スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14'4 宮城県警 ベルト着用せず運転、誤って女性逮捕 3時間後釈放

管理人一言コメント・誤逮捕ポリ公は二人とも懲戒免職だ!こんな奴らをポリ公と言うのだ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 宮城県警は1日までに、シートベルトを着用せずに車を運転したとして、刑事罰の規定がないのに、道交法違反容疑で、4月29日に誤って山形市の30代女性会社員を現行犯逮捕したと発表した。県警は約3時間後に女性を釈放し、謝罪した。

 県警地域課によると、29日午前10時ごろ、仙台市宮城野区の県道で、機動警ら隊の男性巡査部長(48)と男性巡査長(24)が、シートベルトをせずに運転している女性を発見。停車を呼び掛けたが、いったん停止後、走り去ろうとしたため、現行犯逮捕した。

 道交法はシートベルトの着用を義務付けているが刑事罰の規定はなく、行政処分のみ可能。女性を連行した仙台東署で指摘を受け、29日午後0時45分ごろに女性を釈放した。女性にはあらためて、違反内容を示す白切符を切った。

 巡査部長らは「刑事罰がないことを知らなかった。申し訳ない」と話しているといい、沼田光二地域課長は「警察官が基本的事項を知り得ていなかった。あってはならないことで、再発防止を徹底したい」と陳謝した。
スポンサーサイト

14'4 埼玉県警 「乗車拒否かと」タクシーへこませた巡査を訓戒

管理人一言コメント・処分が軽い!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警監察官室は30日、タクシーのトランクを殴ってへこませたとして器物損壊容疑で逮捕された浦和署警備課の男性巡査(27)を本部長訓戒処分にした。

 巡査は依願退職した。

 発表によると、巡査は6日午前0時50分頃、さいたま市大宮区の大宮駅ロータリーで、動き出そうとしたタクシーの前に立ちふさがった後、後部のトランクを殴ってへこませたとして大宮署に現行犯逮捕された。被害者と示談が成立したため、巡査は釈放され、被害届は取り下げられた。

 巡査は同僚の結婚パーティーから帰る途中で「タクシーに客が乗っていることに気づかず、乗車拒否にあったと思った」と話しているという。

 布川賢二監察官室長は「職員に対する指導を徹底し、再発防止を図るとともに、信頼回復に努める」としている。

14'4 北海道警 酒気帯びで警官逮捕「ビールを4、5杯 少しくらいは大丈夫」

管理人一言コメント・警官の飲酒運転の多いこと!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、道警旭川東署生活安全課巡査(24)=旭川市=を逮捕した。道警によると、巡査は「ビールを4、5杯くらい飲んだ。少しくらいは大丈夫だろうと思った」と話し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は26日午前3時10分ごろ、旭川市3条通13丁目の市道で酒気帯びの状態で自家用車を運転した疑い。

 道警監察官室によると、巡査は25日午後9時ごろに勤務を終えて帰宅。その後、車で旭川市内の飲食店に出掛けて酒を飲み、運転して帰る途中、縁石に乗り上げた。通行人の男性が110番した。

 道警の安部雅弘監察官室長は「誠に申し訳なく、事実関係を調査し、厳正に対処する」とのコメントを発表した。

14'4 広島県警 巡査部長、痴漢容疑で逮捕

管理人一言コメント・助けようが無い!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 電車内で痴漢をしたとして、広島県警は26日、県警広報課音楽隊の巡査部長、住野信博容疑者(41)を県迷惑防止条例違反(ひわいな行為)の容疑で現行犯逮捕したと発表した。「痴漢行為をしてしまい申し訳ありません」と容疑を認めているという。

 監察官室によると、住野容疑者は25日午後10時半ごろ、JR山陽線の普通電車内で、ドア付近に立っていた大学生の女性(19)の尻をスカートの上から触った疑いがある。住野容疑者は帰宅途中で、酒を飲んでいたという。女性が「痴漢です」と声を上げ、他の乗客から連絡を受けた車掌が110番通報した。

14'4 神奈川県警 鶴見署の男性巡査部長 捜査報告書の作成日偽る

管理人一言コメント・こんなことばかりだ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 強制わいせつ事件の捜査に絡み、神奈川県警鶴見署の男性巡査部長が捜査報告書の作成年月日を実際より半年前と偽って記載していたことが24日、分かった。

 横浜地裁(田村真裁判長)で同日、強制わいせつなどの罪に問われた会社員の男の公判があり、証人として出廷した巡査部長は「基本的なことを忘れていた。今となってはよくなかったと思う」と虚偽記載を認めた。

 巡査部長の証言などによると、被害者の母親の相談内容を記載した捜査報告書を作成した際、作成年月日を平成24年7月10日付と記載したが、実際に報告書を作成していたのは半年後の25年1月上旬か中旬だったという。

 被害相談があった時期と帳尻を合わせるのが目的だった。この捜査報告書は逮捕状請求時に使われており、公判で証拠採用されている。

 県警は「懲戒処分の有無や予定については現段階では答えられない」とコメントしている。

14'4 警視庁 巡査長拳銃自殺、パワハラが原因 警部補を減給処分

管理人一言コメント・住民の安心、安全のため働く意欲がない警官は自ら警察を去れ!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁蒲田署地域課の男性巡査長(44)が拳銃自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因だったとして、警視庁は21日、同課係長の男性警部補(52)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、発表した。警部補は巡査部長への降格を申し出ているという。

 人事1課の説明では、警部補は2月中旬に2回、巡査長ら部下数人に対して、職務質問による摘発実績が上がっていないことを理由に「お前らはダメだ。今後の身の振り方を家族と相談しろ」と退職を迫った。巡査長は同月15日午後、勤務中に署内のトイレで自殺。遺書に警部補の名を挙げて「許せない。こんなに仕事が嫌になったのは初めて」と書いていたという。

 警部補は昨年春ごろから、この巡査長ら部下約10人に「お前は警察官に向いていない」「本当にぶっ飛ばしたくなる」と怒鳴ったり、ジュースの紙パックを投げつけたりしていた。

14'4 福島県警 パトカーの無謀追跡でバイク2台転倒 2人が重軽傷

管理人一言コメント・パトカーでバイク追跡は無謀だ!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 19日午後10時50分ごろ、福島市鳥谷野扇田の国道4号で、大玉村に住む理容師見習いの少年(17)と、二本松市の男子高校生(17)が運転するオートバイ2台が接触、転倒した。

大玉村の少年が右足骨折の重傷、高校生も軽傷を負った。

福島署のパトカーが追跡中だった。同署は「追跡に問題はなかった」としている。

14'4 兵庫県警 パトカー無謀追跡の単車 巻き添えで高校生重傷 尼崎

管理人一言コメント・追跡を止めると事故が多いこと。巻き添え事故は警察が責任を取れ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 18日午後11時10分ごろ、尼崎市小中島3の市道交差点で、2人乗りの単車が男子高校生(17)の単車を転倒させた上、高校生の頭部をひいて、そのまま走り去った。高校生は頭がい骨を折る大けがを負った。

 兵庫県警機動パトロール隊によると、事故の直前、現場から約300メートル北で、2人乗りの単車がナンバープレートを折り曲げて走行しているとして、同隊のパトカーが追跡。

約600メートル走り、追跡をやめた直後に起きたという。単車は白色だったという。

14'4 警視庁 電車内で女性に痴漢、容疑の警部逮捕 埼玉県警

管理人一言コメント・この種警官による犯罪の多いこと!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 電車内で女性に痴漢行為をしたとして、埼玉県警東入間署は17日、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で警視庁牛込署の警部、稲田晃容疑者(53)=東京都板橋区中台=を逮捕した。

 東入間署によると、稲田容疑者は当初「電車が揺れたときに触ったかもしれない」と犯意を否認したが、その後の調べに「胸を触りました」と行為を認めた。

 逮捕容疑は17日午後7時25分から約5分間、東武東上線のふじみ野-みずほ台駅間を走行中の上り列車内で、女性(23)の体を触ったなどとしている。

 同署によると、みずほ台駅に到着したところで女性にとがめられた稲田容疑者は現場を立ち去ろうとしたが、数百メートル離れた駅ロータリーまで走ったところで取り押さえられた。事件当時は勤務先から帰宅中で、酒に酔っていた。

14'4 岡山県警  無謀パトカーに追跡された車が海に転落、男性死亡 

管理人一言コメント・7キロに渡り無謀に追跡、死に追いやる殺人に等しい警官、安心、安全の為に働くどころか!!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 17日午前3時40分ごろ、岡山県倉敷市児島田の口7丁目の児島港で、県警機動警ら隊のパトカーに追跡されていた軽乗用車が海中に転落した。約1時間50分後、車内から運転していた市内の男性(71)が見つかり、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 県警によると、男女間のトラブルの110番通報があり、機動警ら隊のパトカーが午前3時半ごろ、同県玉野市渋川の駐車場で手配されていた軽乗用車を発見。隊員が職務質問をしようとすると車が急発進したため、サイレンを鳴らして赤色灯をつけて国道430号を西に約7キロ追跡したところ、車が海に転落したという。

 パトカーには巡査部長(43)と巡査長(33)の男性隊員2人が乗っていた。機動警ら隊の河野通憲副隊長は「追跡は適法だったと考えている」としている。

14'4 北海道警 帯広 酒気帯び容疑で警部補逮捕

管理人一言コメント・本件は氷山の一角、警官の飲酒運転は多い!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警は16日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで帯広署地域課警部補山本雅敏容疑者(57)=北海道帯広市東8条南=を逮捕した。

 逮捕容疑は15日午後8時55分ごろ、自宅近くの市道交差点で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 道警によると、山本容疑者は交差点を右折し、対向車線を直進してきた軽乗用車と衝突。軽乗用車の男性(28)が通報し、発覚した。男性にけがはなかった。交差点に信号機はなく、山本容疑者と男性の双方に一時停止義務があった。

 調べに「15日午後4時から午後8時ごろまで、自宅で1人で焼酎を飲んでいた」と供述しているという。

14'4 茨城県警 パトカーの無謀追跡でバイク街路樹に衝突、中2重傷

管理人一言コメント・安心、安全のための仕事をした方がやりがいがあるよ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 14日午後5時ごろ、茨城県土浦市木田余東台2の市道で、原付きバイクを運転していた市内の中学2年生の男子生徒(13)が街路樹に衝突。生徒は頭の骨を折る重傷。ヘルメットをかぶっておらず、県警土浦署のパトカーが衝突の500メートル前から追跡中だった。意識はあり、命に別条はないという。

 同署によると、近くの住民から「少年がバイクで乗り出そうとしている」と通報があり、パトカーで付近を捜索。生徒を見つけ、サイレンを鳴らして追跡を始めた。男子生徒は現場近くの住宅街を走行している際、歩道の縁石に接触し、バランスを崩したらしい。同署の茂木一彦副署長は「追跡行為は適正だった」と話している。

14'4 大阪府警 暴走パトカーが歩行者はね死亡

管理人一言コメント・本件死亡事故はパトカー運転の巡査部長を逮捕すべき事件だ!横断歩道の歩行者を全く発見しないまま軽微な違反のバイクに夢中になり暴走に等しい発進、追跡を開始直後の重大事故である。巡査部長を逮捕した上で事故の原因を徹底究明すべき事件である。身柄拘束もしない身内に甘い警察だ!

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 13日午後8時40分ごろ、大阪市都島区内代町1の市道で、パトロール中の大阪府警城東署のパトカーが横断歩道を歩いて渡っていた男性をはねた。男性は、病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 城東署によると、パトカーを運転していたのは、同署地域課の男性巡査部長(58)。速度違反の疑いがあるバイクを発見し、追いつこうとした際に、男性をはねたという。サイレンを鳴らした緊急走行ではなかった。同署によると、男性は赤信号を無視して横断歩道を渡っていたという目撃情報もあるという。

 同署の八尾昇平副署長は「亡くなられたことは残念だ。詳細については今後、捜査する」とコメントを出した。



                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★パトカー事故、死亡は83歳男性 大阪市で追跡中

 大阪市都島区の市道で13日夜、横断歩道を歩行中に城東署のパトカーにはねられ死亡した男性は、現場近くで1人暮らしの無職杉村豊一さん(83)だったことが14日、同署への取材で分かった。

 大阪府警は、自動車運転過失致死の疑いで、パトカーを運転していた地域課の男性巡査部長(58)と、助手席にいた同課の男性巡査長(33)を書類送検する方針。府警は2人の氏名を明らかにしていない。

 杉村さんは事故で全身を強く打ち、頭から出血するなどして約1時間後に死亡した。

14'4 兵庫県警 丹波 ミニパトカーが乗用車に衝突、母子3人死傷

管理人一言コメント・2名死亡する重大事故であるにも関わらず巡査長を逮捕しないなど身内に甘い警察!!交差点で、また運転者死亡事故の場合は、信号が何色であろうと事故の原因を究明するため巡査長の身柄を拘束した上で、徹底的に捜査すべきものである。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 13日午後0時25分ごろ、兵庫県丹波市春日町多利の県道交差点で、県警丹波署のミニパトカーが乗用車と衝突し、横転した。

 乗用車を運転していた同市市島町梶原、主婦、由良亜紗美さん(34)と助手席の長男栞大(かんた)ちゃん(5)が全身を強く打つなどして死亡。後部座席の次男悠善ちゃん(3)も負傷したが、命に別条はないという。

丹波署は、ミニパトカーを運転していた同署地域課の巡査長(39)から自動車運転過失致死傷の疑いで事情を聴いている。

 同署によると、現場はともに片側1車線の信号機のある交差点。巡査長はパトロールを終えて駐在所に戻る途中で、けがはなかった。

 現場は、JR福知山線黒井駅の北東約3キロの住宅街。

14'4 大阪府警 パトカーによる無謀バイク追跡で 通行人2名巻き添え負傷

★天秤にかけると・結果として人の生命身体 財産等に重大な被害を与えておりパトカーの追跡は著しく妥当性を欠くことになる。



管理人一言コメント・巻き添え事故は警察が責任を取れ!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 13日午前1時35分ごろ、大阪市天王寺区小橋町の府道交差点で、赤信号を無視して走行するバイクを、警ら中の大阪府警のパトカーが見つけた。停止命令に従わなかったため、追跡したが、バイクは現場から西に約150メートル離れた同区上本町の歩道上で通行人の会社員男性(23)をはね、そのまま逃げた。

 男性は右手を打撲する軽傷。隣を歩いていた同僚の男性(26)も巻き込まれて転倒し、右手に軽いけが。府警天王寺署が道交法違反(ひき逃げなど)の容疑で捜査している。

 同署によると、逃げたのはスクーター型のバイクで黒っぽい上着の男が運転していたという。

14'4 神奈川県警 酒に酔い総菜店に侵入 逗子署の巡査を逮捕

管理人一言コメント・酒い酔っての犯行なら厳罰に処せなければ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は12日、建造物侵入の現行犯で、逗子署刑事課の巡査、酒井勇人容疑者(26)=横須賀市岩戸=を逮捕した。当時、酒に酔っており、「無断で入ったことは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午後4時40分ごろ、横須賀市根岸町にある営業中の総菜店に従業員用出入り口から侵入したとしている。

 県警監察官室によると、女性従業員から「不審者が店内に入ってきている」と110番通報を受け、駆けつけた警察官が店内でぼーっと立っていた酒井容疑者を発見し、その場で取り押さえた。酒井容疑者は休日だったという。

14'4 警視庁 参事官コメント 「極めて遺憾」 男巡査が女巡査を殺害事件

管理人一言コメント・善良な市民は警官による凶悪犯罪で恐怖感、不安感いっぱいですよ!

               ・・・・・・・・・・・・・・

 森元良幸警務部参事官の話 「オバマ大統領来日警備に向けて警視庁が一丸となって取り組んでいる中で、職員がこのような重大な事案を起こしたことは極めて遺憾。

埼玉県警の捜査に全面的に協力するとともに警視庁でも事実関係について調査を尽くしたい」

14'4 警視庁 男巡査が女巡査を殺害

管理人一言コメント・巡査による凶悪事件が多発傾向に、怖い日本の警官。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 12日午前5時10分ごろ、埼玉県狭山市新狭山のマンション敷地内で、このマンション3階に住む警視庁蔵前署地域課の関口卓弥巡査(24)があおむけに倒れて死亡しているのが見つかった。関口巡査の自室では田無署地域課の間宮陽子巡査(24)が腹から血を流して倒れ、すでに死亡していた。

 関口巡査と間宮巡査は昨年から交際中で、今年3月に結婚する予定だったが、関口巡査の業務上のトラブルから延期になっていた。関口巡査の自室のベランダには血痕が残っており、埼玉県警は関口巡査が間宮巡査を刃物で刺殺した後、飛び降り自殺したとみて詳しい経緯を調べている。

 警視庁によると、2人は狭山市内に実家がある幼なじみで、いずれも平成24年に警視庁に入庁。25年8月に関口巡査が大学の後輩らに無断で警視庁の採用試験の申請書を作成していたことが発覚し、警視庁が有印私文書偽造容疑を視野に捜査していた。

 関口巡査は今年4月初旬に警視庁から事情聴取を受け、同9日から「祖母が倒れた」という理由で休暇を取得。関口巡査の動向を不審に思った蔵前署幹部が同11日に関口巡査を署に呼んで話を聞いたが、異変はなかった。現場から遺書などは見つかっていない。

 現場は、西武新宿線新狭山駅から西に約150メートルの住宅街。


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★女性巡査メッタ刺し 同僚婚約者を追い込んだ「減点主義」

 警視庁蔵前署の関口卓弥巡査(24)が、交際相手だった警視庁田無署巡査10+ 件の間宮陽子さん(24)の腹部をメッタ刺しにした事件。16日、間宮さんの告別式が営まれた。

 それにしても、なぜこんな悲惨な結末になってしまったのか。ふたりは、幼稚園からの幼馴染みで、高校も一緒。大学は立教、学習院と別々の私大に進学したが、2年前に警視庁に入庁し、翌年から交際をスタート。今年3月末に入籍する予定だった。

 破局を招いたのは、蔵前署のリクルーターをしていた関口巡査10+ 件が、勝手に立教大の後輩の名前を使って採用試験に応募した不正行為だ。有印私文書偽造の罪に抵触する可能性があり、監察官の取り調べを受けていた。

「関口が窮地に立たされることになったのは、リクルート活動に必要な経費の使い込みだといわれています。一部を間宮さんとのデート代にも充てていたといわれ、間宮さんがそれを知ることになり、急速に冷めていったようです」

14'4 警視庁 巡査、後輩名使って勝手に試験申込み 監察部門が聴取

管理人一言コメント・今や何でもやったり、やらされたり。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月12日 警視庁の発表によると
 関口卓弥巡査は蔵前署で大学の後輩らを警察官に勧誘する「リクルーター」に選ばれていたが、平成25年8月に後輩2人の名前を勝手に使って採用試験を申し込んでいたことが発覚し、警視庁の監察部門から有印私文書偽造容疑などで事情を聴かれていた。

 警視庁によると、警察署ごとに後輩らの勧誘を促し、実際に試験を受ければ実績が評価される。関口巡査は25年9月の試験で、8人分の申込書を提出したが、書類に記入ミスなどがあった2人に警視庁が確認したところ、本人に無断で提出されていたことが分かった。

 関口巡査は「リクルーターとして期待され、ある程度勧誘しないといけないと思った」と釈明。今年4月初旬の事情聴取にも素直に応じていたという。森元良幸警務部参事官は「埼玉県警の捜査に全面的に協力し、警視庁でも調査を尽くしていく」としている。

14'4 福岡県警 パトカーの無謀追跡で 原付バイク転倒しケガ

管理人一言コメント・安心、安全の為の仕事をして下さい!

            ・・・・・・・・・・・・・・・

11日未明、福岡市でパトカーから追跡されていた原付バイクが、タクシーと接触する事故がった。

午前3時前、中央区六本松で、パトカーが一方通行の道路を逆走する原付バイクを発見。
パトカーが追跡したところ、バイクは逃走してタクシーと接触し、転倒。

この事故で原付バイクを運転していた福岡市の会社員の男性(30)が負傷した。
タクシーの乗客と運転手にケガはなかった。

警察は「現時点で今回の追跡行為に問題はないと考えている」と話している。

14'4 埼玉県警 ミニパトカーが2人乗りバイク 無謀追跡中事故 県警が公表せず

管理人一言コメント・運転手を厳重処分せよ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警秩父署のミニパトカーが6日、軽乗用車と衝突する事故を起こしたが、公表していなかったことが12日、同署への取材で分かった。

 同署によると事故は6日午後1時10分ごろ、皆野町の県道で発生。ミニパトカーが2人乗りのバイクを発見し、サイレンを鳴らして追跡。その際、対向の軽乗用車と衝突し、軽乗用車の30代と60代の女性2人が腰などに軽傷を負った。

 松永佳夫副署長は「関係者の方にはご迷惑をおかけした」とコメントした。


             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★追跡中の事故、公表せず 埼玉県警「軽微だったため」

 埼玉県警秩父署のミニパトカーと軽乗用車が衝突する事故が今月あり、軽乗用車の2人がけがをしたにもかかわらず、県警が事故を公表していなかったことが11日、分かった。秩父署は「けがが軽微だったため」と説明している。

 同署などの説明では、事故があったのは6日午後1時10分ごろ。埼玉県皆野町の県道を巡回中のミニパトカーが2人乗りのバイクを発見。サイレンを鳴らして追跡中、反対車線側のコンクリート壁に衝突した。さらにミニパトカーに対向してきた軽乗用車が衝突。運転席の30代女性と後部座席の60代女性が腰を打つなど軽傷を負ったという。

 秩父署の事情聴取に対して、ミニパトカーを運転していた男性署員は「前方の車を追い抜いた後、ハンドル操作が利かなくなり、壁に衝突した」と説明したといい、同署が原因を調べている。松永佳夫副署長は「関係者の方にはご迷惑をおかけした」とコメントしている。

14'4 兵庫県警 同僚の貯金箱を盗んだ巡査を停職6カ月

管理人一言コメント・処分が軽い!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は11日、同僚の貯金箱などを盗んだとして逮捕された有馬署の男性巡査(21)について、停職6カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は2月28日、神戸市内の県警独身寮に住む同僚(21)の部屋に侵入し、約8万円入りの貯金箱などを盗んだという。巡査は盗んだ現金を遊興費に使ったといい、「組織や同僚を裏切って申し訳ない」と話しているという。

14'4 福井県警 同僚のカネ19回盗む 巡査部長を懲戒免職 

管理人一言コメント・この男は一般家庭での窃盗事件もやりかねない、余罪捜査は不十分だろう。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・

 福井県警は11日、同僚の財布を盗んだとして3月に窃盗罪で起訴された福井南署刑事課の巡査部長、山崎雄大被告(28)を懲戒免職処分とした。

 県警監察課によると、山崎被告は平成20年11月ごろから今年2月ごろにかけ、19回にわたり勤務先の同僚計16人から現金約60万円などを盗んだとしている。

 このうち4件は起訴済み。ほか4件について11日までに追送検された。起訴されたうちの1件は、東日本大震災で被災した福島県に特別出向中、福島県警郡山署内で同僚の財布を盗んだ容疑という。いずれも関与を認め、調べに「給料を使うのがもったいなかった」などと話しているという。

 日野祥英警務部長は「全国の警察が被災県の復興を支援する中、出向中の警察官が窃盗事件を犯したことは誠に遺憾。深くおわびする」とのコメントを出した。

14'4 京都府警 宮津署 交通課雨森巡査部長、飲酒・当て逃げ…懲戒免

管理人一言コメント・過去に軽微な反則行為で切符を切られたドライバーは拍手、喝采だろう。上司の処分があまりにも軽すぎる。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府宮津市内で3月、飲酒運転で当て逃げしたとして逮捕、略式起訴され、罰金刑が確定した宮津署交通課の雨森和哉巡査部長(30)について、府警監察官室は10日、懲戒免職処分とした。

 「飲酒運転がばれるのが嫌で逃げた。申し訳ない」と話している。

 同署長の警視(57)と当時、交通課長だった警部 巽英人(47)(現・木津署交通課長)も口頭厳重注意とした。

 片山勉・首席監察官は「言語道断の行為。今後このようなことがないよう職務倫理教養を徹底する」とのコメントを出した。


        ・・・・・・・・・・過去の宮津署の警官犯罪・・・・・・・・・・・

★07'12 京都府警 宮津署員が当て逃げ容疑で書類送検へ

 京都府警宮津署地域課の巡査(19)が、17日に京都市伏見区内で駐車中の車に当て逃げをしていたことが、19日に分かった。伏見署が道交法違反(安全運転義務違反、事故不申告)の疑いで、巡査を書類送検する。

 京都府警監察官室によると、巡査は公休だった17日午後2時半ごろ、伏見区の自動車用品店の駐車場から乗用車で出る際、女性の軽乗用車にぶつかったのに届け出なかった、という。

 店の通報で周辺を捜索していた伏見署員が、約300メートル北のガソリンスタンドで、逃げた車によく似た車と巡査を見つけた。巡査は白いスプレー塗料で車の破損部分を隠し、最初は「記憶にない」と否認していたが、その後「ばれるのが怖かった」と認めた、という。監察官室は「厳正に対処したい」としている。


★07'05京都府警・宮津署のパトカーが電柱に衝突・脇見運転

07'05.16日未明、京都府宮津市内の府道で、京都府警・宮津署のパトカーが電柱に衝突する事故が起きた。運転していた48歳の巡査部長の前方不注視が事故の主因とみられており、警察では器物損壊容疑で巡査部長から事情を聞いている。

同署によると、事故が起きたのは16日の午前4時20分ごろ。宮津市喜多付近の府道を走行していた同署・地域課のパトカーが丁字路交差点を直進するようにして電柱に衝突した。パトカーは小破。運転していた48歳の巡査部長にケガはなかった。

巡査部長はパトロールを終えて同署に戻る途中。調べによると、サイドブレーキ付近に置いていたメモ帳が助手席側に落ちたため、これを拾おうとした際にハンドルを左方向に切ってしまったようだ。当時パトカーは30km/h程度の速度で走行していたが、メモ帳を拾っている際には前方を全く見ていなかった可能性もあるという。

警察では前方の不注視が事故に発展したと判断。巡査部長から器物損壊などの容疑で事情を聞いている。

14'4 神奈川県警 電車内で男性の下半身触る、44歳警部補を逮捕

管理人一言コメント・警部補ですから何でもやります。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 電車内で男性の下半身を触ったとして、神奈川県警監察官室は9日、横須賀市久比里、葉山署地域課の警部補の男(44)を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕した。


 発表によると、男は同日午前7時25分頃から約20分間、京急線上り特急電車内で、近くに立っていた同市の会社員男性(23)の下半身を触った疑い。横浜駅に到着後、男性が男を呼び止め、警戒中の戸部署員が取り押さえた。男は休みだったという。

 調べに対し、男は「電車内は大変混雑しており、触った覚えはない」と、容疑を否認している。

 県警監察官室は「警察官としてあるまじき行為。深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。

14'4 高知県警 覆面パトカー:サイレン鳴らし出動中 男性はね重傷

管理人一言コメント・特権意識をもって走ると事故は当然。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 9日午後11時ごろ、高知市大原町の国道56号と市道の交差点で、緊急走行中だった高知南署刑事課の男性巡査部長(30)運転の覆面パトカーが、横断歩道を自転車で横断していた同市神田の男性会社員(31)をはねた。男性は鎖骨を骨折するなどの重傷を負った。

 高知南署によると、覆面パトカーは9日午後10時50分ごろ、事件の通報を受け、赤色灯をつけサイレンを鳴らして現場に向かう途中だった。男性巡査部長にけがはなく、同署は自動車運転過失致傷容疑で調べている。

14'4 北海道警 わいせつ行為で警部補停職処分 他に事件放置などで2人処分

管理人一言コメント・警部補の犯罪が多いこと、また処分も軽い!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 道警は9日、女性にわいせつ行為をしたとして、釧路方面の警察署に勤務する30代の男性警部補を停職6カ月の懲戒処分とした。

 警部補は辞職の意向だという。道警監察官室によると、警部補は2月、事件捜査の出張で宿泊していた札幌市内のホテルで、同僚の知人女性に対し、抱きついたりキスや体を触るなどしたという。女性が被害届を出さなかったため、立件は見送られた。

 また、捜査書類を紛失し、事件を放置したとして、札幌市内の警察署地域課に勤務する50代の男性警部補を戒告の懲戒処分とした。警部補が巡査部長への降格を申し出たため異動する。

 警部補は2010年11月、同市で発生した傷害事件の捜査書類や被害者の診断書などを紛失し、上司に報告しなかった。警部補は「別の書類と一緒にシュレッダーにかけ、破棄してしまった」と説明したという。

 このほか、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された帯広署地域課の男性警部補(57)を停職6カ月の懲戒処分とした。警部補は辞職の意向だという。

14'4 鹿児島県警 交通事故調書偽造 警部が指示の疑い

管理人一言コメント・警部の犯罪の多いこと!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鹿児島県警の男性警部が鹿児島市内の警察署の交通課長だった2011~13年ごろ、担当した交通事故の実況見分調書を部下に指示して偽造した疑いのあることがわかった。内部調査に対して偽造を認めているという。県警は警部の処分を検討するとともに、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで捜査している。

 県警監察課などによると、この警部は当時、車同士の交通事故の捜査を担当していた。事故後に関係者からあらためて事情を聴いた際、事故当時の車の位置関係について当初の説明と異なる供述が出たため、供述に合うように実況見分調書の記載内容の一部を書き換え、作成日を偽って調書を作り直すよう部下に指示した疑いがある。

 事故当事者の指摘で偽造が発覚。監察課は「警部に過失割合を変えるなどの意図はなく、捜査への影響はなかった」としている。

 鹿児島県警では昨年12月、組織犯罪対策課の男性警部=依願退職=が、暴力団関連事件の捜査で被害者の供述調書を改ざんしたとして、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検され、今年3月に在宅起訴された。

14'4 京都府警 刑事課巡査部長が暴行事件の捜査放置 書類紛失

管理人一言コメント・無能警官の多いこと!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都市の伏見警察署に勤務していた警察官が、暴行事件の捜査を放置し、被害届などの捜査書類の一部も紛失していたことが警察への取材で分かった。

 京都府警察本部によると、京都市の南警察署の30代の男性巡査部長は伏見警察署の地域課に勤務していた3年前に、担当した暴行事件の捜査を放置し、被害者が提出した被害届や現場の証拠写真数枚を紛失していた。

 去年10月、定期的な監査で、巡査部長が当時使っていたロッカーの中に処理されていない事件の書類が放置されているのが見つかり、問題が発覚した。

 警察は被害者に被害届の提出を再度依頼し、事件の発生から2年半後のことし2月に容疑者を書類送検した。

調査に対して巡査部長は「当時、忙しく事件の手続きを忘れていた。被害届などは廃棄してしまったと思う」と説明、京都府警察本部はことし1月、この巡査部長を所属長注意としていた。

京都府警察本部は「事件を放置するのはあってはならないことで、再発防止に取り組みたい」としている。



             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★刑事課巡査部長が捜査放置 京都府警、暴行事件の被害届など紛失

 暴行事件の被害届などを紛失し、捜査を放置したとして、京都府警監察官室が、南署刑事課の30代の男性巡査部長を所属長注意にしていたことが8日、監察官室への取材で分かった。

 監察官室によると、巡査部長は伏見署地域課に勤務していた2011年8月、伏見区で発生した暴行事件の被害届を受理したが、届の原本や現場写真十数枚を紛失した。その後、事件の捜査は行われなかった。

 昨年10月、監察官室の監査で、巡査部長が当時使っていた交番のロッカーからこの事件の被害届の写しやメモが見つかり、捜査放置などが発覚した。

 府警は、暴行事件の被害者に被害届の提出を再度、依頼し、今年2月、容疑者を書類送検した、という。

 巡査部長は「訂正手続きのため被害届の原本を持ち歩いていた。誤廃棄したかもしれない。忙しくて事件の手続きを忘れてしまった」と話しているという。監察官室は「再発防止に努める」とコメントしている。

14'4 兵庫県警 交通安全運動初日に…パトカーが衝突事故「目測を誤った」

管理人一言コメント・尾灯切れのバイクをパトカーで追跡するアホ丸出しの警部補、別の乗用車と衝突事故、その警部補なら事故は当然、大馬鹿警部補、拍手拍手、警察辞めたら再就職は無理だよ、警察なら交通安全運動の初日の事故でも大丈夫!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6日午後11時55分ごろ、神戸市灘区神前町の市道交差点で、兵庫県警灘署の男性警部補(51)運転のパトカーが、同市東灘区の和菓子製造業の男性(32)運転の乗用車と衝突した。

 けが人はなかった。この日は春の全国交通安全運動の初日だった。

 同署によると、男性警部補は巡回中、尾灯の切れた状態で走行しているミニバイクを発見。赤色灯を点灯するなどして追跡し、交差点に進入したところ、衝突したという。男性警部補は「大丈夫だと思って交差点に入ったが、目測を誤った」などと説明しているという。
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。