としても、“教育に関わるボランティア”としても、そして何よりも“巡査”としても失格だね。

▼愛知県警ホームページ Q&A 子供と警察▼ 

Q8 学校でいじめられたときに、お巡りさんは助けてくれるのですか。

A 目の前で「けんか」や「いじめ」があれば、それをやめさせ、けがをした人がいれば助けることが警察官の仕事です。

 警察では、みなさんの学校での「いじめ」などの相談にのり、学校の先生やお父さん、お母さんと話し合って解決していく活動もしています。

▼警察の市民いじめの原点、それは警察武道!!▼ 

投稿者:元 投稿日:07/07(水) 11:20

警察の善良な市民に対するいじめの原点は
警察官のたまごの養成の場である警察学校での教育訓練からスタートする!!

警察学校での武道訓練は警察官として「心身等の鍛錬、また己に厳しく他人に優しいしつけ教育」等をするどころか

「弱いものいじめのやり方」を実習する。

それは剣道、柔道、逮捕術の訓練の場で起きる。

各都道府県警察とも専従の武道指導者がいる、身分は武道の特殊性等から
警察職員が多い。機動隊などに配置されている、いわゆる武道特練生は警察官の身分である。

指導者は武道そのものは優れているものの人格的に失格者が多い、また体育系での別枠で採用されていることが多い為、文章などまともに書けない能力の低い者も多く、一線警察官として出せないので身分を一般職員として警察武道の指導のみで定年する仕組みである。
勿論、能力のある者は一線に配置される。

武道指導者の主導権争い、派閥が潜在し人間関係が極度に悪く陰険な形で表面化している。

派閥争い等の犠牲者が警察学校での学生です。

柔道の訓練の際、学生に「お前の担任は気に入らん」といいながら首絞め技を掛け、いわゆる”落とす”で気絶される。

剣道で突き技と称し竹刀で喉元を強く突き、むち打ち症状にさせるなどの
いじめが常態化している。

このいじめにあった学生が警察に嫌気をさし退職するなど毎年のごとく起きている。

こんないじめ教育訓練に耐えた警察官がこんどは一線で何の抵抗も無く市民に陰険ないじめをするのです。

▼剣道とは人間形成の道のはず・陰険な警察内部のいじめ。▼ 
 
投稿者:野武士 投稿日:07/06(火) 08:50

剣道は剣道の理法の修錬による人間形成の道である。
剣道を正しく真剣に学び、心身を錬磨して旺盛なる気力を養い、
剣道の特性を通じて礼節をとうとび、信義を重んじ誠を尽くして
常に自己の修養に努める、まさに人間形成の道である。

警察内部の各種いじめは常態化しており
いじめにあった警察官は善良な市民をいじめるのです。

警察の善良な市民に対するいじめの原点は警察武道にある!!

▼活躍する熊本県警剣道指導者▼ 
★山田博徳 やまだ ひろのり

1948年熊本県生まれ。教士八段。全日本剣道選手権大会優勝。世界剣道選手権大会個人優勝。八段大会など各段階において優勝歴がある。
現・熊本県警察剣道首席師範、熊本県剣道連盟副会長
熊本県立鹿本高校卒。[ 更新日時:2005/01/30 12:42 ]

▼活躍する熊本県警剣道指導者▼ 

★亀井徹 教士八段

昭和29年熊本県生まれ。
九州学院高校、明治大学を卒業後、
熊本県警拝命。
全日本選手権4回出場、
丸目蔵人顕彰七段選手権 優勝2回
現熊本県警察八代警察署勤務。

▼熊本県警 剣道関係部員▼ 

★熊本県警 剣道関係部員 
松岡裕郎
相手の中心をとる 突きこそが技の基本だ

古澤康臣
阿蘇高校から鹿屋体育大に進み県警へ

岡田圭
女子部員

尾方正照(熊本南警察署)
益田大輔、荒木幸二(県警本部)
松田良太郎、高波進治(県警機動隊)
宮上義広、吉川喜一

山田真徳
スポンサーサイト
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。