10'11 茨城県警 巡査部長の白バイが衝突

管理人一言コメント・事故を起こしたら何にもならない!!

       ・・・・・・・・・・・・・・・

 30日午前10時40分ごろ、つくば市藤本の国道408号交差点で、土浦市大町、県警交通機動隊巡査部長、高野洋さん(43)の白バイと東海村豊岡、運転手、永堀二三夫さん(61)の保冷車が出合い頭に衝突。高野さんが左手首の骨を折り、全身打撲の重傷を負った。

 つくば中央署の調べによると、白バイはサイレンと赤色灯のスイッチが入った状態で、付近住民もサイレンの音を聞いており、高野さんはサイレンを鳴らし赤色灯を回して緊急走行中だったとみられる。

 現場は信号のない交差点で、保冷車側に一時停止義務があった。永堀さん側からは植栽で見通しが悪く、永堀さんは「停止した後、右折しようと進行して事故にあった」と話している。

スポンサーサイト

10'11 愛知県警 24歳巡査が拳銃自殺・警察署トイレで頭撃つ

管理人一言コメント・ご冥福を。

              ・・・・・・・・・・・・・

 29日午後1時45分ごろ、名古屋市中区千代田の愛知県警中署2階の男子トイレ個室で、同署地域課の男性巡査(24)が頭から血を流して倒れているのを、上司の巡査部長が見つけた。巡査は病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

 同署によると、個室は内側から鍵が掛かっており、室内からは巡査の拳銃が発見された。同署は拳銃で頭を撃って自殺したとみて、動機を調べている。これまでに遺書は見つかっていない。

 巡査は交番勤務で、引き継ぎのために午前8時ごろ、いったん同署に出勤していたという。しかし、正午ごろ姿が見えなくなり、署員らが行方を捜していた。
 巡査は4月に採用され、9月に同署に配属。勤務態度などに問題はなかったという。

10'11 愛知県警 巡査長を児童買春の容疑、書類送検

管理人一言コメント・この種犯罪の警官の多いこと!!

             ・・・・・・・・・

 15歳の少女にみだらな行為をしたとして、愛知県警は26日、名東署交通課の男性巡査長(36)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで書類送検し、発表した。同日付で懲戒免職処分とした。

 監察官室によると、巡査長の容疑は昨年9月26日午後0時半ごろ、名古屋市北区のホテルで、県内在住の高校1年だった少女(当時15)が18歳未満であることを知りながら、現金2万円を渡してみだらな行為をしたというもの。少女は19歳と年齢を偽っていたが、巡査長は「化粧っ気がなく、振る舞いから19歳とは思っていなかった。被害者や職場に迷惑をかけて申し訳ない」と話しているという。

 少女は家出中で、昨年10月に保護して、容疑がわかった。少女は、携帯電話のサイトで知り合った別の少女(同17)と同居相手の少年(同19)から援助交際をさせられていたという。巡査長とは、ツーショットダイヤルを通じて知り合い、1度だけ会ったという。

 中村正孝首席監察官は「県民の信頼を裏切ることになり、誠に申し訳なく思う。職務倫理教養を一層強化するなど再発防止に努める」とのコメントを出した。

10'11 熊本県警 白バイ事故で 被害者に647万円

管理人一言コメント・事故を起こせば何にもならない。

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は24日、交通機動隊所属の男性巡査部長(35)が公務中に起こした交通事故の和解のため約647万円を支払うことを決めた。県議会政策審議会で説明した。

 県警監察課によると、事故は昨年6月24日午前9時50分ごろ、熊本市城南町藤山の県道で発生。巡査部長が白バイで速度違反の乗用車を追いかけていた際、左カーブを曲がりきれずに対向車線に飛び出し軽乗用車2台に衝突。宇城市の女性(61)が2カ月のけがをした。発生時に公表しなかったことについて同課は「相手のけがの程度が分からなかったため通常の事故として処理した」としている。

10'11 三重県警 県警覆面パトカー、横断の女性はねる 

管理人一言コメント・緊急配備の訓練中に事故とは・・・。

           ・・・・・・・・・・・・・・

 桑名署は24日、桑名市西別所の県道で県警本部通信指令課の巡査部長(40)運転の覆面パトカーが横断中の同市稗田、無職女性(86)をはねたと発表した。女性は転倒し後頭部を打ったが、軽傷だという。巡査部長と同乗の警部補(50)にけがはなかった。

 同署の説明によると、巡査部長は緊急配備の訓練中で、スーパーの駐車場から県道に出て右折した際、女性をはねたという。女性は横断歩道のないところを1人で歩いて渡っていた。通信指令課の中森日出男課長は「訓練中といえども事故はあってはならない。今後、このようなことがないよう指導していきたい」と話している。【

1011 広島県警 捜査資料が盗まれる、警部補を処分

管理人一言コメント・不適格者を再雇用することが問題!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24日、広島県警監察官室は、規則で禁じられているにもかかわらず捜査資料などを自宅に持ち帰り、盗難被害に遭ったとして、広島西署警務課の男性警部補(60)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分にした。

警部補はすでに定年していたが、4月に再雇用された。3月に定年する際、事故や変死事案の写真、供述調書などの写しなどの捜査資料を私物とともにダンボールに入れ、広島県警廿日市署から自宅に持ち帰ったという。その後、捜査資料を段ボールに入れたままガレージに放置していたところ、盗難に遭ったとみられている。

関係者によると、5月、同県廿日市の公園で交通事故の現場や変死事案の写真が9枚捨てられているのを通行人が発見し、「気持ち悪い写真が捨ててある」と通報。同署の捜査により、9枚の写真は警部補が持ち帰ったものと判明した。同署は何者かがガレージから写真を抜き取り、公園にばらまいたと可能性が高いとみて、窃盗事件として捜査を進めている。

10'11 兵庫県警 補導少年らの名前記入、巡査長がメモ紛失

管理人一言コメント・何と言っても不祥事世界一の兵庫県警!!

                ・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警高砂署は17日夜、同署地域課の男性巡査長(28)が、補導した少年や交通事故の当事者など5人の名前などが書かれたメモ計13枚を挟んだバインダーを一時紛失したと発表した。


 同署によると、巡査長は同日午前4時35分頃、高砂市内をパトカーで巡回中、新聞配達員の女性から「バイクが倒れている」と声をかけられ、同市曽根町の市道で倒れていたミニバイクを発見。バイクを起こすために持っていたバインダーを近くの植え込みに置いた。巡査長はそのまま署に戻り、勤務を終えて帰宅した。

 約13時間後の同日午後5時30分頃、近くの女性がバインダーに気づき、110番。駆けつけた署員がバインダーを回収した。

 バインダーに挟んでいたメモはすべて無事で、同署は「個人情報の流出はない」としている。

10'11 福岡県警 スカート内盗撮エロ巡査長を懲戒処

管理人一言コメント・エロ警官の多いこと!!

             ・・・・・・・・・

 福岡県警は18日、女性看護師(27)のスカート内をビデオカメラで盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕した県警公安3課の倉谷博貴巡査長(27)を停職3カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で辞職した。

 県警監察官室によると、ビデオカメラには看護師以外の女性約20人を盗撮した動画が残っていたが、被害者を特定できず立件は見送った。巡査長は「2008年ごろに盗撮サイトを見て興味を持った。(3月に異動になり)慣れない仕事でストレスがたまっていた」と話しているという。

 県警によると、巡査長は10月25日、福岡市中央区の書店で、女性看護師に後方から近づき、ウエストポーチに隠したビデオカメラをスカートの下に差し入れて盗撮したとして逮捕され、送検後に釈放された。今後、福岡地検が処分を決める方針。

10'11 宮城県警 女子高生盗撮の巡査部長を停職 APEC警備中

管理人一言コメント・情けない!!

            ・・・・・・・・・・・

 県警警務課は17日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備派遣中に女子高校生のスカート内を盗撮したとして、横浜簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた男性巡査部長(34)を停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で退職した。

 同課によると、巡査部長は10月14日夜、JR横浜駅のエスカレーターで、女子高校生のスカート内をデジタルカメラで動画撮影したとして、神奈川県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。

 巡査部長は宮城県警警備課所属で、APEC警備のため9月下旬から神奈川県警に派遣されていた。宮城県警の調べに「スリルを味わうため、数年前から約900枚撮った」と話しているという。

 村下治警務部長は「規律を厳正に保持すべき警察職員が、国民の信頼を著しく失墜させたことは誠に遺憾。職務倫理教養をさらに徹底する」と述べた。

10'11 兵庫県警 無謀パト追跡で、3人乗りミニバイクが転倒重傷

管理人一言コメント・どうやってバイクを安全に止めるのか、最後は事故、警察が責任を回避するな!!

             ・・・・・・・・・・・・・

 16日午後10時45分ごろ、兵庫県伊丹市で、パトカーの追跡を受けた3人乗りのミニバイクが歩道のコンクリートのフェンス土台部分(約25センチ)に接触して転倒、運転手と同乗の少年1人が脚を強く打ち重傷を負った。

 伊丹署によると、同市昆陽池1丁目の国道171号で、信号無視をしたミニバイクをパトカーが発見、サイレンを鳴らし赤色灯を付けて追跡した。ミニバイクは県道を逆走しながら約1・5キロ逃走したという。

 伊丹署は道交法違反(信号無視)の疑いで、運転していた土木作業員安部雅之容疑者(20)を現行犯逮捕。同署は「追跡は適正な職務執行だった」としている。

10'11 高知県警 50代警察署幹部、酔って他人の家の布団に

管理人一言コメント・爆笑ではいられない、泥酔するまで飲むか~。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 泥酔して他人の家に入り、布団に潜り込んだとして、高知県警が警察署幹部の50歳代の男性警部を減給3か月(10分の1)の懲戒処分にしていたことが分かった。


 県警監察課が18日、取材で明らかにした。

 同課によると、警部は9月19日午前3時半頃、酔って高知市の自宅近くで1人でタクシーを降り、誤ってアパート1階の無施錠だった自営業男性宅に入り、男性と子ども2人が寝ている布団に潜り込んだ。驚いた男性が110番し、警部が玄関で謝罪していたところに警察官が駆け付けた。

 警部は18日午後6時頃から翌日午前1時頃まで、居酒屋やスナックをはしごし、ビール2杯、ウイスキー、焼酎などを飲み、途中からは記憶があいまいだったという。警部は「組織に対して迷惑をかけた。本当に申し訳ないことをした」と話しているという。

 県警は、警部を住居侵入の疑いで取り調べたが、「悪意はなく、被害届も出なかった」として立件しなかった。処分は10月29日付だが、県警は公表していなかった。同課首席監察官は「幹部がこのような事案を起こして本当に申し訳ない。再発防止に全力を尽くす」としている。

10'11 秋田県警 弁護士殺害・「真実を語って」 被害者の弟、県警に憤り 

管理人一言コメント・警棒を持たずに現場へ、アホな警官が多いこと!!

        ・・・・・・・・・・・・・

 「警察の説明は矛盾している。自分たちのミスを隠そうとしている」。4日早朝に秋田市で起きた弁護士の津谷裕貴さん(55)殺害事件について、事務所長の弟聡さん(53)は毎日新聞の取材に応じ、県警の対応を厳しく批判。津谷さんの妻や県警から聞いた事件概要を明らかにしたうえで「警察は真実を語ることが謝罪につながる」と強い口調で訴えた。

 聡さんは当時家にいた津谷さんの妻から直接事件について聞いたほか、県警からも2日間3回にわたり説明を受けた。

 それによると津谷さん夫妻は壁をドンドンドンとたたく音で目が覚めた。菅原容疑者は窓ガラスを割って家に侵入。夫妻にベストを着るよう強要し、拒むと拳銃で撃とうとしたが撃つことができなかった。

 津谷さんは菅原容疑者を取り押さえようとし、妻が隣の部屋で携帯電話から110番。津谷さんが銃を取り上げた直後、機動捜査隊の警部補と巡査部長が突入したが、2人とも津谷弁護士の拳銃を押さえにかかった。

 津谷さんが「おれは違う」、近くにいた妻も「違う、(犯人は)その人だ」と指をさしたが、隊員2人が手を放したときは菅原容疑者の姿はなかった。

 県警は「隊員1人が菅原容疑者の後を追った」と発表。しかし聡さんは「(菅原容疑者がどこに行ったか)気づかなかった」と説明を受けたと話す。

 津谷さんの妻は「(実習生を含め)3人の警官が来て安心した」と感じたという。だが次の瞬間、菅原容疑者が「バッグのようなものからハサミを取り出しているのが見えた。それから津谷さんの方に突進し、何度も刺すような様子を目撃した」。

 県警は「津谷さんの前にいた隊員はとっさに刃物をかわして刺されたかと自分の腹部に目をやり、もう一人の隊員は後ろにいたため刺された瞬間は見ていない」としている。

 隊員が菅原容疑者を取り押さえた後、津谷さんは「刺された」と言い、妻が「誰が」と尋ねると「おれ」と話し台所まで歩いてから倒れたという。

 聡さんは「県議会では警察の対応は間違っていなかったという説明だったが、私を含めた遺族は非常に不満に思っている。何もできずに、見ていない、見えなかったでは済まされない」と憤りをあらわにしている。

 ◇県警、8月に対応通知
 県警は8月31日に、刑事部長名で「受傷事故防止の徹底について」という通知を出していたことが関係者への取材でわかった。通知は警棒などの装備活用や、緊急時に備える意識強化を求める内容となっている。

 全国で深夜の職務質問中に警察官が刃物で刺され重傷を負うなどの事故が起きたことを受けて県警が独自に作成した。「刃物などで不意に攻撃された場合でもかわして制圧する訓練や、常に起こりうる最悪の事態に備える意識を強化する教養の徹底」「対刃防護衣や警棒の携行など装備資機材を有効に活用し、緊迫した現場では拳銃を効果的に使用することを念頭に拳銃を携行」などが挙げられている。

 通知は各署に出され、署長や副署長から全体朝礼や全体会議で内容が報告されたとしている。機動捜査隊と県警の捜査官にも幹部から説明があったと見られる。

 今回の事件では現場に入った機動捜査隊員は拳銃を所持していたが警棒、対刃防護衣は車に置いたままだった。

10'11 愛媛県警 捜査関係者と不適切交際 県警が2巡査長処分

管理人一言コメント・よくやりますな~。

・・・・・・・・・・・・・

 2009年6月中旬~9月下旬に捜査で関係のある一般人に金を貸すなどの不適切な交際をしたとして、県警が警察署の巡査長を減給10分の1、1カ月の懲戒処分にし、飲食を繰り返した別の巡査長を所属長注意処分にしていたことが16日までに、愛媛新聞社の情報公開請求で分かった。

 処分は10月18日付。県警は処分を発表しておらず、県警監察官室は「業務と関係のない私行だった点や内部指針を参考に判断した」としている。

 監察官室によると、懲戒処分を受けた巡査長は、勤務する警察署管内の焼き鳥店などで十数回にわたり、捜査で関係のある一般人と飲食するなどし、さらに複数回、この関係者に現金を貸すなどの不適切な交際をした。外部からの情報提供で、監察官室が調査していたという。

 県警は巡査長の性別や氏名のほか、情報提供の内容や貸した金額、返済の有無など処分にかかわる事実関係は明らかにしていない。

10'11 北海道警 APEC派遣中、巡査長が女高生盗撮容疑

管理人一言コメント・どこもかしこもエロ警官ばかり!!

・・・・・・・・・・・・

 女子高生のスカート内を盗撮しようとしたとして、神奈川県警は15日、北海道警警備部機動隊巡査長、中島裕二容疑者(24)(札幌市南区真駒内南町6)を同県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)で現行犯逮捕した。


 道警監察官室によると、中島容疑者は10月6日から今月18日まで、アジア太平洋経済協力会議(APEC)を警備するエリア警戒隊として派遣されていた。

 発表では、中島容疑者は15日午後5時50分頃、横浜市のJR横浜駅で、神奈川県内の高校1年の女子生徒(16)のスカート内を盗撮しようとビデオカメラを向けた疑い。中島容疑者は、容疑を認めているという。

 同容疑者は14日に任務を終え、15日は非番だったという。渡部武夫・道警監察官室長は「捜査結果を踏まえて厳正に処分する方針」とのコメントを出した。

10'11 秋田県警 弁護士殺害・「県警に法的措置も」容疑者誤認で遺族が不満

管理人一言コメント・警察が責任を取れ!!

           ・・・・・・・・・・・・

 秋田市で弁護士の津谷裕貴さん(55)が殺害された事件で、津谷さんの弟で弁護士事務所事務局長の聡さん(53)が15日、毎日新聞の取材に「何も間違っていないという秋田県警の姿勢は非常に不満。兄を助けられなかったのは過失の疑いが強い。真相究明のため法的な措置も考えている」と語った。

 事件は4日未明に発生。津谷さんは自宅で刺殺され、知人の菅原勝男容疑者(66)が殺人容疑で送検された。県警の発表では、当初津谷さんは菅原容疑者が持っていた拳銃を取り上げたが、駆けつけた県警機動捜査隊員2人が拳銃を手にしていた津谷さんを犯人と誤認し、銃を取り上げようとした。その後に菅原容疑者が津谷さんを刺したという。

 当時家にいた津谷さんの妻から話を聞いたという聡さんは「駆けつけた隊員が拳銃に気を取られ、刃物を持って襲ってきた菅原容疑者に何の対応もできなかった。県警は真実を話してほしい」と話した。

10'11 大阪府警 録音告げると刑事一変「仲直りしよ」 府警の暴言取り調べ

管理人一言コメント・取調べ能力の低いと何の事件も解決しない!!

          ・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警東署の刑事2人が任意の取り調べ中に暴言を吐くなどし、特別公務員暴行陵虐などの罪で大阪地検特捜部に告訴された問題で、取り調べを受けた大阪府内の男性が、産経新聞の取材に応じた。男性は任意同行される車中から取調室での聴取の途中までを約3時間、ICレコーダーで録音。「身に覚えがないのに、家族にも捜査が及ぶと脅され、辛かった」と振り返った。

 取り調べは、東署刑事課の警部補と巡査部長が遺失物横領事件の捜査で9月3日に行った。財布を落とした女性が免許証の写真を添付したメールを送りつけられ、メールの分析から男性が疑われたとみられる。

 男性によると、いすをけったり肩を押さえつけたりする暴行もあり、途中で録音していたことを告げると、態度が一変。「仲直りしようや」と握手も求められたという。

 男性は「子供には警察官は正義の味方と説明していたのに、まったくイメージが変わった。こうやって冤罪(えんざい)ができると身にしみてわかった」と話した。

10'11 秋田県警 弁護士殺害・県警に「適切な捜査」要望 弁護士会

管理人一言コメント・嘘をつくのが警察の仕事。

         ・・・・・・・・・・・

 秋田市の弁護士、津谷裕貴さん(55)が自宅で刺殺された事件で秋田県警の捜査員が現場に駆け付けながら事件を防げなかったことに対し、秋田弁護士会(狩野節子会長)は9日、県警に「適切かつ公正な捜査を要望する会長声明」を提出した。

 同日行われた津谷さんの告別式に参列した日本弁護士連合会の宇都宮健児会長も「なぜ殺害されなければならなかったのか。今回の悲劇がなぜ起こったのか。その真相を警察関係者はぜひ明らかにしてもらいたい」と訴えた。

10'11 神奈川県警 飲酒運転容疑、巡査部長を現行犯逮捕

管理人一言コメント・氷山の一角ですよ!!

               ・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は14日、同県警戸塚署地域課の巡査部長古川凡(ふるかわ・あらき)容疑者(51)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「酒を飲んで運転したことは間違いありません」と認めているという。

 県警監察官室によると、古川容疑者は同日午後0時40分ごろ、酒を飲んだ状態で、川崎市幸区戸手本町1丁目で、乗用車を運転した疑いがある。古川容疑者はJR川崎駅に知人を迎えに行くところだったが、交差点にある電柱に衝突。巡回中だった幸署のパトカーが発見し、古川容疑者の呼気1リットル当たり0.8ミリグラムのアルコール分が検出されたという。

 古川容疑者は、「13日午後7時ごろから14日の明け方まで、自宅で焼酎約720ミリリットルを飲んだ」と話しているという。

 13日に首脳会議が始まったアジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備には携わっていなかったという。

10'11 埼玉県警 女子高生盗撮の警部を書類送検 勤務中、備品カメラで

管理人一言コメント・警察はホンマに暇なんやな~!!

         ・・・・・・・・・・・・・・

 女子高校生の水着姿を盗撮したなどとして、埼玉県警は12日、県迷惑行為防止条例違反などの容疑で、県警警備部の男性警部(57)を書類送検するとともに、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。警部は同日付で依願退職した。「若い女性の水着姿に興味があった。これまでにも何回かプールで盗撮した」と話しているという。
 県警監察官室によると、警部は8月2日午後0時半ごろ、埼玉県川口市の市民プールで、水泳競技大会に参加していた女子高校生2人の尻部分を、2階の観覧席からビデオカメラで約1分間盗撮した疑い。
 警部は昼休み中で、県警の備品カメラを使用していたという。

10'11 三重県警 飲酒運転事故で松阪署員を書類送検

管理人一言コメント・やる方もやられる方も双方アホな警官ばかりだ!!

          ・・・・・・・・・・・・・

 松阪署の男性巡査(24)が12日、道交法違反容疑で書類送検された飲酒事故。9月の事故当日、発生から4時間半後の呼気検査で巡査のアルコール濃度は基準値以下だったが、県警は事故時の血中アルコール濃度を推計する「ウィドマーク法」を適用、立件した。

 県警は、巡査が警察官でありながら飲酒運転した上、発覚を恐れて通報を遅らせた悪質性を重視。巡査が飲酒したスナックの伝票などから酒量を割り出し、事故までの時間や巡査の体重をウィドマーク法の計算式に当てはめ、事故当時は酒気帯び状態だったと結論づけた。

 県警監察課によると、巡査は9月22日午前2時15分ごろに事故を起こした後、現場近くで時間を稼ぎ午前5時16分に松阪署に通報。同署で呼気検査をしたが酒気帯び基準を下回ったため、当時は摘発されなかった。通報前には近くのコンビニで水やガムを買っていたという。

 県警交通指導課は「秋の全国交通安全運動中に起こした、警察官としてあるまじき事故。厳しく捜査を尽くした」と強調。高橋靖警務部長は「県民の皆さまに誠に申し訳ない。再発防止に務めていく」とコメントした。

10'11 警視庁 警部補がトイレに拳銃置き忘れ APEC警備中

管理人一言コメント・命より大切な拳銃との認識全くない、不適格警官だ、即刻懲戒免職が妥当!!
    とんでもない、これが真の警察の姿!! 

              ・・・・・・・・・・

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備をしていた警視庁高尾署警備課の男性警部補(59)が、東京都港区の飲食店でトイレに拳銃を置き忘れ、店が別の警察官に届けていたことが11日、分かった。警視庁は処分を検討している。

 警視庁によると、警部補は11日午前からスーツ姿で勤務。同僚と飲食店で食事し、午後0時半ごろにトイレに入った際、身に着けていた実弾5発入りの回転式拳銃をホルダーとベルトごと外して個室内の棚に置き、そのまま立ち去った。

 警部補の次に個室に入った客が発見。近くで警備をしていた別の警察官に店員が届けた。警部補は約15分後に警備車両に戻った際、拳銃がないことに気付いて上司に報告したという。

 警視庁の桜沢健一警務部参事官は「APEC警備期間中に、このような事案が発生したことは誠に遺憾。厳正な規律の保持と適切な職務執行について、あらためて徹底したい」とコメントした。

10'11 大阪府警 酒気帯び運転 ・巡査部長を懲戒免

管理人一言コメント・氷山の一角!!

            ・・・・・・・・・・

 休日に飲酒して車を運転したとして、府警は10日、西成署兼薬物対策課の男性巡査部長(37)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで大阪区検に書類送検し、巡査部長を懲戒免職とした。巡査部長は「事故を起こさなければ、ばれないと思った。反省している」と話しているという。

 送検容疑は今年9月20日夜、池田市内の自宅で飲酒した後、阪神高速を経由して大阪市西区内まで酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。

 府警監察室によると、当日は休日で、日本酒3~4合などを飲んだ後、午後9時半ごろから大阪市内の飲食店に向かうため車を運転。西区内のコインパーキングに駐車した後、港区内で酔った状態で自転車を倒すトラブルを起こし、酒気帯び運転が判明した。

10'11 大阪府警 取り調べ規則違反認める 自白強要問題で

管理人一言コメント・取り調べ能力の低い刑事が多いため事件がなかなか解決しないのだ!!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警東署の警部補(34)らが男性会社員の任意の取り調べで自白を強要したとされる問題で、府警は9日までに、男性側弁護士に、取り調べ適正化について定めた国家公安委員会規則に違反する取り調べがあったと認め、文書で回答した。

 弁護士によると、府警は今月2日、警部補の取り調べに規則に違反する複数の行為があったと説明したが、「調査の中間報告」として具体的な違反行為は明らかにしなかった。弁護士側は具体的な説明を求めている。

 男性は遺失物横領事件の容疑者として9月3日、警部補らから約7時間事情を聴かれ、弁護士が「暴言や暴行で自白を強要された」と府警に苦情を申し立てた。府警は調査を継続し、警部補の処分を判断する方針。

 男性は特別公務員暴行陵虐や証拠隠滅などの疑いで警部補らを告訴、大阪地検が捜査している。

10'11 千葉県警 「モデルガンだと思った…」民家で拳銃誤射 警察官が確認中

管理人一言コメント・ わざわざ「弾を込め、引き金を引いた」アホ警官、サッサと警察を去れ!!
    とんでもないこれが警官の真の姿だから辞める必要はない?

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 8日午前10時ごろ、千葉県木更津市の無職女性(76)宅で、女性の長女(35)から「父親の遺品の中に拳銃(けんじゅう)のようなものを見つけた」との通報を受け、駆けつけた県警木更津署生活安全課の巡査部長(39)が、拳銃を確認中に誤って発射した。弾は巡査部長のパソコン入りバッグに当たったが、けが人はなかった。

 同署によると、巡査部長は「モデルガンだと思って弾を込め、引き金を引いた」と話しているという。

 同署によると、5日に長女から通報があった。長女の父親は平成6年に死亡。その後、引っ越しのため、家族が遺品を整理していたところ、革製の箱に保管されていた拳銃のようなものが見つかったという。弾は計5発見つかり、うち1発を巡査部長が装填(そうてん)、発射したという。

 見つかったのは22口径のイタリア製小型自動式拳銃(銃身約10センチ)とみられる。女性は「亡くなった夫が40年前にフィリピンで仕事に行った際に『護身用にもらった』と言っていた」と話しているといい、同署は殺傷能力や入手経緯を調べている。

10'11 福岡県警 無謀パトカー追跡で車が事故

管理人一言コメント・双方が怪我のないように追跡するのがプロのやること!!

              ・・・・・・・・・・

 7日、福岡県大川市で、スピード違反でパトカーから追跡されていた軽自動車が、交差点で普通乗用車と衝突し、双方の車の女性2人が軽傷。

 7日午後8時40分ごろ、大川市中木室の国道で、パトカーから追跡されていた軽自動車が、赤信号で交差点に進入し、青信号で走行してきた普通乗用車と衝突。

この事故で、軽自動車の助手席に乗っていた女性(36)と、普通乗用車を運転していた女性(28)がけが。


10'11 兵庫県警 「警官になる前から吸っていた」大麻所持容疑で逮捕の巡査

管理人一言コメント・犯罪警察官全国ダントツの兵庫県警、何でもやります!!

                ・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警の警察官らが大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、県警監察官室は5日、加古川署兼本部教養課の巡査、福岡功容疑者(24)を懲戒免職処分にした。県警によると「警察官になる前から大麻を吸っていた。やめようと思ったが、やめられなかった」と供述しているという。

 福岡容疑者は財布の中に乾燥大麻約2グラムを所持していたとして10月15日に逮捕された。その後の捜査で、その前日、同県明石市で友人の松野下雅弥容疑者(24)=同容疑で逮捕=から1万1000円で乾燥大麻を購入していたことが判明した。

 県警によると、福岡容疑者は「警察官に採用される前にも2週間に1回ぐらい大麻を吸っていた」「採用後は大麻をやめようと吸引用パイプなどを捨てたが、吸うと楽しい気分になった」などと供述。採用後も3、4カ月に1回吸引していたという。

 福岡容疑者は昨年10月に採用され、今年7月から加古川署に配属。翌月から県警本部教養課にも所属し、特別訓練員として週4日は柔道の訓練をしていた。

 松元美智久監察官室長は「犯罪を取り締まるべき警察官がこのような罪を犯し言語道断。厳正に処分した」としている。

     ◇

 神戸地検は5日、大麻取締法違反罪で福岡容疑者と松野下容疑者を起訴した。

10'11 宮城県警 APEC警備派遣中に盗撮した巡査部長に罰金刑

管理人一言コメント・とに角仕事が暇なんだ、しかし情けない!!

              ・・・・・・・・

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の警備派遣中、横浜駅で女子高生のスカート内を盗撮したとして逮捕された宮城県警巡査部長、佐伯博永(ひろのり)容疑者(34)について、横浜区検は4日、神奈川県迷惑行為防止条例違反罪で略式起訴した。これを受け、横浜簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 起訴状などによると、佐伯被告は10月14日午後9時40分ごろ、横浜市西区の横浜駅西口にある上りエスカレーターで、県立高校1年の女子生徒のスカート内を、ビジネスバッグに隠したデジタルカメラで動画撮影したとしている。

 県警によると、佐伯被告は当時、日勤を終えて同僚と食事をした後、宿泊場所に帰る途中だった。警戒中の鉄道警察隊が不審な動きをしていた佐伯被告を発見し、取り押さえたという。

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード