15'2 群馬県警 女性警官3人にセクハラ、降格申し出た巡査部長

管理人一言コメント・処分が軽い。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 女性警察官3人にセクハラ行為をしたとして、群馬県警が、交番勤務の40歳代の男性巡査部長を停職6か月の懲戒処分としていたことが28日、県警への取材で分かった。処分は1月23日付で、県警は処分を公表していなかった。県警は処分とは別に、巡査部長本人から申し出を受け、巡査に降格させたとしている。

 県警監察課によると、元巡査部長は昨年、交番内での勤務中や職場旅行の宴席で、女性警察官計3人に対し、体を触るなどの行為をした。女性警察官の1人が上司に相談して発覚したが、3人とも被害届を出さなかったため、県警は刑事事件としての立件は見送った。

 同課は、処分を公表しなかった理由について「3人から公表を控えてほしいとの強い要望があったため」としている。

スポンサーサイト

15'2 群馬県警 小4女児誘拐未遂の疑い 巡査を逮捕

管理人一言コメント・凶悪な犯罪を 敢行する等、オオカミ警官の多発化傾向にある。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 群馬県警は18日、小学4年生の女児(10)を連れ去ろうとしたとして、渋川署地域課巡査で吉岡町交番勤務の秋山暢大(のぶひろ)容疑者(24)=群馬県渋川市金井=を未成年者誘拐未遂容疑で逮捕し、発表した。容疑を認め、「かわいかったので仲良くなりたかった」と話しているという。

 発表によると、秋山容疑者は1月15日午後4時10分ごろ、自分が管轄する吉岡町内で、自宅近くにいた女児に父親の知り合いを装って話しかけ、「パパが交通事故に遭って病院に運ばれた。すぐに来てくれ」とうそを言い、乗ってきた車で連れ去ろうとした疑いがある。女児が拒んだため、未遂に終わり、けがもなかった。秋山容疑者はこの日、休みだった。

 女児と、一緒にいた女児の2人が「見たことのあるお巡りさんに似ている」と母親に告げたため、連絡を受けた県警が捜査し、秋山容疑者の関与がわかったという。

 秋山容疑者は2013年4月に採用され、14年3月から吉岡町交番に勤務。昨年12月に女児宅周辺を複数回パトロールしたことがあり、その際に女児のことを知った可能性があるという。県警は容疑が強まったとして今月8日に秋山容疑者を交番勤務から外し、渋川署で内勤をさせていた。

 県警の上原健司・首席監察官は「極めて遺憾。厳正に対処する」と話した。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★女児誘拐未遂容疑:逮捕の巡査「巡回連絡カード」悪用か

 勤務する交番の管轄エリアで小学4年の女児(10)を誘拐しようとしたとして、群馬県警は18日、県警渋川署地域課巡査、秋山暢大(のぶひろ)容疑者(24)を未成年者誘拐未遂容疑で逮捕した。秋山容疑者は女児の自宅前に乗用車を止め、女児が帰ってきたところを、車から降り声をかけた。私服で、警察官であることは明かさず、女児や父親の名前を口にして父親の知り合いを装っていた。

          ◇

 秋山容疑者が女児や父親の名前を事前に知っていたことについて、群馬県警は、職務上知り得た情報を利用した疑いがあるとしている。地域をパトロールする巡査は通常「巡回連絡カード」を使って個人情報を収集しているとみられ、今回もこれを悪用した可能性が考えられる。

 巡回連絡カードは、警察庁が「住民の安全で平穏な生活の確保に役立てる」として地域警察官に住民の情報を収集させている制度。事件・事故が発生したり、迷子を保護したりした緊急時に家族への連絡に役立てると説明し、家族全員の氏名、生年月日、勤務先、学校名などの記入を求めている。

 女児や両親と秋山容疑者に元々面識はなく、女児と友達(7)は昨年12月、パトロール中の秋山容疑者を5、6回見かけたと話しているという。この時の秋山容疑者の挙動について県警は「地域の見守り活動をしているような様子だった」と説明しているが、「かわいい女の子をつけ回していたのでは」と疑う声も住民の間から出ている。隣町の主婦(29)は「そもそも何のために書かされるカードなのかと思っていた。今回もし警察官に悪用されたなら、巡回連絡カード自体、廃止してもらいたい」と憤る。

 渋川署によると、秋山容疑者が勤務していた吉岡町交番は原則2人体制。監視・管理体制が弱く、個人情報を比較的容易に入手できた可能性もある。過去には長野県警や愛知県警で、交番の連絡票のコピーを悪用したり、駐在所の情報照会用端末を不正操作したりした手口もあった。


15'2 京都府警:南署 捜査車両また速度超過33キロ

管理人一言コメント・南も東山もアホな警官ばかり世間の笑いもの、爆笑、大爆笑!

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警南署の20代の男性巡査部長が、京都市東山区の府道で、捜査用車両を運転中に制限時速を33キロ超過して走行し、道路交通法違反(速度超過)容疑で交通切符(赤切符)を交付されていたことが17日、分かった。

 府警監察官室によると、巡査部長は同署刑事課の所属。昨年12月23日午後3時41分ごろ、捜査を終えて署に戻る途中、指定速度が時速40キロの区間を73キロで走行して速度取り締まり中の東山署員に検挙された。巡査部長は「急いで署に戻りたかった」などと説明しているという。監察官室では「正当業務行為ではなかった」と判断し、1月29日付で所属長注意とした。

 京都府警では、昨年2月にも府警高速隊員がパトカーで兵庫県内の高速道路を走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に45キロの速度超過と測定され、兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙された。その後、神戸区検が不起訴処分にしている。

15'2 大阪府警 無謀走行パトカーと大型トラックが衝突 乗っていた容疑者骨折の重傷

管理人一言コメント・パトカーの運ちゃんらしい事故、こんな警官の群れが大阪府警。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 14日午前3時45分ごろ、大阪市大正区千島の交差点で、大阪府警大正署地域課の男性巡査部長(41)が運転していた緊急走行中のパトカーと大型トラックが衝突した。

 はずみで大型トラックが対向車線に飛び出し、トラックに衝突するなど計4台が絡む事故になった。パトカーの後部座席に乗っていた傷害事件の容疑者の男(44)が左足の骨を折る重傷を負った。

 同署によると巡査部長は赤信号のため、交差点の手前で一時停止してから交差点に進入した。この際の周囲の確認が不十分だったとみられる。

15'2 宮崎県警 警視を処分 風俗店で飲酒接待

管理人一言コメント・こんな事ばかりだ。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 宮崎県警本部の50歳代の男性警視が、宮崎市の不動産管理業者と同県都城市の産廃処理会社の元社長から飲酒の接待や贈答品の供与を受け、本部長訓戒処分を受けていたことが県警関係者への取材で分かった。処分は1月15日付。警視は近く依願退職するという。

 県警幹部によると、警視は2012年11月下旬、不動産管理業者が経営する風俗店で飲酒の接待を受けた。元社長からは09~13年に中元や歳暮を受け取っていた。2人の目的や警視との関係は明らかにしていない。捜査情報の漏えいは確認されていないという。

 県警が風俗店の営業を規制する立場にあることなどから、警視の行為は不適切と判断し、処分した。

15'2 富山県警 巡査、知人女性2人の体触り減給

管理人一言コメント・こんなのが多いこと。

         ・・・・・・・・・・・・・・

 知人女性2人の体を触ったとして、富山県警が未成年の男性巡査を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしたことが13日、分かった。
 処分は1月28日付。巡査は県警の調査に行為を認めており、同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は昨年、それぞれ別の時期に2人の体を触ったという。2人が県警に相談して発覚した。県警は「被害届が出ておらず任意で捜査を進めた。被害女性の特定につながる恐れもある」として処分を公表していなかった。女性の職業や巡査の所属も明らかにしていない。

 監察官室の岡山英士次席は「あってはならない行為だ。職員の生活指導などを徹底し、再発防止を図っていきたい」と話した。

15'2 富山県警 県警車両、停止板設置せず…追突され3人死傷

管理人一言コメント・車両使用前の始業点検がされていないと結果がでる。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 富山県朝日町窪田の北陸道下り線で12日、故障して路肩に止まっていた県警車両のワンボックス車に大型トラックが追突し、県警車両に乗っていた同町、会社役員(62)が死亡、警察官2人が重軽傷を負った事故で、県警交通企画課は13日、県警車両が事故当時、停止表示板を設置しておらず、発炎筒を置こうとした直前に追突されたとみられると発表した。

 同課によると、県警車両は停止後、後部座席左側に同乗していた男性警部補(36)が上司に電話で故障を報告。男性警部補はハザードランプのスイッチを押し、車外に出て停止表示板を探したが、見つけられなかった。車内に戻り、発炎筒を手に再び車外に出ようとした直前に追突された。電話から追突までの時間は約10分間で、死亡した会社役員は後部座席右側に乗っていたという。

 県警は、トラック運転手の居眠り運転が事故原因とみて調べている。

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★警察車両に大型トラック追突、3人死傷…北陸道
 12日午前0時35分頃、富山県朝日町窪田の北陸道下り線で、故障して路肩に止まっていた同県警のワンボックス車に大型トラックが追突、ワンボックス車は横転し、同乗していた同町殿町、会社役員鹿熊(かくま)伸一さん(62)が出血性ショックで死亡した。

 ワンボックス車の運転席にいた富山市新桜町、同県警捜査2課の藤田貴史巡査部長(44)は胸を強く打って重傷、同乗の男性警部補(36)も首を捻挫する軽傷を負った。

 県警は大型トラックを運転していた福井市福新町、運転手谷口博章容疑者(39)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕、過失運転致死傷容疑で調べる方針。

 県警によると、現場は片側2車線のほぼ直線の道路。事故当時、雨や雪は降っていなかったが、路面はぬれていた。

15'2 青森県警 「怒られたくない…」嘘の捜査報告書で巡査長懲戒

管理人一言コメント・こんなことばかりだ。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・

 青森県警の巡査長が嘘の捜査報告書を作成したとして書類送検され、懲戒処分を受けていた。
戒告の懲戒処分を受けたのは、津軽地方の警察署に勤務していた30代の男性巡査長。

 去年7月、窃盗事件の現場写真を撮り忘れたにもかかわらず、別の事件現場の写真を捜査報告書に添付していた。余罪捜査の過程で不正が発覚し、県警は巡査長を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検。

「上司に怒られたくなかった」と話しているということで。巡査長は10日付で依願退職した。

15'2 京都府警 酒気帯び容疑で巡査部長逮捕

管理人一言コメント・氷山の一角! 懲りない警官ども。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 酒を飲んで車を運転したとして、京都府警向日町署などは7日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、下鴨署警務課の巡査部長向山聡容疑者(56)=京都府向日市寺戸町=を逮捕した。「酒を飲んだが、運転したことは覚えていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は6日午後10時10分ごろ、向日市内の市道で酒気帯び状態で自家用車を運転した疑い。

 向日町署によると、向山容疑者が車で出掛けるのを見た家族が110番した。駆け付けた署員が周辺を捜したが見つからず、家に戻って車の運転席で寝ている向山容疑者を発見。呼気から基準値以上のアルコールが検出された。6日午後6時半ごろから、京都市内の飲食店で同僚らとビールなどを飲んだという。

15'2 神奈川県警 「周囲を気にせず、下半身を触った」警部補懲戒

管理人一言コメント・処分が軽いこと。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は5日、大和署地域1課の男性警部補(43)を戒告の懲戒処分とした。

 警部補は同日付で依願退職した。

 県警監察官室の発表によると、警部補は昨年12月22日、小田急線大和―藤沢駅間を走行中の電車内で、約20分間にわたり、横浜市の女子大学生(21)の前で、自身の下半身をズボンの上やポケットの中から触っているところを見せつけた。警部補は「見せつける意図はなかったが、周囲を気にせず、下半身を触った」と話したという。

 警部補は県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕されたが、不起訴となった。

15'2 神奈川県警 ひわいな言動で警部補戒告 女性の前で自分の股間を…「

管理人一言コメント・助けようがない。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は5日、電車内で座っていた女性の前で自分の股間を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反(ひわいな言動)容疑で現行犯逮捕、送検され不起訴処分となった大和署地域1課の男性警部補(43)を戒告の懲戒処分にした。警部補は同日、依願退職した。

 警部補は監察官室に対し「仕事が終わった解放感などから触った。見せつけるつもりはなかったが、女性に『やめて』と言われ、条例に違反すると思った」と説明したという。

 県警は昨年12月22日、小田急江ノ島線の電車内で約20分間触ったとして現行犯逮捕した。警部補は逮捕時、容疑を否認していた。


15'2 京都府警 舞鶴署の巡査を 住居侵入容疑で逮捕

管理人一言コメント・不祥事の話題が尽きない京都府警!!

                       ・・・・・・・・・・・・・・・

 民家の敷地に侵入したとして、京都府警捜査1課などは4日、住居侵入容疑で府警舞鶴署地域課の巡査小柳昌史容疑者(28)=舞鶴市公文名=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2月2日午前10時55分ごろ、同市の会社経営者宅の門を開け、敷地内に侵入した疑い。

 同課によると、軍手をした小柳容疑者が庭に入ったところを近隣住民が目撃。経営者の妻に電話で知らせ、妻が110番した。当時、家は無人だったという。窃盗などの被害は確認されておらず、同課は動機などを調べる。

 村山三鶴・舞鶴署副署長の話 誠に遺憾。指導を徹底し再発防止に努める。

15'2 宮崎県警 巡査部長を逮捕=10代女性の胸触る

管理人コメント・警官のわいせつ犯罪が多い。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 宮崎市内の路上で、車で近づき10代女性の胸を触ったとして、宮崎県警監察課などは3日、県迷惑防止条例違反の疑いで、県警宮崎北署刑事1課巡査部長の米良諭容疑者(34)=同市吉村町=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年10月27日午後7時ごろ、宮崎市内の住宅街の路上で、自転車に乗った10代女性の胸を触った疑い。
 監察課によると、米良容疑者は運転席から手を伸ばして女性の胸を触り、そのまま逃げ去った。女性が車のナンバーの一部などを記憶していたため、同容疑者が浮上した。
プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード