10'6 新潟県警 盗撮の警部 懲戒処分

管理人一言コメント・こんな警官の多いこと!!

          ・・・・・・・・・・・・・

 電車内で携帯電話のカメラを使って女性を無断で撮影した疑いが持たれていた県警の元警備2課長補佐の男性警部(46)=5月6日付で警備1課付に異動=について、県警監察官室は30日、本部長訓戒処分とし、警部は同日付で依頼退職した。

 元警部は当初、県警の調べに「酔っていて覚えていない」と話していたが、その後、認めたという。県警の小幡政行首席監察官は「今後、職員に対する身上指導、職務倫理教養を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。
スポンサーサイト

10'6 長崎県警 パトカー中央線越え、軽乗用車と衝突 3人負傷

管理人一言コメント・脇見は事故、パトカーが自ら証明してくれています!!

          ・・・・・・・・・・・・・・

 29日午前10時55分ごろ、西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷の国道202号で、西海署の男性警部補(55)運転のパトカーと、近くに住む無職男性(62)運転の軽乗用車が衝突。軽乗用車の男性ら3人が胸や腰に軽傷を負った。

 同署によると、パトカーが中央線を越え、衝突。警部補は別の交通事故処理の後、署に戻る途中で、「脇見をしてしまった」と話しているという。

 同署の永田昌寛副署長は「交通事故防止に携わる警察官がこのような交通事故を起こして大変申し訳ない。被害者の方におわびするとともに、今後、再発防止に努めていく」とコメントを出した。

10'6 群馬県警 拳銃置き忘れ:県警男性警部補、東名PAトイレに

管理人一言コメント・これで刑事、懲戒免職にすべき事件だ!!重大事件との認識の全く無いのが警察!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警監察官室は29日、桐生署刑事1課の男性警部補(34)が同日朝、横浜市緑区北八朔町の東名高速港北パーキングエリア(PA)の個室トイレ内に、実弾5発入りの拳銃1丁をホルダーごと置き忘れたと発表した。約5分後にトイレに入った東京都江戸川区の男性会社役員(58)が発見。連絡を受けた神奈川県警が拳銃を回収した。

 群馬県警によると、警部補は同日午前5時10分ごろ、神奈川県に事件捜査のために出張中、同PAに立ち寄って仮設の個室トイレを利用した際、ホルダーを外してトイレの床に置いたまま忘れたという。警部補は県警から連絡を受けるまでの約1時間半、拳銃を置き忘れたことに気が付かなかった。

 桑子福一首席監察官は「一般の方々に不安を与え、大変申し訳ない。拳銃の取り扱いに対しては細心の注意を払うよう徹底して指導し、再発防止に努める」と話した。今後、警部補の処分内容を決める。

10'6 北海道警 被害者名漏らし警部免職 道警 事件関係者から借金も

管理人一言コメント・悪いのが多いな~、されど警察!!

                ・・・・・・・・・・・

 道警は28日、傷害事件を起こした男性に被害者の名前や連絡先を教えたほか、過去の事件を通じて知り合ったこの男性ら2人から計850万円を借金していたとして、道警少年課統括官の辻尾良児警部(59)を懲戒免職とした。

 道警監察官室によると、辻尾警部は昨年10月中旬、札幌市内で発生した傷害事件の容疑者だった同市内の50代の風俗店経営者の男性から「被害者に謝罪したいので連絡先が知りたい」と頼まれた。同警部は所轄署に問い合わせ、被害者男性の住所や名前、携帯電話の番号などを教えた。

 また辻尾警部は2000年4月ごろ、この男性に「親族の借金で困っている」と話し、600万円を借りていた。別の元風俗店従業員の50代の男性からも250万円を借金していた。いずれも返済していなかった。

 男性2人は、辻尾警部が過去に扱った風俗店無許可営業事件などの容疑者だった際に知り合い、その後も定期的にススキノの情報を交換していたという。

 傷害事件の被害者男性が昨年10月下旬、「加害者から電話が来た」と道警に相談し、辻尾警部の情報漏えいが発覚。同警部から事情を聴いたところ、「借金をしていた負い目もあった」と認めた。金は全額を親族の借金返済に充てており、「退職金で返すつもりだった」と説明している。

 道警は、辻尾警部が男性2人に風俗店の摘発情報などを教えていなかったかなども捜査したが、「便宜を図った事実は確認されなかった」としている。藤村博之警務部長は「軽率極まりない行為。再発防止対策に取り組む」とコメントした。

10'6 広島県警 警部補がオートバイ飲酒運転、事故

管理人一言コメント・問答無用、懲戒免職です!!

          ・・・・・・・・・・・・・・

 広島県警安佐南署刑事1課の男性警部補(47)がオートバイを飲酒運転したとして、広島西署は近く、道路交通法違反容疑で書類送検する。警部補は飲酒運転を認めており、県警も処分する方針。県警監察官室などによると、警部補は今月20日午前10時頃、広島市西区内の国道2号バイパスで、飲酒した状態でオートバイを運転した疑い。

 警部補は自損事故を起こし、目撃者が通報。広島西署員が呼気1リットル中0・6ミリ・グラムのアルコール分を検出した。警部補は調べに対し、この日朝、飲酒したことを認めたという。警部補は軽傷を負い、現在、休職中という。

 監察官室は「広島西署が事実関係を捜査しており、終了し次第、処分する」としている。

10'6 熊本県警 巡査長が調書偽造容疑、県警が書類送検

管理人一言コメント・何をしでかすか分らない警察、されど警察!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 交通事故の実況見分調書を偽造したなどとして、県警は25日、県内の交通課勤務の男性巡査長(31)を有印公文書偽造・同行使の容疑で熊本地検に書類送検した。県警は同日、巡査長を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にした。

 発表によると、巡査長は2008年4月、同僚から引き継いだ人身交通事故の実況見分調書に加筆したほか、虚偽の通報記録を記載した電話録取書を勝手に作成し、それぞれの書類に同僚の名前を記入、押印して偽造し、上司に提出した疑い。

 引き継いだ調書に事故当事者の名前がなかったため、「当事者の立ち会いを求めることができなかった」などとパソコンを使って勝手に書き加えた。その際、作成者欄から同僚の名前が消えたため、記入、押印したという。1月下旬、上司が調書内容に不審な点があることに気付き、発覚した。

 巡査長は「安易な気持ちでやってしまった」と容疑を認めているという。県警は「個人が特定される」などとして、巡査長の氏名、所属署を公表しなかった。

10'6 長野県警 警察端末で住所入手、58歳警部補がラブレター

管理人コメント・情けなヤ~~、情けなヤ!!

               ・・・・・・・・・・・・・・・

 好意を寄せた女性の住所を警察の端末で不正に入手したとして、長野県警は25日、佐久署の男性警部補(58)を県個人情報保護条例違反の疑いで長野地検に書類送検し、減給3か月(10分の1)の懲戒処分とした。

 警部補は同日付で依願退職した。

 発表によると、警部補は昨年11月10日頃、望月署(佐久署に統合)で、同僚の警察官に「駐車違反者を確認したい」と依頼し、免許証端末から女性の住所を調べ出し、好意を短歌につづった手紙を12月上旬まで3回郵送した疑い。

 警部補は過去に女性を見かけて好意を寄せるようになったという。女性から相談を受けた佐久署が警部補にストーカー規制法に基づく警告を出し、県警が女性の住所を入手した経緯を調べていた。警部補は「法律を守るべき警察官として申し訳ないことをした」と話しているという。

10'6 皇宮警察 警察学校で給食費着服 容疑の警部補を懲戒免職

管理人一言コメント・情けなヤ!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 皇宮警察は二十五日、皇宮警察学校の給食費を横領したとして、同校庶務担当職員の皇宮警部補小口享伺容疑者(47)=東京都千代田区=を業務上横領容疑で書類送検し、懲戒免職にしたと発表した。

 調べによると、小口容疑者は、昨年七月~今年二月、三十数回にわたって同校職員や学生から集めた給食費が入った預金口座から、計二百二万七千円を引き出し、横領した疑い。出会い系サイトやパチンコ、消費者金融の借金返済などに使っていたという。

 口座の印鑑や通帳は小口容疑者が一人で管理していたという。二月上旬、給食業者から「料金が未納になっている」という申し出があり発覚した。

 小口容疑者は一九八五年、皇宮警察に入った後、十三年間、柔道の特練選手だった。二〇〇八年から庶務を担当し、柔道や逮捕術の教官もしていた。

<大山憲司皇宮警察副本部長の話> 警察職員にあるまじき行為で学生を指導する立場の職員がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾。信頼回復に向け全職員一丸となって職務に精励する。

10'6 警視庁 17歳少女と淫行の警部補を停職

管理人一言コメント・警察の仕事が暇でやることが無いため警官の猥褻行為が横行する!!

           ・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁は25日、17歳の少女とみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した同庁第1自動車警ら隊の警部補(48)を、停職6カ月の懲戒処分にした。警部補は「大変申し訳ない」として、同日付で辞職した。

 警視庁によると、警部補はインターネットのコミュニティーサイトを通じて無職少女と交際。知り合って10日間に数百回メールを送信していたという。少女には現金などの対価は支払われず、少女以外には同様の行為は確認されなかったという。

 警部補は18日に略式命令を受けて、すでに罰金を納付した。

10'6 千葉県警 署内で警官 拳銃奪われ発砲さる

管理人一言コメント・警察よ、大失態と感じよ!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 24日午後11時20分 警察署内で警察官の持っていた拳銃(けんじゅう)を奪い、発砲してけがを負わせたとして、千葉県警松戸署は24日、同県松戸市西馬橋の無職の男(33)を殺人未遂、銃刀法違反などの疑いで逮捕した。

 調べによると、男は24日午後7時ごろ、同署内3階廊下で、同署地域課の男性巡査部長(37)の持っていた拳銃を奪い、巡査部長の太ももに向けて拳銃1発を発砲した疑いが持たれている。巡査部長は市内の病院に運ばれ、手当てを受けている。同署によると、男はトラブルの関係者として事情聴取を受けていたが突然、巡査部長の拳銃を奪ったという。

10'6 大阪府警 53歳警部補、女性用下着など万引き容疑で逮捕

管理人一言コメント・サッサとお辞め!!

        ・・・・・・・・・・・・・・

 女性用の下着などを万引きしたとして、大阪府警は21日、東成署地域課係長で警部補の大植治郎容疑者(53)=同府枚方市長尾峠町=を窃盗容疑で現行犯逮捕し、発表した。大植容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 監察室によると、大植容疑者は同日午前10時55分ごろ、同府箕面市船場東2丁目の会員制ショッピングセンター6階の女性肌着売り場で、下着やスカートなど9点(計2万2520円相当)を盗んだ疑いが持たれている。下着などを手提げかばんに入れ、1階出入り口から出ようとしたところを女性警備員に呼び止められた。

 この日大植容疑者は休みで、自宅から車で一人で来たといい、「(万引きは)初めて」と話しているという。

10'6 福岡県警 改造拳銃所持認める 元警部補初公判 「中学時代から興味」検察指摘

管理人一言コメント・こんなワルが警察には多い!!

         ・・・・・・・・・・・・

 殺傷能力のある改造拳銃を所持したとして、銃刀法違反罪に問われた福岡県警捜査1課の元警部補、岡田好典被告(46)=懲戒免職=の初公判が21日、東京地裁(本間敏広裁判長)で開かれた。岡田被告は「間違いありません」として、起訴内容を認めた。

 岡田被告は当初、改造拳銃1丁を所持していたとして起訴されたが、本間裁判長は追送検された11丁分を加えた検察側の訴因変更請求を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、岡田被告が中学生のときから拳銃などに興味を持ち、インターネットを通じて同じ趣味を持つ人たちと交流し始めたと指摘。平成11年ごろに雑誌を通じて知り合った知人から30万円で購入したモデルガンは銃腔がふさがれたタイプだったが、さらに別の知人に依頼し、30万円で銃腔の貫通した銃身に交換したという。岡田被告は改造拳銃の写真を「自慢したい」と、今年2月からブログに掲載していたため犯行が発覚した。

 起訴状によると、岡田被告は4月15日、福岡県宗像市の自宅で改造拳銃11丁と回転弾倉式拳銃1丁を所持したとしている。

 来月13日の公判では、弁護側証人として岡田被告の妻と元上司が出廷するほか、追加の証拠調べなどを行った後に結審する予定。

2010,6 沖縄県警 駐車違反84件の違反金徴収せず・巡査長を懲戒

管理人一言コメント・こんな不適格警官の多いこと!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 沖縄県警は18日、駐車違反84件の違反金徴収手続きを放置していたとして、那覇署の男性巡査長(30)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にした。


 発表によると、巡査長は沖縄署の交番勤務だった2006年8月~09年1月、駐車違反をした車両84台分の違反金徴収に必要な書類を作成していなかった。今年1月、駐車違反の標章を張られた車の所有者から、「違反金の請求がない」と同署に問い合わせがあり、発覚した。

 23台分については、違反確認時に義務付けられている現場地図も作っておらず、徴収は不可能な状態。残りは徴収手続きを進めている。

 比嘉善雄・県警首席監察官は「巡査長は日頃から書類の処理が遅く、ため込んでしまったようだ」と説明している。

2010.6 愛媛県警 県警察学校の退職者相次ぐ 初任科生15人

管理人一言コメント・異状事態だ!!

・・・・・・・・・・・・・・・

 初任科生の男性巡査の自殺が明らかになった県警察学校(松前町西古泉、楠正司校長)で、4月に入校した初任科生15人が相次いで退職していたことが18日、県警への取材で分かった。県警はすべて「本人からの申し出」によるとしているが、例年の初任科生の退職者は数人で、今年の状況は異例。

 同校によると、本年度は4月1日付で計94人(大卒61人、高卒33人)が初任科生として入校。6月18日までに大卒5人、高卒10人の計15人が退職した。

 14日には大卒の男性巡査が実家のある宇和島市の公園で自殺していたのが見つかった。

 同校の説明では、辞めた15人は、いずれも自らが申し出た依願退職といい、書類上は多くが「一身上の都合」となっている。ただ、同校の調査に対しては、「寮で集団生活をする上での協調性の欠如」「警察官としての責任や自覚を培うという目的意識の欠如」「体力不足」などを退職理由にしているという。

2010.6 茨城県警 酒気帯び事故で逃走の男性巡査長、懲戒免

管理人コメント・多いこと、こんな警察ばかり!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 3月に酒を飲んで運転し、当て逃げ事故を起こしたとして、県警は18日、高萩署地域課の男性巡査長(55)を懲戒免職処分にするとともに、道交法違反容疑(酒気帯び運転、事故不申告など)で水戸地検に書類送検したと発表した。監督責任で中川光男高萩署長を本部長注意とした。処分が約3カ月後になった理由として、県警は「運転時のアルコール量を算定するのに時間がかかった」と説明している。

 送検容疑は、3月8日午後10時10分ごろ、酒気帯びの状態で普通乗用車を運転し、高萩市高浜町の国道6号の丁字路交差点で男性会社員(45)運転の普通乗用車と接触し、逃走したとしている。県警によると、巡査長は「飲酒運転がばれると思って逃走した」と容疑を認めているという。

 県警によると、巡査長は同日午後6~10時、同市内の飲食店で同僚6人とビールや焼酎などを飲み、いったん官舎に帰宅した。その後、今度は自分で車を運転し、約1・5キロ離れたコンビニエンスストアに買い物に出たところ、事故を起こした。目撃証言などから車のナンバーが判明。翌9日、逃亡していた巡査長が事故を認めたため、飲酒量など具体的状況を調べていたという。

 宮内好治首席監察官は「誠に遺憾であり、今回の事案を重く受け止め、信頼回復に努めてまいります」とコメントした。

2010.6 岐阜県警 巡査部長 捜査車両で事故で戒告処分

管理人一言コメント・常に安全運転で。

            ・・・・・・・・・・・・

 捜査車両を運転中に歩行者をはねて重傷を負わせたとして、県警監察課は18日、高山署の男性巡査部長(35)を戒告処分としたと発表した。

 同課によると、巡査部長は、昨年11月9日午後5時10分ごろ、高山市花岡町の市道で捜査車両を運転中、前方を横断していた女性(72)をはね、脳挫傷など全治3カ月の重傷を負わせた。巡査部長は、捜査を終えて署に戻る途中で、女性に気付かなかったという。

 巡査部長は同日付で自動車運転過失傷害容疑で岐阜地検高山支部に書類送検された。

2010.6 栃木県警 警官発砲 初公判10月21日付審判

管理人一言コメント・警官の無謀発砲の多い昨今、厳罰を有罪を!!

          ・・・・・・・・・・・・・・

 西方町で2006年6月、中国人男性(当時38歳)に拳銃を発砲して死亡させたとして、特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた県警の平田学巡査長(34)に対する付審判の公判前整理手続きが17日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)であり、初公判が10月21日に決まった。被害者参加制度が適用される付審判は佐賀地裁に次ぎ全国2例目になる見通しで、中国人男性の妻が意見陳述する予定。

 決定によると、平田巡査長は06年6月23日夕、西方町真名子の路上で、中国人男性を公務執行妨害の現行犯で逮捕しようとした際、男性が石灯籠(どうろう)を振り上げて抵抗したため、拳銃を発砲し、左腹部に命中させ死亡させたとしている。

 男性の遺族は07年8月、県を相手取り、約5000万円の損害賠償を求める民事訴訟を宇都宮地裁に起こしたが09年4月に棄却。遺族側は東京高裁に控訴したが、同年4月27日に宇都宮地裁が付審判を決定し、審理は中断されている。

 審理は10月28日、11月4日、12月21日で結審、年明けに判決の予定。弁護側は、発砲行為は正当防衛で無罪と主張し、男性が石灯籠を振りかざしていたかなどが争点となる見込み。検察官役弁護団の太田うるおう主任弁護士は「付審判は国民の権利を守る大事な制度。重責を全うしたい」と話した。

 最高裁によると、1960年以降、付審判請求が行われたのは全国で延べ1万8117人(2010年2月末現在)。認める決定は1951年以来22人。1審で判決が確定したのは2008年に山口地裁であった1件のみで、高裁、最高裁まで争われている事件が多い。

2010.6 佐賀県警 調書を市民宅に誤送信 少年の供述11枚

管理人一言コメント・ミスで済まされない重大な責任問題だ!!

            ・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警刑事企画課は16日、県警伊万里署刑事課の男性巡査長(31)が、佐賀地検唐津支部に送るはずだった窃盗事件容疑者の少年の供述調書を、同県唐津市の市民宅に誤ってファクス送信したと明らかにした。

 刑事企画課によると、16日午前11時45分ごろ、巡査長が地検支部にファクスする際、番号を間違えて送信。約15分後に受信した市民から連絡があり、回収した。

 誤送信した供述調書は、3月に伊万里市であった窃盗事件で逮捕した少年に関する2通、計11枚。少年本人と被害者の名前や住所などのほか、事件にかかわったとされる複数の少年の名前も記載されていたという。

 伊万里署では通常、重要書類は直接持参することとし、ファクスの場合は、2人以上であて先を確認するよう指導していたが、巡査長は怠った。

 江口和久刑事企画課長は「初歩的なミスで迷惑をかけ申し訳ない。再発防止のため、指導を徹底したい」と話している。

2010.6 千葉県警 スカート内を盗撮、巡査を略式起訴 

管理人一言コメント・人生やり直しなさい。

      ・・・・・・・・・・・・

 習志野市内の商業ビルで5月29日に女性のスカート内をデジタルカメラで盗撮したとして、千葉区検は16日、東金市農田、県警察学校初任科生、佐藤庸喜(つねよし)巡査(24)を県迷惑防止条例違反(盗撮)罪で千葉簡裁に略式起訴した。

同簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。県警は同日付で停職3カ月の懲戒処分とし、佐藤巡査は依願退職した。

 県警の西村正一首席監察官は「誠に遺憾で被害者に心からおわびします。職員の指導を徹底し、再発防止を図り、信頼回復に努めます」とコメントした。

2010.6 奈良県警 元県警巡査に有罪 酒気帯び、2人に重傷負わす・地裁

管理人一言コメント・そのまま「警察官でありながら、交通法規を無視し、酒気帯び運転に及ぶなど言語道断。」

         ・・・・・・・・・・・・・・・

 酒気帯び運転で対向車と衝突し、2人に重傷を負わせたとして、自動車運転過失傷害と道交法違反の罪に問われた元奈良県警巡査松本仁志被告(45)=懲戒免職=の判決公判が16日、奈良地裁で開かれた。野路正典裁判官は「警察官の信頼を失墜させた責任は重い」と述べ、懲役1年4月、執行猶予5年(求刑懲役1年4月)を言い渡した。

 野路裁判官は「警察官でありながら、交通法規を無視し、酒気帯び運転に及ぶなど言語道断。被害結果も重い」と指摘。一方で「深く反省しており、懲戒免職になるなど社会的制裁も受けている」とし、執行猶予とした。

 判決によると、松本被告は4月15日午後0時25分ごろ、酒気帯び状態で車を運転。奈良市の路上で対向車と衝突し、運転手の男性(67)ら2人に重傷を負わせた。(

2010.6 警視庁 巡査部長 地下鉄トイレで首吊り自殺

管理人コメント・ご冥福を。

         ・・・・・・・・・・・・・

 東京メトロ丸ノ内線霞ケ関駅(東京都千代田区)で16日未明、警視庁留置管理2課の男性巡査部長(45)が、トイレの個室内で首をつって死亡しているのが発見された。丸の内署は自殺とみて調べている。

 同署によると、同日午前0時45分ごろ、終電後の点検をしていた駅職員が巡査部長を発見し、110番通報した。巡査部長はスーツ姿で、個室内のフックにひもをかけ、首をつっていた。近くに荷物が残されていたが、遺書などは見つかっていない。

2010.6 大分県警  警部 捜査情報のメモ帳盗難 支給品の帽子も

管理人一言コメント・重要な書類等の管理が甘い、一事が万事、事件解決は望めない警部!!

               ・・・・・・・・・・・・・・・

 大分県警は14日、捜査1課の男性警部(50)が車上狙いに遭い、殺人事件の被疑者などの捜査情報を記したメモ帳や県警支給品の帽子を盗まれたと発表した。国東署は窃盗事件として捜査している。

 県警によると、メモ帳は警部の私物で、黒のビニール製カバー付き。警部が担当していた殺人事件など11件の事件に関係する約40人の住所、氏名、生年月日などの個人情報が記されていた。支給品の黒い帽子は、銀色の「POLICE」の刺しゅうが入っている。

 警部は休みだった13日、正午ごろから同県国東市の海岸の空き地に乗用車を止め、1人で潮干狩りをしていた。午後2時ごろ車に戻ったところ、運転席後ろの窓が割られ、メモ帳や帽子が入った手提げバッグや財布が盗まれていたという。

 大分県警捜査1課の佐藤由布美刑事企画室長は「個人情報の取り扱いを再徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしている。

2010.6 警視庁 巡査長が拳銃自殺 荻窪署の単身寮

管理人一言コメント・ご冥福を。

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 14日午後4時20分ごろ、東京都杉並区の警視庁荻窪署7階の単身寮で、同署地域課の巡査長(27)が頭から血を流して倒れているのを同僚の警察官が見つけた。病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。現場には巡査長携帯の拳銃が落ちており、同署は拳銃で自殺したとみている。

 同署によると、巡査長は勤務中だったが、所在が分からなくなり、同僚が巡査長の部屋を見に行ったところ倒れていたという。

 亀井徹夫署長は「拳銃を使用して自殺したことは誠に遺憾。今後、事実関係を明らかにしたい」とコメントした。

2010.6 徳島県警 巡査部長が標識見落とし反則切符切る

管理人一言コメント・ボーとしている警官が多いこと、されど警察!!

         ・・・・・・・・・・・・・・

 徳島市内の県道交差点で、警察官が道路標識を見落とし、バイクに乗っていた男性(55)に誤って交通反則切符を切っていたことがわかった。男性に謝罪したという。


 徳島西署によると、同署地域課の巡査部長(48)と巡査長(24)が12日午後6時ごろ、同市中島田町の交差点で、原付きバイクの男性に対し、2段階右折をしなかったとして交通反則切符を交付した。だが、現場には2段階右折を除外する標識があった。13日未明、2人が現場をパトロール中、標識に気づいたという。同署は男性に連絡して謝罪、反則金6千円を納付しないよう伝えた。


 近藤稔副署長は「誠に申し訳ない。このようなことがないよう指導していきたい」と話した。

2010.6 愛知県警 警部が物損事故隠ぺい 「当て逃げされた」と虚偽申告

管理人一言コメント・これで部下を指導する立場の警部!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警地域総務課の50代の男性警部が自分の物損事故を隠すため、県警に「当て逃げされた」とうその申告をしていたことが11日、県警への取材で分かった。県警は道交法違反と軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで調べている。

 県警監察官室によると、警部は県内の交番を巡回し、事件指揮などを行う担当だった。4月にマイカーで西三河地方の交番を巡回した後、自宅に戻る途中、ガードレールに接触、車の一部がへこむ事故を起こしたが、届け出ずに走り去った。

 その後、自宅のある地域を管轄する県警半田署に「当て逃げされた」と申告。県警が調べたところ、当て逃げとしては車の損傷程度が軽く、警部に事情を聴いたところ、うそだったことを認めたという。

2010.6 岩手県警 交際女性を殴った巡査長、減給処分

管理人一言コメント・転職がいいでしょう。

          ・・・・・・・・・・・・・

 県警は11日、交際相手の女性を殴り傷害罪で罰金30万円の略式命令を受けた盛岡西署滝沢中央交番勤務の佐藤俊徳巡査長(50)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。佐藤巡査長は同日付で依願退職した。

 県警によると、元巡査長は5月27日、盛岡市内の自宅で、交際している会社員の女性(49)の顔を平手で数回殴るなどし、顔面打撲などで約1週間のけがをさせた。

2010.6 新潟県警 育成条例違反の警部補免職 少女にわいせつ罰金50万円略式命令

管理人一言コメント・ホンマに悪が多い警察!!

           ・・・・・・・・・・・・・

 女子高校生にわいせつな行為をしたとして、新潟中央署刑事1課係長の警部補、西村強容疑者(45)が県青少年健全育成条例違反で逮捕された事件で、新潟区検は11日、西村容疑者を同条例違反で新潟簡裁に略式起訴。同簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、西村容疑者は即日納付した。県警は同日、西村容疑者を懲戒免職としたほか、監督責任を問い、新潟中央署長を本部長訓戒、同署刑事1課長を所属長注意の各処分とした。

 起訴状などによると、西村容疑者は5月15日、捜査資料を基に調べた市内の高校1年の女子生徒に携帯電話をかけ、「モデルのアルバイトをしないか」などと誘い出し、18歳未満と知りながら、市内のホテルでわいせつな行為をした。

 捜査関係者によると、西村容疑者が別の少女1人にも電話を掛けていたことが判明。西村容疑者はこの少女と会う約束をしていたが、西村容疑者の都合で会うことができなかったという。

 干場謹二・県警本部長は11日の県議会代表質問で、「法を守り、適正に執行すべき警察官がこのような法を犯したことについて、誠に遺憾に感じており、被害者と家族、県民の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

2010.6 警視庁 わいせつ容疑で警部補を逮捕

管理人一言コメント・警官としての自覚の欠如!!

            ・・・・・・・・・・・・・

 警視庁は9日までに、少女(17)にみだらな行為をしたとして、同庁第1自動車警ら隊の警部補、天野賢吉容疑者(48)=横浜市港北区日吉本町3=を神奈川県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕した。同庁によると、同容疑者は「大変申し訳ない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は5月下旬、横浜市内のホテルで少女が18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。同容疑者は少女が携帯電話の交流サイトに書き込んだ掲示板にメールを送り、知り合ったという。

 警視庁の桜沢健一警務部参事官の話 法令を順守すべき警察官がこのような事件を起こし極めて遺憾。捜査を徹底し、厳正に対処したい。

2010.6 香川県警 巡査長が警察手帳を盗難

管理人一言コメント・多分、市民に厳しく己に甘い方でしょう!!

          ・・・・・・・・・・・・・

 香川県警高松南署の男性巡査長が勤務時間外に警察手帳を携行し、盗まれていたことが8日、警察関係者への取材でわかった。県警は巡査長に事情を聴き、処分を検討している。

 関係者によると、巡査長は地域課所属。5月下旬の夜、高松市内の書店にバイクで立ち寄った際、警察手帳の入ったカバンをバイクに置いたまま離れた。戻ったときにはカバンごと盗まれていたという。

 勤務時間外に警察手帳などの備品を持ち出すことは原則として禁止されているが、仕事上必要で上司らの許可がある場合は認められる場合もある。県警は巡査長がどのような経緯で警察手帳を持ち出していたのかも詳しく調べている。

2010.6 大阪府警 「殺される」と相談、警察が放置…淀川女性遺棄

管理人一言コメント・役に立たぬ警察、されど警察!! やる気のない警官を厳重処罰する法律の立法化は?

           ・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで4月29日、同府豊能町の宇野津由子さん(36)の遺体がポリ袋に入れられて見つかった事件で、同16日夜に宇野さんの携帯電話から豊能署に女性の声で「殺されるかもしれない」などと身の危険を訴える内容の電話がかかっていたことがわかった。

 捜査関係者が取材に対し、明らかにした。電話の主は匿名だったが、府警は宇野さん本人と判断。宇野さんは同28日頃に殺害されたとみられているが、当時、応対した署員は「問題なし」として記録や報告もせず、情報は事実上、放置されたという。

 同署の説明によると、電話があったのは4月16日午後9時頃。当直中の署員が約30分間応対したが、特に問題はないと判断して記録には残さず、翌日以降も、署長ら上司に電話について報告はしなかったという。

 ところが、4月29日に高槻市内で女性の遺体が見つかり、宇野さんの同居家族が5月10日に同署に行方不明の相談に訪れたことから、身元が宇野さんと判明。捜査1課が宇野さんの携帯電話の発信記録を調べたところ、同署に電話していたことが発覚した。電話の内容について、同署は読売新聞の取材に、「事件捜査の関係上、明らかにできない」としているが、捜査関係者によると、宇野さんらしい女性は電話で、自分の身に危険が迫っていることを訴えていたという。捜査関係者は「結果論ではあるが、対応に問題があったのではないか」と話している。

 警察への相談を巡っては、埼玉県桶川市の女子大生ストーカー殺人事件(1999年)で、埼玉県警上尾署員が、何度もストーカー被害の訴えを聞きながら捜査に乗り出さず、幹部への報告もしていなかったことが問題化。その後も、対応の遅れが問題になるケースがあったことから、警察庁が今年2月、相談内容をすべて記録し、署長などへの報告徹底を求める通達を全国の警察本部に出している。

 石垣峰竹・豊能署副署長は「一般的な『問い合わせ』として処理した。(警察庁通達にある)『相談』にあたるのかどうかや、対応が適切だったかどうかなどについては、今後の捜査の推移を見て検証する」としている。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★「保険かけられ不審」淀川の女性、事件前に警察へ電話

 大阪府高槻市の淀川堤防で4月29日夕、宇野津由子(つゆこ)さん(当時36)=同府豊能(とよの)町=の遺体がポリ袋に包まれて見つかった事件で、遺体発見の約2週間前、豊能署に「保険をかけられ、不審に感じている」などと女性の声で匿名の電話があったことが捜査関係者への取材でわかった。府警は、遺体発見後の捜査で電話が宇野さんの携帯電話からかけられていたことが判明したことから本人と判断。このころから身の危険を感じていたとみている。

 捜査関係者によると、宇野さんは事件前、養子縁組した養父母宅を出て、大阪市西成区の実父宅に身を寄せていたとされる。宇野さんは4月16日午後9時すぎ、豊能署に電話をかけ、養父宅に荷物を置いたまま家を出たが、「荷物を取りに来ないと処分すると言われた」などと説明。「私の物を捨てられた場合、法的にはどのような手続きを取れるのでしょうか」と尋ねた。さらに「保険をかけられ、不審に感じているんです」などとも訴えたという。宇野さんは3月上旬ごろ、死亡時の受取額が計2160万円となる三つの共済に加入する契約が結ばれていた。

 会話は約30分間で、豊能署への電話は、この1回だけだったとされる。署員は「不安を感じるなら、西成署に直接相談してみてはどうか」と助言したが、宇野さんは西成署を訪れなかったという。

 豊能署などによると、宇野さんの携帯電話の発着信履歴を調べていた捜査1課から問い合わせがあり、当直だった男性署員が応対したと判明。警察への要望や意見、陳情、情報などの「広聴相談事案」は書類を作成し、署長に報告する内規になっているが、署員は今回はそれに該当せず、荷物などに関する法的な問い合わせと判断し、上司に報告していなかったという。

 豊能署の石垣峰竹副署長は「当時の当直の署員は問題ないという判断で処理をした。対応が適切だったかどうかは捜査の推移を見て判断したい」としている。

プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード