2010.3 広島県警 飲酒検知管すり替えで、広島県警警部補を略式起訴

管理人コメント・こんな悪が警察の真の姿!!

               ・・・・・・・・・・・・

 広島区検は31日、酒気帯び運転者の飲酒検知管をすり替えたとして、証拠隠滅の罪で広島中央署地域2課の男性警部補(57)を略式起訴した。

 起訴状によると、広島市内で昨年10月14日に酒気帯び運転で摘発した男性に使った検知管を、署交通1課から2日後に持ち出しアタッシェケースに隠したとしている。

 広島地検によると、警部補は、男性の検知管が変色したため検査方法に疑念を持たれるのを恐れ、検出時のアルコール値と同じになるよう自分の呼気を吹き掛けた別の検知管を用意、すり替えていた。

 広島県警が18日に警部補を書類送検し、減給処分にしていた。
スポンサーサイト

2010.3 大分県警 巡査部長が個人情報記したメモ帳を紛失

管理人コメント・甘い考えでの行動の結果がチャンと出る!!

                ・・・・・・・・・・・・・

 大分県警佐伯署は30日、刑事課の男性巡査部長(28)が通報者や被害者の個人情報などを記したA5判のメモ帳1冊を紛失したと発表した。

 同署によると、メモ帳には1月下旬以降の通報者や被害者五十数人分の名前や住所などが書かれていた。巡査部長は28日夜、佐伯市内の飲食店で泥酔者を保護し家まで送り届け、署に戻ってから紛失に気付いた。「ズボンのポケットに入れていた」と話しているという。

 岩尾正憲副署長は「個人情報の取り扱いを徹底し、再発防止に努めたい」と話した。

2010.3 警視庁 警部補、電車内の痴漢容疑で逮捕

管理人コメント・よう、やるな~!!

              ・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警柏署は29日、同県我孫子市緑、警視庁組織犯罪対策部警部補、吉岡衛容疑者(47)を県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕した。吉岡容疑者は「ひじが当たっただけ」と容疑を否認している。


 発表によると、吉岡容疑者は同日午後11時10分頃、JR常磐線松戸―柏駅間を走行中の快速電車内で、茨城県取手市の国家公務員女性(51)の尻を後ろから触った疑い。女性にその場で取り押さえられた。

2010.3 警視庁 女性宅で下着盗もうとした警部補を逮捕

管理人コメント・ホンマにこんな警部補が多いこと!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警松戸署は28日、同県松戸市松飛台、警視庁交通部交通規制課の警部補、今村晶容疑者(40)を窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。


 発表によると、今村容疑者は28日午前5時頃、松戸市内のアパート1階に住む女性会社員(40)方のベランダにあった洗濯機内から、下着などの衣類を盗もうとした疑い。女性宅にいた知人の男性(44)が物音に気づき、逃走した今村容疑者を約200メートル先で取り押さえた。今村容疑者は当時、酒に酔っており、調べに対し、「覚えていない」と容疑を否認しているという。

 同署によると、現場は、今村容疑者宅から約4キロ離れており、近くに同容疑者の乗用車があったという。

 警視庁によると、今村容疑者は、28日は休みだったという。同庁警務部の桜沢健一参事官は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。千葉県警の捜査を待って、厳正に対処したい」とコメントした。

2010.3 新潟県警 パトカー追跡3台絡む事故、警官ら2人死亡

管理人コメント・パトカーの無謀追跡が大きな原因の事故と思われる!!

                     ・・・・・・・・・・・・・・

 27日午後7時40分ごろ、新潟県上越市柿崎区竹鼻の国道8号で、上越署のパトカーと大型トラック、軽乗用車の3台が絡む事故があり、パトカーを運転していた同署地域1課の男性巡査部長(53)と軽乗用車の男性が死亡した。

 同署によると、パトカーに乗っていたのは巡査部長1人で、軽乗用車が「家出人」として届け出が出ていた車両だったため、赤色灯を点灯して追跡中だったという。

 パトカーと軽乗用車は柏崎から上越方面に向かっていて、大型トラックは上越方面から柏崎方面に向かっていた。大型トラックの運転手は「乗用車とぶつかった後、パトカーとぶつかった」と話しているという。現場は片側1車線の直線道路。

2010.3 愛知県警 被害相談の女性にわいせつ、警部補を懲戒免職

管理人コメント・監督責任者の処分の軽いこと!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 詐欺事件の被害相談で愛知県警岡崎署を訪れた女性に取調室でわいせつな行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐容疑で逮捕された同署刑事課の鈴木卓彦警部補(49)(起訴猶予)について、県警は26日、懲戒免職処分とし、神谷博幸・同署長ら3人を本部長注意などの処分にしたと発表した。


 鈴木警部補は昨年6~7月、同署の取調室で計6回、40歳代の女性会社役員の体を触るなどわいせつ行為をしたとして、先月23日、逮捕された。

 その後、名古屋地検は、鈴木警部補が逮捕され、社会的制裁を受けているなどの理由で不起訴(起訴猶予)とした。

 鈴木警部補は「被害者や組織、家族に迷惑を掛け、深く反省している」と話しているという。

2010.3 千葉県警 覚せい剤使用の警部補に有罪判決 東京地裁

管理人コメント・助けようが無い警察!!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 覚せい剤取締法違反(使用)に問われた元千葉県警佐倉署警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=に対し、東京地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。吉村典晃裁判官は「『交際女性と別れたくない』という気持ちから覚せい剤を女性と一緒に使用しており、強い非難に値する。警察への信頼を損なわせたが、深く反省している」と述べた。

 検察側は公判で、佐藤被告がかつて容疑者として取り調べた池辺正子被告(43)=同法違反で公判中=と不倫関係になり、池辺被告に密売人を紹介したと指摘していた。

 判決によると、佐藤被告は09年12月、千葉県佐倉市で池辺被告とともに覚せい剤を使用した。

2010.3 岡山県警 交通事故調書無断作成 元警部補に有罪・地裁判決

管理人コメント・警察犯罪の多いこと!!

                ・・・・・・・・・・・・・

 交通事故当事者の調書を無断作成したとして虚偽公文書作成同行使罪に問われた元倉敷署交通1課警部補、山下博之被告(54)=依願退職=の判決公判が26日、岡山地裁であり、高山光明裁判長は「警察、刑事司法に対する信頼を失墜させる行為」として懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。判決などによると、山下被告は06年1月~09年5月、交通事故捜査で必要な取り調べをせず、被害者調書や容疑者調書を計15通作成し、検察庁に送った。

2010.3 福岡県警 復職の福岡県警警部、わいせつ容疑で再び懲戒免

管理人コメント・まさしく組織犯罪集団の県警だこと、アホがアホを処分!!

              ・・・・・・・・・・・・・

 福岡県警は25日、強制わいせつ容疑で逮捕された福岡市早良区西新7、同県警警部・新田隆被告(50)(強姦(ごうかん)未遂罪で起訴、休職中)を懲戒免職にした。また、部下にパワーハラスメント(職権による人権侵害)をしたとして、九州管区機動隊小倉南小隊長だった小倉南署地域課の警部補(29)を停職6か月とし、分隊長だった同課の巡査部長(31)を減給10分の1(6か月)にした。

 新田被告は2008年2月、捜査に協力していた女性に乱暴しようとしたとして、同3月に強姦未遂容疑で逮捕され、懲戒免職になった。しかし、県人事委員会に不服申し立てを行い、09年12月、「行為が犯罪とは認められない」との理由で、処分が停職1年に修正された。

 県警は、新田被告が強姦未遂罪で在宅起訴されていたことから起訴休職処分とした。さらに、機動捜査隊の班長だった06年10月、同県大牟田市の路上に止めた車の中で、知り合ったばかりの女性にわいせつな行為をしたとして、再び逮捕していた。

 県警監察官室は「女性の尊厳を傷つける極めて悪質な行為」としている。新田被告の弁護人は「本人は『わいせつ行為はしていない』としており、速やかに県の人事委員会に不服申し立てをしたい」と話している。

2010.3 千葉県警 書類を紛失し偽造、女性巡査戒告処分

管理人コメント・何でもやります警察は!!

            ・・・・・・・・・

 捜査書類を偽造したとして、県警監察官室は26日、市川署生活安全課の女性巡査(28)を戒告処分とした。女性巡査は同日、依願退職した。

 監察官室によると、巡査は07年9月に検挙した自動車盗の少年事件を担当。08年1月中旬、「任意提出書」と「実況見分書」を紛失したことに気づき、署名欄に自身が少年名を記入するなどして偽造した。県警は女性巡査を有印私文書偽造・同行使と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで千葉地検に書類送検した。

 紛失した書類は署内で見つかった。女性巡査は「紛失が発覚すると叱責(しっせき)され、異動させられるのではないかと思った」と話しているという。

2010.3 神奈川県警 当て逃げ事故:逗子署巡査を書類送検

管理人コメント・サッサと警察お辞め!!

                ・・・・・・・・・・・・・・

 逗子署は26日、地域課の男性巡査(23)が当て逃げ事故を起こしたと発表した。「上司に怒られるのが怖くなって逃げた」と話しているといい、道交法違反(事故不申告)容疑で近く書類送検する。

 同署によると、23日午後2時5分ごろ、逗子市沼間3の県道で、横須賀市の男性運転手のトラック右後部に、巡査の乗用車が接触。トラックは右テールランプが壊れたが、巡査はそのまま逃げた。当日は非番で、管内の地理を覚えようと私有車で走っていたという。

2010.3 滋賀県警 木之本署ふしだら警部 セクハラの疑い

管理人コメント・警部もやります!!

          ・・・・・・・・・・・・・

 木之本署の40代の男性警部が、3月初旬にあった署内の送別会で女性職員の体を繰り返し触っていたことがわかった。女性が周囲に相談して発覚。県警はこの警部を25日付の人事異動で警務部付とした。警部は女性に触ったことを認めているといい、県警監察官室はセクハラ行為をしていた疑いがあるとして調べている。


 県警関係者によると、送別会にはこの警部と女性を含め複数人が参加。警部は女性と2人きりになった際、女性が拒絶しているのに繰り返し抱きしめるなどしたという。警部は酒を飲んでいたという。

2010.3 新潟県警 道交法違反 新潟東署の巡査部長、パトカーで 禁止個所で右折

管理人コメント・みんなでパトカーの交通違反、仕事をサボっている警官をドンドン告発しよう!!

               ・・・・・・・・・・・・・・

 パトカーを運転していた新潟東署の男性巡査部長(28)が右折禁止の市道交差点で右折したとして、道路交通法(通行禁止)違反の疑いで新潟中央署に交通反則切符を切られていたことが22日、分かった。

 両署によると、巡査部長は16日午前11時ごろ、新潟市中央区上大川前通4の市道Y字路交差点で、午前7時から午後10時まで右折が禁止されているのに右折した。近くにいた道路工事現場の警備員が目撃し、新潟中央署に通報。同署が17日に検挙した。

 巡査部長は、強盗事件と通報を受けて検問場所に向かう途中だったといい、「急いでおり、標識を見落としていた」と話しているという。

 新潟東署の音田裕司副署長は「大変遺憾に思っている。再発防止を図るため署員に対し指導を徹底していきたい」と話している。

2010.3 鹿児島県警 巡査部長が元カノの転居先を不正照会

管理人コメント・何でもやります鹿児島県警!!


              ・・・・・・・・・・・・・

 鹿児島県警は24日、以前交際していた女性の転居先を運転免許証の照会システムを不正利用して調べ、コメやみそを贈った男性巡査部長(59)を戒告とした。所属はプライバシーを理由に「県内の警察署の地域課」としか明らかにしていない。

 県警によると、巡査部長は女性と2002年ごろまで交際。6年ほど連絡を取っていなかったが、08年10月に捜査を装って免許証の照会システムで転居先を調べ、同12月にコメとみそを宅配便で送った。巡査部長は「女性のことが懐かしかった。荷物を送れば喜んでくれると思った」と話しているという。

 転居先の住所を知られているのを不審に思った女性が、昨年7月に県警に相談して発覚した。

 県警の田中信夫監察課長は「今後このような事案が発生しないよう、職員への指導を徹底する」としている。

2010.3 奈良県警 勤務中に送別食事会 警官8人鍵かけ 近鉄奈良駅前交番

管理人コメント・奈良県警の不祥事の多いこと!!

         ・・・・・・・・・・・・・

 ◇「厳しく指導を徹底」
  県警奈良署地域課の交番勤務の警察官8人が今月1日、勤務中に交番入り口に鍵をかけ、異動者への送別食事会を開いていたことが24日、判明。

 県警地域課によると、8人は奈良市内の3カ所の交番に勤務する20~30歳代の巡査部長1人と巡査7人。このうちの3人が今春、異動することになり、最後の宿直勤務に合わせて食事会を開いた。泥酔者への対応などが終わった1日午後9時半ごろ、近鉄奈良駅前交番の1階入り口を施錠し、2階休憩室を会場に、近くの飲食店から取った1人1500円程度の弁当を食べた。飲酒はしなかったという。

 また、警官がパトロールなどで不在の時に、交番を訪ねてきた人が奈良署への連絡に使える直通電話が入り口の外にあり、食事会の最中に交番に来た市民が、この電話で奈良署に要件を伝えていた。

 県警本部地域課の辻本敏之次席は「交番にいながら施錠するのは適切ではない。今後、厳しく指導を徹底したい」と話している。

2010.3 埼玉県警 自転車違反警告水増し、巡査2人処分

管理人コメント・素晴らしい地域課長だ!!

           ・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警大宮西署の20歳代の男性巡査2人が、自転車の交通違反者に渡すカードの交付実績を水増しするため、盗難照会で入手した無関係な個人の情報を悪用していたことが、県警への取材で分かった。


 部署で決められた“ノルマ”を達成するためだったという。県警は3日付で2人を本部長注意処分とした。

 県警監察官室などによると、水増ししていたのは、信号無視や無灯火、2人乗りなどの道交法違反行為を発見した場合に、「安全教育の一環」(県警幹部)として違反者に交付する「自転車警告カード」の件数。

 2人は昨年12月29日朝から30日朝にかけ、駐輪中の自転車の登録番号を使って行う盗難照会で聞いていた所有者の氏名と住所を、警告カードの控えの違反者欄に記入。30日朝の業務報告で、それぞれ二十数件ずつ水増しして報告した。

 件数が急に増えたことを不審に思った上司の地域課長が問いただし、発覚した。

 2人は課内で「月内50件以上」のカード交付を目標として言い渡されていた。29日の勤務開始時に「目標を達成するように」と念押しされ、2人で「このままだと目標数に届かない」「照会で得た情報をカードに書き込むこともできる」などと話し合ったという。

 2人は2008年採用。調べに「多くの実績を報告し、上司に褒められたかった」「打ち合わせはしていないが、相手も照会情報で水増しするだろうと思っていた」などと話しているという。県警は、名前が悪用された人に行政上の不利益がないことや、公文書性はあるものの、報告はメモ程度にとどまるなどとして、文書偽造容疑での立件は見送った。悪用された人への謝罪や報告はしていない。

2010.3 神奈川県警 信号無視の車追跡、パトカーが衝突事故 3人けが

管理人コメント・パトカーの緊急走行は危険を伴う、分っていても面白いから止められない警察!!

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 22日午前1時50分頃、横浜市鶴見区仲通の市道で、神奈川県警鶴見署の男性巡査(31)のパトカーが、信号無視の乗用車を追跡しようと十字路交差点に入ったところ、右側から青信号を直進してきた軽乗用車に衝突、軽乗用車の無職女性(22)と同乗の長男(2)、友人の女性(21)の3人(いずれも横浜市港南区)が足などに軽いけがをした。

 巡査と、同乗の男性巡査部長(33)にけがはなかった。

 発表によると、パトカーは赤信号で停車中で、交差する道路の信号は、直進と左折のみ青だったが、乗用車が信号を無視して右折したため、サイレンを鳴らし、緊急発進した。

 鶴見署の中村文夫副署長は「パトカーの安全確認が不十分だった。今後このような事故が起こらないよう、再発防止に努めたい」とコメントした。

 同県警では、21日未明にも、藤沢北署のパトカーが赤信号を見落として交差点に進入し、乗用車と衝突。乗用車の2人が軽傷を負う事故があった。

2010.3 兵庫県警 警察手帳を4冊紛失

管理人一言コメント・警察手帳の適正かつ慎重な取り扱いを!!

        ・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警川西署は21日、警務課の男性巡査部長(39)が退職予定の男性警部補ら4人の警察手帳を紛失したと発表した。

 同署によると、巡査部長は10日から、3月末に退職する警察官の警察手帳を順次回収し、封筒に入れた状態で警務課の2段キャビネットに保管。15日午前10時ごろ、4人目からの回収を終えて同じ封筒に入れた。別の男性警察官が19日午後3時ごろ、紛失していることに気が付いた。

 巡査部長は「キャビネットに戻したと思う」と話しているという。

 楠田一英署長は「警察手帳の適正かつ慎重な取り扱いを徹底したい」とコメントしている。

2010.3 佐賀県警 わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万

管理人コメント・何でもやります警察は!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警の20歳代の男性巡査長が、わいせつな写真が掲載された雑誌などを河川敷に不法投棄したとして廃棄物処理法違反で罰金10万円の刑事処分を受けていたことが分かった。

 県警は昨年11月2日付で巡査長を本部長訓戒としていたが、公表しなかった。

 県警監察課によると、巡査長は昨年5月30日ごろ、佐賀市内の河川敷にファッションや成人向けの雑誌など16冊、菓子の空き箱や請求書など計26点(重さ約11キロ)を不法投棄した。同6月9日、清掃活動していた住民が発見し、県警佐賀署に通報。同署は請求書のあて名などから巡査長と特定して廃棄物処理法違反容疑で書類送検し、佐賀区検が略式起訴した。巡査長は罰金10万円の略式命令を受け即日納付した。

 同課の聴取で巡査長は「昨年3月頃からゴミを私用車に積んでいた。河川敷にゴミが捨ててあったので、捨ててしまった」と話しているという。

 同課は「私的な行為の場合には停職処分以上で発表する」とする警察庁の指針に基づき、公表しなかったという。

2010.3 岐阜県警 巡査部長を戒告処分=捜査報告書を無許可で持ち出し

管理人コメント・己に甘く市民に厳しい警官のやることです。

             ・・・・・・・・・・・・・

 捜査報告書などの情報を私有のUSBメモリーに保存して持ち出したとして、岐阜県警は19日、捜査2課の男性巡査部長(41)を同日付で戒告処分にしたと発表した。個人情報の流出はないという。
 県警監察課によると、巡査部長は2006年から約3年間、私有のUSBメモリーに捜査報告書や被害届など1440件を保存し、無許可で4回にわたり持ち出した。巡査部長は「将来の仕事に役立てるため」と話しているという。

2010.3 北海道警 調書を勝手に差し替え 巡査部長を書類送検

管理人コメント・何をしでかすか分らない警察!!

             ・・・・・・・・・・・・・

 交通事故調書の一部を勝手に差し替えたとして道警監察官室は17日、札幌方面の警察署交通捜査係に勤務する50代の男性巡査部長を有印公文書変造・同行使容疑で札幌地検に書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は近く辞職する意向を示しているという。

 監察官室によると、巡査部長は昨年12月中旬、担当していた人身事故の供述調書について、地検から補足するよう指示された。本来は事故当事者を呼び出して再度事情聴取しなければならないのに、記憶を元に調書を作成し直すなどした疑い。

 巡査部長は差し替えた供述調書に割り印を押し忘れて送検。今年1月上旬、地検からこの点の指摘を受けた上司が確認したところ、改ざんも認めた。巡査部長は「(事故当事者に確認すべき)手続きが面倒だった」と話しているという。

2010.3 千葉県警 警部補の覚せい剤使用 元警部補が「密売人紹介」-公判で検察

管理人コメント・ワルやな~!

            ・・・・・・・・・・・・・

 覚せい剤取締法違反(使用)に問われた元千葉県警佐倉署警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=は16日、東京地裁(吉村典晃裁判官)で開かれた初公判で起訴内容を認めた。検察側は、佐藤被告が覚せい剤を一緒に使った池辺正子被告(43)=同法違反で公判中=に、捜査で知った密売人を紹介していたと指摘。懲役2年6月を求刑した。公判は結審し判決は23日。

 検察側は、佐藤被告が池辺被告を同法違反容疑で逮捕し取り調べ、裁判後に不倫関係となり一緒に覚せい剤を使うようになったと主張した。佐藤被告は「池辺被告が買っていた密売人が暴力を振るう男で、別の密売人を紹介した」と述べた。

2010.3 神奈川県警 盗撮容疑 スカート内にデジカメ 巡査を逮捕

管理人コメント・訳わからん警官だ。

    ・・・・・・・・・・

 女性のスカート内を盗撮しようとしたとして神奈川県警は16日、千葉県警成田国際空港警備隊に出向中の巡査、宮脇拓也容疑者(27)を県迷惑防止条例違反(卑わい行為)容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 容疑は15日午後6時40分ごろ、横浜市栄区笠間2のゲームセンターで、女子高校生とみられる女性のスカートの下にデジタルカメラを差し入れたとしている。気付いた店員が声をかけ、逃げた宮脇容疑者を取り押さえた。

 神奈川県警によると、盗撮画像はカメラに記録されていないが、宮脇容疑者は盗撮しようとしたことは認めているという。4月に出向を終える予定で、15日は異動休暇を取り、横浜市内の実家へ帰省していた。

2010.3 警視庁 捜査1課長を解任 女性トラブルで

管理人コメント・何の処分も無いのか。

        ・・・・・・・・・・・・・・・

 女性関係を巡り不適切な点があったとして、警視庁は15日、西沢康雄捜査1課長(55)=警視正=を同日付で解任し警務部付とする人事を発表した。警視庁の捜査1課長が解任されるのは極めて異例。後任には若松敏弘鑑識課長が同日付で就任した。

 関係者によると、西沢警視正は昨年3月の捜査1課長着任前から、部下だった女性警察官と不倫関係にあった。数年前に女性が退職した後も交際を続けていたが、最近、別れ話を巡ってトラブルになっていたという。

 会見した桜沢健一警務部参事官は「私生活上の不適切事案であるが、責任ある幹部の職につかせておくことはできないと判断した」と説明した。

 西沢警視正は、東京都文京区の中央大で09年1月に起きた理工学部教授殺害事件などの捜査を指揮した。

2010.3 福岡県警 31歳巡査部長を逮捕=女子高生に強制わいせつ容疑

管理人コメント・仕事が暇で、暇を持て余している警察!!

           ・・・・・・・・・・・・

 女子高生の体を触ったなどとして、福岡県警は12日、強制わいせつ容疑で、小倉南署総務課の巡査部長住吉英二容疑者(31)=北九州市小倉北区真鶴=を逮捕した。県警によると、大筋で容疑を認めているという。
 逮捕容疑は12日午後1時35分ごろ、同市戸畑区内で、女子高生(16)の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。
 県警によると、女子高生は同容疑者とは面識がなく、1人で歩いて帰宅したところ、自宅敷地で被害にあった。悲鳴を上げられたため同容疑者は走って逃げたが、約20分後、女子高生の家族の通報で駆け付けた戸畑署員に、約300メートル離れた路上で発見された。
 職務質問に対し「もう逃げません」と容疑を認め、同署に任意同行される際に、自ら警察官と身分を明かした。現場へは自転車で来ており、トレーナーにジーパン姿。酒は飲んでいなかった。
 住吉容疑者は2002年に採用され、門司署勤務を経て昨年3月から現職。12日は午前9時半に勤務を終え、同10時半に署を出た。周囲は「おとなしくまじめな青年」と話しており、これまでトラブルなどはなかったという。
 田中法昌・県警本部長の話 警察官にあるまじき行為で誠に遺憾。被害者や県民に深くおわび申し上げるとともに、事実関係を明らかにし、厳正に対処します。

2010.3 静岡県警 警部補、飲酒後に人身事故 「被害者けが軽い」12日後発表

管理人コメント・軽い処分だ事!!

     ・・・・・・・・・・・・

 ◇県警、書類送検へ
 県警は12日、沼津署の男性警部補(57)と、磐田署の20代の男性巡査の2人を懲戒処分にしたと発表した。処分は警部補が停職6カ月、巡査が減給10分の1(3カ月)。ともに同日付で依願退職した。県警の田宮幸弘首席監察官は「恥ずかしい限りだ」と謝罪した。

 県警によると、警部補は2月28日午後、沼津市内で同僚の送別会に出席。ビールをコップ2~3杯飲んで車を運転し同日午後6時45分ごろ、富士市内の県道で計3台が絡む玉突き事故を起こした。4人が負傷したという。

 県警は来週にも自動車運転過失傷害罪で富士区検に書類送検する。県警は事故直後、警部補の飲酒を調べたが、基準に満たないとして道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕せず、被害者のけがも軽いとの理由で事故も発表しなかった。

 ◇拘置男性の買ったあめなど食べる 巡査を減給
 男性巡査は磐田署の看守係だった昨年8~12月ごろ、同署の留置場に拘置中だった男性3人が自費で買った、あめ1個と、さいころ大のチョコレート4個を勝手に食べた。

 拘置中の男性から「看守が仕事中に何か食べている」との指摘があり、調べたところ認めたという。県警は「被害を明確に裏付けられない」として窃盗容疑での逮捕は見送った。巡査は「軽い気持ちでやってしまった」と話したという。

2010.3 鹿児島県警 ミニパト、安全確認怠り人身事故

管理人コメント・安全確認が基本!!

         ・・・・・・・・・・・・

 11日午後1時50分ごろ、鹿児島県鹿屋市花岡町の市道交差点で、鹿屋署地域課の巡査部長(54)のミニパトカーと、同市の飲食業女性(55)の軽乗用車が出合い頭に衝突した。女性は首の痛みを訴え、病院で治療を受けた。巡査部長にけがはなかった。

 同署によると、現場は信号がなく山林に囲まれて見通しの悪い交差点。女性の進行方向が優先だった。巡査部長は事件の捜査に向かう途中だったが、緊急走行ではなく赤色灯はつけていなかった。巡査部長は「安全確認しないまま交差点に入ってしまった」と話しているという。

 同署の城下司郎副署長は「けがをした人に申し訳ない。安全運転を徹底させ、再発防止に努めたい」とコメントした。

2010.3 京都府警 証拠品600点を紛失 警部補3人を懲戒処分

管理人コメント・いい加減なこと、これでは事件も解決しない。

          ・・・・・・・・・・・・

 京都府警監察官室は11日、窃盗事件の証拠品約600点を紛失したとして、伏見署の盗犯係長だった警部補2人を減給100分の10(1カ月)、1人を戒告の懲戒処分にした。

 同室によると、紛失したのは自動車盗や車上荒らしなど36事件の証拠品や捜査書類。現金約2万2千円や運転免許証2枚、通帳2通も含まれていた。誤って廃棄した可能性が高く外部流出や着服はないという。

 このうち34事件は未解決だが、朝子功三首席監察官は「証拠品には写しや写真があり、影響は軽微で立件は可能。再発防止に努めたい」と話した。

 同室によると、3人はそれぞれ1999~2006年の一時期に伏見署の盗犯係長として勤務。いずれも証拠品を管理簿に記録せず個人ロッカーや机の下に放置するなどして紛失した。

 同室に対し、3人は「すぐに解決するだろうと考え、忙しさにかまけて管理簿に記載しなかった」などと話している。

 昨年3月に一部の証拠品紛失が発覚、同室で調査を進めていた。

2010.3 警視庁 酔って男性突き飛ばす 警視庁警部補を逮捕・埼玉県警

管理人コメント・よくやりますね~。

          ・・・・・・・・・・・・

 9日夜、埼玉・北本市のJR北本駅のエスカレーターで、会社員の男性(25)を後ろから突き飛ばしたとして、警視庁荒川署の警部補・坂田新也容疑者(55)が暴行の現行犯で逮捕された。

 警察によると、坂田容疑者は9日午後10時半ごろ、JR北本駅西口の下りエスカレーターで、帰宅途中だった会社員の男性の背中を後ろから突き飛ばした疑いが持たれている。男性にケガはなかった。

 坂田容疑者からはアルコールが検出され、かなり酒に酔った状態だったという。警察の調べに対し、坂田容疑者は「やっていない」などと容疑を否認している。

2010.3 滋賀県警 大津署の拳銃暴発:巡査長を戒告処分

管理人コメント・銃を手にした時は弾の確認が基本!!

            ・・・・・・・・・

 拳銃の手入れ作業中に銃弾を暴発させた大津署地域課の男性巡査長(28)について、県警は9日、戒告の懲戒処分にしたと発表した。監督責任を問い、同署の調査官(52)と警務課警部補(56)を本部長訓戒、同課警部補(55)を所属長訓戒とした。

 県警によると、巡査長は今年1月26日、大津署内で銃弾の有無を確認せずに作業をし、1発を暴発させた。けが人はなかった。好田宏和監察官室長は「拳銃の取り扱いについて指導と教養を徹底し、再発防止に万全を期します」とコメントした。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード