スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13'6 京都府警 事故処理で虚偽記載容疑 巡査を書類送検

管理人一言コメント・組織犯罪集団の京都府警の言うことは全て信用出来ない!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警下京署地域課の20歳代の男性巡査が物損事故を処理した際、同乗者を運転者とする報告書を作成していたことがわかった。府警は巡査を虚偽公文書作成・同行使容疑で京都地検に書類送検し、内部処分した。調べに巡査は「人物の確認不十分で、間違えた」と説明しているという。

 府警によると、巡査は昨年10月、京都市下京区の駐車場内で女性2人が乗った乗用車が車止めにぶつかった物損事故の処理を担当。報告書に、助手席の女性が運転していたとする虚偽の内容を記し、上司に提出した疑い。

 後日、女性2人が同署を訪れ、同乗の女性が「自分は運転していなかった」と明かしたことから発覚した。府警監察官室は「虚偽記載になった原因はわかっていないが、運転者の特定を誤ったのは遺憾。再発防止に努める」としている
スポンサーサイト

13'6 大阪府警 女警官 不倫発覚し訓戒 交際相手に暴力の巡査は減給

管理人一言コメント・爆笑、また爆笑。これが警官の私生活!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大阪府警は27日、交際していた30代の女性巡査部長に暴力を振るったとして傷害容疑で逮捕した寝屋川署巡査の井上彰容疑者(28)について、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした

 女警官についても過去の職場内不倫が捜査の過程で判明し、本部長訓戒とした。2人とも同日付で辞職した。

 監察室によると、井上容疑者は5月16日夜、同居していた女性宅で、他の男性とメールのやりとりをしていると疑って腹を立て、回し蹴りするなどしたとされる。

 交際中、女警官の過去の不倫関係が次々に分かり、口論になることがしばしばあったという。

2012年11月~今年4月にも、女性に暴力を振るって腰やあばらの骨を折る重傷を負わせており、府警は傷害容疑で追送検する。

13'6 福岡県警 警察学校寮で同僚の金盗む 容疑の巡査、書類送検

管理人一言コメント・すごい、すごい!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 警察学校の学生寮で同僚の財布から現金を盗んだとして、福岡県警は27日、県警察学校(福岡市中央区)所属の男性巡査(19)を窃盗容疑で書類送検した。県警監察官室は同日付で巡査を停職3カ月の懲戒処分にし、巡査は依願退職した。

 送検容疑は6日午前7時40分ごろ、寮の同僚の部屋に入り、同期の男性巡査2人の机の中にあった財布から計2万円を盗んだ疑い。「貯金をおろすのがもったいなかった」と容疑を認めており、「人としてやってはいけないことをした」などと話しているという。

 監察官室によると、巡査は寮で朝食を急いで食べ、同僚より先に部屋に戻って現金を盗んだという。同僚2人から「金がなくなっているようだ」と教官に申し出があり、教官が巡査に問いただしたところ、犯行を認めた。

 巡査は2~5月にも、別の同僚5人から同じ手口で計4万円を盗んだと供述している。ただ5人に被害を申告する意思がなく、県警は立件を見送った。

 巡査は昨年10月に福岡県警に採用された。寮には約440人がおり、一部屋に5~7人が入居しているという。

 高木正浩・首席監察官は「誠に遺憾。職員に対する指導をさらに徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。

13'6 富山県警 元警部補、守秘義務違反認める 富山の夫婦殺害

管理人一言コメント・殺人も含めて死刑にしなかれば遺族も納得しないだろう。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 富山市の会社役員夫婦殺害事件で殺人容疑などで逮捕され、処分保留となっている元富山県警警部補の加野猛被告(54)に対する地方公務員法(守秘義務)違反の初公判が27日、富山地裁(田中聖浩裁判長)であり、加野被告は起訴事実を認めた。

 検察側は懲役1年を求刑し、即日結審した。判決は7月25日。

 起訴状によると、加野被告は高岡署の留置管理係長だった昨年9月、留置人への差し入れのため同署に来た男性に、交友関係がある暴力団員の逮捕情報を漏らしたとされる。公判で加野被告は「前日からの長時間勤務の中でぽろっと言ってしまった」などと話した。弁護側は「実害はなく報酬も得ていない」として、罰金刑か執行猶予を求めた。

13'6 北海道警 女子中学生に強制わいせつ疑い 警部補逮捕

管理人一言コメント・再発防止策は厳罰処分以外にない!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警監察官室は26日、強制わいせつ容疑で、札幌市白石区本通17丁目南、白石署刑事1課警部補、中山洋介容疑者(34)を逮捕したと発表した。

 監察官室によると、中山容疑者は今月20日午後8時から同10時の間、同市内の中学校の女子生徒宅で、生徒に対して抱きついたり、キスをするなどのわいせつな行為をした疑いがもたれている。

 生徒の母親からの相談を受け、道警が調べていた。

 道警によると、中山容疑者は過去に生徒から職務として相談を受けていたという。中山容疑者は容疑をおおむね認めているが一部あいまいな供述をしているといい、道警はさらに詳しく調べている。

 中山容疑者は平成15年に道警に採用、同23年4月に現在の白石署の刑事1課強行犯係長となった。

 北海道警察本部監察官室は「厳正な処分を行う」とコメントした。

13'6 石川県警 警部、捜査費流用か・端緒は女性との交際情報

管理人一言コメント・厳罰にしなければ!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 石川県警組織犯罪対策課に所属する男性警部が捜査費を私的に流用していた疑いが浮上し、県警が業務上横領容疑での立件を視野に捜査していることが25日、捜査関係者への取材でわかった。


 捜査関係者によると、警部は捜査諸雑費を私的に流用し、交際費にあてていたという。捜査諸雑費は捜査に必要な情報を得るため、情報提供者と飲食した際などに、1回3000円を限度に捜査員へ支給されるという。

 県警に昨年秋、警部が暴力団関係者に近い女性と交際しているとの情報が寄せられたため、警部の身辺を調査。ここ5年間に警部が使用した捜査費を調べたところ、金額は少額だが流用の疑いが浮上したという。

13'6 新潟県警 見附署巡査長、酒気帯び運転で逮捕

管理人一言コメント・警官の飲酒運転犯罪の多いこと!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は24日、酒気帯び状態で乗用車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで長岡市美沢3、見附署地域課の巡査長の男(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は23日午後1時50分ごろ、長岡市豊田町のコンビニエンスストア前の県道で、酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。

 県警によると、容疑者の男はコンビニ駐車場で車から降りようとドアを開けた際、隣にあった長岡市の会社員男性の車にドアをぶつけた。男性に声を掛けられたが逃走したため、男性が110番通報した。

 長岡署が同市内で容疑者の男を発見。呼気1リットル当たり0・15ミリグラムを超えるアルコールが検出された。容疑者の男は「大変なことをした。取り返しがつかない」と容疑を認めている。

 県警によると、容疑者の男は23日は休日で、1人で運転していた。飲酒場所や状況、飲酒量、飲んだ酒について県警は「取り調べ中」とした。県警は当て逃げ容疑についても捜査する。

 県警の大和武彦首席監察官は「県民を挙げて飲酒運転の撲滅に取り組んでいる最中、警察官がこのような事案で逮捕されたことは誠に遺憾。県民の皆さまに深くおわび申し上げる」とした。

 県警では、飲酒していることを知りながらスナック経営者の女性に車の運転を依頼し、同乗したとして道交法違反の疑いで元見附署副署長の男性警視=当時(56)=が2011年に書類送検され、その後懲戒免職処分となった。

 12年1月には、元小出署地域課長の男性警部=当時(50)=が二日酔いで車を運転して出勤し、道交法違反の疑いで書類送検され、その後停職3カ月の懲戒処分となり依願退職した。

13'6 大阪府警 巡査長、5年間で事件6585件計上せず

管理人一言コメント・爆笑、組織犯罪を巡査長に責任を負わせるとは!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は25日、堺署刑事課員だった50歳代の男性巡査長が、街頭犯罪を統計上少なく装うため、2008~12年に自転車盗や車上荒らしなど計6585件を計上していなかったと発表した。

 同署の街頭犯罪を含む刑法犯認知件数は5年間で計1万2465件だったが、実際は約1・5倍の1万9050件だった。府警は「警察統計の信頼を損ねる行為」として巡査長を処分する方針。

 犯罪統計規則では、各警察署は被害届の受理と同時に「刑法犯認知情報票」を作成し、この数が各種犯罪統計の基礎となる。

 府警によると、巡査長は1994年から同署に勤務し、99年以降、刑事課司法係でこの業務を担当。08年以降、〈1〉近隣の駐車場で連続発生した複数の車上荒らしを1件とする〈2〉軽微な窃盗未遂事件は計上しない――など独自のルールを作り、窃盗事件や器物損壊事件を中心に情報票をデータ送信しなかった。

13'6 栃木県警 警部補が飲酒運転 缶酎ハイなど飲む 

管理人一言コメント・即刻、懲戒免職だ!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 非番中に酒を飲んで接触事故を起こしたとして、栃木県警さくら署は22日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県那須烏山市田野倉、宇都宮東署刑事2課警部、補渡辺克之容疑者(56)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は22日午後10時10分ごろ、栃木県さくら市氏家の県道で酒気帯び運転したとしている。

 県警によると、左側の駐車場に入る際、停車していた軽乗用車に接触。乗っていた女性(35)と子供3人にけがはなかった。

 渡辺容疑者は「宇都宮市内に借りているアパートで500ミリリットル入りの缶ビール2本と缶酎ハイ3本を飲んだ」と容疑を認めている。

 松田正司首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で深くおわびします。職務倫理を徹底し、再発防止に努めます」とのコメントを発表した。

13'6 栃木県警 違反車を追跡のパトカー、発進直後に出会い頭衝突

管理人一言コメント・結局は事故を起こしただけのパトカーだ!!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月23日午前3時20分ごろ、栃木県宇都宮市内の県道で、違反車両を追跡しようとしていたパトカーと、交差進行してきた軽ワゴン車が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で軽ワゴン車に乗っていた3人が軽傷を負っている。

栃木県警・宇都宮東署によると、現場は宇都宮市宿郷2丁目付近。付近をパトロールしていた同署員が信号無視を行ったクルマを発見。停止を命じたうえ、近くの駐車場に誘導して職務質問を実施しようとしていたが、一旦は停止したクルマはパトカーに体当たりをしたうえ、急発進して逃走した。

パトカーはただちに追跡を開始しようとしたが、駐車場から県道に出ようとしたところで、右方向から進行してきた軽ワゴン車と出会い頭に衝突したという。

双方のクルマは中破。軽ワゴン車を運転していた芳賀町内に在住する63歳の男性と、同乗していた男性2人が打撲などの軽傷。パトカー側の警官にケガはなかった。

警察では運転していた30歳の男性巡査部長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いているが、安全確認に怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

13'6  京都府警 当て逃げの容疑で中京署巡査書類送検 車でバイクと事故

管理人一言コメント・警官らしい素晴らしい行動。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 中京署地域課の20代の男性巡査が今年3月、休暇中に当て逃げ事故を起こし、道交法違反(事故不申告)の疑いで書類送検されていたことが15日、わかった。府警監察官室は巡査を本部長訓戒とし、巡査は4月下旬、依願退職した。

 書類送検容疑は3月下旬、京都市北区の交差点で乗用車を運転中、バイクの男性と出合い頭に衝突し、そのまま逃走したとしている。男性にけがはなかった。巡査は「上司に怒られるのが怖かった」と容疑を認めているという。府警監察官室は「当時は警察官の身分だったため、厳正に措置した」としている。

13'6 山形県警 個人ロッカーに拳銃、県警が警部補を訓戒処分

管理人一言コメント・善良な市民に厳しく自分に甘い警察、素晴らしい!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県内の警察署に勤務する警部補が今年4月、勤務後に拳銃を定められた保管場所に戻さず、個人のロッカーに置いていたとして、県警がこの警部補を所属長訓戒としたことが14日、情報公開制度に基づき開示された資料で分かった。県警では今年2月にも警察署勤務の巡査が拳銃を個人ロッカーに置いたままにしたとして、所属長訓戒となったばかり。県警は「あらためて再発防止策を徹底する」としている。

 県警監察課によると、警部補は4月5日午後1時ごろ、勤務終了後にホルスターに入れた拳銃を個人ロッカーに置いたまま帰宅した。拳銃は本来、勤務後に署内などの保管庫に収めなければならないが、忘れていたという。警部補は翌6日と7日は休みで、当直勤務員が7日午後4時ごろ、保管庫を点検した際、警部補の拳銃が収められていないことに気付いた。

 個人ロッカーは施錠されていたため、拳銃が外部に持ち出されることなどはなかった。管理責任があるとして、保管庫の確認などを担う同署の警視と警部2人は2月の措置よりも重い本部長注意とした。

 警察手帳を山形市内で一時紛失したとして、巡査長を所属長訓戒としていたことも判明した。巡査長は4月10日午後1時ごろ、上司、同僚と飲食店で昼食後、警察手帳を落とした。直後に通行人が拾い、最寄りの警察署に届け出た。落下防止や紛失防止の措置をしていなかったという。上司は口頭注意を受けた。

 このほか、警察のネットワークにつながっているパソコン端末に個人のSDカードを接続し、楽譜を印刷した職員、鑑識作業中に証拠品のパンフレットを紛失した巡査、パトカーを運転中に物損事故を起こした巡査部長らを本部長注意、所属長注意とした。

13'6 埼玉県警 少女にみだらな行為 蕨署巡査を書類送検

管理人一言コメント・この種、警官による犯罪多発中!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 18歳未満の女性にみだらな行為をしたとして、県警が県条例違反の疑いで蕨署地域課の巡査の男(20)をさいたま地検に書類送検していたことが13日までに分かった。巡査は5月8日に県警から減給10分の1、3カ月の懲戒処分を受け、同日依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は1月下旬、蕨市内の独身寮で、携帯電話のサイトを通じて知り合った女性とみだらな行為をした。当時、巡査は19歳で、1月下旬から4月まで女性と交際しており、同室に「付き合っていたとはいえ、申し訳ない」と話したという。

 女性が4月、市内の路上で同署員に職務質問を受けた際、巡査との関係が発覚した。巡査は昨年4月に県警に採用され今年1月、蕨署に配属されていた。

13'6 警視庁 警部補を痴漢で逮捕 停職1カ月

管理人一言コメント・軽い処分だ事!

         ・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁は14日、電車内で痴漢したとして、埼玉県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕された尾久署交通課の男性警部補(57)を停職1カ月の懲戒処分にした。警部補は同日辞職した。

 警視庁によると、警部補は5月9日朝、埼玉新都市交通伊奈線の吉野原-大宮間で、乗り合わせた女子高校生(15)の太ももにかばんを接触させ、翌10日朝にも同じ生徒の胸などを手で触った。

 同10日に大宮駅で降りたところを現行犯逮捕され、28日に起訴猶予となった。

13'6 大阪府警 また! 巡査長が出勤中の電車で痴漢

管理人一言コメント・大阪府警だから何でもやりますよ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警は13日、京都府迷惑行為防止条例違反の疑いで大阪府警茨木署地域課の巡査長北口俊成容疑者(38)=京都府京田辺市=を現行犯逮捕した。逮捕容疑は13日午前7時半ごろ、出勤途中の近鉄丹波橋~竹田間(京都市伏見区)を走行中の電車内で、京都府内の女性会社員(26)の左太腿を、スカートの上から触った疑い。容疑を認めている。

 別の女性が北口容疑者から同様の被害を受けた際、携帯電話で北口容疑者の顔写真を撮影。この女性の相談を受け、鉄道警察隊員が警戒中だったという。大阪府警では今月に入り、虚偽調書の作成や証拠品のねつ造など、不祥事が相次いで発覚している。

13'6 神奈川県警 強姦未遂容疑などで元巡査部長再逮捕

管理人一言コメント・在職中の警官犯罪、これまた素晴らしい!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は13日、わいせつ誘拐と強姦(ごうかん)未遂容疑などで元警視庁巡査部長で無職の大村弘一被告(32)=東京都昭島市緑町、未成年者略取誘拐未遂罪で起訴=を再逮捕した。県警によると、「偽の警察手帳を見せた。手錠を使った」と供述している。

 逮捕容疑は、在職中の平成22年5月8日午後3時15分ごろ、相模原市中央区の路上で、高校3年生だった女子生徒=当時(17)=を職務質問を装い乗用車に乗せて誘拐。「騒いだら殺すぞ」などと脅して約1時間半監禁し、胸などを触った上、暴行しようとしたとしている。

13'6 三重県警 警部補運転の捜査用の車が人身事故 男性2人けが 

管理人一言コメント・自宅から捜査用の車で出勤とは。

             ・・・・・・・・・・・・・・

 13日午前7時半ごろ、津市高茶屋小森町の市道交差点で、三重県警捜査1課の男性警部補(40)が運転する捜査用の普通乗用車が、近くに住む男性会社員(37)の軽乗用車に衝突、警部補と男性はいずれも腹を打つなどして軽傷を負った。

 津南署によると、現場は信号がない交差点で、道路幅はいずれも約3メートル。中央線と一時停止線はなく、横断中の軽乗用車の左側後部に、左側から来た警部補の車が突っ込んだという。

 警部補は同県松阪市の自宅から津市の県警本部に向かう途中だった

13'6 神奈川県警 被害女性に県警謝罪 対応巡る警部補の虚偽報告で

管理人一言コメント・これが警察の通常捜査、素晴らしい!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県伊勢原市で女性(31)が元夫(32)に首を切られた事件をめぐり、県警伊勢原署の警部補が、事件前に署へ相談していた女性への対応でうそを報告していた問題で、荒牧康和署長が12日、女性が入院中の病院を訪れて謝罪した。女性は「今回の事件を教訓にして、同じようなことが起きないように」と希望したという。

 女性は一時重体だったが、意識を取り戻しているという。県警によると、女性は事件1カ月前の4月20日、「自宅前に隠しカメラのような箱が載った自転車がある」と伊勢原署に相談。元夫の関与をおそれた女性は、対応した地域課の警部補(40)に「箱の中身を確認してほしい」と求めたが、確認されなかった。

 また生活安全課のDV・ストーカー担当の警部補(49)も自転車の所有者から探偵が関与している可能性を認識したのに、女性に伝えなかった。さらに「女性の携帯に1度電話し、折り返しを待っていた」などとうその説明をしていた。

13'6 大阪府警 「組織守ろうと思った」証拠捏造の堺署元警部補

管理人一言コメント・安易に判断、素晴らしい!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警堺署刑事課で、薬物事件で押収した注射器が一時なくなり、無関係の注射器が証拠品にされた問題で、証拠捏造(ねつぞう)を認めた同課の元男性警部補(60)(退職)が府警の聴取に「組織を守ろうと思った」と動機を話していることがわかった。


 他の関係者の処分を避けようとしたとみられるが、捏造が発覚すれば、紛失とは関係ない自らの責任が問われるため、府警はさらに詳しい経緯を調べる。

 捜査関係者によると、元警部補は2010年4月、同署に赴任。その後、各事件の証拠品を点検中、05年6月に堺市堺区で覚醒剤などとともに発見、押収されたはずの注射器12本がないのに気付いた。

 府警の聴取に対し、元警部補は、前任者に注射器の所在を確認するなどして捜したが見つからず、公訴時効(2012年6月)が成立する際には、改めて証拠品が点検されて紛失が発覚する恐れがあり、放置できないと思ったと説明した。

 元警部補は紛失を隠すため、証拠書類や写真を見て本物と同じタイプの注射器を調達。自分が紛失したわけでもないのに捏造した理由について「組織を守りたかった」と話したという。

13'6 秋田県警 停車中の消防車両に追突、5人負傷 男性巡査を書類送検

管理人一言コメント・前方注視!安全運転で。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 秋田県仙北市の国道で4月、仙北署の捜査用ワゴン車が角館消防署の救助工作車に追突、5人が負傷した事故で、仙北署は、自動車運転過失傷害の疑いで、ワゴン車を運転していた男性巡査(23)を書類送検した。11日付。

 送検容疑は、4月9日正午ごろ、仙北市の国道341号で、前方に停車中の救助工作車に追突し、同乗の男性巡査部長(49)に右足骨折の重傷を、工作車の男性消防士3人にも軽傷を負わせたとしている。男性巡査も右足骨折など重傷。

 同署によると、男性巡査は「前をよく見ていなかった」と話している。

13'6 警視庁 虚偽の反則切符交付した巡査部長を逮捕

管理人一言コメント・ええ、こんな事やるんだ!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 信号無視の取り締まりで、実際より軽い罰則の反則切符を交付したとして、警視庁交通捜査課は11日までに、浅草署地域課の巡査部長、中野巌容疑者(51)=千葉県松戸市松戸新田=を虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕した。同容疑者は「偽造は記憶にない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は2011年12月上旬、東京都台東区浅草の路上で信号無視をした乗用車の運転手に「原付きの反則金にしてやる」と持ち掛け、原動機付き自転車で交差点を大回りした「右左折方法違反」とする虚偽の反則切符を作成するなどした疑い。

 乗用車の信号無視は反則金7千円、反則点数2点の違反だが、原付き自転車の右左折方法違反は反則金3千円、反則点数1点で済む。同庁は動機や、他にも同様の不正がなかったか調べている。

13'6 青森県警 容疑者の妻と官舎で2人きりで 警部を処分

管理人一言コメント・警察は暇だから女と酒盛り、酒盛り!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 逮捕された容疑者の妻と2人きりで官舎で酒を飲むなどしたとして、青森県警は11日、本部に勤務する30歳代の男性警部を減給1か月(10分の1)の懲戒処分にした。


 発表によると、警部は警察署の課長だった今年1月、逮捕された男性の妻から私的な相談を持ちかけられ、2人でスナック2軒で飲酒した後、官舎で酒を飲むなどした。2月にも官舎で2人で酒を飲むなどした。

 男性が4月上旬、妻と警部がメールのやり取りをしているのを知り、県警に連絡した。警部は「相談を受けているうちにかわいそうになった」と話している。

 県警は捜査情報の漏えいはなかったとしている。また、当時の署長を本部長口頭厳重注意、次長を所属長口頭厳重注意とした。

 県警の伊藤奨警務部長は「県民の信頼回復に努める」とコメントした。

13'6 山口県警 巡査、警察署女子トイレに侵入容疑 盗撮目的か

管理人一言コメント・こんなことばかりの警察!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自身が所属する警察署の女子トイレに侵入したとして、山口県警は11日、岩国署地域1課巡査の江村望容疑者(21)を建造物侵入容疑で逮捕し、発表した。盗撮目的だったとみている。

 県警監察官室の発表によると、江村巡査は10日正午ごろ、岩国署1階の女子トイレに侵入した疑いがある。トイレの個室に入った女性警察官が、隣の個室とのすき間から携帯電話のような物が差し出されているのを見つけ、ドアを開けさせたところ、スマートフォンを持った制服姿の江村巡査が出てきた。調べに対し「わかりません」と容疑を否認しているという。

 江村巡査は岩国市内の交番に勤務。10日は交番の当直を終え、引き継ぎなどのために岩国署に来ていた。事情聴取中に意識をなくして倒れたが、11日に体調が回復したため逮捕した。

13'6 大阪府警 虚偽調書「本部と協議」 堺署巡査長供述

管理人一言コメント・嘘の塊りの警察、嘘の言いあい爆笑!!

           ・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警堺署の留置場で起きた公務執行妨害事件を巡り虚偽調書が作成された問題で、留置管理課の巡査長(33)が府警の調べに「(虚偽調書の作成が疑われている)刑事課員から『府警本部や副署長と協議した結果』と言われたので調書に署名した」と供述していることがわかった。刑事課員はこの発言を否定しているといい、府警は組織的な関与の有無も調べる。

 複数の府警幹部は読売新聞の取材に「府警本部が虚偽の調書作成を了承した事実はない」と答えている。

 府警監察室などによると、この刑事課員は昨年12月初旬、留置場に勾留中の男が留置管理課の巡査長を殴ったとする公務執行妨害事件の捜査を開始。事件発生時に作成された巡査長ら2人の供述調書では、上司の巡査部長が暴れる男を保護室に入れるよう指揮したことになっていた。

 だが、刑事課員は巡査部長が不在だったことに気付き、その後、「巡査長が独自の判断で保護室収容を決めたことを上司に怒られないよう、もう1人と口裏合わせした」とする調書を作成。実際には、2人の虚偽調書は、留置管理課の警部補(50)の指示で作成されていたが、警部補の関与には触れなかったという。

 巡査長は府警に対し、刑事課員から府警本部などと協議した結果だと言われ、示された調書に署名したと説明。一方、刑事課員は、警部補が虚偽調書作成を指示したこと自体も知らなかったと話しているという。

13'6 山口県警 巡査長、同僚の手錠盗んだ疑いで書類送検

管理人一言コメント・すぐバレルのにやる、これが警官のアホな姿!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・

 山口県警本部に勤務する男性巡査長(27)が同僚の手錠を盗んだとして、窃盗容疑で山口地検に書類送検されていたことが11日、分かった。巡査長は書類送検された5月31日付で減給3か月(10分の1)の懲戒処分を受け、依願退職した。県警は書類送検や処分について発表していなかった。

 県警監察官室によると、巡査長は4月1日付で警察署から本部に異動し、同2日の貸与品点検を受ける前に、鍵がかかっていなかった同僚の男性警官のロッカーから手錠を盗んだ疑い。巡査長は3月下旬に手錠を紛失したことに気付いたが、上司に報告しなかった。

 男性警官は4月16日に手錠がなくなっていることに気付き上司に報告。手錠の管理番号を点検記録と照合し、巡査長が点検時に所持していたことが判明した。巡査長は「(手錠を紛失したことを)怒られるのが怖かった。(男性警官の)ロッカーに鍵がかかっていて返せなかった」と説明。紛失した手錠は見つかっていないという。

13'6 大阪府警 元警部補、証拠品を紛失と思い込み捏造

管理人一言コメント・悪質な警官犯罪だ!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警元警部補の男性(60)が堺署刑事課の係長だった2010年、覚せい剤取締法違反事件の証拠品の注射器12本がなくなっていると思い込み、無関係の注射器を準備、証拠品として捏造(ねつぞう)していたことが11日、分かった。

 府警によると、注射器は05年6月、堺市の路上で拳銃や覚醒剤と一緒に発見された。10年春に堺署に配属された元警部補が証拠品を点検したところ、注射器12本が見当たらなかったため紛失したと考え、未使用の同種の注射器12本を準備し、証拠品であるかのように偽装した。

 元警部補は「公訴時効が近付いていたので、証拠品がないと問題になると思った。(捏造は)自分で思いつき、注射器は他の人に頼んで調達してもらった」と話しており、保存されていた書類や写真を基に注射器を探していたとみられる。

 元警部補は昨年3月に退職。今年4月、堺署刑事課が証拠品を一斉点検した際、署内の証拠品保管庫で、段ボール箱の中から本来の証拠品である注射器12本を発見した。堺署が5月初め、元警部補に事情を聴いたところ、捏造を認めた。

13'6 神奈川県警 警部補が虚偽報告 伊勢原の女性切りつけ事件

管理人一言コメント・警察はウソの塊り、警部補の犯罪多発中、警察はどうにもならない!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県伊勢原市で女性(31)が元夫の貞苅(さだかり)詩門(しもん)容疑者(32)=殺人未遂容疑で逮捕=に刃物で切られ重傷を負った事件で、県警は11日、事件前に女性から不審な自転車の相談を受けていた伊勢原署生活安全課の男性警部補(49)が県警の聴取に虚偽報告していたと明らかにした。

 県警によると、女性から4月20日に「カメラがついた自転車がある」と通報があり、同課の調べで探偵が設置したことが判明。警部補は当初、「被害者(の女性)と(探偵事務所に勤務する)所有者に電話をしたが、つながらなかった」と説明していたが、実際にはいずれにも電話していなかった。警部補は「事態の重大性に怖くなり思わず嘘をついた」と話したという。

 県警は「探偵が関係していることを伝えていれば予防措置を講じることができた可能性があり、重く受け止めている」とし今後、女性に説明、謝罪する

13'6 福岡県警 警部の実刑確定へ=強姦未遂事件-最高裁

 女性2人に対する強姦(ごうかん)未遂と強制わいせつなどの罪に問われた福岡県警警部新田隆被告(54)=起訴休職中=について、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は7日付で被告の上告を棄却する決定をした。懲役3年6月の実刑とした二審判決が確定する。

13'6 和歌山県警 知人女性暴行の巡査長略式起訴 罰金納め依願退職

管理人一言コメント・警官らしくてお見事!!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交際していた知人女性らへの暴行容疑で逮捕された県警留置管理課の巡査長(48)について、和歌山区検は7日、暴行罪で和歌山簡裁に略式起訴した。和歌山簡裁は罰金10万円の略式命令を出し、即日納付された。

 県警は同日、巡査長を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とし、事件当時の留置管理課次席を本部長注意、現課長と次席についても本部長口頭注意とした。巡査長は同日付で依願退職した。

 県警監察課の鳴海武則課長は「警察官が事件を起こしたことは誠に遺憾。指導を徹底し再発防止に努める」と謝罪した。

 起訴状によると、2月16日ごろ、和歌山市の自宅で知人女性の胸を蹴るなどの暴行を加えたなどとしている。

13'6 京都府警 元巡査、大麻所持で有罪 神戸地裁判決

管理人一言コメント・また、やるでしょう!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自宅に大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反に問われた元京都府警伏見署巡査・島村亮被告(33)(懲戒免職)の判決が7日、神戸地裁であった。

 丸田顕裁判官は「警察官として、大麻が有害で反社会的であることを認識しつつ犯行に及んだ」として懲役8月、執行猶予3年(求刑・懲役8月)の有罪判決を言い渡した。

 判決で丸田裁判官は、島村被告が10年以上前から断続的に大麻を使用していたことを挙げ、「常習性のある悪質な事案」と指摘。執行猶予を付けた理由については、「志を持って就いた職を失っており、社会的制裁も受けている」とした。


プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。