スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10'7 大阪府警 パトカー追跡 不審車が逃走・接触事故

管理人一言コメント・とにかく何をしても全くダメな大阪府警!!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 31日午前3時20分ごろ、大阪市平野区長吉川辺の駐車場で、不審な乗用車が走り去るのを八尾署のパトカーが発見、追跡した。乗用車は約5分後、約6・6キロ離れた八尾市天王寺屋の府道交差点で軽乗用車と接触した後、電柱に衝突して停車し、乗っていた男が走って逃げた。軽乗用車を運転していた男性は頭に軽いけが。八尾署は自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)容疑で男の行方を追っている。

 八尾署によると、乗用車はマツダ社製の白いミニバンタイプ。パトカーは「駐車場で不審な男が車を物色している」との情報を受けて確認にいったところ、乗用車が逃走したという。
スポンサーサイト

10'7 福岡県警 パトカー追跡でバイク衝突事故

管理人一言コメント・怪我をさせたら警察が責任を取ればいい!!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 31日午前2時すぎ、福岡市早良区賀茂の市道交差点で、県警自動車警ら隊のパトカーが追跡していた2人乗りのミニバイクが赤信号を無視して交差点に進入、軽乗用車に衝突した。

 早良署は、道交法違反(信号無視など)の疑いで、打撲などのけがをしたミニバイクの自称アルバイトの少年(16)=同市早良区=を現行犯逮捕。同乗の少年(16)は鎖骨を骨折し、軽乗用車の男性2人も首の痛みなどを訴えているという。

 同署によると、パトカーはミニバイクの2人乗りに気付き、約800メートル追跡。交差点で信号無視しようとしたため停止を求めたが、ミニバイクはそのまま走行した。

10'7 長野県警 パトカー衝突 車の男性けが--上田の市道

管理人一言コメント・警察の一方的な事故、責任は警察にある!!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 28日午後11時50分ごろ、上田市中丸子の市道で、緊急走行していた上田署地域課に所属する男性巡査長(33)運転のパトカーが、丁字路交差点を右折しようとしたところ、直進してきた長和町の男性会社員(24)運転の乗用車と衝突した。男性は首のねんざや腰の打撲などで全治2週間のけが。巡査長と同乗の男性警部補(58)にけがはなかった。

 同署によると、交差点でオートバイが赤信号を無視したため、パトカーが赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして追跡を開始。事故時、パトカー側の信号はまだ赤だった。

 同署の竹花栄造副署長は、緊急走行の措置に問題はなかったとしたが、「事故は別で、けがをされた方には申し訳ない。原因を調べて再発防止に向けて指導したい」とコメントした。

10'7 埼玉県警 パトカーに追跡されたバイクが事故 少年2人重軽傷 草加

管理人一言コメント・双方が怪我のないように捕まえるのがプロの仕事!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 29日午前0時15分ごろ、埼玉県草加市長栄町の県道で、パトカーに追跡されていた2人乗りのバイクが歩道に乗り上げ、弾みで道路脇のブロック塀に衝突した。運転していた川口市の無職少年(19)が胸に軽傷、後部座席の同市の無職少年(18)が足を骨折する重傷を負った。

 草加署の調べでは、少年らのバイクはナンバープレートを曲げて隠していたため、パトカーで警戒中の署員が停止を求めたが逃走。パトカーが約1・4キロにわたって追跡したところで事故を起こした。

10'7 静岡県警 警部、女子高生のスカート内盗撮

管理人一言コメント・警部の犯罪が全国的に多発!!

           ・・・・・・・・・・・・・・

 静岡県警は28日、同県藤枝市宮原、県警本部交通企画課課長補佐の警部、西村正憲容疑者(51)を県迷惑防止条例違反(盗撮行為)の疑いで逮捕した。


 発表によると、西村容疑者は27日午後5時53分から同6時4分にかけて、JR東海道線静岡駅―清水駅間を走行中の上り電車内で、女子高生(17)のスカート内を手提げバッグに隠し持ったビデオカメラで盗撮した疑い。女子高生の前に座っていた乗客の男性が気づき、110番した。西村容疑者は同県焼津市内で会議に出席後、交通企画課に帰宅すると連絡したが、自宅とは反対方向に向かう電車に乗った。調べに対し「大変申し訳ないことをした」などと供述しているという。

 県警の岩崎敏警務部長は28日午前4時に記者会見を開き、「幹部職員があるまじき事件を起こしたことは誠に遺憾で、被害者をはじめ県民の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

         ・・・・・・・・・・・・・・

★県警警部の盗撮:地検、起訴猶予処分 「示談成立を考慮」 

 女子高生のスカート内を盗撮したとして県警交通企画課の男性警部(51)が県迷惑防止条例違反(盗撮行為)容疑で逮捕された事件で、静岡地検は6日、この警部を起訴猶予処分とした。同地検は理由について「被害者と示談が成立したことなどを考慮した」とのコメントを文書で発表した。

 送検容疑は、7月27日夕、JR東海道線静岡-清水駅間を走行中の電車内で、女子高校生(17)のスカート内を、手提げバッグに隠したビデオカメラで盗撮したとしている。

 県警監察課は、警部が起訴猶予処分となったことについて「検察庁の処分にコメントする立場にない」と話した。また、県警としての処分方針や警部が辞表を提出したかどうかなどについて説明せず、「県警として処分を出した時に明らかにする」との対応にとどめた。

10'7 北海道警 恐喝未遂で起訴の巡査免職 金沢で窃盗容疑も

管理人一言コメント・ワルの警官の多いこと!!

            ・・・・・・・・・・・・

 北海道警の巡査が不動産会社社長から元社員の強姦事件をもとに現金を脅し取ろうとしたとされる事件で、札幌地検は27日、恐喝未遂罪などで白石署巡査金田智大容疑者(28)を起訴した。これを受け道警は同日、金田被告を懲戒免職とした。任官前に金沢市で窃盗事件を起こしていた疑いも新たに判明した。

 道警監察官室によると、金田被告は2006年9月、当時住んでいた金沢市で女性のアパートに侵入、DVD3枚(300円相当)を盗んだ疑いが持たれている。恐喝未遂事件の捜査で採取した指紋と、アパートに残された指紋が一致した。

 金田被告は当時、金沢市の会社に勤務。08年10月に道警巡査に任官した。道警の調べに窃盗行為を認めている。裏付けが取れ次第、追送検する。

 起訴状によると、白石署の留置業務で知った情報を悪用し5月28日、札幌市の不動産会社社長から現金300万円を脅し取ろうとしたとしている。

10'7 福井県警 敦賀署の巡査が警察手帳を紛失

管理人一言コメント・甘い考え、重要な物品の保管の重要性の認識の欠如。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 敦賀署は27日、同署に勤務する男性巡査(26)が警察手帳を紛失したと発表した。

 同署によると、巡査は18日夜の勤務の際、署内の自分の机の引き出しから手帳を出そうとしたところ見つからなかったという。15日朝の点検ではあった。

 自宅や外出先を調べたが見つからず、26日に上司と県警本部に報告した。

 荒井善夫署長は「まことに遺憾だ。今後、再発防止に努める」としている。

10'7 北海道警 巡査長の酒気帯び運転 懲戒免職

管理人一言コメント・当然の処分!!

                ・・・・・・・・・・・・・

 道警監察官室は27日、酒気帯び運転したとして現行犯逮捕された本別署警務課の平田求巡査長(51)を懲戒免職処分にしたと発表した。監督責任があったとして、同署署長を本部長訓戒、次長兼警務課長を所属長注意の処分にした。

 道警監察官室によると、平田巡査長は11日午前9時35分ごろ、同署前の町道で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。前日午後6時以降に日本酒約7合を飲んだとみられ、署内の駐車場で捜査車両にぶつかる物損事故を起こし現行犯逮捕された。「大変なことをしてしまった」と話しているという。【

10'7 新潟県警 盗撮の巡査を懲戒免職 携帯で750回か、8件起訴

管理人一言コメント・警察の仕事が暇だから盗撮が日課なんだろう!!

              ・・・・・・・・・・・・

 新潟市のゲームセンターで女性のスカート内の盗撮を繰り返したとして、新潟地検は23日、新潟県迷惑防止条例違反罪で県警新潟西署交通課巡査斎藤壮容疑者(27)を起訴した。県警は同日、同容疑者を懲戒免職処分とした。

 県警によると、斎藤容疑者は「行為に快感を覚えた。ストレスを発散するため続けてしまった」と供述。同容疑者は、5年前から同様の盗撮行為を繰り返しており、確認されただけでも750件の動画が携帯電話などに保存されていたという。

 起訴状によると、斎藤容疑者は今年1~4月、新潟市内のゲームセンターで3人の女性のスカート内を携帯電話のカメラで計8回撮影した。

10'7 長崎県警 ミニパトがバスに追突 女性巡査の脇見

管理人一言コメント・緊張感も無くボーとしているとこんなことに

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 23日午前8時45分ごろ、長崎市内の国道206号で長崎県警浦上署地域課の女性巡査(24)のミニパトカーが、渋滞で停止の路線バスに追突した。ミニパトカーは時速10キロ前後だったらしく、バスの乗客ら約40人と巡査にけがはなかった。

 浦上署によると、巡査は交番勤務を終えて署に戻る途中で、脇見をしたのが原因とみられる。

10'7 茨城県警 アホな巡査部長 パトカー乗り逃げされ川に沈められる

管理人一言コメント・この巡査部長の責任は重大だ、厳しく処分すべき事件!!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 職務質問中の警察官が無線連絡するすきにパトカーを乗り逃げしたとして、土浦署は23日、窃盗の疑いで、行方市、職業不詳の男(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前9時50分ごろ、かすみがうら市牛渡の上郷集落センターで、同署地域課の男性巡査部長(34)からパトカーの車内で職務質問を受けた際、巡査部長が無線連絡するため車外に出たすきに鍵を掛け、パトカーを乗り逃げした疑い。

 同署によると、パトカーは約30分後、現場から約4キロ離れた同市牛渡の一ノ瀬川河口付近で、車体が半分水没した状態で発見された。約1時間後、捜索中の同署員が、ハス田に隠れている男を発見、緊急逮捕した。男は「捕まりたくなくて盗んだ」と容疑を認めている。

 同日午前9時半ごろ、同センター近くの会社事務員の女性から「道を聞きに来た男の様子がおかしい」と通報があったため、巡査部長は1人で現場に急行。男を後部座席に乗せて職務質問し、途中、署と連絡を取るための無線の感度が悪かったため、エンジンをかけたまま車外に出たという。

 捜索には同署と近隣警察署、県警本部の警察官が動員された。水没したパトカーはエンジンがかからなかったため、レッカー作業で回収した。

10'7 宮崎県警 ストーカー警戒の警官4人重軽傷 傷害容疑で男逮捕

管理人一言コメント・公妨罪なしの傷害のみの逮捕、これは警察の甘いストーカー捜査がこの事件の犯行要因だ!!

           ・・・・・・・・・・

 宮崎県警都城署は22日、ストーカー行為を警戒していた捜査車両に乗用車を衝突させ、警察官4人に重軽傷を負わせたとして、傷害容疑で同県えびの市原田、会社員松元重男容疑者(51)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は午後4時半ごろ、同県三股町の町道で都城署の捜査員4人が乗り、止まっていた捜査車両に車を衝突させ、4人にけがを負わせた疑い。

 男性巡査長(28)が鎖骨を折る重傷、男性警部補(34)ら3人が胸部打撲などの軽傷。松元容疑者も肋骨を折り、入院したという。

 同署によると、今月中旬、松元容疑者からストーカー被害に遭っていると女性から相談があり、捜査員が関係先を警戒中だった。同容疑者は正面から衝突したという。動機などを詳しく調べる。

10'7 大阪府警 放置車両の無断廃棄で元警部補ら処分

管理人一言コメント・軽い処分だこと!!

                ・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警住之江署交通課を今春、定年退職した元警部補(60)と部下で現職の巡査部長(54)が放置車両を知り合いの業者に処分させた問題で、府警は21日、占有離脱物横領容疑で2人を書類送検、巡査部長を本部長訓戒の処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。

 送検容疑は平成20年4月3日ごろ、大阪市住之江区平林北の路上に放置された盗難車2台を正規の手続きをせず、知人の解体業者に処分させるためレッカー車で運び出したとしている。

 府警によると、2人は動機について「撤去を急がないと住民から苦情を言われる」と説明。盗難車2台とともに7台の車も処分していた。元警部補は過去にもたびたび、放置車を業者に横流していたという。

 元警部補の息子2人と巡査部長の親族がこの業者に就職していたが、府警は「業者からの金銭の授受は確認できなかった」としている。

10'7 福井県警 個人情報入り文書を誤送信 

管理人一言コメント・注意には注意を確認を怠るな!!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は17日、交通事故の報告文書を誤って福井市内の個人宅にファクス送信したと発表した。文書には当事者や通報者計3人の住所、氏名などの個人情報が書かれており、県警は文書を回収し、関係者に陳謝した。

 県警交通部の40代の巡査部長が17日午前5時35分ごろ、幹部1人の送り先の電話番号を間違え、ファックスした。受信の確認で誤送信が判明し、文書は約40分後に回収した。

 松川幸一・同課長は「関係者に迷惑をかけ、深くおわびする。再発防止に努めたい」とコメントした。

10'7 熊本県警 わき見運転のパトカーが衝突、対向車の8人けが

管理人コメント・不適格パトカー運転者、これが警察で常態化、事故が起きないのが不思議です!!

            ・・・・・・・・・・・・・

 18日午前1時55分頃、熊本市四方寄町の国道3号で、熊本北署のパトカーが中央線をはみ出し、対向してきた代行運転のワンボックスカーと衝突し、運転手の男性(60)らワンボックスカーの8人全員が腰や首に軽傷を負った。パトカーを運転していた同署地域課の巡査部長(46)と、助手席にいた巡査長(25)の2人にけがはなかった。

 発表によると、パトカーは通常のパトロール中で、巡査部長は自動販売機荒らしの警戒のため、道路左側の自販機に気を取られていたという。現場は、片側1車線の見通しの良い緩やかなカーブ。同署は前方不注視の可能性があるとみて調べている。

 ワンボックスカーに乗っていたのは運転手のほか、福岡市から観光で来ていた30歳代~40歳代の男性会社員らで、熊本市内で飲食後、代行運転業者を依頼して熊本県山鹿市の宿泊先に帰る途中だった。

10'7 兵庫県警 影響力示したい…県警OBが元部下に前歴情報依頼

管理人コメント・どっちもどっち、されど氷山の一角、個人情報がダダ漏れの状態だろう!!

           ・・・・・・・・・・・

 兵庫県警のOBに前歴の有無などの個人情報を漏らしたとして、県警は16日、警察署の40歳代の巡査部長と、60歳代のOBを地方公務員法違反(守秘義務、そそのかし)容疑で地検姫路支部に書類送検、巡査部長を本部長訓戒処分にした。


 県警幹部によると、OBは4月5日、在職時に部下だった巡査部長に「交通事故の相手とトラブルになった。相手の前歴を知りたい」とうそを言い、勤めている会社の役員の前歴照会を頼み、巡査部長が専用の端末で調べて回答した疑い。

 OBは「勤務先に警察への影響力があることを誇示したかった」と説明。巡査部長は「OBが困っているので何とかしたいと思った」と釈明しているという。

 和田順一・県警監察官室長は「事実関係に基づき、厳正に処分した」とコメントした。

10'7 兵庫県警 巡査部長、部下に熱湯=傷害容疑で捜査

管理人一言コメント・不祥事日本一の兵庫県警、またまた更新!!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 堺市北区長曾根町にある近畿管区警察学校で、兵庫県警生田署の巡査部長(32)が14日夜、同県警巡査(26)に熱湯を振り掛けたことが15日、分かった。

 大阪府警北堺署によると、巡査は両足の太ももと背中の計4カ所に3週間のやけどを負っており、同署は傷害容疑で調べる。巡査部長は熱湯を掛けたことを認め、「仲間内で談笑しているのに、居眠りしていたので腹が立った」と話しているという。

 同署によると、巡査部長は近畿管区機動隊の訓練を終えた14日午後11時ごろ、学校内の学生寮の一室で、ほかの警察官らと飲酒中、輪に入らずに居眠りをしている巡査に立腹。巡査の目を覚まそうと、ポットの熱湯を2、3回振り掛けた。2人とも酒を飲んでいたという。(

10'7 秋田県警 捜査書類偽造容疑で県警警部補を書類送検 湯沢署

管理人一言コメント・悪妻を持つと仕事も大変!!

            ・・・・・・・・・・・・・

 捜査と偽って書類を作成させるなどし個人情報を入手したとして、湯沢署は16日、当時の同署刑事課係長で秋田臨港署地域課の男性警部補(52)を虚偽公文書作成・同行使と公務員職権乱用の疑いで秋田地検に書類送致した。県警は同日付で警部補を減給100分の10、6カ月の懲戒処分とし、監督を怠ったとして当時の上司3人を所属長注意などとした。

 送検容疑は、昨年11月、妻から「ストーカーまがいの不審なメールが来た」との相談を受け、捜査目的と偽って捜査関係事項照会書4通を作成。携帯電話会社に郵送し、メール送信者の住所と氏名を回答させた疑い。

 県警監察課によると、警部補は2006年3月から今年3月まで湯沢署に勤務し、秋田市に妻を残して単身赴任していた。警部補は「妻が心配になり、誰がメールを送ったのか特定したかった。妻のプライバシーにかかわり、関係警察署にも迷惑が掛かると思い、私的に調べた」などと話しているという。

 県警の調べでは、警部補は妻から相談を受けた際、警察署としてこの相談を受理するなど正式にストーカー容疑事件などとして対応しなかった。警部補は捜査に必要だと部下をだまし、メールアドレスを基に携帯電話番号を照会する書類を3回にわたって作成させた。2回は内容に不備があり、3回目で照会。さらに自ら電話番号を基に住所と氏名を照会する書類を作成。署長ら上司の決裁を受けていた。虚偽の書類だとは見抜けなかったという。

 同課によると、住所と氏名の回答は同年12月に届いたが、すでに知人を通じて送信者を特定していたため、この情報を悪用したり、外部に漏らしたりしたことはなかった。

10'7 愛知県警 仕事中、コンビニで糞をして 拳銃をトイレに置き忘れ 

管理人一言コメント・すべからず甘い、警官が仕事中、糞をするか!! 小便なら理解できる。
「生理現象で誰でもやります」との考えが甘い、仕事中に糞するのが常態化しているからだ!!自宅で朝から済ませて仕事にかかれ、サッサと警察お辞め!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警は14日、機動捜査隊の男性巡査長(28)が同県刈谷市のコンビニエンスストアのトイレに拳銃を置き忘れていたと発表した。コンビニ店長が通報して発覚し、拳銃は回収された。県警は巡査長の処分を検討している。

 県警によると、同日午後3時25分ごろ、市内を捜査中だった巡査長がコンビニのトイレに立ち寄った際、個室内にある小物を置く台の上に、実弾入りの自動式拳銃が入ったウエストポーチを置いたまま退店。女性客がポーチを発見し、同店店長が同40分ごろ、110番通報した。

 巡査長は拳銃の置き忘れに気づかなかったという。同隊の等々力宏副隊長は「県民に不安を与え深くおわびいたします。指導を徹底し、再発防止に努めてまいります」とコメントした。

10'7 沖縄県警 盗撮容疑の巡査長を書類送検

管理人コメント・多い盗撮犯罪警官!!

             ・・・・・・・・・・・・

 沖縄県警那覇署は14日、女子高校生のスカートの中を盗撮しようとしたとして、県警与那原署地域課の男性巡査長(28)を県迷惑防止条例違反容疑で那覇区検に書類送検した。県警は同日付で巡査長を停職3か月の懲戒処分とし、巡査長は依願退職した。

 発表によると、巡査長は6月15日午後5時半頃、那覇市の大型商業施設で、ズボンのすそに小さな穴を開けて内側に携帯電話を取り付け、買い物中の女子高校生2人のスカート内を動画撮影しようとした疑い。

 不審な行動に気づいた警備員が那覇署に通報し、発覚。映像は撮れていなかった。巡査長は「インターネットで盗撮画像を見て撮りたくなった」と話しているという。

10'7 北海道警 巡査、留置人の現金盗んだ疑い=約10万円

管理人コメント・何でもやります警察だから!!

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警留置管理課の男性巡査が、勤務先の札幌市内の留置施設で管理していた容疑者らの現金を盗んだ疑いがあるとして、道警がこの巡査から事情聴取していたことが13日、道警への取材で分かった。道警は窃盗や横領などの容疑での立件も視野に捜査している。

 道警幹部によると、道警は、逮捕の際に容疑者が所持していた現金を一時留置場で預かり、必要に応じて出金している。

 6月下旬、帳簿の金額が合わないことがあり発覚した。巡査は複数回にわたり計約10万円を盗んだ疑いがあるという。

10'7 福岡県警 改造拳銃所持の元警部補に懲役5年求刑

管理人一言コメント・求刑通りの判決が妥当!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 殺傷能力のある違法な改造拳銃など12丁を自宅に所持していたとして、銃刀法違反(所持)に問われた元福岡県警捜査1課警部補・岡田好典被告(46)の公判が13日、東京地裁であった。


 検察側は論告で、「市民の模範となるべき立場にもかかわらず拳銃を大量に所持し、警察官の信頼を失墜させた」と述べ、懲役5年を求刑。一方、弁護側は最終弁論で、「懲戒免職されるなど社会的制裁を受けた」として執行猶予付きの判決を求め、結審した。判決は8月27日。

 この日の公判では、論告などに先立って被告人質問が行われ、岡田被告は「銃を手にしているだけで満足だった。何度か(所持を)やめようと思ったが、収集に大金をかけていたので、もったいないと思ってできなかった」などと述べた。

10'7 警視庁 警視が傷害容疑 交通トラブル、男性殴る

管理人一言コメント・何でもやります警察は、みんながやれば怖くない?

            ・・・・・・・・・・・・・・

 交通トラブルから男性を殴りけがをさせたとして、千葉県警鎌ケ谷署は十一日未明、傷害の疑いで警視庁総務部理事官心得の警視有藤秀樹容疑者(54)=同県鎌ケ谷市道野辺中央四=を逮捕した。同署によると、有藤容疑者は当初「事実無根だ」と容疑を否認したが、その後は認めているという。

 逮捕容疑では、有藤容疑者は十日午後三時四十五分ごろ、鎌ケ谷市東中沢一の国道464号で乗用車を運転中、前方を乗用車で走行していた同市の無職男性(22)と通行をめぐって口論になり、男性の顔や肩を殴り軽傷を負わせたとされる。

 同署によると、有藤容疑者はこの日は休みで、買い物の途中だったという。警視庁警務部の桜沢健一参事官は「幹部職員が逮捕されたことは誠に遺憾。千葉県警の捜査を待って対処したい」とのコメントを出した。

10'7 北海道警 酒気帯び運転・容疑で巡査長を逮捕・本別署

管理人一言コメント・懲りない警察!!

         ・・・・・・・・・・・・・

 本別署は11日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、同署警務課管理係の巡査長、平田求容疑者(51)=本別町向陽町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前9時35分ごろ、同町北1の同署前町道で、呼気1リットル当たり0・4ミリグラムの酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 道警釧路方面本部監察官室によると、平田容疑者は同日朝、1時間近く遅刻し、自宅から同署までの800メートルを車で出勤。同署駐車場で、駐車中の捜査車両と接触事故を起こし、酒気帯びが発覚した。

 平田容疑者は08年4月から同署勤務。10日は休日で「夕方~深夜に自宅で日本酒を5合程度飲んだ」と供述しているという。

 同監察官室によると、道警警察官の酒気帯び運転は過去5年間で5件目。同方面本部の山岸政則総括参事官は「重大な不祥事を発生させ、深くおわび申し上げる。事実関係を調査し、速やかに厳正な処分をする」とのコメントを出した。

10'7 福岡県警 パトカー追跡で衝突 会社員負傷

管理人一言コメント・妥当性を欠くパトカーの追跡だ、事故の責任は警察にある。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 11日午前4時50分ごろ、福岡市博多区麦野3の市道交差点で、会社員男性(45)運転の乗用車が、パトカーに追跡され赤信号を無視して侵入してきたワゴン車に衝突された。男性は軽傷。博多署が道交法違反(ひき逃げ)容疑でワゴン車の行方を追っている。

 同署によると、白っぽいワゴン車は現場から約1キロ離れた国道で蛇行運転しているところをパトカーに発見され、停止を求められたが逃走。信号無視を繰り返して事故を起こしたという。運転席と助手席に2人乗っていたとみられる。同署の猿渡智行副署長は「適正な追跡と考えている」とコメントしている。

10'7 和歌山県警 警察車両、オートバイと衝突=県職員の男性重体

管理人の一言コメント・常に安全運転で!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 10日午後3時50分ごろ、和歌山県日高川町串本の三差路で、県警御坊署のワンボックスカーとオートバイが衝突した。オートバイを運転していた同県医務課職員永栄昭博さん(51)が病院に運ばれたが、頭の骨を折るなど全身打撲で重体。ワンボックスカーを運転していた同署生活安全刑事課米本晋也巡査(25)と同乗の巡査部長(45)にけがはなかった。

 同署は、米本巡査の安全確認が十分でなかった可能性があるとして、巡査から事情を聴いて事故原因を調べている。
 同署によると、ワンボックスカーは三差路の手前の橋で一時停止。三差路を右折しようと発進したところ、転倒して滑り込んできた永栄さんのオートバイと衝突したという。三差路は信号がなく、オートバイ側が優先道路だったという。

 米本巡査ら2人は、近くの川で釣りにいったまま行方不明となった男性を同日朝から捜索しており、ワンボックスカーで移動中だった。(

10'7 長野県警 男性警部補を懲戒処分 同僚女性に抱きつく

管理人コメント・何でもやります警察は、身内の悪事は隠します!!

           ・・・・・・・・・・・・・

 同僚女性に抱きついたなどとして、県警が警察署に勤務する男性警部補を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしていたことが9日、分かった。処分は今年3月に行ったが、県警は公表していなかった。

 県警監察課によると、男性警部補は今年1月13日夜、勤務後に開かれた職場の懇親会に出席した後、帰宅途中の路上で、同僚の女性職員に抱きつき、キスをするなどのセクハラ行為をした。女性職員が上司に相談して判明した。

 県警は、男性警部補の行為は服務規律に違反すると判断し、内部規定に基づいて処分した。処分したことや所属も非公表としたことに同課は「警察庁の公開指針に従った。関係者のプライバシーにも配慮した」と説明している。

10'7 富山県警 捜査情報のメモ盗難、警部補が車上荒らしに遭う

管理人一言コメント・一事が万事、こんな刑事は何をさせてもダメ、サッサとお辞め!!

            ・・・・・・・・・・・・

 富山県警は9日、捜査1課の男性警部補(57)が、自宅で車上荒らしに遭い、捜査を担当していた盗難事件の被害者などの捜査情報が書かれたメモ帳2冊を盗まれたと発表した。情報流出による被害は確認されていないという。

 発表によると、警部補が8日午前7時20分頃、出勤しようとしたところ、射水市内の自宅玄関前に止めてあった乗用車の助手席窓ガラスが割られ、運転席の足元に置いてあったセカンドバッグが盗まれていた。

 警部補は普段、バッグを家に持ち帰っているが、7日午後8時頃、外出先から帰宅した際、車内に置き忘れたという。車に鍵はかかっていた。

 警部補は、主に盗難事件を取り扱う機動捜査隊員で、7日は休みだった。メモ帳には、4月以降に県内で発生した盗難事件に関する被害者や参考人名、住所などが10~30件書かれていた。バッグの中には、ほかに財布やキャッシュカードなどが入っていたが、現金は入っていなかった。

 メモ帳は公式な捜査資料ではないため、管理方法に規定などはないが、同課は、警部補を指導し、メモの詳しい内容を調べている。メモに書かれた個人が特定されれば謝罪する方針。

 生地淳一次席は、「個人情報の重要性を再認識させ、課内で再発防止に努めたい」としている。

10'7 鳥取県警 警部補に停職3カ月 取り調べ中、容疑者に携帯貸す

管理人コメント・本当に捜査能力の低い刑事が多い、何とか取り調べが旨くいくように便利をはかる。

          ・・・・・・・・・・・・・・

 取り調べ中の容疑者に携帯電話を貸したとして県警監察官室は9日、県警警務部の男性警部補(34)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 警部補は、鳥取署刑事1課の巡査部長だった07年9月27日から10月3日にかけ、接見禁止の拘置中の容疑者に取調室で公用と私用の携帯電話を10回貸し、妻などと通話させたという。

 佐々木照正首席監察官は「警察官として適正捜査の基本を逸脱したあるまじき行為。指導教養を徹底し、再発防止に努めて参ります」とコメントした。

10'7 神奈川県警 盗撮・巡査長、スカート内を 容疑で逮捕

管理人一言コメント・警察のこの種犯罪の多いこと!!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 女性のスカート内を盗撮したとして、県警監察官室は5日、横浜市戸塚区汲沢町、茅ケ崎署警務課の巡査長、中畠淳容疑者(31)を県迷惑行為防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は同日午後0時15分ごろ、JR戸塚駅西口の駅前ビルにある書店で女性会社員(26)の後ろに近付き、手提げバッグの上に置いた携帯電話のカメラでスカートの中を撮影したとしている。

 県警によると、近くにいた別の女性客(55)が盗撮に気付き、中畠容疑者を取り押さえた。携帯電話には、スカート内が写った動画が残っていた。中畠容疑者は「スカートを見て欲望を抑えきれなかった。過去にも数回やった」と供述しているという。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。