11'10 秋田県警 個人情報を私的利用、免許センター職員訓戒

管理人一言コメント・何をしでかすやら信用できない県警!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 県警運転免許センター(秋田市)の30代男性一般職員が、20代女性からの提出書類の携帯電話番号へ夜に電話、交際を持ち掛けるなどして個人情報を私的に利用し、9月30日付けで県警本部長訓戒処分を受けていたことが31日、分かった。

 県警監察課によると、男性職員は業務中だった8月上旬、運転免許更新のため訪れた女性の提出書類の携帯電話番号を記憶して当日夜に連絡、交際を持ち掛けた。しかし、相手にされなかったため、その後は連絡を取らなかった。
スポンサーサイト

11'10 秋田県警 50代巡査部長を戒告処分 宿舎で女性の胸触る

管理人一言コメント・情けないこと!!

        ・・・・・・・・・・・・・

 県北部の警察署に勤務していた50代の男性巡査部長が今年6月下旬、職員宿舎で県内の30代女性に対しキスをしたり服の上から胸を触るなどの不適切な行為をしたとして戒告処分を受けていたことが31日、県警への取材で分かった。女性が拒絶したため巡査部長はすぐ行為をやめたというが、9月6日付で処分を受け、同日依願退職した。

 県警によると、巡査部長と女性は今年5月中旬、知人を介して知り合い、メールのやりとりなどをしていたという。女性は仕事で巡査部長に会うため当日の正午ごろ、初めて宿舎を訪れた。巡査部長は非番だった。

 女性は被害届を出さなかったが、巡査部長が数日後に上司に報告して発覚。その後、女性と巡査部長は示談が成立した。巡査部長は既婚だが宿舎では単身生活だった。

 県警では今年8月にも20代の巡査長が知人女性に対し不適切な行為をしたとして戒告処分を受け、依願退職している。小松雅美・首席監察官は「警察職員の行為として遺憾であったと思っている。今後、職員に対する職務倫理教養、生活指導の再徹底を図り、再発防止に努めたい」とコメントした。

11'10 北海道警 捜査資料放置の元警部補 奈良で遺体発見

管理人一言コメント・ご冥福を。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 捜査資料や未処理の被害届を官舎に放置したまま失踪、北海道警が9月1日に懲戒免職処分とした元警部補の男性(39)が、奈良市の側溝の中で死亡していたことが道警などへの取材でわかった。

 遺体に目立った外傷はないもののやせ細って、「私が死んでも事件や事故ではありません」などと書かれたメモが見つかり、奈良署は自殺の可能性もあるとみて調べている。

 遺体は27日午前8時35分頃、奈良市法蓮町のテニスコート脇の側溝内で見つかった。衣服は着ていたが、バッグ内の財布には現金2円しか入っていなかった。

 道警は今年7月、小樽市や札幌市で元警部補が住んでいた官舎から、窃盗など約30件の事件報告書や被害届など計約200点を発見。事情を聞こうとしたところ無断欠勤し、懲戒免職処分に。京都府にいたことが確認された後、行方不明になっていた。

11'10 兵庫県警 パトカーが乗用車に接触・2人軽傷、違反車の誘導中

管理人一言コメント・やはり兵庫県警の警官犯罪は世界一、すごい!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 29日午後10時55分ごろ、神戸市長田区大橋町の国道2号の直線道路で、兵庫県警須磨署地域第3課の男性警部補(37)が運転するパトカーが、前方を走行していた普通乗用車に接触した。

 乗用車を運転していた男性会社員(26)と助手席の女性(25)が軽傷を負った。

 同署によると、現場は片側5車線でパトカーはパトロール中。信号無視をした別の違反車両を歩道沿いに誘導していた。車線変更時の警部補の前方不注意が原因という。

 警部補と助手席の男性巡査(24)にけがはなかった。

11'10 大阪府警 下着窃盗容疑で巡査長を逮捕

管理人一言コメント・コンな事件ばかり!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 民家から女性の下着を盗んだとして、大阪府警富田林署は28日、窃盗容疑で、府警南堺署刑事課所属の巡査長、宇根田隆容疑者(50)=大阪府富田林市錦織南=を現行犯逮捕した。

 住人が犯行に気づき、通行人2人とともに宇根田容疑者を約100メートル追いかけて取り押さえ、同署員に引き渡した。「下着を見つけてほしくなり盗んだ」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、28日午後0時35分ごろ、富田林市で、自営業の男性(44)方の軒先にほしてあった家族の女性用下着6点を盗んだとしている。

 府警監察室によると、宇根田容疑者は同日、けがで通院のため午前中から休暇を取っており、当時は病院からの帰りだったという。

11'10 青森県警 刑事課長、署内で拳銃一発誤発射

管理人一言コメント・けん銃を弄んでいたのですよ!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・

 28日午後11時10分頃、青森県三沢市平畑の三沢警察署2階の刑事課事務室で、同課長兼生活安全課長の男性警部(60)が、手に持っていた拳銃を誤って1発発射させた。

 弾は目の前の棚にあたった。室内にほかに人はおらず、けが人はいなかった。

 県警の発表によると、警部は当直責任者。当直は通常、拳銃を腰に装着して勤務にあたるが、手に持っていた理由を「不具合があるかどうか、確認しようとした」と話している。県警教養課は「警察官拳銃取り扱い規範」に反する行為がなかったか経緯を調べている。

 むつ署でも9月3日、日本刀を持って暴れる男を取り押さえる際、署員が拳銃を暴発させ、近くにいた別の署員の足に重傷を負わせた。県警はこの後、各署の拳銃訓練責任者を集め、指導を徹底するよう求めたばかりだった。


11'10 福井県警 警視、部下から不当に現金徴収 18万円

管理人一言コメント・ホンマに警視の立場を利用しての悪質な行為、こんなことだから部下は、市民にもっと悪いことをしでかすことになる!!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 福井県警は28日、部下3人から私的に現金計18万円を受け取ったとして、生活環境課長の藤岡勝博警視(57)を同日付で減給10分の1(3か月)の懲戒処分にしたと発表した。


 藤岡警視が降任を申し出たことから、同日付で課長補佐級の警務課調査官とした。

 発表によると、藤岡警視は今年3月、部下の職員に「捜査員への激励品の準備として毎月3万円くらいを用意してほしい」と話し、3月から8月にかけて、3人から毎月各1万円を集めた。

 県警の調査に対し、藤岡警視は「捜査員に差し入れをしようと思ったが、自分の小遣いが減るのが嫌だった」などと説明。「実際に菓子などの差し入れに使ったのは2万円で、残りは返すつもりだった」と話しているという。9月上旬に3人に返したが、8月に調査を受けるまでは返還していなかった。

 藤岡警視は、警察官の不祥事の調査などを行う監察課次席などを経て、昨年3月から生活環境課長を務めていた。

 県警の船野雅規警務部長は「警察幹部としてあるまじき行為で極めて遺憾。身上指導などの再発防止策を徹底したい」とのコメントを出した。

11'10 北海道警 巡査部長を参考人調書偽造容疑で逮捕

管理人一言コメント・何をしでかすか分らん警官!!

          ・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警は28日、交通事故で実際には事情聴取をしていない参考人調書を作成したなどとして虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、札幌・東署交通課の巡査部長鉛口亘容疑者(30)=札幌市東区北21条東7丁目=を逮捕した。

 逮捕容疑は9月10日ごろ、4月5日に札幌市東区内で発生した人身事故に関して関係者から事情聴取をせず、虚偽の内容の参考人調書を作って上司に提出した疑い。

 道警監察官室によると、鉛口容疑者が作成した調書につじつまが合わないことに上司が気付き、今月27日に本人から事情を聴いた。偽造は認めなかったが、事情を聴かれた後に署から行方不明となり、28日午後、函館市内のパチンコ店にいたところを発見された。

 監察官室は「警察官として許される行為ではなく、事実関係を明らかにして厳正に処分する」とコメントしている。

11'10 鹿児島県警 わいせつ 2巡査を懲戒免職、16歳の胸触る

管理人一言コメント・当然の処分だ!!

       ・・・・・・・・・・・・・・

 鹿児島県警は28日、福岡市の居酒屋で店員の少女の胸などを触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕された鹿児島県警警備課の今中一徳巡査(21)と、汐満一浩巡査(21)を、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 2人は7日夜、福岡市博多区の居酒屋の女子トイレ内で、アルバイト店員の専門学校生(16)の胸などを触ったとして、福岡県警に8日、逮捕された。福岡地検は27日、2人を処分保留で釈放した。

 鹿児島県警によると、告訴は取り下げられた。2人は「被害者はもちろん、県民に申し訳ない」と話したという。同県警の高橋秀幸警務部長は「警察官としてあるまじき行為。再発防止策を進めたい」とコメントした。

11'10 埼玉県警 大宮署巡査を懲戒免職・女子高校生2人と性関係

管理人一言コメント・警官のこの種犯罪の多いこと!!

     ・・・・・・・・・・・・・・

 東京都と埼玉県で女子高校生2人と性関係を持ったとして、同県警は28日、大宮署の男性巡査(26)を、都と県の青少年健全育成条例違反の容疑でそれぞれ書類送検し、懲戒免職処分にした。

 巡査は容疑を認めているという。

 県警監察官室によると、巡査は7月5日、東京都荒川区の漫画喫茶で、都内の高1少女(16)と、同月17日には埼玉県川口市に駐車した車内で県内の高2少女(17)と性関係を持った疑い。

 巡査は2人と携帯電話のサイトを通じ知り合い、警察官の身分を名乗って交際。別の中学3年の女子生徒ともメールのやりとりをしていた。巡査のうわさが署内に広まり、副署長が生活指導の一環として面談したところ、巡査が打ち明けたという。

11'10 大阪府警  巡査部長を懲戒免職 組関係者から現金

管理人一言コメント・警官はワルが多い!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は27日、暴力団関係者から現金数百万円などを受け取り、捜査車両の情報を漏らしたとして、西淀川署刑事課などで暴力団捜査を担当していた黒木晋平巡査部長(40)を懲戒免職処分にし、発表した。

 黒木巡査部長は金品の授受を否定している。府警は収賄や地方公務員法(守秘義務)違反容疑での立件を視野に捜査を進めている。

 府警監察室によると、黒木巡査部長は2006年8月~08年2月、山口組系の暴力団関係者で、大阪市西区の不動産会社(5月に解散)の元役員の男(41)から、約20回にわたり現金計数百万円を受け取ったほか、スーツ2着(約10万円相当)を仕立ててもらったという。また、交際していた30代女性を07年1~6月、この不動産会社に雇わせ、約80万円の給与を受け取らせていたとされる。

 元役員側への便宜として、黒木巡査部長は07年1月~今年5月、十数台の車のナンバーを府警の情報端末で照会し、捜査車両かどうかなどの内部情報を漏らしたという。元役員側には、関係する風俗店などの周囲で目撃された車の所有者を確認する目的があったと、府警はみている。

11'10 大分県警  警部補が麻薬所持容疑、警視庁が逮捕

管理人一言コメント・警官だからこそ何でもやります!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 自宅に違法麻薬「ゴメオディプト」を隠し持ったとして、警視庁は27日、大分県警生活環境課警部補・山田雄一郎容疑者(35)を麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。

 発表によると、山田容疑者は26日朝、同県別府市の県警官舎の自室に、ゴメオディプトの粉末入りカプセル12個を隠し持った疑い。「約10年前に友人から譲ってもらった。数年前まで使っていた」と容疑を認めているという。

 今年9月に覚醒剤取締法違反容疑で同庁に逮捕された男(34)の携帯電話に山田容疑者のメールアドレスがあったことから、同庁が自宅を捜索した。山田容疑者は「覚醒剤を使ったこともある」とも供述しており、同庁で詳しく調べている。

11'10 高知県警 50歳巡査部長懲戒処分 女性被告に“不適切な行為”

管理人一言コメント・こんな警官ばかり、情けないこと!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 高知南署の留置管理課に所属していた男性巡査部長(50)が、勾留中の女性被告(36)の手を触るなど不適切な行為をした問題で、高知県警は26日、留置業務上不適切だったとして巡査部長を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にした。

 監察課によると、巡査部長は6月9日~23日、女性被告と計10数回にわたって人さし指同士を突き合わせたり、指切りをしたりした。自分の連絡先を書いた紙を渡したほか「出所後頼っていい。待ってる」との趣旨の話もしたという。

 同課によると、巡査部長は主に護送を担当していたが、洗面に立ち会った際などに女性被告と接触。同課の聴取に「境遇に同情し、自殺防止のためにやった」などと話しているという。女性被告は6月7日、夫=当時(46)=にガソリンをかけて焼き殺したとして殺人容疑で逮捕された。

11'10 北海道警  元警部補、スカート内盗撮容疑

管理人一言コメント・懲りない元警官!!

           ・・・・・・・・・・・・

 北海道警の元警部補が今月19日、道迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で、札幌中央署に現行犯逮捕されていたことが、道警への取材でわかった。

 元警部補は生活安全部に所属していた昨年9月に札幌市清田区内で盗撮行為をしたとして、任意で取り調べを受け、減給3か月の懲戒処分になり、依願退職していた。

 逮捕されたのは、同区平岡8の3、会社員森本恭寛容疑者(46)。森本容疑者は今月19日午後8時25分頃、札幌市中央区のレンタルビデオ店で、30歳代の女性のスカートの下に、カメラ機能付きの携帯電話を差し入れ撮影した疑い。森本容疑者は容疑を認めている。

11'10 栃木県警 決裁書類放り投げ・パワハラ警察署長を更迭

管理人一言コメント・こんな軽視、いや警視がいるから部下も市民をいじめることになる!!

            ・・・・・・・・・・・・

 栃木県警は25日、部下に対して行き過ぎた指導があったとして、足利署長の市村和彦警視(58)を同日付で更迭し、警務部付とする人事を発表した。


 県警警務課の発表によると、市村警視は、署長に就任した今年3月以降、複数の男性署員に対して、同じミスを何度もしつこく追及したり、大勢の署員が見ている前で大声で叱りつけたりしたほか、署員が持ってきた決裁書類を放り投げたりしたという。

 被害を受けた署員から6月下旬、県警本部に相談があり、発覚した。市村警視は「指導のつもりだったが、行き過ぎだった」と話しているという。


11'10 栃木県警 元警部補の実刑確定へ 事情聴取の女性にわいせつ行為

管理人一言コメント・警官の犯罪の多い中、当然の上告を棄却する決定

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は、放火事件の関係者として事情を聴いた女性にわいせつ行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた栃木県警の元警部補、上岡友洋被告(54)の上告を棄却する決定をした。懲役2年6月とした2審東京高裁判決が確定する。24日付。

 1審宇都宮地裁は被害者供述の信用性を否定して、「性的行為をした」とする部分は無罪と判断。女性の下半身を撮影した行為のみを有罪とし、懲役1年、執行猶予3年の判決に対し、検察、被告側双方が控訴した。2審東京高裁は「被害者の供述は客観的事実と整合し、性的行為を強く推認できる。警察官としての自覚を欠く犯行だ」として実刑とした。

 2審判決によると、被告は平成20年3月、栃木県足利市の駐車場に止めた乗用車の中で、自宅が放火されたとする女性から2回にわたって事情を聴いた際、性的行為をするなどした

11'10 茨城県警 酒気帯び運転容疑 警部補を懲戒免職

管理人一言コメント・とに角、警部補の犯罪が多い!!

      ・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は25日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で桜川署の男性警部補(31)=桜川市=を水戸地検土浦支部に書類送検し、同日付で懲戒免職処分とした。

 送検容疑は10月2日午前1時5分ごろ、つくば市漆所の県道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転したとしている。

 県警監察室によると、警部補は休暇だった今月1日夜、土浦市で開かれた全国花火競技大会を観覧しながら友人数人とビールや焼酎など数杯を飲み、その後、飲食店で焼酎の水割り数杯を飲酒。2日午前0時ごろ、「実家(つくば市)に帰ってゆっくり眠りたい」と車を運転した。パトロール中の警察官が徐々にスピードを上げていく車を不審に思い、職務質問し、呼気1リットル中0・15ミリグラム以上のアルコールが検出された。警部補は「(実家に向かったのは)飲酒運転が妻にばれるのが嫌だった」と供述している。

11'10 神奈川県警 警部補が署内女子専用シャワー室で同僚を盗撮

管理人一言コメント・婦人警官が存在すれば警官の男女関係で様ざまな悪事が!!

            ・・・・・・・・・・・・・

 警部補が署内の女子シャワー室を盗撮していた神奈川県警大和署 神奈川県警の40代の男性警部補が、勤務先の大和署(大和市)の女子シャワー室でカメラ機能付きの携帯電話で女性署員らを盗撮していたことが25日、県警関係者への取材で分かった。

 県警は県迷惑行為防止条例違反の疑いで、警部補の自宅や大和署を家宅捜索した。県警監察官室も警部補を取り調べしており、立件される見通し。警部補は容疑を認めているという。

 県警関係者の話によると、盗撮事件が発覚したのは、庁舎3階にある武道場の女子専用シャワー室。女性署員が使用する際、「カチッ」などと不自然な音がするのに気付き、10月中旬に署幹部に通報した。「人影を感じた」「物音がした」「のぞかれている気がする」など同例の相談が複数の女性署員からあり、署内でうわさになっていた。

 署幹部からの要請を受けて、県警は監視カメラをひそかに設置。女子シャワー室に不審者が入っていないか、調査を開始した。映像を解析した結果、映っていた不審人物は、大和署の警部補。同僚の女性警察官を署内で盗み撮りしていた疑いが浮上した。

 24日に県警は、警部補の自宅を家宅捜索。合わせて県警が、管轄の大和署内も家宅捜索するという珍事態になった。警部補の携帯電話からは盗撮したとみられる複数の画像がみつかった。

 人口約23万人の大和市は神奈川県のほぼ中央に位置し、管内での刑法犯罪発生件数は神奈川県で最も多いとされている。警部補は、薬物や銃器関連の事件の係長。24日以降は事情聴取のため出勤していないが、これまでの勤務態度は特に問題がなかったという。

 県警監察官室は取材に対して「盗撮の内容などを含めて、事実関係を現在捜査中」としている。警部補は容疑を認めており、立件されれば懲戒免職となる見通しだ。

 同署の若林靖司副署長は「捜査は監察官室にお任せしてあり、何もお答えできないが、きわめて遺憾に思う」と話している。

11'10 青森県警 巡査部長が下着泥棒未遂・制服の上にパーカ

管理人一言コメント・勤務中にやります警官だから犯罪を!!

              ・・・・・・・・・・・・

 青森署は24日、同署地域課巡査部長の七戸康雄容疑者(48)(青森市羽白)を窃盗未遂、住居侵入の疑いで緊急逮捕した。

 県警監察課の発表によると、七戸容疑者は同日午後1時35分頃、青森市旭町の男性会社員宅の敷地に無断で入り込み、屋外に干してあった女性用下着を盗もうとした疑い。

 家にいた男性の妻が気づき、近くの交番に通報した。七戸容疑者は何も取らずに立ち去ったが、通報から約20分後、男性宅から約400メートル離れた路上で、通報で辺りを警戒していた青森署員に見つかった。

 当時は、県警本部に書類を届けるため、青森署を離れており、制服の上にパーカを羽織った姿で自転車に乗っていたという。県警監察課に対し、「ご迷惑かけて申し訳ない」と話しているという。

 野川明輝・県警警務部長は「県民の信頼を裏切る行為で深くお詫びする。再発防止対策につとめる」とコメントした。

11'10 愛知県警 刈谷署巡査長、捜査関係書類を放置 自宅に一部隠した疑いも

管理人一言コメント・この種警察犯罪の多いこと。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警刈谷署交通課の30代の男性巡査長が3年ほど前から、捜査関係書類を署内の机に放置したり、一部を自宅に持ち帰っていた疑いがあることが、県警への取材で分かった。県警は懲戒処分を検討するとともに、公用文書毀棄(きき)の疑いもあるとみて捜査を始めた。

 県警への取材では、巡査長は、刈谷署地域課で勤務していた2008年ごろから、被害届などの捜査関係書類数十枚を処理しないまま、机などに入れて放置したり、自宅に持ち帰ったりした疑いがあるという。

 書類は作成途中や同僚から引き継いだままの状態になっていた。同僚が未処理の書類があるのを見つけた。県警が調べると、自宅でも発見された。

 県警への取材では、巡査長は内部調査に「処理しきれなかった」との趣旨の釈明をしており、放置していたことを認めたという。県警は処理を免れるため書類を隠した疑いがあるとみて、巡査長の勤務実態や上司らの監督状況などを調べる。

 被害届などには氏名、住所、連絡先などの個人情報が記載され、県警は外部への持ち出しを禁止している。

 刈谷署では昨年1月、当時の地域課の男性巡査長が捜査書類や証拠品を自宅などに隠していたことが発覚。この巡査長は公用文書毀棄と証拠隠滅の容疑で書類送検され、停職6カ月の懲戒処分を受けた上、辞職した。県警はこれを機に、書類管理の徹底を内部で指示していた。

11'10 兵庫県警 捜査車両が乗用車と衝突 バイク追跡中、男性けが

管理人一言コメント・何をしても役に立たない兵庫県警!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 20日午後11時5分ごろ、兵庫県尼崎市稲葉荘の県道で、県警機動捜査隊の捜査車両が、男性会社員(33)の乗用車と衝突。男性は額を打ち軽傷。捜査車両を運転した男性巡査長(28)にけがはなかった。

 尼崎南署によると、巡査長はひったくりで手配中のミニバイクに似たバイクを追跡するため、サイレンを鳴らし赤色灯を付けて走行。バイクを追って県道の右側にある駐車場に入ろうと右折した際、反対車線を走行中の乗用車と衝突した。

11'10 北海道警 離婚後4年も単身赴任手当受給、巡査部長を処分

管理人一言コメント・なんともはや。

         ・・・・・・・・・・・・・・・

 離婚して受給資格がないにもかかわらず、約4年間にわたって単身赴任手当計約149万円を不正受給していたとして、北海道警は20日、旭川方面本部の警察署に勤務する40歳代巡査部長を詐欺容疑で旭川地検に書類送検するとともに、停職3か月の懲戒処分とした。

 巡査部長は21日付で依願退職する。

 単身赴任手当は月3万1000円で、巡査部長は今年5月に離婚を自ら申告したため、不正受給が発覚した。「離婚を言い出せなかった」と説明しているという。

11'10 香川県警 警察学校助教、初任科巡査を投げ倒しけがさせる

管理人一言コメント・これがいじめ、警察内部で横行、そこで育った警官が市民をいじめる!!

                ・・・・・・・・・・・・・・・

 香川県警察学校(高松市)で4月、助教(補助教官)の男性巡査長(28)が、初任科に入校したばかりの男性巡査(24)を投げ倒して5か月の重傷を負わせたとして、県警が19日午後にも、巡査長を傷害容疑で書類送検することがわかった。

 県警によると、巡査長は4月25日夕、警察学校内の1階ロビーで、足をかけて巡査を投げ倒し、左膝完全脱臼の重傷を負わせた疑いが持たれている。

 巡査長は初任科生3人に注意していたといい、県警監察課の調べに対し「指導の一環。けがをさせるつもりはなかった」と話しているという。巡査長は7月に県警本部人事課付に異動している。

 横井宗雄・県警首席監察官の話「このような事案が起きたことは誠に遺憾。再発防止に努める」

11'10 大阪府警 パワハラで警部補を戒告・長時間叱責し膝蹴り

管理人一言コメント・こんなのが市民をいじめるのだ!!

        ・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は19日、ミスした部下を長時間怒鳴り、膝蹴りするなどのパワハラを繰り返したとして、枚岡署総務課の男性警部補(46)を戒告の懲戒処分とした。警部補は「深く反省している」と話しているという。

 監察室によると、警部補は刑事課係長だった昨年4~10月、部下だった男性巡査長(32)を長時間怒鳴ったほか、頭をたたき、太ももに膝蹴りした。今年4~7月にも男性巡査部長(31)に同様の行為をした。

11'10 福井県警 公用文書毀棄 元警部補、交通違反未処理を引き継がず退職

管理人一言コメント・こんなことばかりの警察

        ・・・・・・・・・・・・・・・・

 福井県警福井署に所属していた60代の元警部補の男が、今年3月の定年退職時に交通違反16件を引き継がずに自宅に持ち帰り、公用文書毀棄(きき)容疑で書類送検されていたことが、県警への取材で分かった。元警部補は「忙しくて処理しきれず持ち帰ってしまった」と供述しているという。

 県警交通指導課によると、元警部補は同署で交通課に所属し、09年5月~10年10月に担当した交通違反で、否認や呼び出しに応じないなどの16件の書類を退職時に持ち帰っていた。今年5月、署内に書類がないことが発覚し、同課などの調べで元警部補宅にあることが分かった。16件はその後処理された。

 同課は「業務管理を徹底し、再発防止に努めたい」と話している。

11'10 新潟県警 飲酒運転のクルマに副署長が同乗、経緯は捜査中

管理人一言コメント・問答無用、懲戒免職だ!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新潟県警は16日、新潟県長岡市内の国道8号で検挙した酒気帯び運転容疑者の運転するクルマに、見附署の副署長職にある56歳の警視が同乗していたことを明らかにした。酒気帯び運転を黙認していた疑いも考えられるため、警視から事情を聞いている。

 新潟県警・監察官室によると、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯逮捕されたのは、見附市内に在住する48歳の女。この女は16日の午前1時55分ごろ、長岡市中興野付近の国道8号で酒気帯び状態にもかかわらず軽乗用車を運転した疑いがもたれている。

 同市内をパトロールしていた交通機動隊の隊員がふらつきながら走行する不審なクルマを発見。飲酒運転の可能性が高いために抑止し、アルコール検知を実施したところ、運転していた女の呼気から酒気帯び相当量のアルコール分が検出されたという。

 後部座席に同乗していた男性にも事情を聞こうとしたところ、見附署の副署長であることが判明した。

副署長は15日夕方から同署の署長を含む署員ら約10人と見附市内で親睦会を実施。夜には解散となったが、その後に単独で行動していたとみられる。逮捕された女は同市内でスナックを経営していた。

 警察では副署長がクルマに乗り込んだ経緯については「捜査中」としているが、酒気帯び状態を認識しながらクルマの運転を黙認していた可能性もあり、双方から事情を聞いている。

11'10 熊本県警 ひったくりの巡査部長、懲戒免職処分

管理人一言コメント・ワルが多い警察!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警の警察官が高齢女性3人からバッグをひったくったとして窃盗容疑で逮捕、送検された事件で、県警は17日、熊本市田迎2、捜査2課巡査部長、杉野健一容疑者(39)を懲戒免職処分にした。杉野容疑者は同日、熊本地検に窃盗罪で起訴された。

 起訴状によると、杉野被告は2~8月、熊本市江津1の市道などで3件のひったくりをして、いずれも当時83歳の女性3人から現金計約7万7000円などを奪ったとされる。県警によると、遊興費がかさんで借金があり「高齢者は追いかけて来ないと思い狙った」と供述しているという。

 県警は監督責任で、事件当時の上司の熊本北署長(59)を本部長注意にした。前捜査2課長(30)は現在の所属先の警察庁で刑事局長注意になった。

11'10 警視庁 明石海峡大橋から警視庁機動隊の男性巡査部長が飛び降り

管理人一言コメント・ご冥福を。

      ・・・・・・・・・・・・・・

 15日午前11時10分頃、神戸市垂水区と兵庫県淡路市(淡路島)を結ぶ明石海峡大橋で、警視庁機動隊の男性巡査部長(39)が柵(高さ約1・4メートル)を乗り越えて飛び降り、約50メートル下の瀬戸内海に転落した。

 操業中の漁船が海面に浮いていた巡査部長を引き上げたが、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。県警垂水署は、巡査部長が自殺を図ったとみている。

 発表では、巡査部長は同日午前10時40分頃、同県明石市のJR朝霧駅前でタクシーに乗り、神戸淡路鳴門自動車道で淡路島に向かっていた。

 同橋を走行中、「景色を撮りたい」と運転手に頼んで車を止めさせ、カメラを持って車外に出ると、すぐに飛び降りたという。現場は駐停車禁止で、県警高速隊の車両が移動を求めて近づこうとしていたという。

 同署によると、車内にはかばんが残されていたが、遺書などはなかった。巡査部長はこの日、休みだった。

11'10 長崎県警 恐喝まがい行為、巡査長を減給処分

管理人一言コメント・ワルの標本としてクビにしない方がいい!!

 ・・・・・・・・・・・・・・・

 市民への恐喝まがいの行為があったとして、県警が県内署勤務の40代男性巡査長を減給(10分の1、3月)の懲戒処分にしていたことが、分かった。処分は9月1日付。巡査長は休職中という。

 県警監察課によると、巡査長の妻が今年5月上旬、県央地区の駐車場を利用した際、所有する普通車に傷を付けられたとして警察に通報。駐車場で事故があったとは認められず事故証明書は発行されなかったが、巡査長は駐車場の男性係員に修理代として現金10万円を支払うよう要求した。

 更に男性の職場に電話して支払いを求め、警察署から駐車場関係者の個人情報を聞き出そうとしていた。6月、男性係員から「修理代を払うよう言いがかりをつけられている」と署に相談があり、発覚した。

 金の受け渡しや個人情報の流出はなく、被害届が出なかったことから、県警は立件を見送ったという。

11'10 佐賀県警 巡査長、勤務中にわいせつ行為

管理人一言コメント・監督責任はどうなった!!

・・・・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警は14日、勤務中に知人女性にわいせつな行為をしたとして、所轄署に勤務する刑事課の男性巡査長(28)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、巡査長は7月29日午後10時ごろ、捜査車両で佐賀地裁を訪れ令状の発付を待っている間に、20代の知人女性に電話して女性の自宅近くに呼び出し、車の中で無理やり首筋にキスをするなどした。

 巡査長は「性的関係を持ちたかった」と話している。女性が告訴しなかったため、県警は立件を見送った。

 黒田弘首席監察官は「職員の指導監督を徹底し、信頼回復に努めたい」とコメントした。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード