スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07'6 ~04.2 大阪府警 不祥事

▼大阪府警・不祥事▼
07'06 大阪府警 談合の警部補を懲戒免職

管理人コメント・監督責任者の処分は?
・・・・・・・・・
 大阪府枚方市発注の清掃工場建設工事をめぐる談合事件で大阪府警は25日、談合罪で起訴された府警捜査2課の警部補平原幸史郎被告(47)を懲戒免職処分にした。
 起訴状によると、平原被告は枚方市副市長小堀隆恒被告(60)らと共謀、市が2005年11月に実施した「第2清掃工場建設工事」の一般競争入札で、大林組と浅沼組の共同企業体(JV)に落札させるため談合した。中司宏市長(51)の紹介で小堀被告と知り合い、大林組側の意向を伝えるなどしていたとされる。
2007/06/25

▼大阪府警・不祥事▼
07'06 大阪府警 枚方談合事件 「深くおわび」、大阪府警記者会見で陳謝

管理人コメント・悪事を働いた警察官、氷山の一角、まだまだバレないデカが、そこにもあそこにも?
・・・・・・・・・・・・・・
 大阪府警の深草雅利警務部長は18日夕、捜査2課の警部補、平原幸史郎容疑者(47)が競売入札妨害(談合)罪で起訴されたことを受けて記者会見し、「犯罪を取り締まる警察官が重大な事案を引き起こし、府民の信頼を裏切ることとなり誠に遺憾です」と謝罪した。府警は近く、平原警部補を処分する方針。

 深草警務部長は「(組織管理の)問題点がどこにあったのか、管理がどう破られたのか……」などと、沈痛な表情を見せた。

 府警は同日午前、監察室員が大阪拘置所で平原警部補に面会。平原警部補は談合の容疑を認めたうえで涙を流しながら「迷惑をかけて申し訳ない」と頭を下げたという。

会見の冒頭で頭を下げる大阪府警の深草雅利・警務部長(左)と竹中誠一・監察室長
2007年06月18日

▼大阪府警・不祥事▼
07'06 大阪府警 警部補、1千万円で女性への贈り物も 枚方の談合事件

管理人コメント
府民の為に働くのでは無く、己の借金返済等のため頭を使う悪質な刑事、厳罰を望む。
・・・・・・・・・・・・
 大阪府枚方市の清掃工場建設をめぐる官製談合事件で、府警捜査2課警部補の平原幸史郎容疑者(47)が、大手ゼネコン「大林組」側から受け取ったとされる1000万円を借金の返済や女性との交際費などに使っていたことが大阪地検特捜部の調べでわかった。現金の授受は入札から1年余りたった時期だったことも判明。特捜部は、平原警部補の知人の建設会社社長が大林組側に現金を要求していたことなどから、警部補がわいろ性を薄めようと画策した疑いもあるとみている。

 特捜部は、競売入札妨害(談合)容疑で逮捕した平原警部補が警察官の職務に絡んで1000万円を受領した収賄容疑で18日にも再逮捕する方針をすでに固めている。談合という不正を知りながらわいろを得て捜査を怠ったとする加重収賄罪が適用される可能性もある。

 調べによると、平原警部補は、大林組顧問の森井繁夫容疑者(64)側から受領した現金1000万円の多くを自分の借金の返済にあてたほか、特定の知人女性への贈答品にも使っていたという。

 現金の授受は、大林組側が清掃工場の建設工事を受注した05年11月から1年が過ぎた昨年12月だった。平原警部補が自らの捜査で知り合った建設会社「国土建設」社長の山田睦司容疑者(46)が森井顧問側に「受注に絡んで動いてやっただろう」などと要求して1000万円を受け取り、山田社長から警部補に全額が渡ったという。

 特捜部は、山田社長が「交渉役」として現金を要求することで、平原警部補への謝礼というわいろの趣旨を薄めようとした疑いもあるとみて2人を取り調べている。
2007年06月17日

▼大阪府警・不祥事▼
07'06 大阪府警 電車で客のクッキー食べた警部補逮捕

管理人コメント・「酒と女とバクチに注意」と警察初任科教養で習うではないか、警部補の犯罪多発、警察の資質の問題だ。
・・・・・・・・・・・・・
 酒に酔って電車内で女子大生に迷惑行為をしたとして、大阪府警守口署は13日までに、酔っぱらい防止法違反の現行犯で同府警保安課警部補の男(36)=同府交野市=を逮捕した。

 調べでは、警部補は12日午後11時25分ごろ、大阪市中央区の京阪本線淀屋橋駅から乗車。込み合った座席に無理やり座り、隣にいた大阪府寝屋川市の私立大2年の女子大生(19)に肩や太ももを押し付け、女子大生が持っていたクッキーを取り上げて食べた疑い。

 女子大生とほかの乗客が同府守口市の守口市駅で警部補を降ろし、守口署員に引き渡した。警部補は勤務後、大阪・ミナミで酒を飲んで帰宅途中で「よく覚えていない」と供述している。

 大阪府警の竹中誠一監察室長は「飲酒上のこととはいえ信頼を損なう行為で誠に遺憾。厳正に処分する」とコメントした。
(共同)2007年6月13日

▼大阪府警・不祥事▼
07'05 大阪府警 談合容疑 警官を逮捕・市とゼネコン仲介

管理人コメント・アメリカの映画に出てきそうな警察官犯罪、日本も警察官犯罪はアメリカ並みに!!
・・・・・・・・・・・・・
 大阪府枚方市が05年秋に発注した清掃工場の建設工事で、大手ゼネコン「大林組」(大阪市中央区)の顧問らが談合していた疑いが強まり、大阪地検特捜部は29日、大林組顧問の森井繁夫(63)、中堅ゼネコン「浅沼組」(大阪市天王寺区)常務の田島洋(64)、大阪府警捜査2課警部補の平原幸史郎(47)ら6容疑者を競売入札妨害(談合)の疑いで逮捕した。いずれも容疑を認めているという。特捜部は、森井顧問らが談合を取り仕切り、平原警部補も市とゼネコンの間の橋渡し役をしたとみて、事件の全容解明をめざす。

 汚職事件などを調べる捜査2課の現職警察官が、談合事件で逮捕されるのは極めて異例。

 平原警部補は、公務員の汚職事件や談合事件を担当する府警捜査2課に所属。枚方市を含む地域を担当していたこともあった。市側とゼネコン側の調整役だったとされる山田取締役の知人で、情報をやりとりするなど受注工作にかかわった疑いがあるとされる。
2007年05月30日

・・・・・・・・・・・・・

「なぜ疑われるか分からない」=逮捕前、平原容疑者-大阪府警に衝撃

 「談合の件で、警察官を調べたい」。大阪府警には29日午後5時ごろ、大阪地検から連絡が入った。府警の監察室員に対し、捜査2課警部補の平原幸史郎容疑者(47)は「何を疑われているのか、よく分からない」と話したという。
 平原容疑者は午後7時半に出頭。午後11時前に逮捕されたが、地検から府警に詳しい説明はないという。
 同容疑者の元上司は「捜査2課の中でも、仕事が抜群にできる男。本部長賞を何度も取ったことがある」と、突然の逮捕に驚きを隠せない様子だった。

▼大阪府警・不祥事▼
07'05 大阪府警 巡査長、酒に酔い書類紛失

管理人コメント・刑事不適格者です、それより警察もついでにお辞めなさい。
・・・・・・・・・・・
 大阪府警東住吉署は25日、逃走中の容疑者の氏名などを記入した書類を、同署の男性巡査長(26)が酒に酔って紛失したと発表した。

 同署によると、巡査長は刑事になるため研修中で23日夜、大阪市北区の居酒屋で同僚約40人とビールや焼酎を飲み、2次会のカラオケ店でも飲酒。

 午後11時ごろ、タクシーに乗り、24日午前2時ごろ大阪府東大阪市の自宅に着いた。同日朝、書類が入ったかばんがないことに気付いた。

 紛失した書類は、詐欺事件で同署が逮捕状を取り行方を追っている容疑者の氏名や生年月日が記入された用紙1枚と、別の詐欺事件の関係者名が記された追送検書類のコピー12枚。

 巡査長は逮捕状請求手続きなどを学ぶため、逃走している容疑者の氏名などを自ら書き取っていた。追送検の書類は無断でコピーしていたという。

▼大阪府警・不祥事▼
07'04 大阪府警 わいせつ容疑で2度逮捕の巡査長懲戒免職

コメント・何でもやります大阪府警!!
・・・・・・・・・・
 大阪府警は18日、大阪府枚方市で若い女性2人の体を触ったとして、強制わいせつなどの疑いで逮捕された八尾署巡査長石川雅美容疑者(32)を懲戒免職処分にした。

 石川容疑者は「被害者の方々には大変申し訳なく思う」と反省しているという。

 石川容疑者は3月、枚方市のバス停でホームヘルパー(18)を触ったとして強制わいせつ容疑で逮捕され、さらに昨年3月にも同市の歩道でアルバイト店員(21)を触ったとして、強制わいせつ致傷容疑で再逮捕された。

2007年4月18日

▼大阪府警・不祥事▼
07'03 大阪府警 制わいせつで巡査長逮捕 バス停で女性の体触る

コメント・こんな警察官ばかりや、情けない。
・・・・・・・・・・・・・
 大阪府警枚方署は31日、バス停でホームヘルパーの女性(18)の体を触ったとして強制わいせつの疑いで、大阪府枚方市池之宮、八尾署巡査長石川雅美容疑者(32)を逮捕した。

 「妻とけんかして欲求不満だった。ナンパしたかった」と容疑を認めているという。

 調べでは、石川容疑者は30日午後10時ごろ、枚方市内のバス停にいた女性に乗用車で近づき「どこ行くんや。乗っていきな」などと誘い、女性が拒否すると車から降りて無理やり胸や下半身を触った疑い。

 バスが来たため車で逃走したが、女性がナンバーの一部を覚えており、枚方署が石川容疑者を割り出した。

 大阪府警の竹中誠一警務部参事官は「警察官としてあるまじき行為。厳正に対処する」としている。

▼大阪府警・不祥事▼
07'03 大阪府警 犬の飼い方で近隣トラブル 交番相談員逮捕

コメント・犬は問題がある、警察の犬も。
・・・・・・・・・・・
 奈良・香芝市に住む交番相談員が21日夜、犬の飼い方をめぐるトラブルから金属バットで殴りかかってきた男にケガをさせたとして、逮捕された。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、大阪府警八尾署志紀交番の相談員・太屋享容疑者(57)。太屋容疑者は21日午後8時過ぎ、自宅前で近所に住む57歳の男と犬の飼い方をめぐって口論になり、男は持ってきた金属バットで太屋容疑者の手などを殴った。

 太屋容疑者は男の金属バットを奪い、殴り返したため、男は頭に全治2週間のケガをした。太屋容疑者も指などを骨折し、全治1か月の重傷。太屋容疑者は「殴られたから殴った」と容疑を認めているが、警察では、近所に住むこの男からも傷害の疑いで事情を聴く方針。

▼大阪府警・不祥事▼
07'02 大阪府警 盗撮容疑で逮捕の警官を停職処分

コメント・処分が軽いこと!!
・・・・・・・・・・
 奈良県上牧町のパチンコ店で女性店員のスカートの中を小型カメラで盗撮したとして、大阪府警地域部航空隊の藤田佳久巡査部長(34)が奈良県警に1月、県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕された事件で、府警は7日、藤田巡査部長を停職1カ月の懲戒処分にした。藤田巡査部長は同日、同容疑で奈良地検に書類送検され、依願退職した。

 府警監察室によると、 藤田巡査部長は、昨年9月ごろにインターネットを通じて盗撮セット(約6万円)を購入し、電車内や街頭でたびたび女性の下着などを撮影していたという。

2007年02月07日

▼大阪府警・不祥事▼
0701' 大阪府警 巡査部長、パチンコ店で盗撮 奈良県警が逮捕

コメント・お笑い大阪府警、何でもあり情けない!!
・・・・・・・・・・
 パチンコ店で女性店員のスカートの中をビデオカメラで盗撮したとして、奈良県警は13日、大阪府警地域部航空隊巡査部長の藤田佳久容疑者(33)=同県香芝市高山台3丁目=を県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 調べでは、藤田容疑者は同日午後4時20分ごろ、奈良県上牧町のパチンコ店でビデオカメラを入れたかばんを床に置き、アルバイトの女性店員(19)のスカート内を撮影した疑い。男性店員が取り押さえたという。
2007年01月13日

▼大阪府警・不祥事▼
06'11 大阪府警 枚方署 巡査が拳銃自殺、警察署内のトイレで

コメント・身上把握が十分で来ていない、無関心な署なんですね。
・・・・・・・・
 3日午後0時40分ごろ、大阪府枚方市の枚方署4階の男性用トイレの個室で、同署地域課の男性巡査(23)が頭から血を流して倒れているのを同署員が見つけた。巡査は病院に搬送されたが、約5時間半後に死亡した。右手に拳銃を持っており、側頭部を1発撃った跡があるため、同署は巡査が拳銃自殺を図ったとみて調べている。

 同署によると、巡査は今年4月、大阪府警に入り、5月から同署に勤務。この日は朝からトレーニングをし、同僚と昼食を取ったばかりだったという。遺書は見つかっていないという。
2006年11月03日

▼大阪府警・不祥事▼
06'10 大阪府警 匂いかぐために男児の靴盗んだ巡査逮捕

コメント・爆笑もの!!
・・・・・・・・
 運動会中の小学校へ侵入、男子児童の上履きを盗んだとして、大阪府警は4日、窃盗と建造物侵入の疑いで大阪府警都島署地域課の巡査中西規総(のりふさ)容疑者(24)を逮捕した。中西容疑者は「男児の靴のにおいをかぐとスーッとしてストレスが取れた」と容疑を認め「前にも小学校から靴を持ち帰ったことがある」と供述。府警は余罪を追及し懲戒処分にする方針。

 調べでは、中西容疑者は9月30日午後1時10分ごろ、大阪府四条畷市の市立小で、フェンスを乗り越え校内へ侵入。げた箱から5年生男児(10)の上履き1足を盗んだ疑い。運動会で校内にいた保護者が、カバンに上履きを入れる中西容疑者を見つけて通報した。

 当初は「友人と待ち合わせの途中、拾った靴を届けようとした」と話したが、3日になって「中学生のころから靴のにおいに興味があった」「仕事のストレスがたまっていた」と動機の供述を始めたという。

2006年10月5日共同

▼大阪府警・不祥事▼
06'09 大阪府警 電車内で警部補が痴漢・大阪、同乗の警察官が逮捕

コメント・お笑い大阪府警!!
・・・・・・・・
 大阪府警は23日までに、酒に酔って帰宅途中、電車内で女子専門学校生(20)の手を繰り返し触り、体の一部を押しつけたとして府迷惑防止条例違反の現行犯で、布施署総務係の警部補山野耕司容疑者(50)=大阪狭山市=を逮捕した。

 たまたま同乗していた柏原署の警部補(56)が発見、取り押さえた。同日未明に釈放されたが「申し訳ない」と容疑を認めており、府警は書類送検、懲戒処分とする方針。

 調べでは、山野容疑者は22日午後10時20分ごろ、南海電鉄高野線天下茶屋―北野田間の車中で、入り口ドア近くの手すりを持っていた女性に近づいて手を触り、しりに自分の下半身を押しつけた疑い。勤務後に大阪市内の居酒屋で元同僚らと酒を飲み、1人で自宅に帰る途中だった。

 府警の川端富雄監察室長は「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に処分する」としている。〔共同〕 (15:12)

▼大阪府警・不祥事▼
06'08 大阪府警 SAT隊員が訓練中に機関拳銃誤射、足に重傷

コメント・再発防止策を。
・・・・・・
 22日午後2時35分ごろ、大阪府大東市龍間の大阪府警総合訓練センターの射撃場で、射撃訓練中の府警警備課特殊部隊(SAT)の巡査部長(28)が過って機関拳銃を発射し、弾が左足のふくらはぎを貫通して1カ月の重傷を負った。周囲では当時、巡査部長以外に4人の隊員が訓練中だったが、けがはなかった。SATはテロ対策などに当たる特殊チームで、暴発事故は府警では初めて。

 府警によると、巡査部長が機関拳銃を標的に向けて構えようとしたところ、過って引き金に指がかかり、銃口を下に向けたまま、弾1発を発射してしまったという。「急いで発射しようとして、失敗した」などと話しているという。機関拳銃には連射機能もあるが、事故当時は単発発射の状態だった。
2006年08月22日

▼大阪府警・不祥事▼
06'08 大阪府警 高浜原発建屋内でテロ警戒 23歳巡査、拳銃自殺

コメント・職責の自覚に欠ける行為。
・・・・・・・・・
 十九日午後三時五十分ごろ、高浜町の関西電力高浜原発1、2号機の復水処理建屋内で、原発のテロ警戒に当たっていた大阪府警警備部第三機動隊の男性巡査(23)が頭から血を流して死んでいるのを、捜していた同僚が見つけた。巡査は本人所持の拳銃を右手に握ったままで、近くで遺書が見つかり、仕事に自信がなくなったとの内容が書かれていた。小浜署は自殺とみている。

 調べでは、巡査は同日午後二時二十分ごろまで同僚と一緒に勤務していたが、その後、待機の詰め所に戻ってこなかった。巡査は発見されるまでの一時間半の間に処理建屋内に入り、自分で頭部を撃ったらしい。拳銃は弾を五発込める回転式で、うち一発が発射されていた。

 大阪府警によると、巡査は二〇〇二年に採用され、交番勤務などを経て八月六日から高浜原発の警戒勤務に派遣。巡査はかねてから上司に対し、警察官の仕事を続けていくことに不安があると漏らしていたという。

 県内にある十五基の原発では、〇一年九月十一日の米中枢同時テロ以降、各県警の応援を得て警戒が続いている。

▼大阪府警・不祥事▼
06'08 大阪府警 捜査用写真162枚を紛失 枚方署、34枚未回収

コメント・不注意では許されない責任の重大性の認識を。
・・・・・・・
 大阪府警枚方署は13日、捜査用に撮影した写真162枚やネガ7本を入れた布袋を捜査車両から落として紛失した、と発表した。34枚が未回収で、中には被害者2人の顔が写った写真もあるという。
 同署によると、11日午後6時半ごろ、刑事課の男性警部補(41)が署の駐車場に止めた捜査車両のトランクの上に、写真入りの布袋を置いた。約1時間後、別の署員が布袋に気づかないまま車を使用した。


 翌朝、署から約1キロ離れた枚方市田宮本町の国道1号で、通りがかりの男性が写真を見つけ、110番通報した。署員が写真などを回収したが大半が国道上に散乱、写真34枚とネガ2本が見つかっていない。未回収の写真には、傷害事件の被害者が殴られた部位を示している写真や、侵入盗の被害家屋、不審火現場を撮影したものも含まれている。

2006/08/14 大阪夕刊から

▼大阪府警・不祥事▼
06'8 大阪府警 警部補が女性のスカート内を盗撮

コメント・全国的に警部補の犯罪が激増してますな~、狂っている警察官が多いこと!!
・・・・・・
 デジタルカメラで女性のスカート内を盗撮したとして、大阪府警は5日、府警本部交通捜査課の警部補関本将也容疑者(43)=大阪府茨木市舟木町=を府迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕した。「女性の下着が見たかった」と容疑を認めているという。

 調べでは、警部補は同日午前10時50分ごろ、同府茨木市永代町の阪急京都線茨木市駅の上りエスカレーターで、前に立っていたアルバイト女性(18)のスカートの中を1枚盗撮した疑い。カメラにはほかにもスカート内を撮影したとみられる画像が9枚あった。この日は休暇だった。

 乗客から「不審者がいる」と連絡を受けた駅員が警部補の盗撮を見つけて取り押さえ、茨木署員に引き渡した。同課の猿屋敬孝調査官は「大変申し訳なく思っております。被害を受けられた方におわび申し上げます」とコメントした。
朝日新聞2006年08月05日

▼大阪府警・不祥事▼
06'08 大阪府警 女性監禁:捜査依頼に警察動かず 両親が不満訴え

コメント・とに角、仕事をしない警察、こんなことで警察はいいのか。
・・・・・・・・
 大阪府茨木市のマンションで、若い女性が次々に監禁され、1人が死亡し、1人が衰弱死寸前で保護された事件で、先月、衰弱死寸前で保護された同府内の女性会社員(24)の両親が毎日新聞の取材に応じ、「捜査をしてくれるよう何度も頼んだが、『本人の意思で家を出ているので、事件性は薄い』と言われ、十分な捜査をしてもらえなかった」と警察への不満を訴えた。

 府警捜査1課は3日、部屋に住む無職、村本卓也容疑者(42)を、保護された女性に対する逮捕監禁、傷害容疑で逮捕し、捜査本部を設置した。

 両親によると、女性は2月6日午後8時半ごろ、父親に「茨木に行く」といって家を出たまま、連絡が途絶えた。勤務先の会社には同7、8日と欠勤を伝えていたが同9日以降は、会社も無断欠勤。持っていた2本の携帯電話もつながらなくなり、両親は同13日に地元の堺市内の警察署に家出人届けを提出した。

 両親は手掛かりを求めて友人らに連絡してみたところ、昨年5月に大阪・西梅田で開かれたお見合いパーティーで男と知り合っていたことが分かった。女性は「付き合ってみたが『友達と会うのをやめてほしい』などと行動を束縛されるので別れた」と友人に話していた。

 両親はこの話を聞き、警察にも伝えた。「一緒にパーティーに行った友人がおり、場所も日時も特定できていた。登録制なんだから、調べればどこの誰がすぐ分かったはず。友人も『顔を見れば分かる』と言っていた。警察の怠慢だ」と憤る。

毎日新聞 2006年8月3日 

▼大阪府警・不祥事▼
06'06 大阪府警 拘置場所変更:警官から暴行された疑い 大阪地裁が決定

コメント・再発防止は関係警察官の懲戒免職が効果!!
・・・・・・・
 恐喝未遂容疑で大阪府警に逮捕された男(56)が取り調べの際に警官から暴行された疑いがあるとして、大阪地裁が、警察署の留置場(代用監獄)から拘置所への拘置場所変更を認める決定を出していたことが分かった。取り調べ中の暴行の可能性を理由に拘置場所の変更を認めるのは異例。自白強要やえん罪の温床とされる代用監獄の存続を容認した未決者処遇法が今月成立したばかりで、弁護人は「取り調べが目に見える(可視化)ようにしなければ、こうした問題はなくならない」と訴えている。 

 弁護人などによると、男は別の男性から50万円を脅し取ろうとしたとして、5月29日に恐喝未遂容疑で逮捕され、大阪市内の警察署に拘置された。6月1日の取り調べ中、警官から腕をひねり上げられたり、ひざげりされ、「まだ(拘置期間が)20日あるんや」などと言われたという。

 男は2日に接見した弁護人に「取り調べで警官から暴行を受けた」と申告。拘置所に移せば通常、取り調べも拘置所内で行われるため、弁護人は同日、左腕や腰、左太ももなどにあった内出血跡の証拠保全と拘置場所変更を求める準抗告を申し立てた。地裁は3日、「警官の暴行で傷害が発生した疑いが払しょくできない」として証拠保全と大阪拘置所への移監を認めた。男は容疑否認のまま、今月19日、恐喝未遂罪で起訴されている。

 最高検は先月、一部事件の取り調べを録画・録音する方針を示したが、警察庁の漆間巌長官は、「検察の試行の成果は見守りたいが、警察として録画・録音を行うことは現時点で全く考えていない」と述べている。

毎日新聞 2006年6月30日

▼大阪府警・不祥事▼
06’05 大阪府警 証拠品の金の延べ棒を入質・詐取、巡査部長逮捕

コメント・職責を自覚しない警察官の多いこと。
・・・・・・・・・
 勤務先の警察署から証拠品の金の延べ棒を持ち出し、会社員を名乗って質入れした後、架空の刑事名をかたって質店から「任意提出」させてだまし取ったとして、大阪府警は11日、堺南署刑事課巡査部長、栗林孝治容疑者(33)(和歌山県橋本市)を詐欺などの容疑で逮捕した。

 栗林容疑者は、質店からの融資と延べ棒2本の売却で計約750万円を得たといい、「消費者金融に1400万円の借金があり、返済や競馬代に充てた」と供述している。

 調べでは、栗林容疑者は4月24日、大阪市浪速区の質店に変装のうえ堺南署刑事の「国林」をかたって訪問。

 経営者(67)に「強盗強姦事件の被害品だ」とうそを言い、自分で質入れした1キロの延べ棒1本(時価245万円)を任意提出させ、詐取するなどした疑い。

 栗林容疑者は3月まで浪速署刑事課に勤務。昨年8月に摘発した恐喝事件の被害者から、証拠品として預かっていた延べ棒2本を、同11~12月に同署の保管庫から持ち出して別々の質店に持ち込み、計320万円の融資を受けていた。

 府警は今後、証拠品の持ち出しについても立件し、上司の監督責任についても調べる方針。

 川端富雄・府警監察室長の話「職責の自覚に欠けた言語道断の行為で、誠に遺憾。事実関係を明らかにし、厳正に対処する」

(2006年5月12日1時22分 読売新聞)

▼大阪府警・不祥事▼
06'04 大阪府警 巡査長、女性6人を襲撃 再逮捕、懲戒免職

コメント・助けようが無い悪、性的異常者!!
・・・・・・・
 女性に暴行したとして現行犯逮捕された大阪府警の巡査長が別の女性も襲っていたことが分かり、大阪府警は21日、強姦(ごうかん)未遂容疑で第2機動隊の巡査長吉本達軌容疑者(25)を再逮捕した。
 ほかにも自宅周辺ばかり4件の強姦致傷などを自供しており、被害者は計6人。府警は順次立件する方針で、吉本容疑者は「アダルトビデオなどを見るうちに衝動を抑えきれなくなった」と供述しているという。
 府警は同日付で懲戒免職処分にした。
(共同通信) - 4月21日

▼大阪府警・不祥事▼
06’04 大阪府警 女子トイレに忍び込んだ巡査長を書類送検

コメント・どうしようもないな~
・・・・・・・・
 大阪府警関西空港署の巡査長(34)がのぞき目的で専門学校の女子トイレに侵入したとして、府警は12日、この巡査長を建造物侵入容疑で大阪地検堺支部に書類送検するとともに、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にした、と発表した。巡査長は同日、依願退職した。

 監察室によると、巡査長は3月28日午後、堺市の医療専門学校の女子トイレにのぞき目的で忍び込んだ疑い。同校の教員に見つかり、現行犯逮捕された。
2006年04月12日

▼大阪府警・不祥事▼
06'04 大阪府警 住吉署警部補 電車飛び込み 片町線

コメント・警察官の自殺が多いこと
・・・・・・・
四日午前七時四十五分ごろ、大阪市城東区鴫野西のJR片町線鴫野駅から東に約百三十メートルの付近で、男性が高架から転落し松井山手発西明石行き下り普通電車(七両)にはねられた。男性は全身を強く打って死亡した。
 城東署の調べでは、男性は府警住吉署地域課の警部補(38)。この日は通常勤務で午前七時半ごろに近くの自宅を出たという。仕事のことなどで悩んでいる内容の遺書が自宅で見つかった。
 JR西日本によると、同線は上下線ともに運転を一時見合わせ、同八時二十一分に再開。また、同八時五十分ごろには兵庫県尼崎市のJR東海道線立花-尼崎駅間で、網干発大阪行き上り普通電車の運転士が、線路内に人がいるのを見つけ緊急停車。男性が立ち去るのを確認し、約十五分後に運転を再開した。
 これらの事故で片町線や東海道線は上下線計四十六本が運休、同六十三本が最大四十二分遅れ、約四万九千人に影響が出た。
(産経新聞) - 4月4日

▼大阪府警・不祥事▼
06'04 大阪府警 暴行容疑で巡査長を現行犯逮捕

コメント・ホンマニようやる!!
・・・・・・・
大阪府吹田市の路上で帰宅途中の女性会社員(29)を背後から襲い、歩道わきへ引き込もうとしたとして、大阪府警は1日、府警第2機動隊巡査長の吉本達軌容疑者(25)=同市山手町4丁目=を暴行容疑で現行犯逮捕した。現場のすぐ近くでは、3月9日深夜にも女性(21)が男に体を触られる被害があり、関連を調べる。

 調べでは、吉本容疑者は1日午前0時15分ごろ、吹田市片山町2丁目の路上で女性会社員に後ろから近づき、手で顔を覆うなどして、歩道わきの人気のない暗がりに引き込もうとした疑い。付近で警戒中の機動捜査隊員が女性会社員の悲鳴を聞いて駆けつけ、取り押さえた。吉本容疑者は「いたずらする目的だった」と供述しているという。

 川端富雄・府警監察室長は「警察官として許し難い行為。事実関係を調査のうえ、厳正に対処する」と話している。

▼大阪府警・不祥事▼
06'03 大阪府警 府警また偽名見抜けず 知人になりすまし有罪判決

コメント・詰めの捜査がここでも甘い!!
・・・・・・
 大阪市内で2001年、DVDを万引し逮捕された男が、知人男性の名前を使ったのに大阪府警が見抜けず、そのまま起訴され、執行猶予付きの有罪判決を受けていたことが15日分かった。

 府警刑事総務課は「取り調べの際に、身上や家族関係を追及するなどの詰めが甘く、うそを見抜けなかった。今後、きちんとした捜査をさせる」と話している。

 府警によると、男は室之園正一(むろのその・まさかず)被告(30)。01年2月、大阪市浪速区の音楽ソフト販売店でDVDを万引したとして、窃盗の現行犯で浪速署に逮捕された。職場の同僚の健康保険証を持っており、取り調べにその同僚の名前を使った。

 自分名義のキャッシュカードなども持っていたが、取り調べに「カードは知人から借りた。保険証の名前が自分です」などと答え、署員が信じてしまったという。

 同僚は知らないうちに大阪簡裁で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受け、刑が確定した。

 室之園被告は昨年2月、別の窃盗事件で摘発された際、今度は本人を名乗り、指紋照会で2001年のうそが発覚。今年1月、有印私文書偽造、同行使容疑で逮捕、起訴された。

 大阪府警は、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された男が、前歴を隠すため実弟になりすましたのを見抜けず、今年1月に執行猶予付きの有罪判決が確定していたことが発覚したばかり。

産経新聞 3月15日

▼大阪府警・不祥事▼
06’02 大阪府警 不倫など処分が急増 75人懲戒・訓戒

コメント・女と酒とバクチ、わからん男たち!!いや女も!!
・・・・・・・・・
 大阪府警が昨年1年間で懲戒や訓戒処分にした警察官と職員は計75人で、前年から33人も増加していることが3日、府情報公開条例に基づいて開示された文書で分かった。
 最も多かった問題行動は「不倫関係」の30人で、中には既婚の男性警察官2人と関係を持った女性職員もいた。
 府警監察室は「前年に発生した事案の処分が翌年にずれ込んだケースが非常に多かった影響もある」と説明している。
 文書によると、処分を受けた75人のうち懲戒が22人(前年は11人)で、情報公開制度が始まった2001年以降で最多。うち、取り調べ中にわいせつ行為をするなどした警察官3人が懲戒免職になったが、前年の免職はゼロだった。訓戒も前年の31人から53人に急増した。
(共同通信) - 2月3日

▼大阪府警・不祥事▼
05.07 大阪府警 女性の胸触った警部補逮捕、懲戒免職の方針

言語道断

・・・・・・・・・・・

 大阪府警刑事特別捜査隊は28日未明、取り調べ中に女性容疑者(23)の胸を触るなどわいせつな行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐の疑いで東住吉署刑事課の警部補、赤池章好容疑者(49)=奈良県桜井市慈恩寺=を逮捕した。容疑を認めており、府警監察室は懲戒免職処分にする方針。
 調べでは、赤池容疑者は7月16日、同署の取調室で、女性が「歯が痛い」と訴えた際に「肩をもんでやろう」と胸を触り、それ以降も2回、取り調べ中に服の上から両手で胸を触った疑い。
 女性は「騒いだら不利になると思った。親身になってくれ、信頼していたのに裏切られた」と話しているという。
 府警は男性警察官が女性を取り調べる時、扉は開けたままにするよう指導しており、女性は「3回ともドアは開いていた」と説明している。
 女性は交通事故を起こした際に大麻を持っていたとして6月25日に逮捕され、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕。

▼大阪府警・不祥事▼
05.06 大阪府警 58歳巡査部長、サバずしを万引き

余罪場あるんですよね~、マークされていたんでしょう、爆笑ものです!!

・・・・・・・・・・・

 大阪府箕面市内のスーパーで13日、府警摂津署地域課の男性巡査部長(58)がサバずしを万引きしていたことが分かった。府警は巡査部長を近く窃盗容疑で書類送検し懲戒処分にする方針。
 調べでは、巡査部長は13日午後5時45分ごろ、いったん精算を済ませたスーパーに再入店し、レジ袋に「焼サバ棒寿司」2パック(720円相当)を入れて盗んだ疑いが持たれている。目撃した店員が声をかけたところ、当初は事務所に同行するそぶりをみせたが、そのまま走って逃げた。約30分後、駐車場の自分の車に戻ったところで、駆け付けた府警箕面署員が事情を聴いた。巡査部長は非番だった。「小遣いが助かると思ってやった。以前にも万引きした」と話しているという。
yahoo news - 6月15日

▼大阪府警・不祥事▼
05.05 大阪府警 巡査長が署の会費21万盗む、書類送検

軽い処分やな~

・・・・・・・・・・

 大阪府警柏原署内で交通課の親睦(しんぼく)会費21万円を盗んだとして、府警は25日、窃盗容疑で同署交通課の男性巡査長(50)を書類送検。停職3カ月の懲戒処分にした。
 巡査長は「借金返済が苦しく、給料日に返すつもりで盗んだ」と供述し、同日付で依願退職。すでに全額を弁済しているという。
 府警監察室によると、巡査長は昨年7月30日午後7時すぎ、同署交通課で、会計担当者の机から鍵を持ち出してキャビネットを開け、課員の慶弔費やお茶代として集めている会費を盗んだ疑い。
 約10年前に父親が弟の借金の保証人になり、巡査長も事件当時消費者金融などから約500万円を借金。月約20万円の支払いが3日後に迫っていたという。
(共同通信) - 5月25日

▼大阪府警・不祥事▼
05'04 大阪府警 奈良・泥酔巡査が他人の家の風呂に、住居侵入で逮捕さる!!

酒と女とバクチ、昔から言うではないか!!

報道によると
 15日午後11時ごろ、奈良市四条大路の男性会社役員(53)方から、「見知らぬ男が風呂に入っている」と110番通報があった。
 奈良県警奈良署員が、湯船につかっていた近くに住む大阪府警布施署地域課巡査、岸本慎伍容疑者(21)を、住居侵入の現行犯で逮捕した。
 岸本容疑者はこの日非番で、呼気1リットル中から0・62ミリ・リットルのアルコール分を検出した。
 調べに対し、「自分の家だと勘違いしてしまった」と話しており、かぎのかかっていない勝手口から侵入したらしい。岸本容疑者方と被害者宅は約50メートル離れていたという。
 川端富雄・布施署長の話「酒の上でのこととはいえ、このような事案を起こしたのは誠に遺憾だ。職員に対する指導を徹底したい」
yahoo news - 4月16日

▼大阪府警・不祥事▼
05'04 大阪府警 警部補がスカート内盗撮=書類送検され退職

ホンマに助けようがないですね!!

・・・・・・・・・
 若い女性のスカートの中をカメラ付き携帯電話で盗撮しようとしたとして、大阪府警枚方署は13日、府迷惑防止条例(卑わいな行為の禁止)の疑いで、府警交通部の男性警部補(41)を書類送検した。警部補は同日付で減給100分の10、3カ月の懲戒処分を受け、依願退職した。
 警部補は「仕事のプレッシャーでむしゃくしゃしていた。短いスカートの女性を見て、衝動的にやってしまった」などと話しているという。 
yahoo news 4月13日

▼大阪府警・不祥事▼
05'02 大阪府警 盗難届を入力忘れ、車が“二重盗難”

大阪府交野市で03年、乗用車を盗まれた同市の会社員(31)が府警枚方署に盗難届を出したのに、署員が盗難届に関する情報をホストコンピュターに入力し忘れていたことが分かった。その後、車は大阪市淀川区内で発見されたが、盗難車として認識されず放置され、再度盗難に遭っていた。車は現在も見つかっていない。会社員側は「2回目の盗難は警察の明らかなミスが原因。謝罪も補償もない」と憤っている。
 会社員は03年3月、ラリーなどに出場し若者に人気のスポーツ車「三菱自動車・ランサーエボリューション」を約360万円で購入。ところが5月26日、自宅近くの駐車場から盗まれているのに気付き、110番した。盗難届を出した枚方署から「盗難手配を完了した」との連絡があり、受理番号も告げられた。
 約1カ月後の7月2日午後10時ごろ、淀川署から会社員宅に「ナンバーやタイヤが外された車が放置されている。そちらの所有と思われるので確認したい」と電話があった。会社員が「車は盗まれたもの」と告げると、約2時間後に同署から「現場を再度確認したら車が消えていた」と電話があった。
 同署の説明では、6月23日に署員が放置車両として把握したほか、同25日にも河川敷を管理する大阪市から照会を受けていた。その際盗難手配の有無を調べたが該当がなかったため、放置車両と判断し、すぐに連絡しなかった、という。
 その後の調べで、2度目の盗難があったのは7月1日午後9時半ごろと判明。河川敷の車が何者かにレッカー車でけん引され、持ち去られる様子を付近の防犯カメラがとらえていた。同年9月、浪速区内でこの車のナンバープレートだけが見つかった。
 会社員は補償を求めて、これまでに6回、府警と交渉。府警はミスを認めたが、「入力ミスと車の再盗難との因果関係は薄く、故意ではない」として謝罪も補償もないという。
(毎日新聞) - 2月10日

▼大阪府警・不祥事▼
05'02 大阪府警 松原署長ら9人処分 ストーカー放火の対応問責

大阪府警は8日、同府松原市の主婦らが女からストーカー被害を受け、家を燃やされるなどした事件で、捜査の遅れなどを指摘された松原署の野田宗弘署長ら9人を訓戒や注意処分にした。処分の理由は「不適切な対応があり、被害者らに警察活動への不信の念を抱かせた」としている。
 処分は野田署長を本部長訓戒としたほか、南条智宣副署長が警務部長注意、地域課警部補ら2人が所属長注意、地域、生活安全、刑事各課長ら5人は口頭注意。
 監察室によると、昨年12月2日、主婦が自宅付近で女を見つけて同署に通報したが、電話を受けた署員が当直責任者に報告せず、情報が共有できなかった。同11日に主婦の実家の車が全焼した事件で、主婦が女の名前を挙げたのに直ちに捜査を始めなかった。
(共同通信) - 2月8日

▼大阪府警・不祥事▼
05'02 大阪の2簡裁、押印忘れ逮捕状 府警、気付かず執行

大阪簡易裁判所(大阪市)と堺簡易裁判所(大阪府堺市)で1月末、府警から請求があった逮捕状を出す際に、裁判官が自らの印鑑を押し忘れて発付し、府警が気づかないまま容疑者を逮捕していたケースが2件あったことが5日、わかった。検察庁が気付き、大阪地裁に連絡して発覚した。逮捕状には効力がなく、逮捕自体が無効になる。同地裁はミスの経緯について調査を急いでいる。

 大阪地裁によると、大阪簡裁の裁判官が1月28日、覚せい剤取締法違反の女性容疑者に対する押印漏れの逮捕状を発付し、府内の警察署がそのまま逮捕した。

 続いて同月31日には堺簡裁の裁判官が窃盗の男性容疑者に対する同様の逮捕状を発付し、男性は今月1日に逮捕された。このケースではさらに検察庁が押印のない逮捕状を添付したうえで、大阪簡裁に男性の勾留(こうりゅう)を請求したが、ここでも大阪簡裁の同じ裁判官が押印漏れを見逃し、そのまま勾留状が発付されたという。

 2件ともその後検察庁が裁判所のミスに気付き、4日までに大阪地裁に連絡したという。

 裁判官2人は裁判所書記官の出身で、いずれも60代のベテランだった。同地裁では事実関係を調査したうえで、2人の処分について厳正に対処するとしている。

 同地裁総務課は「2件の事件処理がその後どうなったかについては把握していない」と話している。

 ◇

 〈渡辺修・甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)の話〉 記名、押印は令状審査のけじめであり、今回のようなケースが続けば、裁判官は逮捕状や勾留状を出す時、本当に記録をしっかり読んでいるのか疑われかねない。令状がなければ逮捕や勾留ができない「令状主義」の重要性に、改めて立ち返るべきだ。

2005年02月06日(日)

▼大阪府警・不祥事▼
05'01 大阪府警、懲戒6人は発表せず

紛失や不倫などで処分49人 大阪府警、懲戒6人は発表せず

 大阪府警(警察官、職員計約2万1700人)が昨年一年間に警察官11人を地方公務員法の懲戒処分とし、警察官と職員計38人を内規による訓戒・注意処分にしたことが31日、府情報公開条例に基づき開示された文書で分かった。
 懲戒のうち「私的な行為で減給以下は公表しない」との指針に従い、不倫相手の関係者に警察手帳を見せた巡査部長(戒告)やマイカーを運転中、パトカーに追跡され、信号無視した巡査部長(同)ら6人の処分は発表していなかった。
 開示文書によると、多いのは公文書などの紛失・廃棄ミス(懲戒、訓戒・注意計17人)、不倫などの信用失墜行為(同13人)、傷害・暴行(同5人)、飲酒トラブル(同4人)の順。
(共同通信) - 1月31日

▼大阪府警・不祥事▼
05'01 大阪 侵入宅の同僚は不倫相手

侵入宅の同僚は不倫相手=寝屋川署巡査長を懲戒免-大阪府警

 大阪府警寝屋川署で同僚の女性巡査長(31)宅に忍び込んだとして大阪簡裁で罰金10万円の略式命令を受けた同署交通課の大野敏朗巡査長(34)について、府警は26日、懲戒免職処分とした。また、上司の川端弘徳署長(57)と同署交通課係長(55)をそれぞれ本部長注意と所属長訓戒の処分とした。
 府警監察室によると、大野巡査長は昨年秋ごろまで、この女性巡査長と不倫関係にあったという。女性巡査長は同日、所属長訓戒を受け辞職した。 (時事通信)

▼大阪府警・不祥事▼
04'12 大阪 合鍵作り勤務中に同僚宅侵入

合鍵作り勤務中に同僚宅侵入=寝屋川署員を窃盗未遂で逮捕-大阪府警

 同僚の女性警察官宅に侵入し現金を盗もうとしたとして、大阪府警は5日未明、窃盗未遂容疑で寝屋川署交通課の巡査長大野敏朗容疑者(34)=奈良県香芝市上中=を逮捕した。府警は懲戒免職にする方針。
 府警監察室によると、大野容疑者は4日午後1時10分ごろ、大阪府交野市に住む同署交通課の女性巡査長(31)宅に合鍵を使って侵入し、現金を盗もうとした疑い。夫で府警交通機動隊の巡査長(30)が間もなく帰宅し、2階ベランダに隠れていた同容疑者を見つけた。
 大野容疑者は勤務中で、別の同僚に「銀行に行く」などとうそを言って、公用バイクで同警官宅へ盗みに入っていた。昨年末に女性警官が署内で席を離れた際、机上に置かれた女性警官宅の鍵を持ち出し、合鍵を作っていた。 (時事通信)

▼大阪府警・不祥事▼
04'12 大阪 相談者から現金とビール券

相談者から現金とビール券=関空署係長を停職3カ月-大阪府警

 大阪府警関西空港署警備課係長の男性警部補(48)が知人の建築会社社長(60)から相談を受けた際、「刑事を集め検討会をする」と言って現金16万円とビール券を受け取ったとして、同府警は22日、停職3カ月の懲戒処分を決めた。警部補は辞職を申し出て、同日了承された。
 府警は刑事責任に問えるか捜査したが、社長が被害届を出さず、立件を見送った。 (時事通信)

▼大阪府警・不祥事▼
04'09 大阪 交通違反摘発の実績水増し 表彰目的

交通違反摘発の実績水増し 表彰目的、警部補を戒告

 大阪府警は29日、交通違反の摘発実績を水増ししたとして、大阪市内の警察署交通課係長を務める男性警部補(48)を戒告の懲戒処分にした。また監督責任を問い、上司の警部(55)を警務部長注意処分とした。
 府警監察室によると、警部補は署の交通違反取り締まりの結果集約を担当。昨年11月の交通違反取り締まり月間の成績優良者として表彰を受けようと、同年12月初旬ごろ、他の警察官が扱った交通違反切符に自分の名前を書き足すなどして取り締まりの実績を増やし、府警に報告した。
 警部補は「本部長賞誉」を受賞した。(共同通信)

▼大阪府警・不祥事▼
04'09 大阪府警ミス 別の女性を送検

<大阪府警ミス>容疑者女性がなりすました別の女性を送検

 大阪府警南署は14日、風俗店で働いていた岐阜県恵那市の当時17歳の少女(18)が年齢を偽るためになりすましていた別人の女性(18)を、公然わいせつ容疑で書類送検していた、と発表した。家裁から連絡を受けた女性の両親が驚き、同署に問い合わせてミスが発覚した。同署は少女を同容疑で書類送検。また、風俗店とうその雇用契約を結んだ有印私文書偽造・同行使容疑でも近く書類送検する。
 調べでは、少女は4月20日、名古屋市の風俗店で働くため、同じ高校の先輩の女性の住民票を恵那市役所で入手、雇用契約を結んだ疑い。
 同署は7月8日、大阪・ミナミの系列店に派遣されていた少女を公然わいせつ容疑で検挙。少女は調べに対し、暗記していた女性の生年月日や住所をすらすらと答えたが、家族構成は間違っていたという。しかし同署は、女性の住む恵那市役所から回答があった身上関係の書類を確認せず、同29日に女性の名で書類送検した。
 同署は「女性宅に電話確認していれば防げた二重、三重の捜査ミス」と女性側に謝罪したという。(毎日新聞)

▼大阪府警・不祥事▼

大阪 巡査部長が酒気帯び運転 9月 投稿者: ニュース 投稿日:04-09-03(金) 16:56:17

巡査部長が酒気帯び運転=マイカー帰宅、検問で発覚-大阪府警

 大阪府警は1日、帰宅時に酒気帯びでマイカーを運転したとして、箕面署地域課の巡査部長(57)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。同巡査部長は同日、依願退職した。府警は今後、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検する。
 府警監察室によると、巡査部長は先月25日夜、大阪府能勢町内自宅に、の最寄り駅からマイカーで帰宅途中、飲酒運転の検問を受け、呼気1リットル中0.15ミリグラムのアルコールが検出された。

▼大阪府警・不祥事▼
04'08 大阪 捜査と偽り有料道通行

捜査と偽り有料道通行 大阪府警警部補を減給処分

 大阪府警は19日、帰省時に公務自動車証明書を不正利用し、有料道路の通行料金を免れたとして、本部銃器対策課の男性警部補(54)を減給(100分の10、3カ月)の懲戒処分にした。警部補は同日付で依願退職した。また監督責任を問い、上司の男性警部(57)を警務部長訓戒処分とした。
 府警監察室によると、警部補は昨年11月から今年4月にかけて計4回にわたり、徳島県内の実家に帰省した際、通行目的を「捜査」と記した虚偽の公務自動車証明書計12枚を作成。料金所の係員に渡し、料金を支払わずに有料道路を通行した。
 今年4月、府警に男性の声で匿名の通報があり、監察室が調べていた。

▼大阪府警・不祥事▼
04'06 大阪府警 許可印ない令状で採血=酒気帯び検査でミス

大阪府警堺北署は25日、同署交通課の男性警部補(53)が、裁判官の許可印がない令状で、道交法違反で現行犯逮捕した男性から、飲酒していたかどうかを調べる採血をしていたと発表した。同署は「警部補の勘違いが原因」としており、処分しない方針。
 同署によると、同府堺市に住む男性(37)の軽自動車が25日午前0時20分ごろ、同市内で民家の扉とブロック塀に衝突。警部補は、男性が飲酒の検知を拒否したため、同法違反(飲酒検知拒否)の現行犯で逮捕した。
 警部補は血液中のアルコール濃度を調べるため、鑑定処分許可状と身体検査令状を大阪地裁堺支部に請求。受け取った書類に裁判官名と同支部の庁印が押されていたため、裁判官の許可印は不要と判断したという。

▼大阪府警・不祥事▼
04'06 大阪府警 覆面パトが車上荒らし被害…財布盗まれる

23日午前9時50分ごろ、大阪府警鉄道警察隊の男性警部補(34)らが大阪市阿倍野区阪南町の駐車場に止めた覆面パトカーに戻ったところ、車内に置いていた警察官の帽子2個や赤色灯、警部補の財布入りのバッグなどがなくなっていた。

 後部座席の窓ガラスが割られていたことから、鉄警隊は窃盗事件として捜査。約2時間後、帽子と赤色灯は約2.5キロ離れた同市東住吉区の路上で見つかったが、財布入りのバッグはなかった。

 調べでは、警部補の財布には現金約1万5000円とキャッシュカードなどが入っていた。覆面パトカーには警部補ら3人が乗務。盗難自転車を被害者に返すため、被害者宅近くの駐車場に止め、約15分離れたすきに盗まれたという。

 鉄道警察隊は「車上狙いに注意するよう指示していたが、再発防止をさらに徹底したい」と話している。

▼大阪府警・不祥事▼
04'05 大阪府警 警部補、泥酔し捜査書類入りバッグを紛失

大阪府警鶴見署の警部補(43)が、帰宅途中に泥酔し、捜査報告書などを入れたバッグを紛失していたことが31日、わかった。翌日に落とし物として届けられたが、書類には捜査対象者の名前など個人情報も記載されており、府警は警部補の処分を検討している。

 府警監察室によると、警部補は4月22日、帰宅途中に同僚と飲酒。翌午前2時に店を出た時には泥酔状態で、午前6時ごろ、大阪市鶴見区の路上で我に返った際には、捜査報告書や報告書などを複写した私用のCDなどが入ったバッグがなくなっていた。

 翌24日午後、同区内のマンション駐車場にバッグが落ちているのを住民が見つけ、鶴見署に届けた。警部補はここで寝込んだらしい。中身が持ち出された形跡はなかった。

 警部補は、自宅で仕事をするため資料を持ち帰ろうとしていたという。府警の内部規定は、業務に関する文書を持ち出すことや、私用のCDなどへの複写を禁止している。

▼大阪府警・不祥事▼
04'04 大阪 警察車両、相次いで事故=バイクと衝突、男性重体

15日午後、大阪府堺市と大阪市内の2カ所で府警の車が相次いで事故を起こした。堺市の事故では、捜査車両とオートバイが接触。オートバイに乗っていた大阪市阿倍野区の調理師男性(27)は全身を強く打って意識不明の重体。府警交通捜査課は業務上過失致傷の疑いで、事故原因を詳しく調べている。
 堺北署の調べによると、午後2時35分ごろ、堺市中向陽町の交差点で、この男性が運転するオートバイが青信号で交差点を直進した際、右折した堺北署の捜査車両の左側面に接触した。
 運転していたのは同署刑事課の巡査長(34)で、けがはなかった。右折の際、対向車線の右折車両に隠れ、オートバイに気付かなかったらしい。同巡査長は捜査に向かう途中で、赤色灯は付けていなかった。
 同3時ごろには、大阪市淀川区宮原、新御堂筋の国道423号で、府警第二方面機動警ら隊のパトカーが前方のワゴン車に追突した上、さらに1台前の乗用車にもぶつかり、計5台が玉突きで被害を受けた。ワゴン車の男性(44)が軽傷。淀川署の調べでは、パトロール中でパトカーを運転していた同警ら隊巡査部長(41)の前方不注意が原因とみている。

▼大阪府警・不祥事▼
04'02 大阪 府警OBに犯歴漏らす 書類送検

大阪府警OBに犯歴漏らす=警部補ら書類送検

 大阪府警西淀川署警備課の警部補(53)が、府警OBで大阪市中央区のコンサルタント会社社長(44)の依頼で3人の前科前歴を漏らしていたことが分かり、府警は26日、警部補と社長を地方公務員法違反(守秘義務違反など)の疑いで書類送検した。府警は同日、警部補を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にし、警部補は依願退職した。
 監察室によると、社長は2002年12月、コンサルタント契約をしようとしていた会社の従業員5人について、知り合いの警部補に前科前歴の照会を依頼。警部補は当直勤務の際、正規の業務に5人の照会を紛れ込ませ、前科前歴があった3人について、社長に電話で情報を伝えた疑い。2人は容疑を認めている。金銭のやりとりなどはなかったという。
スポンサーサイト
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。