13'8 和歌山県警 和歌山市の国道でパトカーとミニバイクが衝突事故

管理人一言コメント・赤信号無視では事故が起きて当然!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 けさ(31日)和歌山市の国道交差点で、緊急走行中だったパトカーとミニバイクが衝突し、ミニバイクを運転していた女性が軽いケガをした。

きょう(31日)午前8時半頃、和歌山市北汀丁(きたみぎわちょう)国道24号・西汀丁交差点で、緊急走行中だったパトカーとミニバイクが衝突し、ミニバイクを運転していた和歌山市の20才の女性が右足に軽いケガをした。

和歌山西警察署によると、パトカーは42才の男性巡査部長が運転し、和歌山市嘉家作丁(かけつくりちょう)で起きた別の交通事故の現場に向かうため、赤色灯を付けてサイレンを鳴らして赤信号の交差点を直進していたところ、横から走ってきたミニバイクと衝突したということ。

スポンサーサイト

13'8  大阪府警、堺署長ら3人更迭…虚偽調書問題で

管理人一言コメント・これがまさしく組織犯罪集団、監督責任なし!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警堺署の虚偽調書問題で、府警は30日、仲井清・同署長(59)(警視正)と前副署長の古川正樹・河内長野署長(60)(警視)、当時府警本部で対応した東署刑事課長の男性警視(59)の人事異動を発令する。

この時期の幹部人事は異例で、府警は「捜査対象になっており、本来業務に支障が出る」と説明。署員の不正を隠蔽した調書作成への関与の有無を調べるため、虚偽公文書作成・同行使容疑などの捜査を本格化させる。

 仲井署長と古川前副署長は警務部付、当時刑事総務課所属だった男性警視は警務課付とした。

 府警によると、同署留置管理課の巡査長(33)と巡査(25)が昨年12月、留置場で騒いだ男を公務執行妨害容疑で逮捕し、保護室に収容。警部補(51)の指示で、不在だった巡査部長が収容を指揮したとする虚偽の供述調書が作られ、大阪地検堺支部に送られた。

 同月中旬になって、この問題が署内で発覚。古川・前副署長が本部刑事総務課に相談したところ、男性警視が虚偽調書の作成経緯などをまとめた訂正調書を作るよう指示した。

 ところが、同月15日、同署刑事課員は、警部補の指示を伏せ、巡査長らがうその供述をしたという虚偽の訂正調書を作成。訂正調書は仲井署長らの決裁を経て同支部に送られていた。

 警部補の指示が伏せられた点について、巡査長らは今年6~7月に開かれた公務執行妨害事件の公判で、「刑事総務課と副署長が協議した結果と聞いた」と証言。男性警視は「警部補の関与は訂正調書の作成後に副署長から報告を受け、上司に伝えた」と関与を否定しており、今後の捜査はこうした経緯に関する3人の認識が焦点になる。

13'8 兵庫県警 巡査長が上司から20万盗む

管理人一言コメント・「全額弁済されており、県警は立件を見送る」これがおかしい!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は30日、上司の財布から現金計約20万円を盗んだとして、豊岡北署の男性巡査長(30)を停職3か月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。

 監察官室によると、巡査長は4~7月、署内で約10回にわたり、上司の巡査部長(30)のかばんの中にあった財布から計約20万円を盗んだとしている。巡査長は「結婚式を控え、生活費が必要だった」と認めている。

 7月に巡査部長が財布の現金が減っていることに気付き、一万円札に小さな印を付けて財布に入れ、その後に巡査長が印の付いた一万円札を持っているのが確認された。全額弁済されており、県警は立件を見送る。

13'8 兵庫県警 姫路署員3人、捜査書類に虚偽の逮捕時刻記載

管理人一言コメント・氷山の一角、やりたい放題の警察組織!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 捜査書類に誤った逮捕時刻を記載したなどとして、兵庫県警は30日、姫路署地域課に所属するいずれも男性の警部補(55)と巡査部長(32)、巡査長(31)を虚偽有印公文書作成容疑などで書類送検したと発表した。事件処理も約10か月間放置されており、県警は同日、3人のほか、同署の副署長ら6人を警務部長訓戒などの処分にした。

 発表では、巡査部長と巡査長は昨年5月24日、姫路市内でミニバイクの2人乗りを見つけ、制止を振り切り逃走しようとした少年(17)を道交法違反容疑で現行犯逮捕。ところが、バイクは2人乗り可能な排気量(90cc)に改造されていたことが判明した。

 このため17分後、制止の際にバイクで体当たりした公務執行妨害容疑の現行犯で逮捕し直した。この時、警部補も駆け付けていた。

 3人は翌25日、少年を釈放するとともに公務執行妨害容疑の逮捕手続書などを作成。その際、道交法違反容疑で逮捕した時刻や場所を記載する一方、同容疑の逮捕手続書は作らなかった。

 3人は県警に「公務執行妨害の方が罰則は重いので、道交法違反の逮捕手続書は必要なく、最初に逮捕した時刻でも問題ないと思った」と説明しているという。

 同署幹部ら6人も一連の経緯の報告を受けていたが、捜査指揮を怠り、多忙などを理由に事件処理を約10か月間放置。業務の引き継ぎが迫った今年3月、担当者が神戸地検姫路支部に相談して発覚した。少年は今月29日、公務執行妨害容疑で書類送検された。

13'8 青森県警 59歳巡査部長、休暇中に窃盗容疑で逮捕

管理人一言コメント・情けない!

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 青森県警は28日、ホームセンターでランタンを盗んだとして、窃盗容疑で黒石署の巡査部長長内幸一容疑者(59)=同県平川市=を逮捕した。

 逮捕容疑は、28日午前10時15分ごろ、青森県弘前市のホームセンターで、ランタン1個(販売価格2万6000円)を盗んだ疑い。「申し訳ないことをした」と容疑を認めている。

 県警によると、長内容疑者は、ランタン用燃料など計約2000円相当のレジャー用品を購入後、店内のランタンを手に持って退店。不審に思った店員が声を掛けて発覚した。所持金は数万円あったという。

 長内容疑者は黒石署の地域課に所属、駐在所勤務で、この日は休暇中だった。

 伊藤奨警務部長は「警察官としてあってはならない行為。厳正に対処する」とコメントした。

13'8 山梨県警 容疑者逃走、警部補を戒告

管理人一言コメント・処分が軽すぎる、懲戒免職にすべきだ!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 山梨県警は28日、逮捕した男を連行中に手錠をかけるなどせず、逃走を許したとして、男性警部補(47)を戒告の懲戒処分にした。

 男は住所不詳、宮内雄大容疑者(37)。逃走を続けており、強盗致傷容疑で指名手配中。

 監察課によると、警部補は2月23日、山梨市の住宅に侵入したとして住居侵入容疑で現行犯逮捕した宮内容疑者を、男性巡査長(32)ら警察官2人とともにパトカーで同市の日下部署に連行。手錠をかけたり体をつかんだりせずに後部座席から降ろし、直後に署のフェンスを乗り越えて逃げられた。

 県警は巡査長らも所属長訓戒などとした。

13'8 京都府警 禁止場所Uターンのパトカーがミニバイクと衝突

管理人一言コメント・これがパトカー運転手の姿、運転不適格者が多い京都府警!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 8月26日未明、京都府警の48歳の巡査部長が運転するパトカーがミニバイクと衝突した。ミニバイクの男性は全治1ヵ月の重傷。

26日、午前3時半すぎ、京都府福知山市の府道で、48歳の巡査部長が運転するパトカーがUターンしたところ、後ろから来ていた新聞配達のミニバイクと衝突したもの。

 ミニバイクを運転していた22歳の男性配達員は顔面を切るなど全治1ヵ月の重傷。調べによると巡査部長は暴行事件の捜査中で、赤色灯は点けていたもののサイレンは鳴らしていなかったという。

現場はUターン禁止の片側1車線の道路で、警察は自動車運転過失傷害の疑いで捜査中。

13'8 北海道警 警察学校の18歳巡査を逮捕 女性の太もも触った疑い

管理人一言コメント・助けようがない!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警監察官室は25日、書店で女性の太ももを触るなどしたとして、道警警察学校初任科生で巡査の男(18)を道迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで逮捕し、発表した。同室によると巡査は容疑を認めているという。

 監察官室によると、巡査は8月11日午後5時半ごろ、札幌市豊平区の書店で札幌市の高校1年の女性の太ももを触ったり、ブラジャーの肩ひもを引っ張ったりした疑いがある。巡査の様子を不審に思った警備員が、巡査が店を出た直後に女性に確認し、被害が発覚した。

 巡査は24日昼ごろに再び来店、11日に犯行を目撃していた警備員が110番通報。駆けつけた警察官が巡査を任意同行して調べていた。

 巡査は今年4月に採用され警察学校に入校したばかり。11日は外出届を出し父らと店を訪れていたという。道警監察官室の安部雅弘室長は「警察職員が逮捕され、被害者をはじめ道民の皆様におわび申し上げます。今後、事実関係を調査し、厳正に対処して参ります」とコメントを出した。

 道警では今月22日にも巡査長が盗撮の疑いで逮捕されている。

13'8 福井県警 警部補情報漏えい…指摘受けた県警、6年間放置

管理人一言コメント・これが警察組織の真の姿!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警部補の懲戒処分について記者会見する県警警務部幹部(県警本部で) 福井県警坂井署の男性警部補(56)が暴力団による恐喝事件の被害者の居住地に関する情報を外部に漏らし、23日付で停職3か月の懲戒処分(同日に依願退職)を受けた情報漏えい事件。

 被害者が身を寄せていた県外の知人宅に複数の暴力団組員が押しかけ、被害届の取り下げを強要するという、あってはならない事態を招いた。被害男性から情報漏えいの指摘を受けながら県警は、約6年間も放置し続けるなど失態を重ねた。

 2007年10月、暴力団組員3人から恐喝事件の被害届を取り下げるよう脅された被害男性は福井署に相談。「暴力団は自分が交通違反をしたことを知っていた。県警の中に暴力団に情報を流した人がいる」。

 県警監察課は、警部補を割り出し、暴力団関係者との接触の有無や口座の出入金を確認したが、本人への事情聴取は行わずに08年7月頃に捜査を事実上終結。10年9月には警部補の地方公務員法(守秘義務)違反容疑が時効を迎えた。

 県警が警部補に事情聴取をして本格的に取り調べたのは、今年2月に被害男性が再び福井署に「情報を漏らした警官はどうなったのか」と問い合わせてから。結局、男性は同7月に恐喝の被害届を取り下げた。

          ◇

 警部補の処分が発表された23日朝、県警は当初、記者会見を拒否し、カメラ撮影を禁じる「記者レク」での報道対応を主張。報道陣からの抗議で同日午前10時過ぎから開いた記者会見で、県警警務部の平谷貞樹・首席監察官と黒田裕幸・監察課長は「県民の信頼を損ねた」と頭を下げた。

 捜査のあり方を問われると平谷首席監察官は「重大な事案と認識して捜査していた。何もしてなかった訳ではない」と釈明。警部補の事情聴取を行わなかった点を追及されると、黒田課長は「地方公務員法違反を調べる唯一の手段。聴取すべきで、不適切だった」と口を真一文字に結んだ。

 県警は、署員が捜査目的以外に交通違反履歴などの照会を行っていないかチェックを強化するとしているが、ある捜査関係者は「チェックする側がいい加減なら元も子もない。県民も県警を信頼して相談しなくなる。信頼は地に落ちた」と嘆く。身内に甘いと言われても仕方のない今回の不祥事からの信頼回復は容易ではない。

 一方、国家公安委員会は23日、富田邦敬・県警本部長を30日付で警察庁長官官房付とする人事異動が内定した、と発表した。

13'8 大阪府警 警部補虚偽調書 検挙実績低調、挽回狙う?

管理人一言コメント・警察がやりそうなことです!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警都島署地域課の30歳代の男性警部補がネットカフェで今年2月に起きた窃盗事件を巡り、職務質問で容疑者を検挙したとする虚偽の捜査書類を作成した問題で、警部補が所属する係が事件の前月まで、職務質問による検挙件数が他の係より少なかったことがわかった。2月は警部補の着任以来、検挙件数が初めてトップになっており、府警は、検挙実績を上げようとしたとみて調べる。

 府警監察室によると、警部補は、大阪市内の50歳代の男が2月中旬、同市都島区内のネットカフェで就寝中の20歳代の女性客から1万1000円入りの財布を盗んだとして検挙された事件で、実際は店員が男を取り押さえたのに、通報で駆けつけた部下の課員らが職務質問で犯行を割り出したとする捜査報告書などを作成した疑いがある。

 警部補は府警本部捜査2課などを経て、2011年3月、同署に赴任。昨年3月から同課の三つの係のうち、地域第一係の係長を務めている。一係は記録がある同年7月以降、職務質問での検挙件数が低調で、今年1月は3係の中で最も少ない3件だった。ところが、2月は今回の事件を含め9件で、初めて1位になった。

13'8 北海道警 巡査長を逮捕 スカートの中、盗撮試みた疑い

管理人一言コメント・警官のこの種犯罪の多いこと!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして釧路署は22日、道迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、道警釧路方面本部釧路機動警察隊の巡査長小幡将大容疑者(26)=釧路市愛国東3=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後5時20分ごろ、同市昭和中央4の複合商業施設の食品売り場で、40代の女性のスカートの下にデジタルカメラを差し入れた疑い。

 道警監察官室によると、付近にいた女性の親族が小幡容疑者の不審な行動に気付き取り押さえた。同署員に引き渡した際には、カメラの記録媒体が破損しており、同署は同容疑者が壊した可能性もあるとみて調べている。同容疑者は同日朝から休暇を取っていた。

13'8 埼玉県警 缶酎ハイ万引容疑で警部補逮捕 「小遣い少なく…」

管理人一言コメント・仕事をサボっても高給取りの警官の仕事が万引き。


             ・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警本庄署は22日、スーパーで缶酎ハイを万引したとして、窃盗の疑いで群馬県警藤岡署の警部補井上馨容疑者(58)=同県伊勢崎市=を逮捕した。

 逮捕容疑は20日午後2時50分ごろから午後3時半ごろの間、埼玉県上里町のスーパーで、缶酎ハイ1本(179円)を盗んだ疑い。

 井上容疑者は22日夕、同署に出頭した。同署によると、「小遣いが少なくなるから万引した」と供述しているという。当時、休暇中だった。

 店外に持ち出したところを店員が声を掛けたが、井上容疑者は走って逃げた。近くに同容疑者の軽乗用車が放置されていた。

 群馬県警の高橋千明首席監察官は「職員が逮捕されたことは遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」とコメントした。

13'8 京都府警 警部補が捜査書類廃棄=盗難バイク引き取り拒まれ

管理人一言コメント・京都府警の警部補らしい犯罪と京都府警らしい処分の軽さ、やりたい放題の京都府警!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 盗難事件の捜査書類を廃棄したとして、京都府警は22日、公用文書毀棄(きき)容疑で男性警部補(41)を書類送検し、同日付で戒告処分とした。

警部補は「必要書類が調わず、決裁が取れないと思った」と話しているという。

 監察官室によると、警部補は宇治署の交番勤務だった2010年7月、香川県内で盗まれ中古業者が交番に持ち込んだ原付きバイクの事件処理を担当。被害者の60代女性から遠距離などを理由に引き取りを拒まれ、引き渡したことを証明する書類が作れなかったため、他の書類6通をシュレッダーで廃棄した。

 バイクは、中古業者に引き取らせたという。12年9月、女性が廃車手続きを相談した香川県内の市役所が警察に連絡し、発覚した。


           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★公用文書等毀棄:捜査書類廃棄容疑、警部補を起訴猶予−−地検

 京都地検は9日、盗難バイクに関する捜査書類などを廃棄したとして、公用文書等毀棄(きき)容疑で書類送検された田辺署地域課の男性警部補(41)を起訴猶予処分にしたと発表した。処分理由は明らかにしていない。送検容疑は、2011年3月、盗難バイクに関する書類を交番内のシュレッダーで廃棄した、とされる。

13'8 福岡県警 巡査長逮捕 児童ポルノ公開容疑ー佐賀県警

管理人一言コメント・警察は仕事が暇でやることが無く、やるのは犯罪!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警は21日、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの疑いで、福岡県警の巡査長、細田岳彦容疑者(31)=北九州市小倉北区=を逮捕した。

 逮捕容疑は7月29日、自宅のパソコンのファイル共有ソフトを使い、児童ポルノの動画1本をインターネットで公開した疑い。

 佐賀県警がサイバーパトロールで動画を見つけ、捜査していた。

13'8 大阪府警 警部補が虚偽報告書“手柄”横取り

管理人一言コメント・みんながやっている犯罪、氷山の一角。当人は多分「なぜ俺だけ」と!

              ・・・・・・・・・・・・
 
 インターネットカフェで起きた窃盗事件の捜査で、大阪府警の30代の男性警察官が、店員が見つけた容疑者について「警察官が発見した」とするなど、ウソの報告書を作成していたことがわかった。

 大阪府警都島警察署の30代の男性警部補は2月、管内のインターネットカフェで起きた窃盗事件で、「通報を受けた警察官が容疑者に職務質問して犯行を認めさせ、被害品の財布を発見した」との報告書を作成した。

しかし実際は、店員が男を発見して取り押さえ、財布も見つけていたことが、補充捜査の過程で発覚。男の供述についても、「職務質問を受けた」などとウソの内容に沿う形で調書をでっち上げていた。

 検挙実績を上げる目的があった可能性もあり、大阪府警が警部補から当時の状況などを聴き、詳しく調べている。

 大阪府警では6月にも複数の警察官がウソの調書を作成するなど、不祥事が相次いでいる。

13'8 群馬県警 警部補 179円の缶酎ハイ万引き 逮捕さる

管理人一言コメント・大爆笑!!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

埼玉県のショッピングセンターで179円の缶酎ハイを万引きしたとして、群馬県警の58歳の警察官が逮捕された。

 群馬県警藤岡警察署の警部補・井上馨容疑者は20日午後3時ごろ、上里町のショッピングセンターで179円の缶酎ハイ1缶を万引きした疑いが持たれている。

井上容疑者は、店員を振り払って現場から逃走し、行方が分からなくなっていたが、22日、警察に「出頭したい」と電話があり、埼玉県内で身柄を確保された。

警察の調べに対し、「小遣いが少なくなってしまうのでやった」と容疑を認めている。

13'8 鳥取県警 女性宅ベランダ侵入、転落し重傷…警部補を逮捕

管理人一言コメント・これが警官の真の姿!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鳥取県警は20日、鳥取市内でマンション2階の女性宅ベランダに侵入したとして、県警捜査1課警部補、安養寺(あんようじ)正樹容疑者(40)(鳥取市田島)を住居侵入の疑いで逮捕した。

 安養寺容疑者は逃げる際に転落して重傷を負い、19日まで入院していた。

 「今は何とも言えません」と供述している。

 発表によると、安養寺容疑者は7月15日午前2時頃、同市内のマンションで、30歳代の女性会社員宅のベランダに侵入した疑い。ベランダの手すりにまたがっているところを、女性の知人に見つかり、約5メートル下の地面に転落したが逃走。県警は目撃情報などから、安養寺容疑者を割り出した。

 安養寺容疑者は、腰などを骨折して約1か月入院、県警には「自宅の階段から落ちてけがをした」と説明していた。同容疑者は昨年3月から捜査1課で主に窃盗事件を担当していた。

13'8 愛知県警 飲酒後に運転、知多署長が異動 懲戒処分検討

管理人一言コメント・問答無用、即刻懲戒免職だ!

         ・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警は19日、飲酒後に車を運転したとして、知多署署長の堀場昭英警視(60)を警務部付に更迭する人事異動を発表した。県警監察官室が懲戒処分を検討している。「暑かったので飲んだ。認識が甘かった」と辞職する考えを伝えているという。堀場警視は第1交通機動隊長など交通畑を歩んできた。

 発表によると、堀場警視は7月21日午前、署員3人と県内のゴルフ場でプレーした際、プレー前に生ビールの中ジョッキ1杯とプレー中に350ミリリットルの缶ビール1本を飲んだ。ゴルフを終え、夕方に自家用車を運転して名古屋市内の自宅に帰ったという。署員3人は飲酒せず、それぞれの車で帰った。県警関係者から県警本部に情報提供があり、発覚した。

 県警は、道路交通法上の飲酒運転に問われる状態ではなかったとみられると説明。「アルコールが残っていたことが疑われる状態で運転するのは署長としてふさわしくないと判断した」としている。新署長には訟務官の吉田太郎警視が就任する。

 脇田泰嗣警務課長は「署長は部下を指揮監督する職務にあり、ふさわしくない行為をした疑いがあるので異動させた」とコメントしている。

 愛知県警では昨年、酒気帯び運転をしたとして、知多署と東署の警察官2人を懲戒免職処分にしている。

13'8 香川県警 靴のカメラで下着盗撮 巡査部長を逮捕

管理人一言コメント・警察は仕事が暇だから、こんな計画的な悪質な犯罪を敢行、警官の鏡として後世に伝えよう!

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 香川県・高松北警察署の46歳の巡査部長の男が高松市内で女性の下着を盗撮したとして逮捕された。

 逮捕されたのは高松北警察署地域第一課に勤務する巡査部長・白川浩三容疑者。白川容疑者は18日午後4時40分頃、高松市内のデパートで23歳の女性のスカートの下に右足を差し入れ、靴につけた小型カメラで下着を動画で撮影した疑いが持たれている。

 警察の調べによると、白川容疑者は革靴に小さな穴を開け、ピンホールカメラと呼ばれるカメラを入れていたという。

 店舗の警備員が不審な行動をしていたのを発見し、高松北署に届け出たもので、容疑を認めているという。

 香川県警の小脇一幸主席監察官は「警察官としてあるまじき行為で深くおわび申し上げます。事実関係を調査の上、厳正に対処します」とコメントしている。

13'8 山口県警 盗撮:スカート内を 巡査部長を処分

管理人一言コメント・処分が軽すぎる、これではやりたい放題いだ!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 山口市の商業施設で今年7月、女子高校生のスカートの中を盗撮しようとしたとして、県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕された山口南署留置管理課の男性巡査部長(54)について県警は16日、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は同日、依願退職した。

 県警によると、元巡査部長は調べに対して「インターネットで小型カメラのきれいな画像を見て、自分でも撮影したくなった」などと動機を話した。

元巡査部長の家からは、女性のスカート内を撮影した複数の動画が記録されたハードディスクが押収されている。盗撮は今年4月中旬から逮捕されるまでの間、複数行ったとみられるが、裏付けが取れず立件を見送ったという。

 元巡査部長は山口簡裁で罰金20万円の略式命令を受け、即日納付している。

 記者会見した県警の福原利夫・首席監察官は「再びこのような事案が発生し、誠に遺憾。今後、実効性のある対策に取り組む」とコメントした。

 県警の懲戒処分は今年に入って4件目で、現職警察官の逮捕は2件目。

13'8 大阪府警 警部を聴取 ネット上にわいせつ画像投稿ー奈良県警

管理人一言コメント・病気休職中の仕事がこの犯罪!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・

 わいせつな画像をインターネット上のサイトに投稿したとして、奈良県警がわいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで、同県内に住む大阪府警生活経済課の男性警部(56)を事情聴取していることが、8月15日に分かった。

 警部は容疑を認めているといい、県警はこの警部を同容疑で書類送検する方針で、府警は処分を検討している。

 捜査関係者によると、警部は今年に入り、自分の携帯電話で撮影した女性のわいせつな画像を、インターネット上の携帯サイトに投稿。不特定多数の人が、画像を閲覧できる状態にした疑いが持たれている。

 府警によると、今年3月、ネットパトロールなどを警察庁から請け負う財団法人「インターネット・ホットラインセンター」が、携帯サイトに投稿された、このわいせつ画像を発見し、警察庁に通報した。

 警察の捜査で、奈良県在住の警部が投稿していたことが分かり、県警が捜査を始めた。警部は県警の聴取に対し、自ら撮影した女性のわいせつ画像を投稿したと認めたという。

 警部は11年10月以降、体調を崩して休みがちになり、12年2月からは病気休職中となっている。

 休職中で暇だから、こういうことをしてしまったのか…。投稿しても、ばれないと思っていたのか…。警察官なら、こんなことをしたら、罪になるのは分かっているはず。この不祥事で、警部が現場復帰できる可能性は低くなったようだ。

13'8 群馬県警 介護職員脅迫:巡査長、起訴内容認める−−初公判

管理人一言コメント・こんな警官ばかりだ!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 介護サービスの職員を電話で脅したとして脅迫罪に問われている県警本部留置管理課巡査長、新井孝一被告(48)=沼田市上原町、起訴休職中=の初公判が14日、前橋地裁(野口佳子裁判官)であり、新井被告はおおむね起訴内容を認めた。

 起訴状によると新井被告は5月22日午後、同市の介護サービス事業所の男性職員(当時47歳)に対して電話で脅迫したとしている。

 検察側は、新井被告が父への訪問介護を断られた際の対応に腹を立てて脅迫したと指摘。新井被告は「脅迫しようという考えはなかった」などと述べ、計画性は否定した。

 新井被告は、警察官になたなどを振り上げたなどとして、暴力行為等処罰法違反と銃刀法違反の罪で前橋地裁から懲役10月・執行猶予4年の判決を受けたが、不服として控訴している。

13'8 大分県警 女性8人に品位欠くメール…巡査部長を減給処分

管理人一言コメント・警察は仕事が暇だから何でもやりたい放題!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 職務で知り合った女性8人に警察官として品位を欠くメールを送信したとして、大分県警が40歳代の男性巡査部長を減給3か月(10分の1)の懲戒処分にしていたことが14日分かった。 処分は6月12日付。

 県警監察課によると、巡査部長は2008年から昨年11月頃の間、女性8人と私有の携帯電話のメールアドレスを交換し、不適切なメールを30通以上送信した。

一部は勤務時間内に送っていた。

同課は、巡査部長の職務やメールの内容は明らかにしていない。昨年12月、被害女性の知人が同課に通報。調査に対し、巡査部長は「大変申し訳ない」と謝罪したという。

13'8 警視庁 巡査が酔って駅員に暴行、逮捕 ベンチで寝ていて起こされ

管理人一言コメント・こんなのばかり!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警川越署は11日、暴行の疑いで警視庁第5機動隊の巡査、渡辺浩輝容疑者(26)=東京都練馬区小竹町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は11日午後10時10分ごろ、東武東上線川越市駅ホームのベンチで寝ていた渡辺容疑者を起こそうとした駅員(48)に腹を立て、靴につばを吐きかけ、止めに入った別の駅員(48)の胸ぐらをつかんだ疑い。

 同署によると、渡辺容疑者は都内で酒を飲んだ後、自宅の最寄り駅で降りず、川越市駅まで乗り過ごしたという。「(駅員とトラブルになったことは)間違いない」と容疑を認めている。

 警視庁警務部の池田克史参事官は「誠に遺憾。埼玉県警察の捜査結果を待って厳正に対処したい」とコメントした。

13'8 埼玉県警 女性の太もも触った容疑、機動隊巡査部長を逮捕

管理人一言コメント・多いこの種犯罪!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警浦和東署は10日、同県川口市差間、県警機動隊巡査部長小林孝司容疑者(28)を県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕したと発表した。


 発表によると、小林容疑者は9日午後11時30分頃、さいたま市緑区東浦和のJR東浦和駅ホームのベンチで、隣にいた同市のアルバイト女性(28)の太ももを触った疑い。

 小林容疑者は、「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているという。

 同隊の西田雅裕副隊長は「大変遺憾。再発防止を徹底し、信頼回復に努めたい」としている。

13'8 静岡県警 パトカー同士が衝突 交通事故現場に急行中 静岡・三島

管理人一言コメント・交差点での事故多発、知って事故を起こす警官らしい!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 9日午後9時40分ごろ、静岡県三島市東町の市道交差点で、交通事故の110番を受け、現場に向かっていたパトカー同士が衝突した。それぞれ三島署の地域課員が2人ずつ乗っていたが、けがはなかった。

 別々の道から交差点に進入して衝突しており、同署は前方不注意が原因だった可能性もあるとみて調べている。隣接する住宅の一部が壊れた。

 同署によると「オートバイが川に落ちた」との通報を受け、現場に向かっていた。1台は50代の警部補が、もう1台は30代の巡査部長が運転していた。2台とも赤色灯をつけていたが、サイレンは鳴らしていなかった。

 オートバイの事故は別の署員が処理した。

13'8 三重県警 四日市南署の巡査部長が勤務中に万引

管理人一言コメント・勤務中に!懲戒免職でしょう!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

 三重県警は9日、勤務中に万引したなどとして、窃盗と公用文書毀棄(きき)の疑いで、四日市南署刑事1課の男性巡査部長(34)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。

 送検容疑では、5月12日に四日市市内のスーパーで缶詰など4点(700円相当)を盗んだほか、5月17日に市内のショッピングセンターで子供服や酒など8点(8千円相当)を盗んだとされる。さらに署内の更衣室に、窃盗事件の被害届など捜査書類9点を隠し持っていたとされる。

 県警監察課によると、巡査部長は「小遣いが少なく、家庭内でストレスがあった」と話し、他に11件の万引の関与を認めている。

 監察課によると、5月17日は、事件捜査の時間調整のため同僚と捜査車両に乗り、ショッピングセンターに立ち寄っていた。品物をかばんに入れたのを警備員に見つかった。5月12日の万引も警備員に見つかり、四日市北署員に事情を聴かれたが、身分を会社員と偽り、そのまま帰宅していた。捜査書類を隠していたことに関し、監察課は「関連の捜査に支障はなかった」と説明した。

13'8 埼玉県警 銃の所持申請で必要な身元照会怠る 巡査部長を書類送検

管理人一言コメント・手抜きが多いこと。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 猟銃などの所持許可申請をめぐり、埼玉県警所沢署生活安全課の男性巡査部長(60)が、審査に必要な身元照会などをせずに、平成21年から計243件、虚偽書類を作成していたことが9日分かった。県警は同日、虚偽公文書作成・同行使の疑いで巡査部長を書類送検。減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で辞職した。

 送検容疑は24年6~9月、猟銃や産業用銃の新規所持許可申請をした4人の審査で、前歴照会などを怠ったうえ、事項照会をしたとする虚偽文書を作成、行使したなどとしている。所持が認められた申請者で欠格者はいなかったという。

 巡査部長は昭和62年から許可業務に関わり、所沢署では17年10月から担当。許可申請前の講習で各種の照会をしており、「確認していたので改めて照会しなかった」と説明している。

 24年10月、県警が照会記録と書類を付き合わせる検査をしたところ、不正が発覚。県警は、決済責任者にチェックさせるなど、不正を防ぐ運用を見直す。

 県警の石井正則首席監察官は「指導および管理の不徹底から事案が発生したことは誠に遺憾。県民の皆様に深くおわび申し上げる」などとコメントした。

13'8 佐賀県警 警部補をパワハラで処分

管理人一言コメント・された警官は善良な市民に。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 佐賀県警は9日、部下を大声で怒鳴ったり暴力を振るうなどパワハラ行為をしたとして、40代の男性警部補を戒告処分にした。県警がパワハラ行為で懲戒処分にするのは初めて。

 県警監察課によると、警部補は2010年夏ごろから12年7月中旬ごろにかけ、所轄署の担当課で部下数人が業務の進行状況を報告しなかったり、ミスをした際、大声で「帰れ」「やめろ」「ばかが」などと怒鳴りつけ、机や椅子を足蹴りにしたり、頭や顔を平手でたたいたりしたという。

 監察課は今年に入って情報を把握、聞き取り調査でパワハラ行為を認定。同日付で当時の署長と直属の上司だった課長を厳重注意した。警部補は今年3月、別の署に異動、「自分のした行為は反省している。部下には申し訳なかった」と話しているという。

 加茂賢治首席監察官は「職員の指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。県警は「本人の特定につながる」として、警部補の氏名や配属先などは明らかにしていない。

13'8 富山県警 すし、シャツ…万引き警部補「魔が差した」

管理人一言コメント・勤務中の犯罪、処分が軽いからやるのですよ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 富山県警港湾地区特別捜査隊の男性警部補(55)が7月末、勤務中に富山市内のショッピングセンターで万引きをしたとされる事件で、県警は8日、警部補を窃盗容疑で富山地検に書類送検するとともに、減給6か月(100分の10)の懲戒処分にした。

 警部補は同日付で依願退職した。

 県警監察官室の発表によると、警部補は7月30日午前11時半頃、同センターで、太巻きずしやワイシャツなど計7点(3300円相当)を万引きしたほか、6月20日正午頃にも同センターでペットボトル入りのお茶1点(160円相当)を万引きしたという。7月30日、万引きした商品を持ったまま店外に出た警部補を店の保安員が呼び止めて発覚。県警は警部補に逃亡のおそれが無いなどとして、逮捕せずに任意捜査していた。

 警部補はいずれも捜査車両で店を訪れていた。調べに対し、「私生活上の悩みがあった。イライラ感から魔が差した」と動機を語り、「本当に申し訳ないことをした」と反省しているという。

 山本禎暢首席監察官は「法を執行すべき現職の警察官が万引きという犯罪を犯したことについて、関係者や県民の皆様に深くおわびする」と話した。千葉陽一警務部長も「今後、綱紀粛正を図り、再発防止に努めてまいります」とのコメントを発表した。

 会社役員夫婦殺害事件で逮捕された加野猛元県警警部補(55)が不起訴となり、改めて県警再生の取り組みが注目されている矢先の不祥事に、山本首席監察官は「誠に申し訳なく、遺憾に思っている。今回の事案を受けて、再生への取り組みを加速していきたい」と話した。

プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード