12'11 神奈川県警 無免許運転:元巡査に罰金20万円 横浜簡裁略式命令

管理人一言コメント・情けない。

            ・・・・・・・・・・・・・・

 運転免許がないのに乗用車を運転したとして、横浜区検は30日、元都筑署地域課巡査の男性(20)=横浜市南区=を道交法違反で略式起訴した。横浜簡裁は同日、罰金20万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、9月30日午前0時45分ごろ、藤沢市内で無免許運転したとされる。

 また同区検は30日、男性が無免許と知りながら車を貸したとして、道交法違反ほう助で書類送検されていた鶴見署地域課の男性巡査(20)を起訴猶予処分とした。元巡査は県警から11月8日に懲戒処分を受け、同日付で依願退職。車を貸した巡査も厳重注意を受けていた。
スポンサーサイト

12'11 埼玉県警 器物損壊容疑で巡査部長逮捕 他人の車に硬貨で傷

管理人一言コメント・どうしょうもない警官だ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県加須市で停車中の軽自動車にコインで傷を付けたとして、県警捜査1課などは26日、器物損壊容疑で、久喜署地域課の巡査部長田口哲夫容疑者(54)=同市北小浜=を逮捕した。「家庭内でむしゃくしゃすることがあり、酒を飲んでやった。他にも何件かやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は25日午後10時10分ごろ、加須市浜町のアパート駐車場に止まっていた軽自動車のボンネットに、持っていた硬貨で長さ約80センチの傷を付けた疑い。当日は非番で、市内で知人と飲酒し、帰宅する途中だったという。

 同課によると、車内にいた男性会社員(24)が音に気づき声を掛けたが、田口容疑者は逃走。通報で駆け付けた加須署員が発見し任意同行した際は否認したが、26日に上司が経緯を聞いたところ関与を認めたという。

12'11 愛知県警 警察学校の警部補逮捕 女性警官にわいせつ容疑

管理人一言コメント・ようやるな~。

              ・・・・・・・・・・・・・・

 警察官を教育・訓練する愛知県警察学校勤務の警部補、鈴木隆則容疑者(55)=同県豊橋市羽根井本町=が女性警察官にわいせつ行為をしたとして、県警は25日、強制わいせつの疑いで逮捕した。同校では10月、女性警察官にセクハラ行為をしたとして、男性教官3人が懲戒処分を受けたばかり。愛知県警の警察官が逮捕されるのは今年に入り5人目で、異常事態となっている。

 県警の発表や関係者によると、鈴木容疑者は同県春日井市の警察学校付属自動車学校で、パトカーの運転などを教えていた。教官の資格を持たないが、指導を任されていた。9月下旬、同市内で、自分より階級が下の女性警察官に、無理やり体を触るなどのわいせつな行為をした疑いがある。事件は勤務時間外に起きたという。

逮捕容疑は9月下旬の深夜、愛知県春日井市で、誘い出した20代の女性警官と二人きりで会った際、女性警官の体を複数回触るなどした疑い。

 数日後、女性警官から県警に相談があり、捜査1課が10月22日に被害届を受理していた。


 県警は、行為の内容が悪質で、証拠隠滅のおそれがあるとして逮捕の必要があると判断。立場を利用した行為として、厳正に処分する方針だ。

12'11 滋賀県警 パトカーの無謀追跡による重傷事故

管理人一言コメント・パトカーが15分間、十数キロにわたり無謀追跡しており警察が責任を取れ!

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 24日午前1時10分ごろ、大津市月輪3の国道1号で、覆面パトカーに停止を求められて逃走していた乗用車がガードレールに衝突した。大津署と県警機動捜査隊によると、運転していた少年(16)が右足骨折で重傷、助手席に乗っていた少年(15)も軽傷を負った。車には他に3人の男が乗っていたが、衝突直後、車から飛び出し、走って逃走した。

 同隊によると、パトカーを運転していたのは同隊主任の男性巡査部長(32)。栗東市上鈎の国道1号交差点で、猛スピードで走る車を発見。赤色灯とサイレンを鳴らし、マイクで停止を求めながら約15分間、十数キロ追跡したという。同隊の伊藤秀司副隊長は「追跡は適正、妥当だった」としている。

 大津署はけがの回復を待って、少年らに道交法違反(無免許運転、信号無視など)の疑いで事情を聴く方針。

12'11 大阪府警 パトカー追跡で相次ぎ事故 男2人逃走

管理人一言コメント・パトカーの追跡による事故は警察が責任を取れ!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・

 24日午前5時ごろ、大阪府茨木市宮島の府道で、パトカーに追跡された乗用車がトラックに接触。その後も逃走を続け別の車にも衝突して停止し、乗っていた男2人が降りて逃げた。茨木署がひき逃げ事件として2人の行方を追っている。

 衝突された車の男性が首の痛みを訴え、軽傷とみられる。トラックの運転手にけがはなかった。

 茨木署によると、乗用車は大阪府寝屋川市の交差点で、信号無視をして逃走。パトカーで追跡中、バックで道路を逆走し、後ろから来たトラックに接触した。さらに向きを変えて、走ってきた別の車と正面衝突した。

12'11 静岡県警 偽110番で巡査を書類送検 「事件処理が嫌」自作自演

管理人一言コメント・やる気の無いが多いな~。

               ・・・・・・・・・・・・・・

 静岡県警は22日、虚偽の110番で警察業務を妨害したとして、静岡南署の30代の男性巡査を軽犯罪法違反容疑で書類送検した。

 巡査は「器物損壊事件の書類作成をしたくなかった。他に事件があれば、しなくて済むと思った」と容疑を認めているという。県警は同日付で、巡査を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

 県警監察課によると、巡査は8月23日午後8時55分ごろ、交番勤務中に起きた器物損壊事件に対応するのを避けるため、「公園で女の子が4、5人の男に囲まれているようだ。襲われているんじゃないか」と自分の携帯電話から匿名で110番した。巡査は異動のため、この日が最後の交番勤務だったという。

 通報後、巡査は1人で公園に向かい異常なしと報告したが、110番で署員ら8人が公園に急行。異常がないため同署が通報者に電話したところ、公園にいた巡査の携帯電話につながった。巡査はいったん公園を離れて器物損壊事件に対応した後、改めて事情を聴かれ虚偽通報を認めた

12'11 広島県警 巡査 「脱法ハーブ」吸引は常習的

管理人一言コメント・いろんなのがおるな~。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・

 尾道署の20代の男性巡査が麻薬に似た幻覚症状などを引き起こす「脱法ハーブ」を吸引したとされる問題で、巡査が常習的に脱法ハーブを使っていたとみられることが29日分かった。

 複数の関係者によると、巡査は昨春採用され、坂町の県警察学校に入校。その後、尾道署地域課に配属されたという。巡査は県警に対し、脱法ハーブとみられる商品を複数回にわたって使ったことを認めているという。県警察学校の入校前から使っていた疑いもあるとみられている。

 また、巡査が今回吸引した脱法ハーブとみられる商品は、広島市中区の流川・薬研堀地区で購入された可能性が高いことも判明。県警は8月、同地区の販売店3店を薬事法違反(医療品の無許可販売業)容疑で一斉捜索していた。

 県警監察官室によると、巡査は公休だった23日正午ごろ、東広島市内の20代の知人男性方で、男性と一緒に脱法ハーブとみられる商品を吸引。男性は一時意識がもうろうとした状態となり、病院に搬送された。巡査が同日、同署に報告して発覚した。

12'11 大阪府警 痴漢容疑の巡査長停職

管理人一言コメント・軽い処分だ事。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は22日、電車内で女子高校生の太ももを触ったとして、兵庫県警に県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で逮捕された阿倍野署生活安全課の男性巡査長(28)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 巡査長は府警に「ストレスがたまっていた。大変申し訳ありません」と話し、同日付で辞職した。

 巡査長は、10月21日夕にJR山陽線明石-須磨駅間の快速電車内で、隣の席の女子高校生の太ももを触ったとして、翌22日に逮捕されたが、検察側の勾留請求が却下され、県警が任意で調べている。

12'11 神奈川県警 巡査長が同僚の積立金盗み懲戒処分

管理人一言コメント・軽い処分だこと。

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は22日、当直勤務中に同僚が積み立てた現金を盗んだとして、窃盗の疑いで県警第2交通機動隊の男性巡査長(31)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。

 巡査長は同日付で依願退職した。「自由になる金が欲しかった」と容疑を認めているという。送検容疑は8月31日~9月24日、神奈川県小田原市の分駐所で4回にわたって同僚のロッカーや机から現金計8万1千円を盗んだ疑い。

 県警によると、巡査長が当直に入るたび、新聞や飲み物などを買うために職員で積み立てていた現金が紛失していた。

12'11 大阪府警 ひき逃げ巡査部長を免職 運転前飲酒も処分

管理人一言コメント・当然の処分だ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は22日、オートバイを運転中にひき逃げ事故を起こしたとして、道交法違反容疑などで逮捕した西成署留置管理課の男性巡査部長(57)について、懲戒免職とした。

 巡査部長は「3時間前に酒を飲んだので立ち去った」と説明しており、府警は立件を見送ったが、飲酒後の運転も処分理由に含めた。

12'11 静岡県警 盗撮の警部補を停職3カ月

管理人一言コメント・軽い処分だ事。

              ・・・・・・・・・・・・・・

 県警監察課は22日、女性のスカート内を盗撮したとして県迷惑防止条例違反(盗撮)の現行犯で逮捕された清水署生活安全課の津谷剛司警部補(38)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 津谷警部補は同日付で依願退職したという。同課などによると、津谷警部補は、同署で痴漢などの防犯を担当する係長だったが、今月2日午後4時ごろ、勤務時間中に、JR静岡駅のエスカレーターで16歳の女性のスカート内を携帯電話で盗撮した。

12'11 埼玉県警 強姦事件捜査書類を誤廃棄 警部補を戒告

管理人一言コメント・軽い処分だこと。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警は22日、保管しておくべき捜査書類を誤って廃棄したとして、当時の刑事部捜査1課の男性警部補(36)を戒告処分にしたと明らかにした。9月に公文書毀棄などの疑いで書類送検している。

 県警によると、警部補は今年4月と5月の2回、担当していた強姦事件の計4通の捜査書類をシュレッダーにかけて処分したという。容疑者の供述に基づき、余罪を追送検した際、不要と判断していた。

 事件の確定判決から1年間は保管しておくべき書類で、さいたま地検からの問い合わせで判明した。

12'11 福岡県警 パトカー追跡で人身事故

管理人一言コメント・警察が責任を取れ!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 18日午前1時ごろ、福岡市博多区博多駅南6丁目の市道で、南署のパトカーに直前まで追跡されていた
軽乗用車がタクシーに衝突した。軽乗用車の女性(32)が全身打撲、タクシー運転手の男性(61)が
肋骨(ろっこつ)骨折などのけがを負った。

博多署によると、福岡市南区内で信号無視をした軽乗用車を、パトカーが赤色灯をつけサイレンを鳴らしながら、
事故現場の手前約500メートルにある管轄の境界まで追跡していた。

同署はパトカーの追跡が事故原因になったかどうか調べている。

12'11 警視庁 わいせつ目的誘拐容疑で巡査長を逮捕 千葉県警 

管理人一言コメント・ワルやな~。

         ・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県松戸市内で捜査を装って警察手帳を見せ、少女(17)をホテルへ連れ込んだとして、県警松戸署は18日、警視庁第2機動隊巡査長の大原和訓(かずのり)容疑者(26)をわいせつ目的誘拐容疑で逮捕した。大原容疑者は「わいせつなことをしたかった」などと容疑を認めているという。同市内では、男が警察手帳のようなものを見せながら、女性に声をかける事件がほかに3件起きており、関連を調べる。

 逮捕容疑は、今月6日午後5時ごろ、松戸市内の路上で、帰宅途中の少女に警察手帳を見せ、「援助交際のことで聞きたいのでちょっと来てほしい」とうそを言い、近くのホテルのロビーに連れ込んだとしている。

 同署によると、2人は部屋に入らず、ロビーで別れたが、帰宅後、相談を受けた母親が不審に思い、同署に通報した。少女は本物の捜査だと信じていたという。ホテルの防犯カメラなどから大原容疑者が浮上した。

 警視庁によると、大原容疑者は09年4月に採用され、成城署を経て今年3月から第2機動隊に所属。事件当日は宿直勤務明けだった。池田克史・警務部参事官は「千葉県警の捜査結果を待って厳正に対処したい」と述べた。

12'11 山口県警 部下にパワハラ、警視を減給処分

管理人一言コメント・何と言う警察組織だ!

             ・・・・・・・・・・・・・・

 県警は16日、部下にパワーハラスメントをしたとして50代の警視を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。警視は当時、外事課長だった。パワハラによる県警の処分は初めて。

 県警監察官室によると警視は11年3月〜今年8月、複数の部下を大声で叱ったり無視するなどのパワハラをした。警視は聴取に「パワハラの認識はなかった。反省している」と話しているという。

 三宅信之・首席監察官は「再発防止に努める」とコメントした。

12'11 神奈川県警 女性隠し撮り、巡査部長ら停職3か月

管理人一言コメント・多いこの種警官による犯罪!!

               ・・・・・・・・・・・・・・

 電車内などで女性を隠し撮りしたとして、県警は16日、大和署の巡査部長(37)と藤沢北署の巡査(25)をいずれも停職3か月の懲戒処分とした。2人は同日付で依願退職した。

 県警監察官室の発表によると、大和署の巡査部長は9月28日、相鉄線横浜―大和駅間を走行中の急行電車内で、向かいの座席にいた横浜市南区の高校2年の女子生徒(16)をデジタルカメラで撮影したとして、県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。調べに対し、「性的欲求を満たすためにやった。2005年頃から電車内で出勤途中に隠し撮りしていた」と供述。巡査部長のデジタルカメラや携帯電話などからは、被害生徒の画像約50枚のほか、別の女性らを隠し撮りしたとみられる画像約600枚が見つかった。

 藤沢北署の巡査は10月6日、平塚市内の書店で、ショルダーバッグに隠したビデオカメラで中学3年の女子生徒(15)らを撮影したとして、今月16日に同容疑で横浜地検小田原支部に書類送検された。「盗撮のドキドキ感を味わいたかった」と供述。大学生だった約5年前から盗撮行為を繰り返していたといい、自宅パソコンからは盗撮したとみられる動画数十件が見つかった。

12'11 静岡県警 パトカー衝突、御殿場の国道交差点

管理人一言コメント・問題があるから事故を起こすんです!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・

 15日午前11時15分ごろ、御殿場市茱萸沢(ぐみざわ)の国道246号で、赤色灯を付けサイレンを鳴らしながら、赤信号で交差点に進入した御殿場署のパトカーが、左から来た普通乗用車と出合い頭に衝突。

乗用車を運転していた同市北久原、武藤ヒロ子さん(66)が首を打つ軽傷を、後部座席に同乗していた武藤さんの母、坂田タケさん(91)が胸などを打つ重傷を負った。

 同署によると、パトカーを運転していたのは同署地域課の佐藤和樹警部補(33)で、男性巡査長(51)とともに、盗難ナンバーをつけた車を捕まえる緊急配備のため、東名高速道路の御殿場インターチェンジ付近に向かう途中だった。

2人にけがはなかった。同署の原野博明副署長は、「問題があったかを含め、事実関係を確認中」と話している。

12'11 京都府警 右京署員 拾得物を放置で処分

管理人一言コメント・その場で渡せば済むことを。

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 拾得物として受け取った財布を放置したとして、府警は15日、右京署地域課の交番勤務の男性巡査(27)を戒告処分にしたと発表した。巡査は同日、依願退職した。また監督責任を問い、上司の同署地域課長代理の男性警部(55)を所属長口頭厳重注意処分にした。

 府警によると、巡査は10月20日午前5時ごろ、右京区内の交番で勤務中、40代男性から拾った財布を受け取ったが、預かり書を渡すなど適正な手続きをせず、机の引き出しに入れたままにした。同日午後6時半ごろ、書類を渡されなかったことを不審に思った男性が署を訪れ、発覚した。財布の中の現金約1万円やカード類は無事だったという。財布は翌日、落とし主に返された。

 巡査は「徹夜で勤務した後で眠さもあり、後で手続きをしようと思って忘れてしまった」と話しているという。西村元希・首席監察官は「適正な遺失、拾得の取り扱いを徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

12'11 愛媛県警 寮費着服で巡査を停職 賭けに流用

管理人一言コメント・こんなことばかりだ!

         ・・・・・・・・・・・・・・・

 愛媛県警は16日、寮の電気やガス代約34万円を着服しスロットマシンに使ったとして、県警本部に勤める男性巡査(22)を停職3カ月の懲戒処分とし、業務上横領の疑いで書類送検した。同日、巡査は辞職した。

 県警監察官室によると、男性巡査は2011年12月~ことし3月、今治署の独身寮の会計係として、約20人の職員から月ごとに徴収していた代金を管理口座に納めず3回にわたり流用。着服を認め全額返済している。8月、今治署が口座記録を精査して発覚した。

 監察官室は16日、横領を把握しながら上司への報告を怠ったとして、別の男性巡査(27)ら3人も注意処分とした。

12'11 大阪府警 元巡査長 交通違反切符を同乗者に交付で有罪

管理人一言コメント・訳の分らん事件だ!

           ・・・・・・・・・・・・・

 交通違反をした車の運転手ではなく同乗者に交通反則切符を交付したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた元大阪府警大正署巡査長、丸谷充紀被告(33)=依願退職=の判決で、大阪地裁は16日、懲役1年、執行猶予4年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 登石郁朗裁判長は判決理由で「違反者が免許を携帯しておらず、事件処理に時間がかかることを恐れて虚偽の捜査報告書などを作成した」と指摘し、「安易な動機で、公共の信頼を大きく損なった」と批判した。

 判決によると、丸谷被告は3月11日、大阪市大正区の交差点で信号無視をした車を発見。運転手の男性が免許を持っていなかったため、交通反則切符を助手席の妻に交付した。

12'11 警視庁 巡査長を戒告処分 上司に叱られ拳銃取り出す

管理人一言コメント・助けようの無い警察組織だこと!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 上司に叱られたことに立腹し、携帯していた拳銃を警察署内で取り出したとして、警視庁は16日、葛飾署地域課の男性巡査長(31)を戒告処分にしたと発表した。

また、この問題を同庁警務部に報告しなかったとして、当時の葛飾署長(56)を警務部長注意とした。巡査長は「銃を抜くことで、積もり積もった怒りを知ってほしかった」と話しているという。

 同庁によると、巡査長は昨年11月27日午前7時45分ごろ、同署のエレベーターホールで、携帯していた実弾入りの拳銃を正当な理由がないのに取り出した。

 巡査長は宿直勤務を終え、同署地域課に戻ったところ、上司の男性警部補(59)から、勤務内容を勝手に変えたことを注意され、ふてくされた様子で立ち去った。

その後、ホールで「ぶっ殺す」などと言い、拳銃を取り出し数秒間床に向けたが、近くにいた別の上司に一喝され、すぐに戻したという。

 警視庁の池田克史警務部参事官の話 拳銃取り扱いの基本を逸脱しており、厳正に処分した。(

12'11 愛知県警 捜査4課巡査部長を停職 女性脅迫や不正照会で

管理人一言コメント・軽い処分だ事!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警は16日、知人女性(43)の携帯電話に「殺す」などと記したメールを送り付けたり、捜査を装って女性の知人男性の個人情報を調べたりしたとして、捜査4課の巡査部長吉田政志被告(42)=脅迫と公務員職権乱用の罪で公判中=を停職6カ月の懲戒処分とした。吉田被告は同日付で辞職した。監督責任を問い、上司の男性警部(53)も所属長注意とした。

 監察官室によると、吉田被告は交際をめぐるトラブルから今年4〜8月、48回にわたり女性の携帯電話に脅迫メールを送り付けたほか、昨年11月〜今年3月、県警情報管理課に警察電話を3回かけ、女性の自宅周辺に止めてあった車のナンバーから知人男性の住所を照会するなどした。

 鈴川信視首席監察官の話 警察官としてあるまじき行為。被害者の方におわび申し上げるとともに、再発防止に努める。

12'11 長崎県警 警部が勤務抜け出し、捜査車両で女性と不倫密会

管理人一言コメント・やりたい放題の警察組織!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 不倫相手の女性に会うために勤務を抜け出したとして、長崎県警は15日、県北地域の警察署に勤務する男性警部(46)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分とし、監督責任を問い、同署の男性署長(55)を口頭厳重注意とした。

 警部は同日付で依願退職した。

 県警監察課の発表によると、警部は昨年秋に女性と知り合い、今年3月に交際を始めた。8月上旬の未明、当直主任として勤務中に捜査用の車を運転して署を離れ、路上で女性と話し、約1時間半後に戻った。この間、同署管内で事件や事故の通報はなかったという。

 交際のうわさを聞きつけた署の幹部が問いただしたところ、警部は交際を認め、勤務を抜け出したことも判明した。警部は「部下を管理監督する立場でありながら、大変申し訳ないことをした」と話したという。

 同課の鰐口達也首席監察官は「あるまじき行為。職員の指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努める」とのコメントを出した。

12'11 奈良県警 無謀追跡のバイクの女巡査長、相手のミニバイクに追突

管理人一言コメント・この女、どうやってミニバイクを停車させるつもりだったのか?

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 15日午前2時35分頃、奈良市大宮町の市道で、バイクでパトロール中の奈良署地域課の女性巡査長(25)が、ミニバイクに3人乗りしている少年らを発見して追跡。

 急ブレーキをかけたミニバイクに追突し、巡査長は転倒した。巡査長にけがはなかった。

 同署の発表によると、少年らはミニバイクを放置して逃走。同署は、このうち県立高校1年の少年(16)を見つけて補導した。

12'11 兵庫県警 パトカー無謀追跡中にミニバイクが電柱に衝突

管理人一言コメント・警官はウソつきで信用できない。

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 13日午前2時5分ごろ、兵庫県淡路市の市道でパトカーに追跡されていたミニバイクが自損事故を起こした。運転していた女子大生(21)と同乗の女子大生(27)がいずれも顔に傷を負うなど軽傷。

 淡路署によると、信号無視したミニバイクに、巡回中のパトカーが停止を求めたが、逃走した。赤色灯を点灯し追尾を始め、2人乗りも判明。約250メートル先の電柱に衝突した。

 同署は道交法違反の疑いで2人を調べている。

12'11 秋田県警 巡査長が運転、2日のパトカー衝突事故 外旭川交番前

管理人一言コメント・何を隠す必要があるのか訳わからん。

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 秋田市外旭川八柳の秋田臨港署外旭川交番前の県道で今月2日発生したパトカーとミニバイクの衝突事故で、同署は12日、パトカーを運転していたのは同署地域課の男性巡査長(49)だったと発表した。同署は、巡査長の安全確認が不十分だったとみて調べている。

 ミニバイクを運転していた同市の契約社員男性(34)は転倒し全身を打撲、約10日間のけがだった。

 同署によると、事故は午後2時20分ごろ発生。交番駐車場を出て右折しようとしたパトカーが、右側から直進してきたミニバイクに衝突した。パトカーの助手席には同課の男性警察官が乗っており、パトロールに向かう途中だった。

 ミニバイクの男性のけがの程度がはっきりしたことから、同署は事故の詳細を発表した。事故当時、「パトカーを運転していた警察官や事故形態は発表できない」としていた。

12'11 神奈川県警 巡査3人 無免許江の島ドライブ 検問で見つかる

管理人一言コメント・こんなのがいるんやな。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は10日までに、道交法違反(無免許)容疑で都筑署地域課の男性巡査(20)を書類送検した。送検は8日付で、県警は同日、減給の懲戒処分とし、巡査は依願退職した。

 送検容疑は9月30日未明、神奈川県藤沢市の江の島近くで乗用車を無免許で運転した疑い。

 県警によると、男性巡査2人が同乗しており、うち1人は無免許と知りながら車を貸していたとして同法違反ほう助容疑で書類送検した。3人は休日でドライブに来ており、検問を受けて発覚した。

12'11 神奈川県警 警部補が当て逃げ容疑 部下5人も通報せず

管理人一言コメント・訳の分らん犯罪だ事。

            ・・・・・・・・・・・・・・

 3人に軽傷を負わせる交通事故を起こして現場から立ち去ったとして、神奈川県警は9日、県警川崎署地域3課警部補、白澤准一容疑者(40)=横浜市都筑区南山田=を自動車運転過失傷害と道交法違反(事故不申告)容疑で逮捕した。現場に居合わせながら逃走を黙認した部下の警官5人についても、犯人隠避などの疑いで事情を聴いている。

 逮捕容疑は、2日午後3時15分ごろ、横浜市西区北幸1の市道で乗用車を発進させた際、前に駐車していた同市保土ケ谷区の建設作業員の男性(35)の乗用車の右後部バンパーに、開いていた自車左側の後部ドアを接触させ、逃走。男性と同乗していた妻(21)、長男(3)に軽傷を負わせたとしている。

 県警によると、白澤容疑者が運転していた車は7人乗りで、部下4人が乗っていた。車外にいた女性巡査1人も乗ったと思い込み、ドアが開いたままの状態で車を発進させた。この女性巡査を乗せないまま現場から逃走。部下5人も逃走を止めず事故の通報もしなかったという。

12'11 埼玉県警 追突事故負い目、交通違反見逃す 巡査部長ら書類送検

管理人一言コメント・ホンマに間抜けな警官集団だこと!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一時停止違反の原付きバイクにパトカーを追突させて運転者にけがをさせ、取り締まらずに逃がしたとして、埼玉県警は9日、犯人隠避と自動車運転過失傷害などの容疑で県警浦和署地域課の男性巡査部長(29)を、犯人隠避容疑で男性巡査(25)を書類送検した。

2人は容疑を認め、巡査部長は「事故の負い目で違反切符の告知ができなかった」と話している。

 県警は同日、巡査部長を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分に、巡査を本部長訓戒とした。

 送検容疑は、4月8日午前11時半ごろ、さいたま市浦和区大東の市道で、停車中のパトカーのギアをドライブにしたまま誤ってアクセルを踏み、一時停止違反のため、前方で停車させていた原付きバイクに追突。転倒させて、乗っていた大学生に左手首捻挫などのけがをさせた上、交通切符を切らずに大学生を逃がし、事故の申告をしなかった疑い。

 県警監察官室によると、同日午後、大学生の父親から同署に問い合わせがあり発覚した。
 北沢一浩首席監察官の話 県民の信頼を損ね、大変遺憾。業務指導を徹底し再発防止を図る。(

12'11 滋賀県警 警部補、不倫相手に情報漏らす 守秘義務違反疑い

管理人一言コメント・滋賀県警 警官の犯罪多発中!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 滋賀県警監察官室は8日、不倫相手の女性に職務上知り得た情報を漏らしたとして、組織犯罪対策課の30代の男性警部補を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで大津地検に書類送検した。女性を張り込みに同伴したこともあったという。

 送検容疑は、2009年12月中旬ごろと12年1月下旬ごろ、女性に捜査中の事件関係者の個人情報などを話し、守秘義務に違反した疑い。

 監察官室によると、県警に寄せられた相談内容なども話していた。「女性の関心を引こうとした」と容疑を認めている。

 8日、県警は警部補を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にし、警部補は依願退職した。

                
               ・・・・・・・・・・・・・・・・

★情報漏洩の元警部補、不起訴に 大津地検 2012.12.8

 捜査情報などを不倫相手の女性に漏らしたとして、地方公務員法違反(守秘義務違反)容疑で書類送検された県警本部組織犯罪対策課の元警部補の30代男性について、大津地検は7日、不起訴処分にしたと発表した。

 地検は処分の理由について「依願退職したことなどを考慮した」としている。

 元警部補は県警本部で勤務していた平成21年12月上旬ごろ、担当していた事件の関係者の個人情報を、不倫相手の女性に漏らしたなどとして、県警が11月8日に大津地検に書類送検していた。
プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード