12'1 千葉県警 緊急走行中のパトカーが多重事故、5人負傷

管理人一言コメント・警察の過剰な特権意識が事故の原因につながる!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 千葉市内で緊急走行していた千葉県警千葉中央署のパトカーが、負傷者5人を出す多重事故を起こしていたことが31日、同署への取材で分かった。「軽微な事故だった」として同署は、事故を公表していなかった。

 同署などによると、事故は28日午後8時半ごろに発生した。パトカーが同市中央区千葉寺町の県道交差点で、出合い頭にワゴン車とぶつかり、はずみで対向車線に停止していた乗用車に衝突した。ワゴン車の同県大網白里町の30代男性ら計5人が軽傷を負った。

 同署の説明では、パトカーは器物損壊事件の容疑者を追跡するため、赤色灯を点灯、サイレンを鳴らしながら交差点に進入したという。

スポンサーサイト

12'1 佐賀県警 40代警部、懇親会費流用

管理人一言コメント・バレるんですね~。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警本部勤務の40代男性警部が、職場の懇親会費として同僚から集めた現金計約30万円を私的に流用し、本部長訓戒の処分を受けていたことが31日、県警監察課への取材で分かった。同課は「一時的な借用で全額返金され、犯意はない」として公表や立件はしていない。 

 県警監察課によると、部内の懇親会費を管理していた警部は昨年2月までの半年間、銀行口座から数回にわたり現金を引き出した。「パチンコや食費に使った」と話したという。5月の異動で発覚し、処分は8月31日付。

12'1 佐賀県警 巡査長 警察手帳紛失

管理人一言コメント・管理不十分だ。

        ・・・・・・・・・・・・・・

 31日、県警監察課への取材で、警察署に勤務する30代男性巡査長が警察手帳を一時紛失し、本部長訓戒処分を受けていたことがわかった。

 巡査長は昨年12月上旬、勤務後に寄ったコンビニで、ズボンのポケットに入れていた警察手帳を落とした。店員が約20分後に見つけ、警察署に連絡した。手帳は勤務後、署内に保管するよう指導している。巡査長は「うっかり持ち帰ってしまった」と話したという。処分は12月26日付。

12'1 三重県警 四日市南署員がパトカーで事故 衝突相手けが

管理人一言コメント・警察が責任を取れ、事故を起こした警官が損害額等を全額負担せよ、そうなれば警官の事故も減少するだろう!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 四日市南署のパトカーが、人身事故を起こしていたことが29日、分かった。現場は信号のない交差点で、パトカー側に一時停止規制がかかっていた。同署は、事故を起こした巡査部長(30)を自動車運転過失傷害容疑で調べ、処分を検討している。

 同署によると、巡査部長は27日午前8時10分頃、四日市市九の城町の市道交差点で、市内に住む会社員女性(54)の軽乗用車と出合い頭に衝突した。女性は頭部打撲の軽いけがをした。

 巡査部長は通報を受け、交番から現場に1人で向かっていた。パトカーはサイレンを鳴らしていなかったという。同署の稲垣好人副署長は、「女性のけがの程度が軽く、車の損傷も少なかったので発表を控えていた」と説明している。


12'1 福井県警 福井署の警部補 被害届け7年放置、時効

管理人一言コメント・こんなことだから事件が解決しない、氷山の一角!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福井署刑事二課係長の警部補(49)が、被害届が出ていた七年前の業務上横領事件の捜査を放置し、時効が成立してしまったことが分かり福井県警は二十九日、この警部補20+ 件を戒告処分にした。また、監督不行き届きとして同署刑事官を本部長注意、同署刑事二課長を本部長訓戒、被害届が出た当時の同署刑事二課係長二人をそれぞれ所属長訓戒とした。

 県警監察課によると、事件は福井市内のゲームソフト販売店経営者が「アルバイト店員が一九九四年九月に店の売上金三万七千円余りを着服した」と同署に届け出たのが発端。被害届は九六年三月十九日に出され、当時巡査部長として刑事二課にいたこの警部補20+ 件が受理した。

 警部補は受理直後に異動となったが、引き継ぎがうまくいかず被害届は放置された。警部補は九八年三月に再び同署に配属され、何度かこの被害届が送検されていないことに気付いたが、そのまま放置。時効が成立する前日の二〇〇一年九月二十一日、経営者に被害届の取り下げを依頼しようと、別の捜査員に頼んで証拠品を返そうとしたが、経営者の反発を買い、そのまま時効の日を迎えた。

 県警監察課がその後、内部調査を行い、事件は捜査を進めて送検すべきだったと判断した。同課によると警部補20+ 件は「被害届の出る以前に、アルバイト店員側から経営者に一定の賠償額が渡されており、この事件は起訴されにくいと考えた。経営者を説得すれば取り下げてくれると思った」と話しているという。

12'1 大阪府警 昨年75人処分 月刊誌に投稿した警視も

管理人一言コメント・ワルでやりたい放題の大阪府警!!

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警で昨年、懲戒と訓戒処分を受けた警察官と職員は計75人で、前年を12人上回ったことが27日までに、府の情報公開条例に基づき開示された文書で分かった。

 懲戒処分は21人。このうち暴力団関係者に捜査情報を漏らしたとされる巡査部長と、民家から下着を盗んだとして逮捕された巡査長の2人は免職された。停職は3人、減給は4人、戒告は12人。

 訓戒処分は警察署のトイレで盗撮しようとしたことを認めた警察官や、自殺するために拳銃を持ち出した警察官ら54人。

 注意処分を受けたのは119人。このうち50代の警視は上司の許可を得ずに月刊誌に私見を投稿。国会議員の政治姿勢を批判した上で「こんな国どうなったって構うものか」と発言、「警察官でありながら投稿した。確信犯である」と締めくくった。氏名や年齢、住所地も掲載された。

 痴漢の容疑者に「尻を触っただけじゃないか。しゃべれ」と自供を迫った警察官も注意処分を受けた。

12.1 千葉県警 面会断られ、女性脅迫 男性巡査を逮捕

管理人一言コメント・警官でないと出来ない犯罪!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 女性を脅迫したとして、千葉県警船橋東署は28日、脅迫容疑で千葉中央署交通課巡査の新井茂容疑者(37)=同県船橋市飯山満町=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は24日午後1時半ごろ、教育関連団体に勤める50代の女性職員の勤務先に電話、面会を求めたが断られたため「直接的な行動に出ますよ」などと脅迫した疑い。女性とは自分の家族を介して知り合いだったという。

 県警によると、同容疑者は2003年5月に採用。同年10月から千葉中央署勤務となったが、05年から療養を理由に休職を繰り返していた。事件当日も休職中で、女性の部下の20代女性宛てに書いた手紙を渡そうと、面会を申し込んだという。

 同容疑者はこの20代女性に付きまとったとして、20日に県迷惑防止条例違反容疑で書類送検されていた。

 千葉中央署の吉開和彦署長の話 被害者らに深くおわび申し上げる。署員の教育を徹底し再発防止に努める。

12'1 京都府警 警部補がアダルトサイトで副収入 懲戒処分

管理人一言コメント・京都府警ですから何でもやります!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警警備1課の男性警部補(52)が、運営するアダルトサイトのバナー広告で収入を得ていたとして、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが、府警への取材でわかった。無届けの兼業にあたるとみなされた。処分は昨年7月14日付。警部補は、同日に依願退職した。

 府警監察官室によると、警部補は2007年2月~11年5月、バナー広告で約750万円の収入を得ており、「ローンの支払いなどに使った。アクセス数が増えるのがうれしかった」と説明したという。

 当初は自宅で飼っていた小鳥をテーマにブログを運営していたが、次第にわいせつ画像を掲示し、バナー広告も張り付けるようになったという。

12'1 佐賀県警 男性巡査が賭けボウリング…交番に取り立てでバレる

管理人一言コメント・こんなことも警官はやるのか!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警の交番に勤務する20代の男性巡査が、知人と賭けボウリングをしたとして賭博容疑で書類送検され、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが27日、県警への取材で分かった。送検と処分は20日付だが、県警は公表せず、巡査は依願退職した。

 送検容疑は、佐賀市で昨年9月中旬、倒したピンの差1本につき数百~数万円の金を賭けて、知人の男とボウリングをした疑い。別の男2人が昨年10月下旬、巡査の負け分を交番に取り立てに来たことから発覚した。

 県警監察課によると、巡査は「昨年8~9月にかけて数十回やった」と供述。同課は公表しなかった理由を「私的行為に関する処分について、停職以上を公表すると定めた警察庁の基準に従った」と説明している。

12'1 神奈川県警 巡査が事件ねつ造 報酬6千円で友人を犯人役に

管理人一言コメント・珍しい警官の犯罪だ、警察で横行しているのかな!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 友人に犯人役を依頼して架空の自転車窃盗事件を捏造したとして、神奈川県警は26日、同県警中原署地域課の巡査・仲田正彦容疑者(34)を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕した。

 発表によると、仲田容疑者は友人の男性会社員2人にそれぞれ犯人役と被害者役を依頼。昨年9月8日午後6時半頃、川崎市中原区で、犯人役の会社員(26)に無灯火で自転車を運転させて職務質問し、同署に連れて行ってウソの供述調書などを作成した疑い。

 会社員は、被害額が少ない場合などに逮捕や書類送検をしない微罪処分となっていた。仲田容疑者は犯人役に報酬として現金6000円を渡していたという。自転車は被害者役の友人(25)が所有していたものだった。

 仲田容疑者は調べに対し「検挙した事実がほしかった」と供述しているという。仲田容疑者が昨年1年間に検挙し、微罪処分になった盗難事件は計5件で9月に集中しており、県警が余罪を調べている。9月は職務質問強化期間だった。

12'1 大阪府警 下着ドロ・盗撮など警官119人処分

管理人一言コメント・軽い処分ばかり!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警で昨年、懲戒と訓戒処分を受けた警察官と職員は計75人で、前年を12人上回ったことが26日、府の情報公開条例に基づき開示された文書で分かった。

 懲戒処分は21人。このうち暴力団関係者に捜査情報を漏らしたとされる巡査部長と、民家から下着を盗んだとして逮捕された巡査長5 件の2人は免職された。停職は3人、減給は4人、戒告は12人。

 訓戒処分は警察署のトイレで盗撮しようとしたことを認めた警察官や、自殺するために拳銃を持ち出した警察官ら54人。

 注意処分を受けたのは119人。このうち50代の警視は上司の許可を得ずに月刊誌に私見を投稿。国会議員の政治姿勢を批判した上で「こんな国どうなったって構うものか」と発言、「警察官でありながら投稿した。確信犯である」と締めくくった。氏名や年齢、住所地も掲載された。

 痴漢の容疑者に「尻を触っただけじゃないか。しゃべれ」と自供を迫った警察官も注意処分を受けた。(

12'1 大阪府警 「交際費が足りず…」 巡査が同僚の財布から現金窃取

管理人一言コメント・情け無いこと。

       ・・・・・・・・・・・・・・・

 同僚の財布から現金を盗むなどしたとして、大阪府警は25日、住之江署地域課に勤務する男性巡査(21)を停職3カ月の懲戒処分にした。巡査は同日、依願退職した。全額弁済されていることなどから事件化はしない。

 府警監察室によると、巡査は昨年4~11月、同署の更衣室で同僚のかばんの中にあった財布から現金計約11万円を盗むなどした。

 巡査は、紛失に気付いた同僚と一緒に財布を探すふりをして、「すのこの下にあった」とうそをつき、そのまま財布を返したこともあった。

 巡査は「交際費が足りず盗んだ」と説明。同僚らはかばんをロッカーにしまわず、更衣室に放置していた。

12'1 千葉県警 「隣の奥さんの下着見たい」 巡査を侵入容疑で逮捕

管理人一言コメント・爆笑!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警の巡査が同じ警察官舎の隣室に侵入し、ガラスを割ったとして、千葉西署は25日、千葉中央署刑事1課鑑識係巡査・山口俊吾容疑者(28)=千葉市花見川区幕張町5丁目=を住居侵入と器物損壊の疑いで逮捕し、発表した。「(隣の)奥さんの下着を見てみたいと思い、侵入した」と容疑を認めているという。

 千葉西署によると、山口巡査は24日午後5時から6時ごろ、あらかじめ作っておいた合鍵を使い、隣の男性警察官(29)の部屋に侵入。警察官が帰宅したため、台所から外に逃げようとして引き戸の窓ガラス2枚を割った疑いがある。同じ棟に住んでいる習志野署の巡査部長(29)が通りかかり、逃げようとする山口巡査を取り押さえた。

 山口巡査は1月16日から官舎の棟の管理人を回り持ちで務め、鍵を管理する立場だったという。取り押さえられた際は「酒に酔って間違えて入った」と話していたが、アルコールは検知されなかった。

12'1 北海道警 留置女性と交際、当て逃げの巡査長

管理人一言コメント・こんな警官ばかり!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警察署に留置されていた女性と不適切な交際をし、2人でドライブ中に当て逃げ事故を起こしたとして、道警は25日、室蘭署に勤務する20代男性巡査長を停職6カ月の懲戒処分とした。辞職の意向を示しているという。

 監察官室によると、巡査長は留置場の管理係だった10年3月、女性と紙片のメモを交換するなどし、釈放後に同居。勤務中に3回無断で自宅に立ち寄った。昨年8月には2人で千歳市内でドライブ中、駐車場で無人の駐車車両に衝突し、そのまま逃げた。

 多額の借金を上司が追及したところ、女性との交際を認めたという。

 巡査長は道交法違反(事故不申告)で書類送検され、起訴猶予処分となっている。

12'1 愛媛県警 交通違反を放置、警部補を注意処分

管理人一言コメント・処分の軽いこと、監督責任も無し!!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交通違反手続き処理を2年以上放置したとして、県警が男性警部補を所属長注意処分にしていたことが25日、県警への取材で分かった。

 県警監察官室によると、警部補は09年5月25日、所属していた警察署で別の警察官が交通関係の法令違反容疑で摘発した男性について、県警運転免許課に違反点数を付ける行政処分の上申書を送付するのを忘れ、その後も放置されたままになっていた。

 11年7月、同署幹部が関係書類を点検した際に判明。その後、同課が違反点数を付けたが、対象の男性には伝えていないという。

 処分は先月8日付け。同室は警部補の当時の所属署や氏名、年齢などを明らかにしていない。

12'1 千葉県警 ETC障害者割引を悪用、元巡査に有罪判決

管理人一言コメント・当然の判決!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・

 高速道路のノンストップ自動料金収受システム(ETC)で障害者割引制度を悪用して通行料をだましとったとして、電子計算機使用詐欺罪に問われた元千葉県警空港警備隊巡査、林克幸被告(26)(奈良県)の初公判が24日、千葉地裁で開かれた。


 検察側は「障害者割引の趣旨を無視した悪質な犯行」として懲役1年6月を求刑、弁護側は「事実を認めて反省しており、再犯の可能性はない」として執行猶予付き判決を求めた。片岡理知裁判官は即日判決を言い渡し、「悪質な犯行だが、事実を認めており、起訴された金額が多額でない」として、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決とした。

 林被告は、最終意見陳述で「警察官でありながら法を犯してしまい、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」と述べた。

 判決によると、林被告は昨年10月、東関東道・富里料金所―習志野本線料金所間などを6回通行し、正規料金との差額計4200円をだましとった。

12'1 愛媛県警 白バイが乗用車に衝突、今治の国道交差点

管理人一言コメント・運転未熟な白バイだこと!!

        ・・・・・・・・・・・・・

 24日午後1時35分ごろ、今治市旦の国道196号交差点で、横断していた近くの家事手伝い、野村恵美さん(42)運転の乗用車後部の左側に、交通取り締まりで緊急走行していた県警交通機動隊東予方面隊所属の篠原誠巡査部長(33)運転の白バイ(1300CC)が衝突した。

篠原巡査部長が足の骨を折る重傷、野村さんは頭を切って軽傷を負った。

 今治署や同隊によると、現場は見通しの良い信号のない交差点。篠原巡査部長は速度違反車両を追跡して赤色灯を点滅させて緊急走行中、野村さんは買い物に行く途中だった。白バイのブレーキ痕は約10メートルあったという。

12'1 警視庁 部下殴りけがさせた巡査部長を逮捕 

管理人一言コメント・ワル警官の多いこと!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 休日に呼び出した部下を殴ってけがをさせたとして、警視庁は24日、八王子署地域課巡査部長、内田文昭容疑者(52)=東京都小金井市梶野町=を傷害容疑で逮捕した。部下らは普段から休日に洗車などの雑用もさせられており、警視庁は他にも暴行を受けた部下がいないか調べる。

 逮捕容疑は09年3月、パトカーを運転するため必要な技能訓練をするとの名目で20代の男性巡査を呼び出し、都内で運転中に助手席でうとうとしていた巡査の顔を拳で十数回殴り全治1週間のけがをさせた。11年8月には同様に呼び出した別の20代の男性巡査の顔を駐車中の車内で殴り、全治2週間のけがをさせたとしている。

 内田容疑者は「けがをさせたことに間違いない」と容疑を認めているという。09年の事件の際は、けがをした巡査から報告を受けた警部らが署長らに知らせず問題が表面化しなかった。警部らの監督責任も検討する。

12'1 奈良県警 カラオケ店女子トイレで盗撮 警部補を逮捕

管理人一言コメント・情けないこと、警部補の犯罪が全国的に多発している!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 奈良県警は24日、女子トイレで盗撮しようとしたとして、県迷惑防止条例違反などの疑いで、橿原警察署地域課の警部補(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は、24日午前0時40分ごろ、橿原市のカラオケ店の女子トイレの個室に入り、隣の個室に携帯電話を差し入れて盗撮しようとした疑い。

 県警監察課によると、警部補は所属する係の懇親会の後、同僚の警察官4人とカラオケ店へ来ていた。トイレで隣の個室に女性が入るのを待ち伏せしており、女性が携帯電話に気がつくと逃げたという。容疑を認めている。

 堂藤重敏首席監察官は「警察官としてあるまじき行為であり、県民の皆さまにおわび申し上げます」としている。

12'1 福岡県警 追跡パトカーが車2台と衝突、男性が軽傷

管理人一言コメント・明らかにパトカーの無謀運転、潔く責任を取れ!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 24日午前3時5分ごろ、福岡市博多区堅粕2の国道3号の交差点で、不審な軽乗用車を追跡していた福岡県警自動車警ら隊のパトカーがトラックなど車2台と衝突した。この事故で、トラックを運転していた同県太宰府市の男性会社員(46)が膝に軽傷を負った。

 軽乗用車はそのまま逃走。同市東区で自転車のひき逃げ事故を起こしたとして運転していた男の身柄を県警が確保し、事情を聴いている。

 県警博多署によると、パトカーは博多区内で尾灯の消えた不審な軽乗用車を発見、赤色灯をつけて追跡中だった。軽乗用車を追って路地から国道に進入したところ、タクシーとトラックに続けて衝突したという。パトカーに乗っていた警察官2人にけがはなかった。

 同署は「現時点では適正な追跡だった」としている。福岡県警では11日にも暴走行為をしていたバイクを追跡中のパトカーが乗用車2台に衝突する事故があった。

12'1 広島県警 交番の目の前でひったくり、中の巡査ら気付かず

管理人一言コメント・警官がやる気で勤務していれば防げた事件!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・

 23日午前0時15分頃、広島市中区弥生町の市道で、帰宅中の無職男性(55)が、後ろから突然、2人組の1人に背中を蹴られて転倒。


 約7万5000円などが入ったセカンドバッグを盗まれ、2人は南へ逃走した。男性にけがはなかった。広島県警広島東署が窃盗、暴行容疑で捜査している。

 同署によると、現場は同署弥生町交番の目の前。男性が交番の女性巡査に届けた。当時、警察官2人は仮眠中で、もう1人はパトロール中。女性巡査も同署から戻ってきたばかりで、事件に気付かなかったという。

 2人組のうち、1人は身長1メートル70前後で20歳ぐらい。白色スニーカーと黒っぽい服装で、野球帽をかぶっていた。もう1人も20歳前後で、黒っぽい服装だったという。

12'1 奈良県警 けん銃乱射、殺人警官の付審判初の裁判員裁判

管理人一言コメント・警官の発砲は明らかに殺人!!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 奈良県大和郡山市で2003年9月、警察官が逃走中の車に発砲し、助手席の男性が死亡した事件で、殺人、特別公務員暴行陵虐致死の両罪で付審判決定を受けた警察官2人の裁判員裁判の初公判が23日午前、奈良地裁(橋本一裁判長)で始まった。罪状認否で東(ひがし)芳弘巡査部長(35)(当時・巡査長)と萩原基文警部補(35)(同・巡査部長)は「逃走した車両を停止させるために運転する男性の腕を狙った正当な発砲だった」と述べ、無罪を主張した。

 付審判での裁判員裁判は例がなく、殺人罪の審理も初めて。発砲の正当性と殺意の有無が争点になる。

 付審判決定では、同月10日夜、大和郡山市の国道24号で、車上荒らし事件の手配車両がパトカーや一般車両に衝突しながら逃走を図り、その周囲にいた東、萩原両被告ら警察官3人が計8発を発砲した。

 両被告が助手席側の約1メートルの至近距離から撃った計2発が高壮日(こうそうじつ)さん(当時28歳)の首と左頭部、東被告の1発が運転席の男性の頭に命中。高さんは翌10月に死亡、窃盗などの容疑で書類送検され不起訴になった。男性は窃盗罪などで懲役6年の実刑判決を受けた。

 冒頭陳述で、検察官役の指定弁護士は「両被告は高さんを殺害しようとまでは考えていなかったが、当たって死亡してもやむを得ないと考えた。未必的な殺意があった」と主張。両被告は車に接近して連続的にほぼ同じ方向へ発砲しており共犯関係にあったとした。

 弁護側は冒頭陳述で「通行人らの危険を防ぐための正当な発砲で、20キロ以上危険な走行をした車両を止めるための行為だった」と反論。高さんへの殺意は「助手席の高さんに当たらないよう配慮し、運転していた男性の腕を狙って発砲した。車両が移動したため、着弾点がずれた」と否定した。

 裁判員は6人(うち男性2人)で、補充裁判員は4人。公判はこの日を含めて16回開かれ、2月28日に判決が言い渡される。

 ◆付審判 警察官や公務員の職権乱用事件を対象にし、不起訴に不服がある場合、告訴・告発人が裁判所に審理を請求できる制度。検察官が意図的に不起訴とするなど「公務員同士のかばい合い」を防ぐ目的がある。最高裁によると、1960年~2011年11月末、約1万8000人の請求があったが、開始決定は23人、有罪確定は10人にとどまる。

12'1 長崎県警 巡査を窃盗容疑で送検 逮捕なし懲戒免職処分

管理人一言コメント・身内に甘い警察だ事!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警監察課は20日、知人女性方などから4件の盗みを繰り返したとして、諫早署地域課の男性巡査(23)を窃盗容疑で長崎地検に書類送検した。巡査は容疑を認め、県警は同日付で懲戒免職処分にした。

 巡査を逮捕しなかった理由を、県警は「全面自供して(盗品の)証拠も提出した。逃走や証拠隠滅の恐れがない」とし、氏名も明らかにしなかった。

 送検容疑は▽昨年12月8日と14日、県内在住の20代知人女性方で現金5300円や香水など計10点▽同12日、勤務する交番のクローゼットから同僚の防寒服や階級章など計4点▽同17日、別の同僚が住む公舎内で本とシャンプー--を盗んだとしている。女性が被害に気付いて諫早署に相談し、巡査は任意の聴取に自供したという。

 現金を盗んだ理由について男性巡査は「金が欲しかった」▽香水などは「自分で使うため」▽防寒服は「予備で使うため」--などと話しているという。階級章の転売などはなかったという。

 巡査は昨年4月に採用され、警察学校を卒業後、同10月に諫早署に配属された。県警は監督責任で署長ら2人を本部長注意、副署長を所属長注意とした。

12'1 警視庁 原宿署員が自転車走行中に携帯使用

管理人一言コメント・ルールを守れない警官の多いこと!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁原宿署の男性巡査部長が勤務中に携帯電話で話しながら自転車を運転していたことが20日、同庁への取材で分かった。歩行者と接触した疑いがあり、同庁は巡査部長の自転車走行に問題がなかったか当時の詳しい状況を調べている。

 道交法は自転車を運転中の携帯電話での通話を禁じている。巡査部長は「電話がかかってきたので、出てしまった。歩行者と接触したことには気付かなかった」と話している。

 警視庁によると、巡査部長は原宿署地域課に所属。18日午前9時半ごろ、原宿署に戻る途中、東京都渋谷区神宮前1丁目の路上で、携帯電話で話しながら自転車を運転した。近くにいた男性が、巡査部長の自転車が右足に接触したと訴えているという。

 警視庁は昨年12月から、マナー違反の自転車の取り締まり強化などを盛り込んだ総合的な自転車対策に取り組んでおり、パトロールなどで自転車を使用する頻度が高い警察官にもルールに習熟するよう指導していた。

12'1 北海道警 調書捏造 新たに8件追送検 巡査部長を懲戒免

管理人一言コメント・当然の処分!!

          ・・・・・・・・・・・

 札幌東署員の供述調書捏造(ねつぞう)事件で、北海道警は19日、公判中の巡査部長、鉛口(どうぐち)亘被告(30)が以前勤務していた函館中央署でも8件の捏造をしたとして、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で追送検した。送検された捏造は計12件となり、道警監察官室は同日付で鉛口被告を懲戒免職処分とした。

 監察官室によると、鉛口被告は函館中央署交通課勤務の05~09年、交通事故の参考人調書を本人に読み聞かせせず勝手に作成し、自分で署名・押印したなどとしている。「事件処理が進まず面倒だった」と動機を説明しているという。

 監察官室はこのほか、鉛口被告が02年に交番に届けられた免許証などの入ったバッグを処理せず、自宅に持ち帰っていたことも明らかにした。業務上横領罪の公訴時効(7年)が成立しているが、懲戒処分の理由には加えた。

 またキャッシュカードを使って家電量販店から約92万円相当をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された稚内署巡査、平塚拓哉被告(27)も19日付で懲戒免職とした。

12'1 岩手県警 県警本部の巡査部長 捜査資料を過って裁断

管理人一言コメント・こんな事だから事件が解決できないのだ!!

          ・・・・・・・・・・・・・・・

   事件捜査中に入手した捜査資料を誤ってシュレッダーにかけ、コピーを基に複製していた県警本部の30代男性巡査部長が、県警本部長訓戒処分となっていたことが19日までに分かった。処分は昨年12月27日付で、上司の40代男性警部も所属長訓戒処分とした。

 県警監察課によると、捜査資料はA4判の5枚つづり。巡査部長は昨年2月25日、このうち1枚を廃棄する文書に誤って紛れ込ませ、シュレッダーにかけたという。

 その後、男性巡査部長は廃棄に気付き、昨年3月1日、保存しておいたコピーを基に県警本部のパソコンを使って資料を複製。原本として保管していた。

 内容の改ざんはないといい、この事件は現在までに立件されていない。巡査部長が昨年10月、上司に申し出た。男性巡査部長は調査に対し「報告しなければと思っていたが、震災対応などがあり、遅くなってしまった」と話しているという。

12'1 警視庁 巡査部長が大学生に暴行

管理人一言コメント・恐ろしい警官が多いこと、これ日本!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 通りがかりの男子大学生に暴行したとして、警視庁は20日、池袋署地域課の男性巡査部長(54)=埼玉県毛呂山町=を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は同日、同県警に暴行容疑で書類送検され、依願退職した。
 警視庁によると、巡査部長は昨年9月10日夜、毛呂山町の飲食店で、約20分間、近くに住む男子大学生(19)の顔や頭を十数回平手打ちにした疑い。大学生にけがはなかった。

 巡査部長は同日、東武越生線川角駅前の飲食店などで焼酎のお茶割り5、6杯や赤ワイン4杯などを飲み、店を出た際、近くを通った大学生に「何か店に用事か」と声を掛け連れ込み、所持品を出させながら暴行したという。

12'1 警視庁 巡査、中1女子に痴漢容疑 西武新宿線内で尻触る

管理人一言コメント・多いこの種犯罪警官!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁第6機動隊の20代の男性巡査が電車内で女子中学生の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されていたことが18日、捜査関係者への取材でわかった。容疑を認め、釈放されたという。

 捜査関係者によると、巡査は17日午後5時すぎ、西武新宿線の高田馬場駅(東京都新宿区)から鷺ノ宮駅(中野区)に向かう電車内で、隣に立っていた中学1年の女子生徒の尻を触った疑いがある。ほかの乗客に見つかり取り押さえられた。仕事を終え、帰宅途中だったという。

12'1 大阪府警 証拠品紛失、すり替え隠蔽 警部補ら

管理人一言コメント・悪質な犯罪警官、処分の軽いこと!!

      ・・・・・・・・・・・・・・

 証拠品の紛失を隠蔽(いんぺい)するため、別の物を証拠品としてすり替え虚偽の報告書を作成したとして、大阪府警は18日、八尾署の警部補(53)を停職6カ月、部下の巡査部長(33)ら2人を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とし、証拠隠滅容疑などで書類送検した。

 3人は同僚3人と酒に酔って電車内で騒ぎ、注意した乗客がたたかれたと訴えてトラブルになっており、暴力行為法違反容疑などでも書類送検された。

 トラブル捜査の過程で「類似の物を用意した」などとやりとりした携帯電話のメールが見つかり、すり替えが発覚したという。

 監察室によると、巡査部長ら2人は昨年6月、自営業の男性が車内に木刀を持っていたとする写真撮影報告書を作成したが、同10月21日に押収証拠品を点検した際、木刀が見当たらなかった。

 警部補は「紛失」の報告を受けながら、署内の飲み会に出席。帰りに電車内で騒いで問題となったため、「紛失が発覚すればくびになる」と考えてすり替えを指示。巡査部長らが剣道場の木刀を持ち出し、虚偽の報告書を作成した。

 本物の木刀は男性の車に置きっぱなしにされ、押収し忘れていた。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★警察官が電車のつり革で逆上がり、他にも… 大阪府警が6人を書類送検 

 酒に酔って電車内で騒ぎ、注意した乗客に暴行したとして、大阪府警は18日、暴力行為法違反などの疑いで、府警八尾署地域課の男性警部補(53)ら同署や本部生活安全部の計6人を書類送検した。うち3人は、別事件の証拠品の木刀を紛失したと誤解し、同署の道場の木刀で代用して捜査書類を捏造した虚偽有印公文書作成・同行使容疑などでも書類送検した。府警は同日、警部補を停職6カ月の懲戒処分とするなど、上司を含め計8人を処分した。

 府警によると、6人は昨年10月21日夜、飲酒して帰宅中のJR関西線の電車内で、「つり革で(遊具の)雲梯(うんてい)みたいにできたらすごいな」などと話し、つり革で逆上がりするなどの騒ぎを起こした。乗客の男性会社員(37)に注意されると立腹。到着したJR天王寺駅で、会社員を取り囲んで車外に押し出すなどの暴行を加えたという。

 一方、6人のうち八尾署員3人は、同じ日、別事件の証拠品の木刀がないことに気が付き、翌日、同署の道場にあった木刀で代用して、捜査書類を偽造したという。

 実際の証拠品は、任意提出を受けた際に所有者の車のトランクに入れて写真撮影したまま放置、同署には保管していなかった。電車内での騒ぎを捜査するなかで偽造が発覚したという。

12'1 高知県警 機動隊員酔って男性にけが、2巡査長を処分

管理人一言コメント・処分が軽い!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨年12月、酒に酔った県警機動隊員2人が客引きの男性にけがをさせた問題で、県警監察課は16日、いずれも男性巡査長の2人を傷害と暴行の各容疑で高知地検に書類送検したと発表した。また、同日付で傷害容疑の巡査長(34)を減給100分の10、6カ月の懲戒処分に、暴行容疑の巡査長(27)を本部長訓戒処分とした。

 送検容疑は昨年12月3日午前0時45分ごろ、高知市帯屋町1の路上で客引きの男性の顔面を巡査長の1人が殴打するなどして全治7日のけがをさせ、もう1人の巡査長は両者を止めようとする際に客引きの男性を突き飛ばした、とされる。

 同課によると、事件のあった前日午後6時半からは機動隊の忘年会が行われており、2人は3次会の帰りだったという。同課の林勇喜主席監察官は「県民を守るべき立場にある警察官がこのような事案を起こしたことは遺憾であり、被害者及び県民の皆様に深くお詫び申し上げます。再発防止を図り、信頼回復に努めてまいります」などとコメントした。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード