06.10 ~ 04.7 沖縄県警 不祥事

▼06'10 沖縄県警 沖縄署員私用PC検査/沖縄署CD紛失▼

コメント・今頃、何やってるか!!

・・・・・・・・・・

 沖縄署の交番勤務の警察官が個人情報の入った捜査資料のCDを紛失した問題で、同署が署員約二百三十人全員を対象に、私物パソコンのデータをチェックしていることが分かった。同署は「盗難の疑いも視野に捜査しており、情報の流出がないか身内の調査を徹底するのは当然だ」と説明するが、署員からは「やり過ぎ」との不満も漏れている。
 同署によると、七月末に北谷交番勤務の巡査が沖縄署の更衣室で着替えをした後、CDと私物パソコンの入ったかばんを共用棚に放置して帰宅。二日後に出勤した際、かばんがなくなっていることに気付いたという。

 同署は問題が発覚して以降、盗難も視野に捜査を開始。その一環として、署内にある職務用パソコンのほか、課ごとに上司が部下の自宅を訪問、持ち主の立ち会いの下で、私物パソコンに保存されているメールや文書に警察情報が含まれていないかどうか調べているという。

 新田朝栄副署長は「強制でなく、協力を依頼する形で行っている。署内でCDがなくなった以上、身内を調べるのは当たり前のことだ」と説明。これまでに署員による捜査資料の外部への持ち出しは確認されていないという。これに対し、一部の署員からは「任意の調査とはいえ、拒めるものではない。プライバシーまで踏み込むのは行き過ぎではないか」との声も聞かれる。

 一方、愛知県警などで起きた捜査情報のインターネット流出を受けて、警察庁が全国の警察に対し、私物パソコンの職務上の使用や自宅への持ち帰りなど、管理の徹底を指示した経緯もある。

 同署によると、CDには、二〇〇一年から今年三月までに処理した約二百五十件の事件・事故の捜査資料が保存され、約三百人分の名前や住所などの個人情報が入っていた。同署は関係者に経緯を説明し、謝罪している。

▼06'08 沖縄県警 捜査資料入りCDを紛失 警察署内で盗難か▼

コメント・ドロボーは警察の始まり。

・・・・・・・・

 沖縄県警沖縄署は十一日、男性巡査(24)が、交通事故の実況見分調書や窃盗の被害届など、捜査資料を含む約三百人分の個人情報が入った書き込み可能なCD(CD-R)を紛失したと発表した。署内で紛失したとみられ、同署は盗まれた疑いもあるとみて捜査している。

 沖縄署によると、巡査は七月二十六日午後、同県北谷町の交番勤務を終え、沖縄署地下の更衣室に着替えに行った際、私物のノートパソコンとCD-Rの入ったバッグを専用の保管庫に入れず、棚に置いたまま帰宅。二十八日朝の出勤時にバッグがなくなっているのに気付いた。

 CD-Rには二○○一年から今年三月までの実況見分調書や被害届、検挙報告書など計約二百五十件、約三百人分の氏名や住所などが入っていた。パソコンには個人情報はなかったという。県警は調査で判明した関係者に順次、謝罪している。情報流出による被害などは確認されていない。

 巡査は○四年七月に先輩の巡査長(28)から事件や事故のデータを譲り受けてパソコンに保存、調書作成時などにひな型として活用していた。

 沖縄県警は今年三月、フロッピー以外の外部記録媒体への情報コピーを禁じる通達を出したが、巡査はCD-Rやフラッシュメモリーに保存して持ち運んでいた。

▼06'07 沖縄県警 聴取せずに供述調書作成 巡査長を書類送検▼

コメント・理解に苦しむ、何だ、これわ!!

・・・・・・

 沖縄県警は7日、実際には取り調べをしていないのに勝手に供述調書をつくっていたとして虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、本部署警務課の奥島憲尚巡査長(31)を書類送検、同日付で懲戒免職処分にした。
 調べでは、奥島巡査長は2004年8月から05年11月までの間、前任の沖縄署で交通事故8件の処理を扱った際、虚偽の供述調書など16通を作成した疑い。
 奥島巡査長は9通の供述調書については、まったく聴取をせずに自分で書いていた。4通の供述調書については、いったんは聴取をしたが、上司から再捜査を命じられたのに当事者から再度聴取をせずに勝手に記述していた。
 調書には、署にあった印鑑や自分の母印を押していたという。
(共同通信)

▼06'06 沖縄県警 生活安全部長がセクハラ 戒告処分▼

コメント・処分の軽いこと!!
・・・・・
 国家公安委員会は2日、女性警察職員の体を触るセクハラ(性的嫌がらせ)行為をしたとして、沖縄県警本部生活安全部長の長浜栄治警視正(58)=同日付で警務部付=を戒告処分にした。
 長浜警視正は「セクハラは絶対にしていない。不当な処分で、弁護士に相談して不服申し立てをする」と反論、来週にも記者会見を開くという。
 県警によると、長浜警視正は昨年12月上旬、那覇市内で警察職員数人と酒を飲んだ後、代行運転中の車内後部座席で隣に座った女性の胸や手を触るなどしたとされる。
 県警監察課がことし2月に女性の知人を介して情報を入手し捜査していたが、女性は刑事処分を望んでいないという。沖縄県警では警視正以上が戒告処分を受けるのは初めてという。
(共同通信) - 6月2日

▼06’04 沖縄県警 県警巡査長が調書偽造/交通事故14件▼

コメント・こんな警察官が多いこと、世界中で一番誇れない日本の警察!!

・・・・・・・・

 県警の巡査長(31)が、沖縄署交通課に勤務していた当時に担当していた交通事故で、少なくとも十四件の調書を偽造し、処理していたことが分かった。県警は虚偽有印公文書作成、同行使の疑いがあるとみて、巡査長から事情を聴くなど、調べている。県警の調べに、巡査長は「処理しきれなくなって、やってしまった」などと偽造を認めているという。
 巡査長は、主に人身事故で、実際には取り調べなどを行っていないにもかかわらず、実況見分調書や供述調書を偽造し、署名、押印して検察庁に送っていたという。県警は事故の当事者からも話を聞くなど裏付けを進めている。

 関係者によると、巡査長は昨年二月まで沖縄署交通課に勤務し、同署地域課などを経て、昨年九月に本部署に異動した。

 交通課で担当していた事故処理が異動後も残っており、沖縄署に呼ばれ、書類作成に当たっていたという。偽造調書は昨年中ごろから、今年初めまでの間に作成したとみられる。

 沖縄署管内で発生した交通事故の被害関係者が今年二月、「取り調べを受けたこともないのに、自分の言っていないことが調書として作成されている」などと指摘したことから、発覚した。

 沖縄署は「警察官として県民の信頼を失う、あるまじき行為だ。事実関係を調べて、はっきりさせたい」としている。
沖縄タイムス 2006年4月14日(金) 夕刊[ 更新日時:2006/04/14 18:16 ]

▼04'08 沖縄 盗犯担当警部補が万引き▼

盗犯担当警部補が万引き=「夜勤で疲れ」栄養剤7本-沖縄

 コンビニエンスストアで栄養ドリンクを万引きしたとして、沖縄県警は12日までに、窃盗の疑いで、同県警捜査一課の男性警部補(53)を書類送検するとともに、停職1カ月の懲戒処分にした。警部補は同日付で辞職。約1カ月間休みを取っておらず、「夜間勤務で疲労が蓄積していた。小さいのでばれないと思った」と話しているという。
 県警監察課によると、警部補は7月26日から8月3日にかけての深夜、糸満市米須のコンビニで、4回にわたり栄養ドリンク計7本(計約2060円相当)を手に取り、ズボンのポケットに入れた疑い。 (時事通信)

▼04'07 沖縄 事故捜査放置、巡査長▼

事故捜査放置、巡査長を戒告=診断書6通も紛失-沖縄県警

 沖縄県警宜野湾署に勤務中、人身事故39件の捜査を放置した上、関係者の診断書6通を紛失したとして、県警は15日、交通機動隊の男性巡査長(30)を戒告処分にした。また、当時の同署交通課長2人の監督責任を問い、所属長注意とした。 (時事通信)

スポンサーサイト
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード