FC2ブログ

全国の毒女(どくじょ)警察官の紹介



「毒女」とは、周囲の男を惑わし、虜にする女性警察官のことを指す警察内部用語


★ 地域住民の為に日夜努力してくれている真面目な警察官に激励と心からの 感謝を惜しまない!!

「特に若い女性警察官の不祥事が増えたのは、女性の採用を急激に増やした影響があるのではないか」

 警察庁は、女性警察官の採用・登用の拡大をうたっており、2002年以降、毎年1000人を超える女性警察官を採用。
全警察官に 対する女性の割合を10%とするよう各都道府県に求めている。
 
 2002年の段階で都道府県警察としては女性警察官絡みの不祥事の多発が懸念された。
 その事が的中、どうにも止まらい。
  
 そこで、過去の全国の毒女警察官を調査、その結果をここに紹介しよう、びっくり仰天!

  最新の警察庁のまとめによると、2019年上半期(1月~6月)に免職や停職などの懲戒処分を受けた
 全国の警察官や職員113人のうち、セクハラを含む「異性関係」が35人と最も多かったという。
 酒、金、そして異性に目がくらんでしまった警察関係者たち。

 
★当ブログの全ての情報はGoogle アラートからメールで送信されて来たものです。


   ▼▼・・・・・・・・・・・・・▼▼

★19.12.愛知県警 毒女 女巡査長とアホ男警部補「泥沼W不倫」
 
 名古屋市に隣接するベッドタウン、東海市の所轄署に勤務する30代前半の女巡査長。女巡査長が県警本部の少し年上の男警部補とダブル不倫の末、双方が告訴し合う泥沼の騒動に発展。

◆2人の出会いは昨年3月、県警内の捜査研修だと。
 ここで親しくなり、すぐさま肉体関係。女巡査長は、夫も名古屋市内にある別の所轄に勤める警察官。一方の男警部補は県警本部。お互い既婚者であった。
 2人の不倫関係は約10か月続いたが、2019年1月、男警部補が別れ話を切り出したことで、事態は急展開。

◆女巡査長の夫が激怒 
女巡査長は夫に、不倫関係を告げたところ、夫は激怒し、女巡査長の顔面を殴打、女巡査長は右耳の鼓膜を破る全治6か月の大怪我を負った。
バカげたことに、女巡査長はその件で勤め先の上司に報告、女巡査長の夫は書類送検された。ただ、“夫婦ゲンカの延長”ということで、不起訴処分になった。

◆変態 女巡査長
 こうして2人の不貞は県警内に知られるところとなり、それぞれ県警監察官らによる事情聴取が行なわれ、双方が不貞行為を告白。
この際、女巡査長は不倫の“証拠”として
 「2人のベッドシーン写真」「旅行先での混浴写真」「自身の裸の写真」等
を提出。

◆懲戒処分
 聴取の結果、2人には「所属長訓戒」の処分。

◆アホまるだしの告訴合戦
 ▼2019年2月、女巡査長から「別れるならすべてをバラ」と脅迫を受けた
と男警部補が県警に被害届を提出。
女巡査長は名古屋地検に書類送検されたが、不起訴に。
 
▼同年10月、女巡査長の夫が男警部補の不貞行為に対する損害賠償請求を起こした。この民事裁判で男警部補に請求された賠償額は440万円。

 ▼また2人で旅館に宿泊した際、偽名で泊まったことが旅館業法違反に当たるとして、双方が、相手を告訴、共に送検されて不起訴。
 こうして警察官同士のダブル不倫は、刑事、民事の訴状が飛び交う泥沼に陥ったのである。

  


       ▼▼・・・・・・・・・・・・・▼▼

★19'10 兵庫県警 トイレに拳銃と手錠忘れた27歳女警官、風俗店でバイト

 兵庫県警鉄道警察隊の女巡査長(27)が今年5~9月に風俗店でアルバイトをしていたことが、わかった。

 この巡査長は9月、駅のトイレに実弾入りの拳銃を置き忘れる不祥事も起こしており、県警は18日、二つの事案を受け、停職1か月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。

 捜査関係者によると、巡査長は副業を原則禁止する地方公務員法に違反し、5~9月の非番時に大阪市内の派遣型風俗店でアルバイトとして勤務していた。情報提供を受けた県警が調査し、発覚した。

 巡査長は勤務中だった9月29日に、山陽新幹線の相生駅(兵庫県相生市)構内の女性トイレを利用した際、実弾入りの拳銃1丁や手錠を個室内に置き忘れた。拳銃が使用された形跡はなかった。

★事件の概要
兵庫県警本部に所属する20代の女警察官が、公休日などを使って風俗業に従事していたことが18日、分かった。
この女は9月下旬、警察官として勤務中に実弾入りの拳銃を駅構内のトイレに置き忘れ、県警が発表していた。

県警は一連の行為を受け18日付で、女性警察官を停職1カ月の懲戒処分とした。女は同日、依願退職した。

捜査関係者によると、女警察官は今年5~9月、宿直明けで早く勤務が終わる日や公休を利用し、
デリバリーヘルスなどの風俗業に従事。

20回程度で計約30万円を得ていたといい、稼いだ金は外食などの遊興費に充てていた。
地方公務員法が定める兼業禁止に違反し、同法の信用失墜行為にも当たるという。

県警が内部からの情報で調査していたところ、9月29日、女警察官が相生市のJR相生駅構内のトイレの個室に、
実弾入りの拳銃と手錠の付いた革製のベルトを置き忘れる不祥事を起こした。
拳銃は約1時間半後に駅の利用客が発見、使用された形跡はなかった。


★★拳銃置き忘れで処分、兵庫県警の女警官が風俗バイトしていたワケ

 警察官にとって命とも言える拳銃と実弾をトイレに置き忘れた兵庫県警の女性警官(27)。しかも彼女は隠れて風俗でバイトしていたというからたいしたタマだが、どんな事情があったのかを見ていきたい。

 10月18日に兵庫県警による停職1カ月の懲戒処分を受け依願退職したのは、鉄道警察隊神戸分駐隊の鉄道第3係に所属していた女性巡査長。法の執行者である警察官が自ら退くとは、よほどのことがあったのでは……と兵庫県警の監察官室長に聞けば、

「9月初旬、県警内部から当該の女性警官がよそで働いているとの情報提供があり、調査をしていました。そんななか、9月29日になって拳銃の置き忘れが起こったのです。その際の聞き取りで情報提供の内容を彼女に伝えると、すんなりと事実関係を認めたため、処分するに至りました」

「彼女が実弾入りの拳銃や手錠を装着したベルトを忘れたのは29日の午後4時過ぎ、県内のJR相生駅にある女子トイレです。個室のフックに引っ掛けたまま忘れて警戒活動に戻り、相生駅から離れてしまった。約1時間20分後に利用客が見つけて駅に届けたことで、県警が知るところとなったのです。拳銃は未使用だったのが、不幸中の幸いです」

 拳銃紛失は免職、停職、減給に次ぐ戒告処分となる。

「今年、大阪のG20で警備に当たる警察官も同じようにトイレで拳銃を忘れた件がありました。そのことからも分かるように、拳銃の紛失はごくたまにですが起きます。だから女性巡査長も、それだけだったら戒告処分で済んだかもしれません」

 しかし彼女は、先の監察官室長が言ったように、監察の調査対象となっていた。

ホストにハマった?
「巡査長に関する情報提供は、“大阪市内で接客業のアルバイトをしている”というものでした」

 と、ある関係者が明かす。

「彼女はイメージホテヘルで働いていました。素人専門のコスプレイメクラですね。期間は今年の5月から9月。休日や宿直勤務明けに約20回働いて30万円ほど稼いだようです。遊興費や食事代などに使っていたとのことですが、警察への信頼を裏切ったと反省していたそうです。それならやるなと思うんですがね。彼女は県警内でけっこう知られた存在でしたから」

 それはなぜかというと、

「数年前、彼女は県警の音楽隊にいたんですよ。なかでも選りすぐりの女性6名で構成される“カラーガード隊HOPPS(ホップス)”のメンバーでした。旗を持って歩き、パレードのときなどに演奏に花を添える係です。彼女は自分がキレイなのを鼻にかけることもなくマジメに練習に取り組んでいた。その姿はみんな見ていますよ」

 そうした華やかな活動が多かった“職場”から鉄道警察隊へと移り、車内で痴漢やトラブルの警戒に当たる毎日を過ごしていたのだ。

「風俗嬢のバイトをするようになったのは、“ホストにハマり、金が要るようになったのではないか”と囁かれています。華やかなホップスを離れ、鉄道警察隊の地道でツラい仕事となり、ストレスが溜まっていたんじゃないでしょうか」

 ちなみに、女性警官と風俗バイトという問題では、昨年末、山口県警の下関署でも発覚したばかり。デリヘルで働いていた女性巡査が減給処分を受けて依願退職している。彼女の場合、副業で得たのは約8万円。それで公務員という安定した身分を捨てたのだ。また、今年の夏には高知県警で20代女性巡査のある不祥事が発覚したが、こちらはなぜか処分が軽い。地元記者が言う。

「その女性巡査は未婚で、20代から30代の男性巡査長3人と関係を持っていました。男性は全員、既婚者。つまり不倫です。ですがみんな、“マジメに付き合っていた”と話していたんです。真剣交際だった、と。この一件も内部通報で発覚したのですが、訓戒や注意の処分で済んでいます。マジメだったからでしょうか。マジメというなら、拳銃を忘れた女性巡査長もマジメだったようなんですけどね」

 警官の非番の顔はさまざま、人生どう転ぶかもさまざまである。兵庫県警には、カラーガード隊として微笑む彼女の写真が保管されているという。




             ▼▼・・・・・・・・・・・▼▼

19' 9、兵庫県警地域2課長が勤務中 署内個室で部下の毒女巡査とセックス

この課長、警部(39)が減給の懲戒処分、部下の女巡査(30)が本部長訓戒の処分を受けた。

2人は不倫関係で、勤務時間中の7月8日午前5時ごろから約30分間、署内の道場に隣接する個室で性行為をし、
職務を怠ったと。

「悩みを相談し合っているうちに、盛り上がってしまった」と本人たちは話している。

★当直中に警察署別棟で性行為 警部と部下を処分

 当直勤務中に部下の女と職場で性行為をしたとして、兵庫県警は22日、当時、兵庫署地域2課長だった男警部(39)を減給10の1(3カ月)の懲戒処分にし、発表した。警部は既婚者で、この日は署の当直責任者だったという。部下の女巡査(30)も本部長訓戒の処分を受けた。

 監察官室によると、2人は同じ課に勤務していた5月下旬ごろから交際。7月8日午前5時ごろ、兵庫署の別棟にある道場の更衣室で性行為をしたという。2人は県警の調査にこれらを認め、ともに「互いに悩みを相談するうちに好意を持った」という趣旨の説明をしているという。



               ▼▼・・・・・・・・・・・▼▼

19'8 秋田県警 20代の女巡査が警部補と不倫関係に 。

秋田県北部の警察署の40代男警部補と20代女巡査が不倫関係にあったとして、警部補が本部長注意、
巡査が所属長注意の処分をそれぞれ受けていたことが21日分かった。先月9日付。

 県警監察課によると、2人は6月下旬から10月下旬まで不適切な交際を続けた。
勤務時間外に2人が一緒にいるのを見た同僚が、11月初めに上司へ報告。
2人は聞き取りに対し「周囲に迷惑を掛けてしまった」と反省しているという。





             ▼▼・・・・・・・・・・▼▼

19'10 大阪府警茨木署の20代の女署員 キャバクラアルバイト

 退勤後にキャバクラ勤務をしていたのは、大阪府警茨木署の20代の女署員だ。
署から2kmの管轄内にあるキャバクラ店で働いていた。
「地方公務員法が禁じる兼業にあたるとして10月に戒告の懲戒処分となった。

府警に採用前にもキャバ嬢経験があったそうで
『ダメだと分かっていたが、お金が必要だった』と。




              ▼▼・・・・・・・・・▼▼

★19'4 神奈川県警 南署生活安全課 女巡査 ホストにハマり着服 停職3ヶ月 

神奈川県警は28日、ホストクラブに通う金に困り、職場の慰安旅行の積立金約154万円を着服したとして、
南署生活安全課の女巡査(24)を停職3カ月の懲戒処分にした。
巡査は同日付で依願退職した。

▼「返金すれば大丈夫」とホストクラブ代に充てたという
県警監察官室によると、巡査は同課15人分の旅行積立金を管理していたが、昨年10月ごろから今年2月までの間、6回にわたり口座から計90万円を勝手に引き出したほか、預かった現金を入金しないなど計約154万円を着服。
「返金すれば大丈夫」とホストクラブ代に充てたという。

▼ホストクラブに多いときは月に十数回行き、1回に10万円使っていた

ことし2月に積立金が不正に引き出されているのが見つかり、内部で調査したところ、巡査は着服を認めたうえで、
「東京・新宿のホストクラブに行くために着服を繰り返していた。
多いときは月に十数回行き、1回に10万円使っていた」と。

特定のホストに入れ込み、これまで計60回ほど通ったといい、カードローン約500万円、
ホストクラブの売掛金50万円の借金があった。

▼親が全額弁済したことなどから、立件は見送る方針

親が全額弁済したことなどから、立件は見送る方針。
巡査は「みんなのお金に手を付け、本当に申し訳ない」と話しているという。

▼神奈川県警察本部の新田泰弘監察官室長は、「このような事案が起きたことは誠に遺憾で厳正に処分しました」とコメント。



             ▼▼・・・・・・・・・・・▼▼

★18'7 高知県警 1人の女警官をめぐるトリプル不倫

不倫発覚のきっかけは、高知県警内の内部告発。

◆事の概要
女巡査は2017年12月から2018年6月にかけて、
「3人が既婚者と知った上で、個別にセックスしていた」前代未聞の破廉恥な警察不祥事。

女巡査は、3人の男巡査長と不倫関係にあったものの、3人と“同時並行”では無く。
1人との関係が終わると、また次の男へと移っていった。

3人の男巡査長は他の男との不倫の事実を知らず、
女巡査と『不倫関係にあるのは自分だけ』という認識だった。

◆懲戒処分
 高知県警監察課は、いずれも7月8日付で不倫関係にあったとして
20代の女巡査を本部長訓戒、
20~30代の男巡査長の1人を本部長訓戒、他の2人を本部長注意に。

◆署内での噂
「処分された女巡査、男巡査長3人は真面目な人柄で知られていたという。
決して派手なタイプではない。
警察内では『あの人たちが、まさか不倫していたなんて』と。

◆女巡査は“接する距離が近い”タイプ
女巡査は話をするときなど“接する距離が近い”タイプで、仕草などが女性らしいという。
『あの距離感で飲みに行ったら、好きになってしまうのも頷ける』と。

女巡査は所轄署勤務。
女巡査ははじめの処分を受けた後、事件が少ない余裕のある警察署に飛ばされている。

女巡査は同じ巡査長との不倫で処分されており、今回で2回目の処分。

「3人の男巡査長を手玉に取る、典型的な『毒女(どくじょ)』の女巡査」

◆3人の巡査長に共通しているのは真面目なことで、悪く言えば“指示待ち人間”。
3人とも積極的なタイプではない。

ただ、3人の男巡査長のうち1人は、以前にも同じ女巡査との不倫関係で本部長注意処分を受けている。その後、関係は切れず、今回が2回目ということで、本部長訓戒処分。

▼「女巡査は男巡査長に対して『遊び相手という思いはなく、真剣に好きになってしまい、真剣な交際に至った』と。

また、男巡査長らも妻子がいるものの、同じく『遊び相手を探していたわけではない』と。

◆ 土佐の男は「いごっそう」、女は「はちきん」だという。いごっそうとは土佐弁で、気骨があり信念を曲げない性格。そして、はちきんは「向こう見ずで勝ち気な女性」を指す。

「はちきんは、漢字で『八金』と書く。つまり、“8つの睾丸を手玉に取る女”。男勝りで、性的なバイタリティに溢れる気質、そうしたニュアンスが含まれています」




                ▼▼・・・・・・・・・・▼▼

18’10 北海道警 函館西署 20代女刑事をめぐり集団不倫 上司ら処分13件

北海道警函館西警察署に勤務していた20代の女刑事(巡査)を巡り、複数の男警察官が不倫関係や
肉体関係を持ったとして、訓戒などの処分を受けていた。

◆発覚の端緒
痴話喧嘩から警察沙汰に。

2018年8月頃、不倫関係にあった女刑事と30代上司が道外に出張した際の痴話喧嘩。
居酒屋で食事をしている際に喧嘩、激しい口論となり、それを見た居酒屋のスタッフが慌てて警察に通報。

駆けつけた警察官が2人に事情聴取、女刑事らは仕方なく同業者であることを“自白”
不倫関係が発覚。
2人の所属先である函館西署の上司が現地に向い事情聴取、別件の不倫関係等も判明した。

◆女刑事(巡査)- まさしく毒女

                               この写真無関係 髪型のみ
20代 刑事課の刑事

髪型はショートボブで化粧は薄く、ボーイッシュな感じ。
性格は“女子っぽい”

周囲の目をはばからず、男へのアピールをすることもしばしば。
署内の懇親会でも泥酔して、男警察官に甘える姿がたびたび目撃されていた。 

そんな酔っ払った女刑事(巡査)を「今日は誰が送っていくか」を飲み会の最中に話し合うのが常で、
送った人が女刑事と肉体関係を持つ
というのが男警察官の中で暗黙の認識だった。
そんなことが日々繰り返され、『A子は尻が軽い』という噂が道警に広まった。

◆単身赴任が多い函館の警察官
 今回処分された、不倫関係を持った二人は女刑事と直属の上司。
年上の男が“不倫対象”となるのには、道警ならではの事情があると。

女刑事と飲み会などがきっかけで関係を持ったのは同世代ではなく、既婚の先輩が多かった。
というのも、道警で函館勤務している警察官は、道警本部時代などに札幌市内で戸建てを購入した所帯持ち男が多く、
だいたい単身赴任。

関係者のほとんどが函館西署所属か同署出身者。

◆「不適切異性交際」処分
2018年8月から10月までの3カ月で13件
8月 3件(警察本部長注意2件〔所轄署巡査部長、同巡査〕、所属長注意1件〔所轄署巡査〕)

9月 8件(方面本部長訓戒1件〔方面本部警部補〕、警察本部長訓戒3件〔道警本部警部、所轄署巡査、同警部補〕、所属長訓戒1件〔所轄署警部補〕、警察本部長注意3件〔道警本部警部補、方面本部巡査部長、所轄署巡査部長〕)

10月 2件(所属長訓戒1件〔所轄署巡査部長〕、警察本部長注意1件〔所轄署巡査長〕)
いくら不祥事が多い道警でも、さすがに1カ月に8人も『不適切異性交際事案』で処分されているのは珍しい。

処分された上で全員が遠方の署などに左遷された




                ▼▼・・・・・・・・・・▼▼

★18'3 警視庁 新宿署 毒女巡査 暴力団員に身を任せ快楽 そのうえ捜査情報を漏らす。

★発覚の端緒
「男の弟が別件で逮捕され、取り調べで、『俺のアニキはヤクザで、そのオンナは刑事だぞ』と言い出した」

★父も警官の厳格な家庭の女巡査

女巡査の父親は警視庁生活安全部生活経済課の現職警部。キャリアではないが、生活経済課は生安部の花形部署。
父親が『デキる』捜査員だということもあり期待されていた」と。

★女巡査は合気道有段者で美人
 警部の父親を持ち、厳格な家庭で育った女巡査。
合気道有段者で勝ち気な性格。

メガネをかけているものの、目鼻立ちはくっきりしており、かなりの美人だという。
高校時代の友人は語る。

「高校生の頃は、おとなしいタイプでしたが、顔が当時AKB48で人気のあった板野友美さんに似ていたため、
クラスでは『ともちん』と呼ばれていた。

水泳部に所属しており、部活動には熱心に取り組んでいたので、夏の水泳の授業では目立ってたと。
泳ぎが速いということもあり、彼女の水着姿に釘付けになる男子も」

★男との出合い
 出会いは取調室の中だった。窓のない狭い部屋の中で向き合う二人。一目惚れしたのは女のほうだった。
「見習い」として取り調べに立ち会った女巡査は、男の威圧するような鋭い目に動くことができなくなった。
2017年、季節は夏。

 そもそも二人はなぜ交際することになったのか。当時、女巡査は留置管理課に所属していたが、かねてより組織犯罪対策課への配属を希望しており、前年7月から「見習い」として組織犯罪対策課の捜査の講習を受けていた。

「23歳で新宿署という大規模署の組対の見習いを認められたのは、将来を嘱望されていたから。
男の取り調べに立ち会ったのは「組対」での講習が始まって間もないころ。まだ経験も少ない取り調べの現場。
緊張していたことは想像に難くない。

★相手の男
住吉会三次団体の32歳の独身組員。

「EXILEにいても、おかしくないような色男で、その組のイケメンと言えば真っ先にその男が思い浮かぶほど。
趣味はキックボクシングでガタイがよく、背も高かった」と。

真面目に生きてきた女巡査の前に突如として現れたイケメンヤクザ。
自分とはまったく違う境遇の男と恋に落ちるのに時間はかからなかった。

10月下旬のこと、最初に男に公用の「携帯電話」で連絡をとったのは女巡査のほうだった。
「月が変わり、今度は男が頻繁に電話するようになり、ことあるごとにデートに誘った。

女巡査は警察官という身分上、最初は断っていたものの、何度も誘われるうちに、11月下旬に初めて食事をした。
その際、交際を求められ、そのままホテルへ直行、ヤクザの巧みなセックスにハマり込み、タダのセックス好きな女に。
 
そうした女の様子を男が見逃すはずはなかった。
会う度にセックス、その内に性交中の写真や動画を撮られても平気になった。

男は組仲間などに女巡査とのセックス写真や動画を自慢げに見せ、その界隈では評判となった。
(男の供述によると、ヤクザ流のセックスで攻めまくり、悶える女巡査を長時間、もてあそんだ様子)

こんな事で女巡査はセックス好きのタダの女と化した。

年が明け、男の要求はさらにエスカレートしていった。
カネを無心するようになった。
額は数万円から数十万円とどんどん膨れ上がり、その総額は100万円にものぼった。

★男に捜査情報を漏らす
 男は女巡査に「自分が捜査対象になっている事件はあるか」としつこく尋ねる様になって来た。
「捜査情報を教えれば、男も交際の事実を黙っていてくれるのではないか」

上司の目を盗み、こっそりと捜査書類を覗き込んだ。
すぐに男に電話をかけて、事件の罪名、捜査の進捗状況を教えた。

★発覚 懲戒処分
「男の弟が別件で逮捕され、取り調べで、『俺のアニキはヤクザで、そのオンナは刑事だぞ』と言い出した」
そこで新宿署は女巡査について張り込みも含めた捜査を開始した。

さらにこの捜査の過程で新たな事実が発覚することとなる。
内偵捜査が入り、行動確認していたところ、

女巡査が現職の警視庁の警察官と一緒にホテルに入るところを目撃された。
しかも、その現職警察官は妻子持ちで、いわゆる不倫であった。

その後、警視庁が事情聴取したところ、女巡査はすべてを認め、秘密漏洩が発覚した。

★18年3月19日。警視庁の女巡査(23)は停職6か月の懲戒処分を受けた。
処分の理由は捜査情報を漏らしたとする地方公務員法違反容疑。

処分と同時に同日、書類送検もされ依願退職した。
漏らした相手が警察組織にとって大問題だった。
警察と敵対する暴力団員だったからである。


「週刊現代」2018年4月7日号より


★女巡査は警務部人事一課監察係の聴取に事実関係を認め「交際が発覚すると
警察官を続けられなくなると思ったが、情報を教えれば黙ってくれると考えた」などと供述しているという。

女巡査は2018年1月頃、組員から金の無心を迫られたことをきっかけに、交際をやめたとも説明している。
18年3月19日。警視庁の女巡査(23)が停職6か月の懲戒処分を受けた。

処分の理由は捜査情報を漏らしたとする地方公務員法違反容疑。
警視庁は、上司の課長など4人についても所属長注意など

「警察に対する信頼を失墜させる行為であり厳正に処分した。再発防止に努めたい」とコメントした。

フライデーで女性巡査の画像が公開されました。
http://blog-imgs-131.fc2.com/s/e/i/seigi002/20191022174443a12.jpg




                ▼▼・・・・・・・・・▼▼

★18'12 山口県警 下関署の女巡査 派遣型風俗店でアルバイト

 山口県警下関署の女巡査が風俗店で働いて報酬を得ていたとして、
減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが31日、分かった。
昨年12月18日付。巡査は同日依願退職した。

 捜査関係者によると、巡査は昨年9〜11月、福岡県内の派遣型風俗店に勤務し、約8万円の報酬を得ていた。
昨年11月に山口県警に情報提供があり、巡査が「生活費の足しにしたかった」と認めたため処分した。
 
監察官室は処分を非公表、非公表の理由については「公表の指針に従って判断した」と説明している。
また「再発防止に向け、指導を徹底したい」とコメントした。





                ▼▼・・・・・・・・・▼▼

★19'4 山口県警20代女性巡査がアプリで複数男性と不適切交際 金銭要求も。

山口県警山陽小野田署の20代の女性巡査が、出会い系アプリを利用して複数の男性と不適切に交際したとして、同県警が1日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を科し、当該女性巡査が同日に依願退職していたことが17日、分かった。

山口県警によると、女性巡査は18年5月から8月にかけて、スマートフォンの出会い系アプリを利用して複数の男性と知り合い、交際していたという。金銭の提示もしていたという。同巡査が2月に署に相談して発覚したもので「申し訳なかった」と反省していたという。同県警は私行上の事案については免職、停職のみ発表という指針に従って、公表していなかった。

相次ぐ女性警察官の不祥事に、山口県警の関係者は「うちとしても、まことに遺憾。引き続き、全職員に倫理教養、心情把握、指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。4月1日付で、当該女性巡査が依願退職後、職員への指導を徹底しているとした。



            ▼▼・・・・・・・・・▼▼

★14'11.警視庁、綾瀬署交番で男女警官がキス・お泊まり…4人を処分

 非番の女性警察官を交番に泊まらせたり、勤務時間中にキスしたりしたとして、警視庁綾瀬署員の男女4人が今月、内規上の処分を受け、辞職していたことが17日、分かった。警視庁は、懲戒処分には当たらないため、公表しなかったとしている。

 警視庁によると、同署地域課の男性巡査部長は今年、交番で勤務中に地域課の女性警察官とキスをするなどした。同課の別の男性巡査は、勤務する交番を訪ねてきた同じ女性警察官とキスしたり、体を触ったりした上、酔っていたため、泊まらせた。いずれも女性警察官も同意していたといい、交番勤務が1人態勢になる時間帯だった。

 また、同署生活安全課の男性警部補は、飲食店で同じ女性警察官に体を触るなどのセクハラ行為をしたという。女性警察官が上司に被害を訴え、調査していたところ、交番での行為なども明らかになったという。

 警視庁の森元良幸警務部参事官は「職員らの不見識な行状について厳正に対処した。再発防止に努める」とコメントした。


★警視庁綾瀬署で1人の女性警察官を巡る、前代未聞の不祥事が起こっていた。交番に勤務中、訪ねてきた女性警察官にキス。さらに別の警察官はこの女性警察官を交番に泊めていた。この不祥事はなぜ発覚したのか?

■1人の女性警察官を中心に3人の警察官が辞職していた事が発覚
警視庁綾瀬署(東京都足立区)で女性警察官を勤務中の交番に泊まらせたり、セクハラ行為をしたりしたとして、署員の男女4人が内規上の処分を受け、今月までに辞職していた

首都・東京の治安を守る警視庁。同庁が設置する1084か所の交番の中で、女性警察官が情事にふけったという前代未聞の醜聞が浮上した

■交番で勤務中に女性警察官とキスした男性巡査部長
同署地域課の男性巡査部長は勤務中に交番を訪ねてきた女性警官とキスをした

■別の巡査はこの女性警察官とキスした上、交番に泊まらせていた
同課の別の男性巡査は、勤務する交番を訪ねてきた同じ女性警察官とキスしたり、体を触ったりした上、泊まらせた

女性警察官は酔っていたという

いずれも交番で1人体制の時間帯だった

交番で男女警官がキス・お泊まり… 警視庁、綾瀬署4人を処分 - 産経ニュース
女性警察官は非番の日に交番を訪れていた

■なぜ発覚したのか?この女性警察官はセクハラ被害を受けていて、この被害の調査の過程で明らかになった
同署生活安全課の男性警部補は、飲食店でこの女性警察官に体を触るなどのセクハラ行為をしたという

交番で男女警官がキス、お泊り... 綾瀬署4人処分
女性警察官が上司に被害を訴え、調査していたところ、交番での行為なども明らかになったという


   


   ↓↓これから先 工事中↓↓



スポンサーサイト



プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード