13'4 岡山県警 捜査書類放置の警部補書類送検

管理人一言コメント・警官らしくて素晴らしい、現在はこんな警官ばかりなんだから!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 岡山県警の男性警部補(47)が交通事故などの捜査書類を未処理のまま長年放置していた問題で、県警は30日、公用文書毀棄(きき)の疑いで書類送検し、減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。警部補は巡査部長への降格を申し出ており、階級降格が認められれば初めて。

 送検容疑は、勝英署(現美作署)交通課主任だった1997〜99年と、玉島署交通課係長だった2011年4月、人身事故や飲酒運転の実況見分、供述調書など担当した計12事件の捜査書類119点を適切に事件処理せず、自家用車内の段ボール箱に隠した疑い。「書類作成が苦手で、後回しにしたり処理方法が分からず放置していた。異動の際にも今さら上司に相談できず、捨てると大変なことになると思い、車内に隠した」と話している。

 県警監察課によると、勝英署時代の重傷事故、飲酒運転など5件は書類送検の必要があったが、全て公訴時効を迎えていた。

 玉島署時代に交通違反の反則切符1件を未処理のまま紛失していたことが、今年2月に発覚。切符を捜していたところ、段ボール箱が見つかったという。

 県警によると、捜査員らの業務データを一元管理するシステムを導入する11年4月以前は、上司が個別の事件処理状況について把握するのが難しく、長年にわたり未処理に気付かなかったという。

 熊谷勉警務部長は「業務管理や職員への指導を徹底したい」とのコメントを発表した。

 岡山県警では昨年9月にも、未処理の捜査書類を児島署倉庫に隠していた50代男性警部補が書類送検されている。

スポンサーサイト

13'4 三重県警 22歳巡査、下半身画像をブログ投稿した疑い

管理人一言コメント・助けようが無い警官だ。

         ・・・・・・・・・・・・・

 三重県警は26日、自分の下半身の画像をブログに投稿し、女子高生とみだらな行為をしたとして、名張署の男性巡査(22)をわいせつ電磁的記録記録媒体陳列と県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで書類送検し、発表した。県警は巡査を同日付で停職6カ月の懲戒処分にし、巡査は依願退職した。容疑を認めているという。

 県警監察課によると、巡査は自宅官舎で携帯電話を使って自分の下半身を撮影し、昨年10月に画像をブログに投稿した疑いがある。さらに今年1月、ゲームサイトで知り合った当時17歳の女子高校生と三重県鈴鹿市内のホテルでみだらな行為をした疑いがある。「名前や職業を言っていないので、ばれないと思った」と供述しているという。

13'4 静岡県警 元警部補に罰金20万円=同僚の速度違反もみ消し 静岡簡裁

管理人一言コメント・身内に甘い警察。

           ・・・・・・・・・・・・

 同僚の速度違反をもみ消したとして書類送検された静岡県警袋井署の50代の元警部補について、静岡区検は26日、犯人隠避罪で略式起訴した。

静岡簡裁は罰金20万円の略式命令を出し、元警部補は即日納付した。

 起訴状などによると、元警部補は2011年12月14日、袋井市内で交通取り締まり中、同僚の速度超過を知りながら手続きを取らず、その場から立ち去らせた。

13'4 大阪府警 暴れる女を100キロ警官が馬乗り20分→女性死亡

管理人一言コメント・極めて悪質な警官の犯罪、殺人罪だ!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 昨年11月、大阪府堺市の自宅で暴れたとして、大阪府警堺署の男性警察官に押さえ付けられた女性(当時40歳)が意識不明となり、その後死亡する事故があり、府警が業務上過失致死容疑で調べていることが24日、捜査関係者への取材で分かった。警察官は装備を含めて100キロ近い巨漢で、制圧行為に行き過ぎがあり、府警は死亡との間に因果関係が認められるとみて捜査。警察官を書類送検する方針だ。

 堺署によると、昨年11月9日午前7時ごろ、女性の家族から「暴れている」と助けを求める110番があり、男性警察官を含む堺署員3人が自宅に駆け付けた。

 女性は自分の子供のおもちゃを投げたり、叫んだりするなど激しく暴れ、手の付けられない状態。そこで女性を制圧するため、まず玄関先の地面にうつぶせにさせ、3人がかりで手足を押さえたという。

 それでも女性が静まらなかったため、頭の上で両手に手錠をかけ、警察官のひとりが女性の背中を両膝で押さえつける正座のような姿勢で乗っかった。

 しかし約20分後、ようやく静かになったと思った女性が呼吸をしていないことに気付き、緊急の心臓マッサージを行いながら堺市内の病院に救急搬送。その5日後の11月14日、女性は死亡した。司法解剖の結果、死因は「低酸素性虚血性脳症」だった。女性に心疾患などの持病や外傷はなかった。

 女性の背中に乗った警察官は「かなり大柄」(堺署)で、体重は100キロ近くあったとみられる。府警は制圧行為に行き過ぎがあり、死亡との間に因果関係が認められるとみている。

 低酸素性虚血性脳症は、何らかの原因で呼吸機能が低下し低酸素状態となり、中枢神経系のうち、特に大脳皮質という大脳の表面の部分に重大な障害が発生する症状。世田谷井上病院の井上毅一理事長は「警察官が女性の上に乗ってしまったことで、胸郭(胸部の外郭を形成する部分)や顔面の口か鼻の部分を相当圧迫してしまったのではないか」と指摘。女性がうつぶせの姿勢で押さえつけられたことで呼吸機能が低下し、脳動脈を流れる動脈血に酸素が行き渡らなくなったとみられる。

 井上理事長によると、うつぶせになった人の上に体重の重い人や物が乗った状態が3分以上続くと、脳機能にダメージを与えるという。井上理事長は「20分も乗っていたとしたら非常に危険。その危険性を警察官が理解できていなかったことが問題」と話した。

13'4 愛知県警 無謀追跡のパトカーが出会い頭衝突、1人負傷

管理人一言コメント・雨の日に信号赤の交差点を無謀追跡すれば当然事故、全面的に警察が責任を取りなさい!

       ・・・・・・・・・・・・・・・

24日午後10時20分ごろ、愛知県半田市内の市道で、違反車両を追跡するために緊急走行していたパトカーが交差点に進入したところ、交差進行してきた軽乗用車と出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で軽乗用車を運転していた67歳の男性が軽傷を負っている。

愛知県警・半田署によると、現場は半田市白山町5丁目付近で片側1車線の直線区間。付近をパトロールしていた同署員が赤信号を無視して進行する乗用車を発見。サイレンと赤色灯を使用した状態で追跡を開始し、赤信号の交差点に進入した直後、左方向から交差進行してきた軽乗用車と出会い頭に衝突した。

衝突によって双方のクルマは中破。軽乗用車を運転していた同市内に在住する67歳の男性が頭部打撲などの軽傷。パトカーの乗員2人にケガはなかった。追跡対象だった違反車両は事故の混乱に乗じて逃走している。

事故当時は雨。交差点の手前は坂になっていて、パトカー側から交差方向の見通しは悪かったという。警察では運転していた巡査長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

13'4 北海道警 巡査部長が二日酔いで車出勤 道警、停職処分に

管理人一言コメント・処分が軽すぎる。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警は25日、二日酔いの状態で車を運転して出勤したとして、紋別署に勤務する40代の男性巡査部長を停職3カ月の懲戒処分にした。

 道警監察官室によると、巡査部長は2011年6月と12年12月、前日に飲食店や自宅でビールやウイスキー数杯を飲み、アルコールが残った状態のまま、車で紋別署に出勤したとしている。

 巡査部長は事実関係を認め、「酒が残っている感覚はあったが、飲酒運転には当たらないと思った」などと説明したという。辞職の意向は示していない。

 今年1月、出勤した巡査部長から酒のにおいがしたため上司が注意し、監察官室が調べていた。

13'4 神奈川県警 交番訪ねた女性に制服姿の巡査がキス迫る 24歳巡査を逮捕

管理人一言コメント・この種警官による犯罪の多いこと

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交番に相談に訪れた女性にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警監察官室は22日、特別公務員暴行陵虐容疑で県警相模原署地域2課の巡査、辻大志容疑者(24)=同県厚木市温水西=を逮捕したと発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は当直勤務中の20日午前0時ごろ、相模原市中央区内の公園で、交番に相談に訪れた同市在住の30代の無職女性にキスするなど、わいせつな行為をしたとしている。

 同室によると、女性は19日夜、現場の公園近くの交番に相談に訪れたが、この交番の勤務員が別の任務にあたっていたことから、上溝駅前交番に勤務していた辻容疑者が派遣された。

 辻容疑者は午後11時ごろから約1時間、女性から相談を聞いた後、「行こうか」などと公園に誘い、公園の壁と遊具に囲まれた周りから見えにくい場所で制服を着用したままわいせつな行為に及んだ。その際、暴行や脅迫はなかったといい、強制わいせつ容疑での立件は見送った。21日に同署に女性から届け出があり、県警が調べていた。

 保坂都彦・監察官室長は「警察の職務に対する信頼を大きく損なうものであり誠に遺憾。捜査の結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした

13'4 山形県警 捜査書類 自宅に放置

管理人一言コメント・多いこの種犯罪

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警の警察署に所属する巡査が昨年3~10月、自身が作成した窃盗事件の捜査書類を上司に出さないまま無断で自宅に持ち帰り、放置していたことが県警への取材で分かった。巡査は「幹部から添削指導を受け、何度も訂正を求められて臆病になり、そのまま忘れた」と話している。県警は2月下旬、巡査を所属長注意処分とした。こうした事実や処分は公表されていない。

 県警は、公用文書毀棄の疑いでの立件も視野に入れて調べていたが、「書類を隠す意図はなかった」と判断し、見送ることを決めたという。

 県警監察課などによると、放置されていたのは、事件発生時に現場の状況などを記録する「実況見分調書」。

 巡査は2010年10月上旬~11年6月下旬、勤務する警察署管内で発生した窃盗事件数件の実況見分調書の作成を担当したが、上司から繰り返し訂正を求められ、その後、調書を交番の個人用ロッカーに置いていた。異動になった昨年3月下旬、調書を自宅に無断で持ち出し、同10月上旬まで放置していた。

 巡査は県警の調べに「異動でロッカーを後任者に引き渡すため、とりあえず自宅に持ち帰った。その後は忙しくて、上司に提出することを忘れていた」と話している。

 昨年秋、県警の内部調査で捜査書類が提出されていないことが判明。巡査への聞き取りで、調書が放置されていたことが分かった。該当する事件は、いずれも未解決という。捜査資料の持ち出しは、外部への情報流出を防ぐため、捜査上必要な場合などを除いて、内規で禁じられている。

 県警監察課は「捜査書類の管理が徹底されておらず、長期間の未提出事案が発生した。個々具体的に点検するなどの対応を徹底していきたい」としている。事実を公表しなかった理由については、「調書の未提出が、実質的に捜査に影響しておらず、隠すという意図があったわけでもない」などと説明した。

 県内の警察署では昨年3月にも、刑事事件の捜査書類数件を約1年間にわたって処理せず放置していたとして、署の担当係長の男性警部補(当時)が本部長訓戒処分、上司の男性警部(同)が本部長注意処分を受けている。

12'4 福岡県警 無謀パトカー追跡中で原付バイクがトラックと衝突

管理人一言コメント・3キロに渡り無謀に追跡しており事故は警察が責任を取れ!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

大牟田市で パトカー追跡中の原付バイクがトラックと衝突する 交通事故が発生した。

19日午前5時過ぎ、福岡県大牟田市日出町の交差点で、パトカーに追跡されていた2人乗りの原付バイクが、赤信号を無視して交差点に進入し、大型トラックと衝突した。

少年らのバイクはおよそ3キロにわたってパトカーの追跡を受け、信号無視を繰り返しており、この事故で2人とも病院へ運ばれたが、いずれも命に別状はないという。

追跡行為について大牟田警察署は、「現時点では問題なかったと判断している」としている。

13'4 大阪府警 ひき逃げ事件の調書捏造、元署員ら書類送検

管理人一言コメント・悪質な犯罪だ!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は17日、阿倍野署でひき逃げ事件の被害者調書の捏造(ねつぞう)、浪速署で証拠品などの無断廃棄があったとして、当時の両署員ら計3人を書類送検したと発表した。
「捜査に対する信用を失墜させる行為。再発防止に努めたい」としている。

 阿倍野署では、昨年3月に定年退職した交通課の元巡査部長(61)が虚偽公文書作成容疑など、一緒に捜査に当たった部下の巡査長(32)も公文書偽造・同行使のほう助容疑で書類送検された。

 発表では、ひき逃げ事件は2011年12月20日に発生。自転車の男性が交差点で乗用車にひき逃げされ、1週間のけがを負い、6日後に50歳代の女性が同署に出頭した。男性は運転手は見ていないと話したが、元巡査部長は翌年3月、調書に「(事故直後に)運転席から50歳代の女性が降りてきた」などと虚偽の事実を記したという。

13'4 石川県警 珠洲署の巡査長が無断欠勤で分限免職

管理人一言コメント・これで退職金ありとは!

     ・・・・・・・・・・・・・・・
無断欠勤を長期間続けた珠洲警察署の20代男性巡査長について、石川県警察本部が地方公務員法に基づき分限免職とすることが分った。

男性巡査長は今年1月下旬に行方不明となり、無断欠勤が続いていた。

分限免職は、勤務実績や健康状態などを理由に職務を十分に果たせない場合、公務員を退職させることができる制度で、懲戒処分ではないことから退職金は支給されるということ。

県警では今後裁判所を通じ本人に処分を通達する手続きをとることにしている。

13'4 警視庁 白バイがUターンの清掃車と衝突 巡査部長が怪我

管理人一言コメント・交差点での緊急走行は危険、特権意識を持つと結果が出る。

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 17日午前9時30分ごろ、東京都中野区東中野2の路上で、警視庁第4方面交通機動隊の男性巡査部長(33)が白バイで緊急走行中、対向車線からUターンしてきたごみ収集車と衝突した。同庁交通総務課によると、男性巡査部長は頭を強く打つなどした。

 同庁中野署は、ごみ収集車を運転していたのは45歳の男性。同署は男性から詳しい事情を聴いている。

 現場は山手通りの片側2車線の道路。交通総務課によると、目撃者の話から、白バイはサイレンを鳴らして走っており、緊急走行中だったとみている。

13'4 大阪府警 証拠品廃棄:警部補を書類送検

管理人一言コメント・この種、警官による犯罪が多発している、処分が軽すぎるのだ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 証拠品の金属製特殊警棒などを勝手に廃棄したとして、大阪府警は17日、浪速署生活安全課係長だった男性警部補(58)を証拠隠滅と公用文書毀棄(きき)容疑で書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にした。警部補は「事件にならないと思い、証拠品との認識はなかった」と否認しているという。

 送検容疑は2011年9〜10月、長さ54センチの警棒を署内のごみ捨て場に廃棄。警棒を押収した際の捜査書類計16通もシュレッダーで裁断した、としている。別の警察署への異動直前に処分したという。

 府警によると、大阪市浪速区内を警戒中の別の署員らが11年3月、40代男性に職務質問した際、警棒を隠し持っていたため、府安全なまちづくり条例違反容疑で警棒を押収した。同条例は、正当な理由なく警棒を所持することを禁じている。府警はこの日、男性を同条例違反の疑いで書類送検した。立件しなかった場合でも、証拠品などは所有者に返還することになっている。

13'4 埼玉県警 警察署長「私的に不適切な行為の疑い」で異動

管理人一言コメント・厳重処分にしなければ!!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警警務課は15日、越谷署長の緑川清正警視を警務部付とし、後任に警務部理事官兼監察官兼市警察部副部長兼総務課長兼第1方面本部副本部長の新井孝司警視を充てる人事を発令した。


 県警は「私的に不適切な行為が疑われたためで、署の業務や管理に支障を及ぼす可能性がある」と異動の理由を話すが、不適切な行為の中身は明らかにしなかった。県警によると、3月下旬に監察官室に情報が寄せられていたという。

 大塚尚・県警警務部長は「幹部職員が私的に不適切な行為をした疑いで調査の対象となり、誠に遺憾。調査は慎重かつ徹底して行い、明らかになった事実に即して適切な対応を図りたい」とコメントした。

13'4 兵庫県警 大学の女子トイレに侵入容疑、巡査部長を逮捕

管理人一言コメント・不良警官日本一だけあって何でもいつでもやります犯罪を!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 大学の女子トイレに忍び込んだとして、兵庫県警は15日、県警警備課巡査部長の上芝正訓(まさのり)容疑者(30)=神戸市灘区岩屋北町5丁目=を建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。「のぞき目的で侵入した」と容疑を認めているという。

 社署などによると、上芝容疑者は14日午前11時ごろ、兵庫県加東市にある兵庫教育大の女子トイレの個室に忍び込んだ疑いがある。隣の個室の女子学生が、上からのぞかれている気配を感じて声をあげ、逃げ出した容疑者を追跡。駐車場から走り去る車のナンバーを記憶したという。14日は公休で、前日は淡路島の地震で県警本部の災害警備本部に詰めていた。

 監察官室の有田幸司室長は「警察官としてあるまじき行為。厳正に対処する」とコメントした。

13'4 山形県警 山形署の巡査部長、個人情報:記載の書類を一時紛失

管理人一言コメント・管理不十分だからこんなことに。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警広報相談課は14日、山形署の男性巡査部長10+件(57)が、住民の個人情報などの書かれた書類の入ったバインダーを一時紛失したと発表した。中には、住民から警察に相談があった際に作成する「警察安全相談受理簿」の写しや「案内簿」、メモ用紙があった。少なくとも17人分の名前や住所、生年月日など個人情報が含まれていた。個人情報の書かれた資料の紛失は今年1月に続き2回目。

 同課によると、巡査部長10+件は11日午前8時ごろ、住民の相談に対応するため山形署を出発し、現場の山形市青柳で確認作業の際にバインダーを使用。13日午前10時ごろ、近くでバインダーを拾った男性が山形署楯山駐在所に届け出て紛失が発覚した。巡査部長10+件は車の上にバインダーを置いて発進したとみられる。

 同課は「現場では必要のない個人情報が書かれた書類まで持ち出したのは妥当でなかった」と述べ、今後は個人情報の書かれた書類の庁舎外持ち出しを厳しくチェックする方針を示した。

13'4 京都府警 巡査、自宅で大麻所持容疑 兵庫県警が逮捕

管理人一言コメント・こんなのばかりだ京都府警!

            ・・・・・・・・・・・・

 大麻を自宅で所持していたとして、兵庫県警薬物銃器対策課と生田署は12日、大麻取締法違反容疑で京都府警伏見署警務課の巡査、島村亮容疑者(32)=大津市竜が丘=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は12日午後0時半過ぎ、自宅で若干量の大麻を所持していたとしている。


            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

★大麻所持容疑:京都府警巡査を逮捕

 自宅で乾燥大麻を所持していたとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは12日、京都府警伏見署警務課留置管理係の巡査、島村亮容疑者(32)=大津市竜が丘=を大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。自宅からは覚醒剤とみられる微量の粉末がついたポリ袋約30袋が見つかり、覚せい剤取締法違反(使用)容疑でも調べる。

 逮捕容疑は同日、自宅でポリ袋入り乾燥大麻約4グラムを所持していた、とされる。同課によると、「自分で使うためだった」と容疑を認めているという。

 別の覚せい剤取締法違反事件の密売先を捜査する過程で島村容疑者が浮上。この日、同法違反(譲り受け)容疑で自宅や伏見署などを捜索した。島村容疑者が立ち会い、脱法ハーブとみられる植物片やパイプも押収した。

 京都府警によると、島村容疑者は2008年10月に採用され、10年11月から伏見署地域課に勤務。今年3月、同署警務課留置管理係に異動した。山根弘行首席監察官は「勤務態度に問題があったとは聞いていない。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」と話した。

13'4 鹿児島県警 20歳女巡査のミニパト、事故

管理人一言コメント・不適格者だ!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 13日午前1時40分頃、鹿児島市田上5の市道で、鹿児島県警鹿児島西署の女性巡査(20)が運転するミニパトカーが右カーブを直進し、ガードレールに衝突。

 ミニパトの右前タイヤ付近とガードレールの一部を破損した。同署の発表では、女性巡査は男性警部補(54)と巡回中で、「前方不注意だった」と話しているという。同署の米沢昭博副署長は「再発防止を徹底したい」と述べた。

13'4 岩手県警 懲戒処分:酒気帯び運転の警部補、停職6カ月

管理人一言コメント・処分が軽すぎる!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は10日、酒気帯び運転とスピード違反をしたとして検挙した県警本部勤務の警部補(41)を停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。同日、道交法違反容疑で盛岡地検に書類送検し、警部補10+件は依願退職した。

 県警監察課によると、警部補は3月1日午後11時15分ごろ、盛岡市下厨川の市道で、酒気を帯びた状態で法定の時速を22キロ上回る82キロで乗用車を運転し、覆面パトカーに検挙された。勤務終了後の同日午後6時ごろ〜10時ごろ、飲食店でビールや日本酒を4、5杯飲み、帰宅途中だったという。

 また県警は、昨年12月25日〜今年1月4日に警察手帳を紛失した県央の警察署勤務の巡査長(37)も戒告処分とした。手帳はその後、パトカー内で見つかった。

 今月6日には盛岡東署の巡査部長が脅迫容疑で逮捕され、警察官の不祥事が相次いでいる。西野悟首席監察官は「再発防止を図り、信頼回復に努める」との談話を出した。

13'4 愛媛県警 拳銃放置:男性警部補を訓戒処分

管理人一言コメント・処分が軽すぎる!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警の男性警部補が拳銃を個人ロッカーに放置したとして、所属長訓戒処分を受けていたことが10日、県警監察官室への取材で分かった。

 交番勤務の男性警部補は1月10日、実弾を抜いた拳銃を保管庫に入れず、個人ロッカーに放置。処分は3月18日付で、拳銃の出し入れを管理する上司の警部も同処分を受けた。県警の拳銃の不適切保管は昨年以降3件目。

13'4 神奈川県警 警部補、痴漢容疑で逮捕

管理人一言コメント・警官だから何でもやります!

・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は7日、駅で女性の下半身を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで、同県警自動車警ら隊の男性警部補(38)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は7日午後5時50分ごろ、JR横浜駅のホームで、電車に乗り込んだ際、車内から降りてきた同県平塚市の派遣社員の女性(43)の尻を擦れ違いざまに触った疑い。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★太もも触り女性に取り押さえられた38歳警部補

 神奈川県警は7日、県警自動車警ら隊の警部補、江刺家(えさしか)一也容疑者(38)(川崎市川崎区大島)を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕した。


 県警監察官室の発表によると、江刺家容疑者は同日午後5時50分頃、横浜市西区のJR横浜駅・京浜東北線のホームに到着した下り普通電車に乗り込んだ際、電車から降りてきた平塚市の女性(43)の背後から太ももなどをすれ違いざまに触った疑い。女性が江刺家容疑者を取り押さえ、駅員からの通報で駆け付けた戸部署員に引き渡した。女性以外に目撃者はいなかったという。

 江刺家容疑者は7日午後1時頃から、同隊の歓送迎会で同僚らと飲酒しており、「触った覚えはない」と容疑を否認しているという。

13'4 愛知県警 名古屋市でパトカー追跡の車が衝突事故 1歳男児など4人重軽傷

管理人一言コメント・追跡による巻き添え事故は警察が責任を取れ!

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5日午前、愛知・名古屋市北区の国道で、パトカーから逃走していた乗用車が衝突事故を起こし、1歳の男の子が巻き添えとなるなど、4人が重軽傷を負った。

5日午前10時ごろ、名古屋市北区会所町の国道41号線の交差点で、パトカーから逃走していた乗用車が赤信号を直進し、乗用車と衝突した。

さらに、衝突された乗用車は、横断歩道を渡っていた自転車2台と次々にぶつかった。

この事故で、衝突された乗用車に乗っていた会社員の男性(39)が鎖骨を折り重傷、また、自転車に乗っていた20代の夫婦と1歳の息子が打撲などの軽傷を負った。

事故を起こした乗用車は、現場近くの交差点で信号を無視し、パトカーから逃走していた。

愛知県警北署の岩下義雄副署長は、「パトカーによる追跡は適切な職務執行だった」とコメントしている。

13'4 岩手県警 脅迫容疑で巡査部長逮捕

管理人一言コメント・何でもやります警官は!

            ・・・・・・・・・・・・・・

 岩手県警紫波署は6日、知人女性の交際相手を脅したとして、脅迫の疑いで盛岡東署交通課巡査部長関勝幸容疑者(42)=盛岡市中堤町28の8=を逮捕した。

 同署によると「やっていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は1月下旬ごろから2月中旬ごろまでの間、自分の知人女性と交際していた盛岡市内の男性(31)に「会社を辞めなければ危害を加える」などとした脅迫文を2通郵送した疑い。

 紫波署が男性から被害届を受け、発覚した。

 県警の西野悟首席監察官は「県民の安全を守るべき警察官が逮捕され誠に遺憾。深くおわびする」としている。

13'4 兵庫県警: 巡査部長が交通費130万円不正受給

管理人一言コメント・処分が軽い!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警監察官室は5日、3年5カ月間で計約130万円の通勤交通費を不正受給していたとして、県警本部警備課の男性巡査部長(41)を停職6カ月の懲戒処分とし、詐欺容疑で神戸地検に書類送検した。巡査部長は同日付で依願退職した。

 送検容疑は、巡査部長は08年12月〜12年4月、家族と別居して神戸市中央区の賃貸マンションから同区の県警本部まで徒歩で通勤していたのに、同県三田市の自宅から電車やバスで通勤していると偽り、計約130万円を不正受給していたとされる。すでに全額を返還している。

 消費者金融に約200万円の借金があり、「子どもの養育費や別居で生活費に困っていた」と認めているという。監査の際は、実際に定期券を購入して示し、監査後に解約する手口で発覚を免れていたという。12年10月に匿名の通報があり発覚した。

13'4 千葉県警 カンニング:警察学校試験で 31歳巡査長処分

管理人一言コメント・処分が軽すぎる!

          ・・・・・・・・・・・・・・・

 警察学校の試験でカンニング行為をしたとして、県警監察官室は4日、市川署地域課の男性巡査長10+件(31)を戒告処分とし、同日付で巡査部長への昇進予定を取り消した。

 県警によると、巡査長10+件は2月、関東管区警察学校で習熟度を測る学科試験を受けた際、問題用紙と机の間に解答の参考になるような紙を挟んでいたという。試験場を巡回していた教官に発見され、その後、巡査長は退校処分となった。

 学科試験の科目は、110番通報時の対応などを学ぶ「初動警察活動」。巡査長は着ていた制服のポケットにも書き込みのあるメモのような紙を3枚隠していた。監察官室の調べでは、紙に書かれた内容は答案に反映されなかったといい、巡査長10+件は「カンニングと疑われることをしてしまい、反省している」などと話しているという。

 巡査長は昨年、昇進試験に合格し、昇進予定者を対象とする巡査部長任用科に所属していた。監察官室は「信頼される職員の育成に努めていく」とコメントした。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード