スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.10 愛媛県警 恐喝容疑者、護送車の窓から手錠外し逃走

管理人コメント・間抜けな警官三人組だこと、爆笑!!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 31日午後3時15分ごろ、愛媛県今治市常盤町4丁目の路上で、信号待ちのため停車していた今治署の護送用ワゴン車の窓から、恐喝容疑で逮捕された住所不定、無職安倍健史容疑者(26)が車外に逃げた。県警が行方を追っている。

 今治署などによると、安倍容疑者は両手に手錠をはめられ、腰縄を付けていたが、車内に施錠したままの手錠と腰縄が残されていた。

 県警留置管理課は「手錠の締め方が緩かったのか、容疑者が手の関節を外して抜き取ったのか…」と困惑。今治署の楠正司署長は「不安を与えたことは誠に遺憾。深くおわび申し上げる」とコメントした。

 県警によると、友人の男性から40万円を脅し取った疑いで今治署が29日に安倍容疑者を逮捕。31日、松山地検に送検し、留置のため同署に戻る途中だった。安倍容疑者は3列シートの最後列右側に座り、自分で窓を開けて逃げた。

 車には運転手を含め署員3人が同乗。県警の規定では容疑者の両隣に警察官が座ることになっていたが、運転手以外の2人は安倍容疑者の左隣と前列に座っていた。

 安倍容疑者は身長約169センチ。茶髪に上下灰色のトレーナー姿で、靴は履いていなかった。

 現場は今治市内の繁華街の交差点付近で、近くには商店街やホテル、小学校などがある。

スポンサーサイト

09.10 神奈川県警 誤認逮捕、大麻試薬ミスで

管理人コメント・これが専門部署刑事の真の姿、さっさと警察お辞め!!

                ・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は30日、横浜市のパキスタン人男性(28)を大麻取締法違反(所持)容疑で誤認逮捕し、釈放したと発表した。県警旭署刑事課の男性巡査部長(32)らが試薬の結果を「陽性」と判断ミスした。旭署は6月にも傷害事件で無職男性を誤認逮捕しており「教訓が生かされていないと言われても弁解の余地がない」と話している。

 県警薬物銃器対策課によると、29日午後10時ごろ同市旭区今宿南町で乗用車を運転中の男性に職務質問し、車の灰皿の奥から葉巻のようなものを発見。巡査部長が液体の大麻試薬を使うと、液の上澄みが青くなった。液体底部が青色に反応した場合は「陽性」だが、巡査部長は初めて試薬を使ったため判断を誤ったという。

 再試験で陰性と分かり、旭署は30日午前3時ごろ、男性に謝罪し釈放した。県警科学捜査研究所の鑑定でも陰性だった。

09.10 千葉県警 飲酒運転:警部補を懲戒免 安全運動期間中に

管理人コメント・結局は仕事が暇なんや、やることが無いとこんなことに!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 飲酒運転をしたとして県警は30日、千葉中央署地域課交番係長の警部補の男(42)を懲戒免職処分とした。同日この警部補を道交法違反(酒気帯び)容疑で書類送検した。検挙されたのは、秋の交通安全運動期間中だった。

 送検容疑は、9月28日午後11時50分ごろ、船橋市前原西の市道で、酒気帯びの状態で自家用車を運転したとしている。県警監察官室によると、警部補はその日同市内の飲食店で家族と食事をした際に梅干しサワー4杯を飲んだ。いったん帰宅したが、その後家族の運転で外出し、その帰りに自分で運転していて検問にかかった。呼気から基準値を超すアルコール分が検出されたという。

 西山厚志・県警主席監察官は「取り締まりを行う立場の警察官がこのような事案を発生させたのは極めて遺憾。県民の皆様に深くおわび申し上げます」とコメントを出した。

09.10 警視庁 盗撮:50代の巡査部長を書類送検

管理人コメント・情けないこと!!

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 地下鉄電車内で女性のスカートの中を盗撮したとして、警視庁は26日、築地署の50代の巡査部長を東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検した。巡査部長は依願退職した。

 警視庁によると、送検容疑は、9月18日午後6時ごろ、東京メトロ日比谷線の上野-入谷駅間の電車内で、女性のスカートの中をカメラ付き携帯電話で撮影したとしている。

 たまたま同乗していた警察官が目撃していた。巡査部長は発覚直後、携帯電話を折って壊したため画像は残っていなかったが、下谷署で事情を聴いたところ容疑を認めた。「大変申しわけないことをした」と話しているという。

09.10 京都府警 ずさん管理 伏見署が遺留品紛失、9年前の強盗傷害事件

管理人コメント・副署長のコメントもあきれ返る他人事のようだ!!
証拠品の管理態勢の怠慢や危機管理上の問題が認められる。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警伏見署が、9年前に起きた未解決の強盗傷害事件の犯人のものとみられる遺留品を紛失していたことがわかった。今年8月に別の事件で逮捕した男のDNA型と、遺留品から採取していた型が一致し、その後、両事件の関連を調べる過程で紛失が判明した。

 同署の説明では、2000年3月、京都市伏見区の民家に男が押し入り、女性を粘着テープで縛って6万円と通帳などを奪う事件があった。当時、現場の遺留品から、DNA型の鑑定書を作成していた。

 今年8月、別の事件で逮捕した男(起訴)のDNA型を、強盗傷害事件の鑑定書と照合したところ、一致した。ところが、刑事課の保管庫に入れてあった遺留品がなくなっていたという。

 同署では4月にも、乗り捨てられた盗難車の中から見つかった運転免許証やバッグなど数十点を紛失したことが明らかになった。

 小林晃副署長は「鑑定書だけでも証拠能力があると考えている。強盗傷害事件は、ほかにも証拠品があり、立件は可能だ」としたうえで、「署員への指導を強化し、管理の徹底を図る」と話している。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★09.4京都府警 伏見署が証拠品紛失 現金など窃盗事件の数十点

 京都府警伏見署が、5年前に発生した窃盗事件の証拠品数十点を紛失していたことが分かった。証拠品の中には現金数万円も含まれており、府警は紛失の経緯などを調べている。

 同署によると、紛失したのは、04年に伏見区内であった自動車の窃盗事件のもので、盗まれた後に乗り捨てられた車内に残されていた証拠品。車を盗んだ人物が持っていたとみられるカバンや現金、運転免許証など。覚せい剤も車内から押収されたが、これは府警本部で厳重に管理しているという。

 同署が今年3月に別の事件に絡んで証拠品を再度確認したところ、紛失に気付いた。証拠品は年2回の異動時期に点検することになっているが、管理簿への記載漏れがあり、昨秋点検した際も気が付かなかったという。小林晃副署長は「適正な保管、管理ができていなかった可能性がある。原因を含め、現在調査中」としている。

09.10 埼玉県警 警部補ら2人を懲戒処分=下着の窃盗未遂などで

管理人コメント・処分が軽すぎる、これでは再発防止にはならない!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警は23日、寝台列車内で女性乗務員の下着を盗もうとして逮捕された県警大宮署の男性警部補(37)=罰金刑が確定=を停職1カ月、パチンコ店でほかの客の玉代500円分を盗んだ疑いが持たれていた浦和東署警務課長の男性警部(55)を窃盗容疑で書類送検し、減給100分の10、6カ月の懲戒処分にしたと発表した。2人とも同日付で退職した。
 岡田昭文監察官室長の話 法を守るべき警察職員による不祥事が続いたことは誠に遺憾。再発防止に努めたい。

09.10 栃木県警 違反車を追跡中、白バイが事故 警部補重傷

管理人コメント・軽微なスピード違反を命をかけて追跡する立派な警官に乾杯、イヤハヤ完敗!!

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 22日午後0時50分ごろ、小山市小宅の市道で、違反車両の取り締まりを行っていた県警交通機動隊の男性警部補(33)の大型二輪(800CC)と、対向車線から直進してきた小山市喜沢の女性会社員(23)の軽乗用車が衝突した。男性警部補は、右太ももの骨を折る重傷。女性にけがはなかった。

 同隊によると、男性警部補は、対向車線にはみ出した速度違反の乗用車を追跡中、女性の車と衝突したという。

 現場は、片側1車線の緩やかなカーブ。同隊は「取り締まり方法が適正であったかを含めて、事故原因を調べる」としている。

09.10 徳島県警 20代の巡査長を戒告処分 ごみ不法投棄で県警、依願退職

管理人コメント・自分の行為に責任の取れる警官だ、責任を取ろうとしない警察組織、そんな中で素晴らしい警官だ。
               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 徳島県警は22日、廃棄物処理法違反と河川法施行令違反の疑いで徳島地検に書類送検した高速隊の20代の男性巡査長を、懲戒処分の戒告とした。巡査長は同日付で依願退職した。

 県警監察課によると、巡査長は8月14日午後9時すぎ、雑誌やペットボトルなどのごみ約60キロを入れた袋を阿南市内の那賀川河川敷に投棄したとしている。巡査長は犯行を認めており、「責任を取ります」などと話して辞職したという。

 西村正司首席監察官は「警察官としてあってはならない行為で誠に遺憾。県民の皆さまに深くおわびいたします。今後は職員への倫理教養、指導を徹底し、再発防止に努めます」とのコメントを出した。

09.10 茨城県警 ずさん留置業務 行方署員の留置場窃盗

管理人コメント・これが警察署の実態、たまたまバレただけだ!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 行方署で留置管理を担当していた元巡査長(38)=懲戒免職=が2月、容疑者ら留置人の現金を盗んだ事件で、県警監察室は21日、内部規則により2人で勤務しなければならない留置業務が、同署では勝手に1人勤務に変えられ、1人は休憩していた実態を明らかにした。現金を保管する保管庫も常に鍵が掛けられていなかった。こうした組織の怠慢さが窃盗事件につながったと見られる。同室は同日付で、当時の留置管理課長(48)ら8人を懲戒処分などにしたと発表した。

 同室の調べによると、内規違反の勤務態勢は元巡査長が提案し、08年5月ごろから09年2月まで続いたという。留置場の見回りなどは県警の内規などにより2人で担わなければならないが、同署留置管理課では「1時間交代」にして1人は休憩できるようにしていた。留置人の現金を預かる保管庫の鍵も内規に反し、08年11月ごろから常に開いた状態だった。このため、元巡査長はたやすく、保管庫から現金を盗めたと見られる。

 同室は事件が起きた原因に、勤務態勢の怠慢や危機管理上の問題があったと認め、留置業務の勤務態勢を勝手に変えた当時の留置管理課係長(47)=1カ月の減給10%=と、保管庫の施錠を怠った当時の留置管理課長=戒告=の2人を懲戒処分にした。また署員らへの注意を怠った監督責任を問い、当時の署長(59)ら6人を本部長訓戒や所属長訓戒などにした。

 再発防止に向け同室は全署を対象に、留置管理にかかわる勤務の状況を点検し、保管庫の二重施錠を徹底させているという。小野義弘首席監察官は「改めて県民の皆様におわび申し上げます。職員に対する職務倫理を推進し業務管理を徹底したい」とコメントした。

★行方署留置場窃盗事件
 2月3日午前3時20分ごろ、行方署留置管理課の保管庫に預けられていた留置人の現金26万円が盗まれた。留置管理課の巡査長(当時)が窃盗罪などに問われ、水戸地裁は懲役2年の実刑判決を言い渡した。巡査長は女性への交際費やパチンコ代などが足りず、消費者金融に多額の借金を抱えていた。

09.10 兵庫県警 捜査で訪問し下着盗む、巡査逮捕…中2女生徒宅

管理人コメント・何をしでかすか分らない警官、これぞ真の警官の姿!!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 公然わいせつ事件を目撃した中学2年の女子生徒(14)の自宅に事情聴取で訪れた際、この女子生徒の下着を盗んだとして、兵庫県警捜査3課は20日未明、網干署地域課巡査・宮本祐貴容疑者(26)を窃盗と住居侵入の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 発表によると、宮本容疑者は17日午後1時50分頃、同日に起きた公然わいせつ事件の事情を聞くため、同県姫路市内の女子生徒宅を訪問。家人のすきをみて生徒の部屋へ侵入し、下着約25点を盗んだ疑い。生徒が風呂に入る際、下着がないのに気付き、母親を通じて110番。県警が同日から宮本容疑者に事情を聞いていた。「盗んだ下着は捨てた」と供述しているという。

 和田順一・県警監察官室長は「勤務中の制服警官がこのような犯罪を犯すとは言語道断。事実関係を調査のうえ厳正に対処する」と話している。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★窃盗容疑:聴取先で中2女子の下着 巡査を逮捕 兵庫県警

 公然わいせつ事件を目撃した中学2年の女子生徒(14)宅を事情聴取のため訪れた際に下着を盗んだとして、兵庫県警捜査3課は20日、窃盗容疑などで県警網干署地域課巡査、宮本祐貴容疑者(26)を逮捕した。

 容疑は今月17日午後1時50分ごろ、同県姫路市内の女子生徒宅を訪問。その際、部屋のたんすから生徒の下着約25点を盗んだとしている。

 宮本容疑者が部屋に入るのを生徒や妹が目撃。下着がなくなっていることに気付いた。宮本容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、下着は捨てたと話しているが、見つかっていないという。

 県警によると、宮本容疑者は07年10月採用。昨年3月から同署に配属され、現在は交番勤務。

 和田順一・県警監察官室長は「勤務中の制服警察官がこのような事件を起こすとは言語道断。事実関係を調査し、厳正に対処する」とのコメントを発表した。


09.10 兵庫県警 当て逃げ容疑で誤認逮捕、息子が出頭し釈放

管理人コメント・こんないい加減な警官ばかりだ兵庫県警は!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警長田署は20日、当て逃げ事件で神戸市須磨区の無職男性(50)を誤認逮捕した、と発表した。

 男性の次男(27)が出頭してきたため、逮捕から11日後に男性を釈放し、次男を20日、道交法違反(当て逃げ、無免許、信号無視)容疑で神戸区検に書類送検した。

 発表によると、7月25日、同市長田区内で、同署の男性巡査(25)が駐車違反を繰り返していた車を発見。運転手に職務質問をしようとしたが、車は赤信号を無視して逃走し、同市須磨区内で車と接触事故を起こし、逃げたという。

 その後の捜査で、車はナンバーから次男の所有と判明。しかし、以前に次男を事情聴取したことのある、この巡査が「運転していたのは中年で、次男ではない」と証言。8月24日、男性宅を訪れた巡査が、「男性が運転していたのに間違いない」と言ったため逮捕した。男性は一貫して否認。

 その後、次男が9月1日に出頭、運転していたことを認めたため、男性を4日に釈放した。

 同署は「巡査の証言に頼り切り、十分な裏付け捜査を怠った」とミスを認め、藤井賢二署長が男性宅を訪れて謝罪した。

09.10 警視庁 風俗営業取り締まり中に手錠盗まれる

管理人コメント・甘い、重要なものは身につけて携帯するのが基本!!サッサと警察を去れ、税金の無駄使いだ。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁上野署生活安全課の男性巡査部長(31)が捜査中に手錠を盗まれていたことが19日、上野署への取材で分かった。同署は窃盗事件として捜査している。

 上野署によると、巡査部長は15日午前2時ごろ、東京都台東区上野2丁目の雑居ビルで、私服で風俗営業の取り締まりをしていた。関係者から話を聴こうとしたところ、ビル内から男ら数人が集まってきてもみ合いになった。その際、手錠と腰縄などが入ったかばんを落としたが、関係者が逃走したため追い掛けて身柄を確保。数分後にビルに戻ったところ、かばんがなくなっていた。

 手錠などは護送用の署の備品だった。同署は「窃盗事件として捜査を徹底し、再発防止を指導したい」としている。(

09.10 兵庫県警 西宮署から容疑者逃走、居眠りの巡査ら3人訓戒

管理人コメント・とにかく兵庫県警はたるみ切ってる!!

               ・・・・・・・・・・・・・・

 今年4月、西宮署から容疑者の男が逃走した事件で、兵庫県警は16日、聴取中に居眠りした同署地域3課の男性巡査(19)ら3人を本部長訓戒にした、と発表した。ほかに訓戒を受けたのは同署刑事1課の男性巡査部長(34)と男性警部補(35)。

 県警監察官室によると、巡査と巡査部長は4月20日、窃盗容疑で逮捕した男を取調室で聴取。巡査部長が一時、席を外した際、1人で監視していた巡査が居眠りして男に逃げられた。男は翌日、弁護士に付き添われて同署に出頭した。

 巡査は当時、同署で実習期間中。巡査部長は容疑者に対する適切な措置を怠り、警部補は巡査の実習指導員として指導の徹底を欠いたとされた。

 このほか監督責任も問い同署刑事生活安全官(58)を警務部長注意、刑事1課長を本部長注意とし、署長(59)も本部長から厳重口頭注意を受けた。

09.10 北海道警 酒気帯びでパトカー→現場で暴力…警部補懲戒免

管理人コメント・当然とは言え、当人としては納得出来ないだろうな~。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 勤務中に酒気帯びでミニパトカーを運転したなどとして、北海道警は15日、旭川東署の駐在所に勤務する男性警部補(48)を道交法違反(酒気帯び運転)と特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで旭川地検に書類送検し、同日付で懲戒免職処分としたと発表した。


 道警監察官室の発表では、警部補は6月30日午前1時半頃、もめ事の現場に駆けつける際、酒気を帯びたままミニパトカーを運転。さらに、現場でもめ事の当事者の男性ともみ合いになり、顔などを殴って軽いけがをさせたうえ、仲裁に入った男性の次女にも軽傷を負わせた疑い。

 警部補は29日の勤務終了後、午後6時から同11時半まで焼酎を4・3合飲み、もめ事の現場から戻った後も焼酎を0・6合飲んだという。警部補の供述やアルコール検査の結果から、酒気帯び運転を立証した。

 道警は監督上の措置として、加茂幸夫署長ら5人を本部長訓戒などの処分とした。

09.10 北海道警 淫行:容疑の警部を免職し書類送検

管理人コメント・これが真の警察の姿!! 悪いのが多い!!

                 ・・・・・・・・・・・・・・・

 道警監察官室は13日、家出した少女を自宅に泊め、わいせつな行為をしたとして、函館方面本部の男性警部(45)を懲戒免職とし、道青少年健全育成条例違反(淫行(いんこう))容疑で札幌区検に書類送検したと発表した。

 容疑は、札幌東署地域課長だった昨年10月上旬~下旬に、出会い系サイトで知り合った当時17歳の無職少女を札幌市内の自宅マンションに泊めた際、体を触るなどのわいせつ行為をした疑い。

 監察官室によると、少女がサイトに「家を出たいが行くところがない」と書き込んだところ、警部が「うちに泊めてあげる」などと応じたという。今年5月、別の事件で少女が事情聴取を受けた際に発覚した。当時、警部は1人暮らしだった。

 監察官室は在宅で立件したことについて、「(警部が)道警の捜査に応じ、事実関係を認めた」と説明している。奥泉忠則・監察官室長は「警察官にあるまじき行為。職員の身上把握を徹底したい」とのコメントを出した。

09.10 島根県警 パトカーの警官に反則切符、通行禁止の道走る

管理人コメント・ミイラとりがミイラに!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

 島根県警松江署の男性警部補が10日朝、通行禁止となっている松江市の市道をパトカーで走り、交通反則切符を切られたと、同署が11日、発表した。


 昨年6月にも別の署員がパトカーで同じ市道を走り、反則切符を切られている。

 発表によると、警部補は10日午前7時35分頃、パトカーで警戒中、同7時~8時30分は車両の通行が禁止されている松江市山代町の市道を走行した。

 目撃した男性に違反を指摘され、警部補が署に連絡。駆けつけた交通課員に反則金7000円の切符を切られた。

 パトカーには巡査も同乗していたが、2人とも通行禁止の標識を見落としたという。

 同署は2人を口頭で注意した。広瀬勉副署長は「あってはならないこと。再発防止に努める」としている。

09.10 兵庫県警 警官スピード違反51キロ、捜査記録持ち帰りも

管理人コメント・やり放題の巡査長、これが真の警官の姿!!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私物のUSBメモリーに捜査記録を保存して自宅に持ち帰ったり、スピード違反をしたりしたとして、兵庫県警は7日、長田署地域課の男性巡査長(32)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。


 発表によると、巡査長は加西署に勤務していた2006年以降、私物のUSBメモリーを使い、実況見分調書など計約320件のデータを自宅に持ち出していた。また、今年1月7日には、乗用車で長田署に出勤する途中、時速51キロオーバーしたとされる。

 県警は捜査上のデータを外部に持ち出すことを原則的に禁じているが、巡査長は「今後の業務にも役立つと思った」と釈明しているという。捜査情報の流出はないとしている。

 和田順一・県警監察官室長は「指導を徹底し、再発防止に努めたい」と話した。

09.10 山口県警 警部補 覚せい剤押収で証拠品不適切取り扱自殺

管理人コメント・問題なのはその警部補、責任を取って当たり前だ!!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 押収した覚せい剤を紛失したとの遺書を残して今年2月に焼身自殺した山口県警周南署の警部補=当時(42)=について、県警が「本人はなくしたと思っていたが、紛失していなかった可能性がある」との調査結果をまとめたことが3日、県警への取材で分かった。

 県警監察官室によると、警部補は薬物捜査担当係長だった2月16日、押収した覚せい剤の結晶を容疑者宅で写真3枚に分けて撮影。その際には計13袋が写っていた。しかし署に戻り、再度撮影した写真には12袋しか写っていなかった。

 4月に科学捜査研究所(科捜研)で照合したところ、容疑者宅での撮影時に同じ袋を2度撮影した可能性があることが分かった。

 県警は警部補が実際と異なる押収品の数量を書類に記載した可能性もあるとして、虚偽公文書作成の疑いで調べていたが「立証は困難」(監察官室)としている。

 警部補は2月22日、山口市内の漁港で焼身自殺。遺書に「押収した覚せい剤とみられる結晶の一部を紛失した」との記述があったため、県警が調査していた。

09.10 大阪府警 飲酒運転の巡査、懲戒免職 高速検問で判明

管理人コメント・氷山の一角ですよ、助けようが無い警察!!

                ・・・・・・・・・・・・・・

 府警は1日、飲酒運転をしたとして、第三機動隊の男性巡査(27)を懲戒免職処分にしたと発表した。同隊長の警視(58)についても、監督責任を問い、本部長注意とした。また、高速隊は同日、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で巡査を書類送検した。

 府警によると、巡査は8月29日夕、阪神高速湾岸線の貝塚料金所付近で高速隊の検問を受けた際、呼気1リットル当たりから基準を超える0・2ミリグラムのアルコール分が検出された。巡査は同日午後から同僚らと飲酒しており、容疑を認めているという。【
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。