15'7 岐阜県警 巡査長、容疑者宅に捜査資料忘れる 

管理人一言コメント・こんな巡査長が多いんだね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岐阜県警が連続強盗事件で逮捕した容疑者の自宅を7月上旬に家宅捜索した際、機動捜査隊に所属する30代の男性巡査長が、捜査に関連する書類一式を現場に置き忘れていたことが30日、朝日新聞の取材でわかった。容疑者の親族がこの書類を見つけて写真撮影し、ほかの親族に知らせていたという。県警は巡査長の処分を検討している。

 捜査関係者によると、県警は連続強盗事件を捜査しており、容疑者の逮捕を受けて愛知県一宮市にある自宅を家宅捜索していた。巡査長は応援の捜査員として現場に派遣され、7月上旬に行われた家宅捜索に加わっていたという。

 7月中旬になって別の捜査員が、共犯で逮捕された別の容疑者の親族から事情聴取したところ、県警内部でしか知り得ない情報を知っていたという。そのため、不審に思った捜査員が問いただしたところ、置き忘れがあった容疑者の親族から無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じ、捜査資料を撮影した写真数枚を受け取っていたことが判明したという。書類には捜査員の名前などが記載してあった。両容疑者の親族は知人同士だった。

 県警によると、捜査資料の写真は親族同士でしかやり取りされておらず、外部への情報漏洩(ろうえい)は確認されていないという。県警は取材に対し、「捜査に影響はなく、故意ではなかった」と説明している。
スポンサーサイト

15'7 福島県警 パトカー、乗用車に追突 南会津 車両火災で緊急走行中

管理人一言コメント・警察の運ちゃんはこんなものですよ、珍しく署長がコメント。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 27日午前10時半ごろ、南会津町川島字下原道上の121号国道で、車両火災の通報を受けて緊急走行中だった南会津署の男性警部補(51)のパトカーが下郷町の会社員男性(49)の乗用車に追突した。

男性の乗用車は道路脇の駐車場に止めていた別の乗用車に接触し、男性は首に軽いけがをした。

 同署の調べでは、乗用車が道路脇の駐車場に右折して入ろうとした際、パトカーが後ろからぶつかった。乗用車が減速したため、追い越そうとしたという。

 志賀英樹署長は「緊急走行中の安全を確認するよう指導を徹底し、二度とこうした事故がないようにしたい」としている。


15'7 神奈川県警 女子トイレで盗撮、電車内で痴漢…警官2人減給

管理人一言コメント・警官によるこの種の犯罪の多いこと。

              ・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は24日、盗撮したとして鶴見署地域課の男性巡査(26)を、痴漢をしたとして旭署刑事課の男性巡査部長(40)を、それぞれ減給10分の1(6か月)の懲戒処分とした。

 2人は同日付で依願退職した。鶴見署員については、県警が同日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで横浜地検に書類送検した。

 県警監察官室によると、鶴見署員は昨年11月26日午後8時半頃、横浜市西区のカラオケ店で、女子トイレに侵入し、女性を私用のスマートフォンで盗撮した疑い。

 旭署員は6月10日朝、JR東海道線川崎―品川駅間を走行中の電車内で、10歳代の女性の下半身を触ったとして、都迷惑行為防止条例違反容疑で警視庁に現行犯逮捕された。東京区検は同月12日、署員を処分保留で釈放している。

15'7 長崎県警 射撃訓練中の巡査、落とした銃弾暴発してけが 

管理人一言コメント・それらを含めて訓練していたはずだ、お粗末巡査。

              ・・・・・・・・・・・・・

 23日午後1時40分ごろ、長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保地方総監部の射場で、射撃訓練をしていた県警松浦署の男性巡査(22)が拳銃の弾を落とし、暴発した弾の破片で右足にかすり傷を負った。

 佐世保署によると、射撃訓練をする際、警察官はふだん所持している拳銃から弾を抜いて封筒に入れ、制服のポケットに保管することになっている。巡査はシャツの右胸のポケットに入れようとして封筒ごと落とし、中に入っていた数発のうち1発が破裂したという。

15'7 京都府警 「好きだ」と手握り、拒否されてもメール・電話で…セクハラで警部補懲戒処分

管理人一言コメント・京都府警のなでしこ交番、危うし!なでしこ交番でのセックス事件も発生間近!!
この処分はストーカー警視の戒告処分と比較すると重い、これは「平安なでしこ交番」の職場でのセクハラ行為?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警亀岡署地域課に所属する50代の男性警部補が女性警察官に電話やメールで繰り返しセクハラ発言をしたとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。処分は9日付。

 捜査関係者によると、今年1月中旬ごろ、京都市内の居酒屋で、警部補は後輩の30代の女性警察官に「好きなんや」と言って、手を複数回握るなどした。女性がその場で拒絶する態度を示したが、以降も電話やメールで少なくとも7回にわたり飲食に誘うなどしたという。警部補は当時、伏見署地域課に勤務していた。

 2月初旬に女性が上司に相談し問題が発覚。警部補は「好意を抱いてくれていると思った」と話したという。府警監察官室は「職務倫理教養に取り組み、再発防止を徹底する」とした。

15'7 福岡県警 飲酒運転の警部補2人、懲戒免職と戒告処分に

管理人一言コメント・飲酒運転で戒告処分とは軽すぎて呆れかえる。

            ・・・・・・・・・・・・

 福岡県警は23日、飲酒運転をしたとして、小郡署の筬島(おさじま)武志警部補(49)=道交法違反罪で在宅起訴=を懲戒免職、柳川署の男性警部補(58)を戒告の懲戒処分とし、発表した。男性警部補は同日、依願退職した。

 監察官室によると、筬島警部補は今月4日未明、酒気を帯びて同県粕屋町内で車を運転したとして現行犯逮捕された。直前に知人女性と2軒の飲食店をはしごし、ビールや焼酎、カクテルを飲んだといい、逮捕時、呼気から酒気帯び運転の基準値(1リットルあたり0・15ミリグラム)を大幅に上回る0・59ミリグラムのアルコールが検出された。「酒の影響で心のたがが外れ、飲んでいるけど大丈夫だろうと思って運転した」と説明しているという。

 男性警部補は同5日夜、酒を飲んで同県八女市内の大型量販店の駐車場で車を運転。検出されたアルコールは呼気1リットルあたり0・13ミリグラムで、基準値に満たず立件はされなかったが、直前に缶ビールと缶チューハイを飲んだという。

 県警は3大重点目標の一つに「飲酒運転の撲滅」を掲げ、特に7月は飲酒運転の取り締まり強化月間だった。

15'7 京都府警 中京署地域課 女性巡査がパトロール中にあて逃げ

管理人一言コメント・制服でパトロール中に当て逃げとは・・・、呆れてものが言えない、こんな女だから警察官だったのだ~、京都府警、大丈夫?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警中京署地域課に所属する20代の女性巡査がパトロール中にあて逃げしたとして、道交法違反容疑で書類送検されていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。府警は6月18日付で本部長訓戒とし、女性は同日付で依願退職した。

 捜査関係者によると、女性は5月2日午後8時半ごろ、京都市中京区の市道で公用オートバイでパトロール中、駐車していた軽乗用車に接触。そのまま逃走したという。

 事故を目撃した通行人が翌日、中京署に通報し発覚。府警監察官室によると、女性は「頭が真っ白になって逃げてしまった」と話したという。

 府警は6月8日に道交法違反容疑で書類送検。京都区検が略式起訴し、京都簡裁が罰金5万円の略式命令を出した。

 監察官室は「職務倫理教養を徹底し再発防止に努める」としている。

15'7 山口県警 わいせつ巡査長を懲戒…不適切な交際も発覚

管理人一言コメント・助けようが無い。

      ・・・・・・・・・・・

 山口県警は17日、知人女性にわいせつ行為をしたとして、警察署勤務の男性巡査長(34)を停職6カ月の懲戒処分にした。同日付で依願退職した。

 県警によると、巡査長は2010年5~7月ごろと11年7月ごろの計2回、知人女性2人に対して自宅で胸を触るなどのわいせつ行為をした。

 今年4月、被害女性の1人が県内の警察署に相談して発覚。内部調査で、11年以降に巡査長がさらに別の知人女性2人と不適切な交際をしていたことも分かった。

 垣内伸吾警務部長は「警察官としてあるまじき行為で、誠に遺憾。再発防止を図り、県民の信頼回復に努める」とのコメントを出した。

15'7 滋賀県警 パワハラで、警部と警部補に減給

管理人一言コメント・どっちもドッチだ。

         ・・・・・・・・・・・・・・

 部下にパワハラをしたとして県警監察官室は15日、県内の警察署に勤務する40代の男性警部を減給100分の10(3カ月)、男性警部補を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分にした。

 監察官室によると、2人は昨年3月から今年5月にかけ、同じ課の30代の男性巡査部長と20代の男性巡査長2人の計3人に対し、十数回にわたって「おまえなんか辞めてしまえ」と叱責したほか、顔を殴ったり体にライターの火を近づけたりしたという。見かねた同僚が今年5月、他の上司に相談して発覚した。被害届が出されておらず、暴行容疑などでの立件は見送った。

 また、県警は別の警察署管内の交番に勤務する30代の男性巡査部長についてもパワハラを理由として同日付で戒告の懲戒処分にした。昨年9月から今年4月にかけて10回程度、20代の男性巡査2人に対し、「辞職願を書いてこい」とののしったり、プラスチック製のバケツで殴ったりしたという。

 吉田隆・首席監察官は「職員への指導教養を一層強化し、再発防止に努めたい」とコメントした。

15'7 岡山県警 緊急走行中のパトカー、乗用車と衝突

管理人一言コメント・赤信号無視では事故が起きる、左右の安全を確認しなければ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 14日午後10時ごろ、岡山市南区新福の国道2号交差点で、緊急走行中の岡山県警岡山南署のパトカーと市内の男性会社員(19)が運転する乗用車が出合い頭に衝突した。男性は頭を打って軽傷。パトカーを運転していた男性巡査部長(45)と助手席の男性巡査長(29)にけがはなかった。

 県警交通指導課などによると、同日午後9時55分ごろ、「けんかがあった」との110番があり、パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして現場に急行。交差点に進入したところ、左側から来た乗用車と衝突した。現場は見通しの悪い交差点で、パトカー側の信号が赤だったとみて、調べているという。

 同署の大賀理史副署長は「事故の原因を調査し、指導教養を徹底して再発防止に努めます」と話した。

15'7 奈良県警  巡査部長を違反もみ消しで懲戒免職

管理人一言コメント・今どき日本の警察か?

             ・・・・・・・・・・・・・・

 奈良県警は14日、県警高速隊に所属中、交通違反をもみ消す見返りに現金を受け取ったとして加重収賄罪などで起訴された巡査部長の中西祥隆被告(44)=同県橿原市新賀町=を懲戒免職処分とした。

 県警は監督責任を問い、事件当時、高速隊長だった天理署長(57)や副隊長だった交通部調査官(54)ら3人を本部長訓戒などとした。もみ消しの現場に居合わせながら黙認した男性巡査長(27)は戒告とした。

 起訴状によると、中西被告は高速隊に所属していた平成26年1月、同県大和郡山市の西名阪自動車道で、無免許運転により事故を起こした風俗店経営の男(24)=贈賄罪などで起訴=に身代わりを立てさせ、虚偽の事故処理をして3万円を受け取ったほか、今年3月までに男の風俗店を無償利用したとしている。

 また、高速隊で速度違反取り締まり装置による摘発担当だった24年6月に奈良県内の名阪国道で速度違反をした三重県の40代女性の違反を見逃し、2万4800円を得たとして、今年6月に再逮捕された。

 県警の柘植紳二郎警務部長は「信頼を損なう行為を引き起こし誠に遺憾、深くおわびします」とのコメントを出した。

15'7 福岡県警 2警官飲酒運転を陳謝 県議会で県警本部長

管理人一言コメント・謝るだけなら猿でもできる。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警察官による飲酒運転が相次いだことを受け、吉田尚正・県警本部長は14日の県議会本会議の冒頭、「県民の皆様に対し、心からおわびを申し上げます」と陳謝した。

 県警によると、4日に男性警部補が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕され、翌5日には別の男性警部補が飲酒後に車を運転し、基準値以下のアルコール分が検出されて指導を受けていた。

 吉田本部長は「県民一丸となって飲酒運転の撲滅に取り組む中、痛恨の極み。再発防止に万全を期し、県民の信頼を回復する決意です」と述べた。

 この日の県議会本会議では、総額1兆7770億円の今年度一般会計当初予算案や、退任する海老井悦子副知事の後任に大曲昭恵・新社会推進部長を充てる人事案など計50議案に可決、同意。過疎地域の活性化や人口減少問題、定住促進策などについて調べる「住・ひと・しごと創生調査特別委員会」など6調査特別委員会を設置し、閉会した。

15'7 京都府警 チンコロで組織崩壊の危機 警視から巡査までスピード狂



◇ チンコロ(密告)で組織崩壊の危機 ◇




15'7 山科署 今度は副署長がスピード違反 二輪で42キロ超過
(参考)15'3,23付 京都府警 人事異動 山科署副署長(外事課主席調査官国際テロリズム対策室長兼次席兼監察官室調査官兼組対1課調査官)萩原寛

 京都府警山科署の副署長(53)が京都府南丹市で、制限速度(50キロ)を超える時速92キロでオートバイを運転したとして、道交法違反容疑で交通切符(赤切符)を交付されていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、副署長は12日夕、南丹市の国道162号で、私用のオートバイを運転中、制限速度を42キロ超えたとして、取り締まり中の南丹署員に赤切符を切られたという。日曜で副署長は勤務時間外だった。山科署の吉﨑幸二署長は「副署長がスピード違反をしたことは誠に遺憾」としている。

 府警では、山科署員が3月、通勤中に制限速度を51キロ上回る時速91キロで私用バイクを運転し、赤切符を切られ、懲戒処分を受けた。6月には、京丹後署員2人が、事件の家宅捜索に向かう際、捜査車両2台で速度超過し、交通反則切符(青切符)と赤切符を切られるなど、スピード違反の不祥事が続いている。



15’7 京都府警 今度は交機覆面パトカー隊 中井一裕巡査部長らが訴えられる。
 交機 覆面パトカー隊 中井一裕巡査部長らがパトカーの速度違反と反則者に対して必要性の無い逮捕行為で訴えられる。

京都府公安委員会申出制度に基づき交機 覆面パトカー隊 中井一裕巡査部長らが訴えられたもので6月24日、公安委員会において正式に受理されている。

 ▼必要性の無い逮捕と手錠の使用
これは平成27年6月6日午後7時30分ごろ京田辺市山手幹線薪において速度違反の反則行為をしたとして40歳の男性を逮捕するにあたり反則者が運転免許証を隊員に手渡し住所、氏名も明らかにし、逃走のおそれも全く無いのに覆面パトカー内の速度記録を見るのを断ったのは「証拠隠滅にあたる」と巡査部長が抗弁し行き成り反則者に手錠を掛けたものである。

逮捕場所は反則場所から約400㍍も北地点で、反則者とトラブルになり、更にその場所に反則者に呼び出された父親も駆け付けトラブルと成った挙句、父親共々反則者がその場所に戻ったとこれで逮捕されたものである。

時間の経過、また反則場所から2回も場所を移動するなどした状況等から現行犯とは程遠く、また同場所は信号交差の手前で信号待ちの車両が多く公衆の面前で手錠姿をさらすなどしたものである・

交通反則者の逮捕や手錠の使用については法や規範等で定められており、それに反しており。むしろ悪質で著しく妥当性に欠ける逮捕行為であるとして訴えられたもの。

◇ 反則場所・この画像の信号機の先あたり。


◇ 逮捕場所・パトカー駐車場所付近で信号手前の交通量の多い場所。


▼覆面パトカーの速度違反
 覆面パトカーは同日の午後6時55分ごろ京田辺山手幹線田辺尼ヶ池交差から薪菅交差までの約600㍍を追跡行為に当たらない緊急用務に該当するのに速度違反のおそれのある車両に追いつくためにサイレンを鳴らさず、また警光灯も点滅せず猛スピードで単独走行したものである。

◇ 覆面パトカーの違反場所 
山手幹線の道路 田辺尼ヶ池交差から薪巽交差までの約600㍍


◇ 同上場所の逆方向


◇ 規制50キロ


京都府道路交通規則(京都府道路交通法施行細則)においても覆面パトカ―の最高速度の規制及び警光灯の点灯を除く規定は無く、また単独走行中の覆面パトカ―に対しての最高裁判例も見当たらず、従って、この場合はサイレンを鳴らし警光灯をつけなければならず、もっぱら速度取り締まりの覆面パトカーであっても警光灯を点滅しなければならない。

この訴えに対し公安委員会担当官は「正式に受理したので厳正に対処する」とのコメントを出した。


○関連法令等
▼逮捕関係
刑事訴訟法
第212条 現に罪を行い、又は現に罪を行い終った者は現行犯人とする。

犯罪捜査規範 第12章 交通法令違反事件に関する特則
(身柄拘束に関する注意)
第219条  交通法令違反事件の捜査を行うに当たつては、事案の特性にかんがみ、犯罪事実を現認した場合であつても、逃亡その他の特別の事情がある場合のほか、被疑者の逮捕を行わないようにしなければならない。

犯罪捜査規範(手錠の使用)
(手錠および捕じようの使用)
第127条
  逮捕した被疑者が逃亡し、自殺し、または暴行する等のおそれがある
  場合において必要があるときは、確実に手錠または捕じようを施さなければならない。
2 前項の規定により、手錠または捕じようを使用する場合においても、
  か酷にわたらないように注意するとともに、つとめて衆目に触れないように
  しなければならない。

▼交通関係
道路交通法施行令(緊急自動車の要件)
第14条 前条第1項に規定する自動車は、緊急の用務のため運転するときは、道路運送車両法第3章 及びこれに基づく命令の 規定(道路運送車両法 の規定が適用されない自衛隊用自動車については、自衛隊法第114条第2項 の規定による防衛大臣の定め。以下「車両の保安基準に関する規定」という。)により設けられるサイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない。ただし、警察用自動車が法第22条 の規定に違反する車両又は路面電車(以下「車両等」という。)を取り締まる場合において、特に必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない。

道路交通法(最高速度)
第22条  車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。

○専ら速度取締に従事する覆面パトカーの最高速度の交通規制の対象から除かれ又警光灯の点灯をしなくてよいとの条文は京都府道路交通規則(京都府道路交通法施行細則)には規定されていない。




15'6 京都府警 京丹後署 捜査車両2台、速度違反30キロ…1台は赤切符
 京都府警京丹後署の捜査車両2台が事件の容疑者宅の捜索に向かう際、約30キロの速度違反を犯し、それぞれの車を運転していた男性巡査部長と男性巡査(いずれも20歳代)が道交法違反容疑で摘発されていたことが府警への取材でわかった。

 府警監察官室によると、2台は18日朝、京丹波町の国道を走っていたが、巡査部長は法定速度(50キロ)を31キロ、巡査は29キロ上回るスピードで運転し、取り締まり中の南丹署員にそれぞれ赤切符と青切符を交付された。

 違反速度が30キロ未満は行政処分対象の青切符、30キロ以上は刑事手続きに入ることを示す赤切符になる。2台は16日に摘発した偽装結婚事件で、容疑者宅の捜索のため奈良県内に向かっていた。いずれも他の署員が乗っていた。

 速度違反をした理由について同室は「言えない」としている。




15'5 山科署 暴走運転 巡査がバイクで速度違反…寝坊して

 京都府警山科署の20歳代の男性巡査が寝坊したためバイクで市道を時速91キロで走行し、道交法違反容疑で摘発されていたことが府警監察官室への取材でわかった。

 巡査は4月30日付で戒告の懲戒処分を受けた。

 同室によると、巡査は3月30日午前7時頃、山科区の市道で、法定速度を51キロ上回るスピードでバイクを走らせ、取り締まり中の同署員に同法違反容疑で交通切符(赤切符)を交付された。出勤中で「寝過ごしてしまった」と話している。

 同室は「教育を徹底する」とコメントした。



14'6 高速隊 パトカースピード違反:145キロで緊急走行 赤切符 兵庫県警が

 赤色灯を点灯しサイレンを鳴らしてもスピード違反で赤切符−−。

京都府警高速隊員が運転するパトカーが兵庫県内の高速道路で緊急走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に速度45キロ超過と測定され、兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙されていたことが27日、分かった。

 府警は5月中旬、このパトカーを運転していた20代の男性巡査長を所属長訓戒、同乗の40代の男性巡査部長を本部長注意とした。
警察庁によると、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例という。

 ◇兵庫の高速道路で

 府警などによると、2人は2月2日午後2時50分ごろ、高速道路上で発生した当て逃げ事故の通報を受け、事情を聴くために通報者が待機する中国自動車道西宮名塩サービスエリアに向けて急行。

 その際、高速道での緊急時最高速度が時速100キロ(取り締まり地点の法定速度は80キロ)だったのに145キロで走行した。
府警高速隊は「被害の全体像が見えない中、一刻も早く通報者の元に到着しようとしてしまった」と説明している。

 道交法では、交通違反車両の取り締まりや凶悪犯の追跡など、警察車両の緊急時最高速度の超過を例外的に認めているが、

 検挙した兵庫県警は
「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と判断。
3月14日に神戸区検に書類送検し、同区検は同25日に不起訴処分(起訴猶予)とした。

府警監察官室は「再発防止に努める」とコメントした。


             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★京都府警巡査長、パトカーで速度超過の疑い 書類送検
 京都府警のパトカーが2月、兵庫県内の中国自動車道で緊急走行中に時速45キロの速度超過をし、145キロで走行したとして、兵庫県警が、運転していた20代の男性巡査長を道交法違反の疑いで書類送検していたことが28日、分かった。パトカーには40代の男性巡査部長も同乗していた。

 巡査長は起訴猶予となり、京都府警は所属長訓戒とし、巡査部長は本部長注意とした。府警の担当者は「緊急走行中のパトカーが摘発されるのは珍しい」と話している。

 道交法では、パトカーなどには通常の制限速度より速い緊急時最高速度が定められている。交通違反車両の取り締まりや凶悪犯の追跡をする際には例外的に超過が認められているが、兵庫県警は正当性がないと判断したとみられる。

 兵庫県警高速隊などによると、2月2日午後2時50分ごろ、京都府警のパトカーが、当て逃げ事故の通報者が待っていた兵庫県西宮市内の中国道西宮名塩サービスエリアに向かって緊急走行中、速度違反自動監視装置に超過が記録された。現場の緊急時最高速度は100キロだった。


                              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★緊急パトカーがスピード違反で検挙…高速道を145キロで走行
 サイレンを鳴らして緊急走行中のパトカーが、スピード違反で書類送検される珍事が起こった。

 京都府警によると、今年2月2日、高速道路上で当て逃げ事故が発生したとの通報を受け、高速隊の巡査長が運転するパトカーが、通報者が待機する中国自動車道西宮名塩サービスエリアに急行した。

 しかし、パトカーが兵庫県内を走行していた午後2時50分ごろ、速度違反自動監視装置(オービス)に速度超過と測定された。府警によると、パトカーなどでの捜査は都道府県境を越えての活動がある程度許されており、緊急時には制限速度を超える走行も認められている。

 違反現場での一般車の制限速度は80キロだが、緊急時は100キロ。交通違反車両や凶悪犯の追跡などでは、さらなる速度超過も認められている。

 しかし、兵庫県警は「緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と指摘。当て逃げされた被害者に事情を聴きに行くのに、制限速度を45キロも超過する緊急性はない、と判断したということだ。

 県警は3月14日に巡査長を書類送検したが、神戸区検が同25日に起訴猶予とした。府警は5月中旬、巡査長を所属長訓戒、同乗していた40代の男性巡査部長を本部長注意とした。巡査長は高速道での40キロ超50キロ未満のスピード違反ということで、6点が加点されたもよう。前歴がなくても、即30日間の免許停止処分となる点数だ。



12'10 山科警察署長が二十数キロスピード違反 秋の交通安全運動の直前

 京都市内で二十数キロオーバーのスピード違反をしたとして、京都府警山科署の署長(56)が交通反則切符(青切符)を切られていたことが1日、関係者への取材で分かった。秋の全国交通安全運動期間(9月21~30日)の直前の9月15日だった。

 関係者によると、署長は同日午前、京都市南区の路上で、制限速度の時速40キロを二十数キロ超過して車を運転したとして、警察官に交通反則切符(青切符)を交付された。この日は土曜日で、署長は勤務時間外だったが、同日中に府警監察官室に報告したという。

 府警などによると、30キロ以上超過した場合に交付される交通切符(赤切符)は刑事処分となり、懲戒処分の対象になるが、青切符は対象にならない。署長は産経新聞の取材に「制限速度を勘違いしていた。警察署を預かる者として責任は感じている」と話した。

15'7 京都府警 山科署 今度は副署長がスピード違反 二輪で42キロ超過

管理人一言コメント・署長の次は巡査、巡査の次は副署長、みんなスピード狂、すご~い!
(参考)15'3,23付 京都府警 人事異動 山科署副署長(外事課主席調査官国際テロリズム対策室長兼次席兼監察官室調査官兼組対1課調査官)萩原寛

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警山科署の副署長(53)が京都府南丹市で、制限速度(50キロ)を超える時速92キロでオートバイを運転したとして、道交法違反容疑で交通切符(赤切符)を交付されていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、副署長は12日夕、南丹市の国道162号で、私用のオートバイを運転中、制限速度を42キロ超えたとして、取り締まり中の南丹署員に赤切符を切られたという。日曜で副署長は勤務時間外だった。山科署の吉﨑幸二署長は「副署長がスピード違反をしたことは誠に遺憾」としている。

 府警では、山科署員が3月、通勤中に制限速度を51キロ上回る時速91キロで私用バイクを運転し、赤切符を切られ、懲戒処分を受けた。6月には、京丹後署員2人が、事件の家宅捜索に向かう際、捜査車両2台で速度超過し、交通反則切符(青切符)と赤切符を切られるなど、スピード違反の不祥事が続いている。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

15'5 山科署 暴走運転 巡査がバイクで速度違反…寝坊して

 京都府警山科署の20歳代の男性巡査が寝坊したためバイクで市道を時速91キロで走行し、道交法違反容疑で摘発されていたことが府警監察官室への取材でわかった。

 巡査は4月30日付で戒告の懲戒処分を受けた。

 同室によると、巡査は3月30日午前7時頃、山科区の市道で、法定速度を51キロ上回るスピードでバイクを走らせ、取り締まり中の同署員に同法違反容疑で交通切符(赤切符)を交付された。出勤中で「寝過ごしてしまった」と話している。

 同室は「教育を徹底する」とコメントした。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・

12'10 山科警察署長が二十数キロスピード違反 秋の交通安全運動の直前

 京都市内で二十数キロオーバーのスピード違反をしたとして、京都府警山科署の署長(56)が交通反則切符(青切符)を切られていたことが1日、関係者への取材で分かった。秋の全国交通安全運動期間(9月21~30日)の直前の9月15日だった。

 関係者によると、署長は同日午前、京都市南区の路上で、制限速度の時速40キロを二十数キロ超過して車を運転したとして、警察官に交通反則切符(青切符)を交付された。この日は土曜日で、署長は勤務時間外だったが、同日中に府警監察官室に報告したという。

 府警などによると、30キロ以上超過した場合に交付される交通切符(赤切符)は刑事処分となり、懲戒処分の対象になるが、青切符は対象にならない。署長は産経新聞の取材に「制限速度を勘違いしていた。警察署を預かる者として責任は感じている」と話した。

15'7 石川県警 警察官舎不法侵入:巡査長、容疑で書類送検 金沢中署

管理人一言コメント・何でもやります。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

 金沢市内の警察官舎に不法侵入したとして逮捕され、釈放されていた金沢西署の20代男性巡査長について、金沢中署は10日、住居侵入容疑で金沢地検に書類送検した。県警によると、巡査長は同日、依願退職した。

 送検容疑は5月20日午後10時45分ごろ、金沢市花里町の4階建て警察官舎で、男性警察官が入居する1階部屋のベランダに正当な理由なく侵入したとしている。逃走や証拠隠滅の恐れがないとして釈放し、任意で調べていた。

 県警監察課は「警察の信頼を著しく損ねる行為で、深くおわびする」とコメントした。【

15'7 警視庁 護送車を含む4台が関係する多重衝突、24人が負傷

管理人一言コメント・追突とは。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10日午前9時ごろ、東京都中央区内の首都高速道路・都心環状線外回りを走行していた警察の護送車など4台が関係する多重衝突事故が起きた。この事故で護送車に乗っていた20人が打撲などの軽傷を負っている。

警視庁・高速隊によると、現場は中央区兜町付近で片側3車線の直線区間。事故当時は交通集中による渋滞が発生していたが、車列最後部のトラックに対して警視庁の護送車が追突。前方のタクシーなど2台も巻き込まれ、車両4台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で4台が小破。護送車に同乗していた男性の留置者16人と、運転していた34歳の男性巡査長を含む警官4人が打撲などの軽傷。前走車の4人も軽傷を負い、病院へ収容されている。

車列の前方で割り込みを起因として急ブレーキを掛けた車両があり、後続車が次々と減速したことが事故につながった可能性があり、同隊が当事者から事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

15'7 福島県警 拳銃置き忘れ:巡査長を戒告

管理人一言コメント・命より大切なけん銃と思えば。

         ・・・・・・・・・・・・・・

 郡山市のリサイクルショップのトイレに県警機動捜査隊県南分駐隊の男性巡査長(29)が拳銃を置き忘れた問題で、県警は10日、巡査長を戒告の懲戒処分にした。

 県警によると、巡査長は先月5日夜、通報で駆け付けたリサイクルショップの個室トイレで、実弾5発入りの拳銃を装具ごと外し手すりにかけたまま退室。店の警備員が巡回中に拳銃を見つけ、県警に連絡した。久野浩首席監察官は「指導を徹底し、再発防止と県民の信頼回復に努める」と話した。

15'7 皇宮警察 皇宮警部補を書類送検 給食費30万着服の疑い

管理人一言コメント・理解できない。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 皇宮警察は十日、業務上横領の疑いで、教養課の男性皇宮警部補(38)を書類送検した。警部補は同日付で停職一カ月の懲戒処分を受け、依願退職した。

 送検容疑は、皇宮警察学校の教官だった今年三月、数十人の学生から集めた給食費や寝具代約百七十六万円のうち、三十万円を横領したとされる。

 着服した金はクレジットカードの支払いや日用品の購入代に使い、残りの約百四十六万円は四月に教養課へ異動した後も職場にある自分の机の中で保管していたという。

 四月中旬に寝具業者から「代金が支払われていない」と皇宮警察に連絡があり、発覚した。

15'7 大阪府警 本部の巡査部長、申込書偽造しローン契約で逮捕

管理人一言コメント・今どき何でもやる警官の多いこと。

                 ・・・・・・・・・・・・・・

 偽の健康保険証で他人になりすまし、偽造した借入申込書でローン契約を結ぼうとしたとして、大阪府警は9日、詐欺未遂と有印私文書偽造・同行使容疑で、府警本部の地域総務課巡査部長、村上聡容疑者(41)=京都市西京区=を逮捕した。名字を「田村」と偽っていたが、本人確認などの際に使われる借入申込書の勤務先欄は「大阪府警」と書いていたという。

 府警監察室によると、村上容疑者は外国為替証拠金取引(FX)や、外国為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」取引に失敗し、借金がかさんでいたとみられる。「昨年秋ごろから名前や住所などを変えた保険証を偽造した」と供述しており、府警は、同様の手口で数百万円の融資金を詐取していたとみて調べる。

 逮捕容疑は6月26日午後5時20分ごろ、大阪市北区に設置された銀行のローン契約機で、名前などを偽って借入申込書を作成し、カードローンを契約しようとしたとしている。容疑を認めているという。

 府警監察室の安井正英室長は「捜査を尽くし、その結果を踏まえて厳正に処分するとともに再発防止に努めたい」としている。

15'7 愛媛県警 警察車両が追突…2台横転、女性と警官けが 松山

管理人一言コメント・運転不適格者だ!

             ・・・・・・・・・・・・・・・

 9日午後9時50分ごろ、松山市樽味4丁目の市道で、交通事故現場に向かっていた松山東署の警察車両が、同市持田町2丁目の女性アルバイト(50)の軽乗用車に追突した。2台とも横転し、女性は額を切る軽傷。警察車両を運転していた同署の男性警部補(42)=同市祝谷6丁目=も首を捻挫するなどの軽傷を負い、助手席の男性巡査(24)にけがはなかった。

 松山東署によると、現場は片側1車線の緩いカーブ。警察車両が対向車線にはみ出した後、走行車線に戻り、追突したという。同署が詳しい事故原因を調べている。

 警察車両が向かっていた事故現場は約1・5キロ東の県道で、午後9時40分ごろ、歩行中の松山市の男性(90)が軽乗用車にはねられ、搬送先で死亡した。

 松山東署の永井孝副署長(54)は「市民に被害を与え、大変遺憾に思う。事故防止について十分指導していきたい」とコメントした。

15'7 徳島県警 通行人との事故「叱責怖い」と不申告の女性巡査

管理人一言コメント・おかしい女巡査だこと。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・

 徳島県警の20歳代の女性巡査が勤務中にバイクで通行人の60歳代女性と接触事故を起こしたうえ、届けなかったとして、県警は6日、巡査を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(事故不申告)の疑いで地検に書類送検した。

 県警は同日、巡査を所属長訓戒処分とした。

 県警監察課などによると、巡査は徳島東署の交番に勤務。5月中旬、事故現場から交番に戻る途中、市道交差点で転倒し、倒れたバイクが近くを自転車で走っていた女性の足に接触したが、県警に事故を届け出なかった疑い。女性は右足の指に軽傷。

 女性は事故当時、「大丈夫」と告げて立ち去ったが、翌日に「足に違和感がある」と県警に訴えて発覚。巡査は「上司に叱責されるのが怖く、申告しなかった」と説明しているという。

 同課は「警察官が法令違反を犯すのは極めて遺憾」としている。

15'7 鳥取県警 交通安全運動の初日、パトカーがバキュームカーに衝突 「取り締まる側が申し訳ない…」

管理人一言コメント・こんなものです警察の取り締まりは、笑いもの。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

 6日午後2時ごろ、鳥取市富安の県道でUターンしようとした鳥取署の巡査(22)のパトカーが後方のバキュームカーと衝突、横転させた。運転していた男性にけがはなかった。

 署によると、パトカーは片側2車線の左車線を走行中、対向車線の車を取り締まろうと緊急走行を開始。目視を怠り、右後方を走行中のバキュームカーに気付かないまま、Uターンした。

 森山慎一鳥取署長は「取り締まる側が事故を起こしてしまった。迷惑を掛けた関係者に大変申し訳なく思う」とコメントした。

 この日は県警による夏の交通安全運動の初日だった

15'7 福岡県警 小郡署警部補が飲酒運転容疑 逮捕 職務質問中、逃走図る

管理人一言コメント・謝るだけなら猿でも出来る。鍛治田敬首席監察官が責任を取りなさい!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福岡県警は4日、同県粕屋町で飲酒運転をしたとして道交法違反(酒気帯び運転)容疑で小郡署地域課地域係長で警部補の筬島(おさじま)武志容疑者(49)=宗像市=を現行犯逮捕したと発表した。

 県警によると、筬島容疑者は勤務後に知人の50代女性とJR博多駅構内の飲食店でビールや焼酎を飲み、自分の車で女性宅に向かう途中だった。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4日午前0時半すぎ、粕屋町で酒気を帯びてマイカーを運転した疑い。県警によると、飲酒運転取り締まり中の粕屋署員が、町道の交差点をいったん通り過ぎて停車し、バックしてから右折する筬島容疑者の車を発見。職務質問したところ、筬島容疑者は車を後退させて捜査車両にぶつけ逃走しようとしたという。捜査車両に乗っていた署員にけがはなかった。

 調べに対し、筬島容疑者は3日の勤務終了後に博多駅の飲食店で「ビール5、6杯と焼酎の水割りを飲み、女性を送っているところだった」などと供述。呼気1リットル当たり0・59ミリグラムのアルコール分が検出されたという。

 県警の現職警察官が飲酒運転の容疑で摘発されたのは、2009年以来となる。会見した鍛治田敬首席監察官は「県警を挙げて飲酒運転撲滅に取り組んでいる中、誠に残念でなりません。県民の皆さまに深くおわび申し上げます」と陳謝した。

■摘発強化中、県警に衝撃
 「最悪だ」「大切な時期に、なぜ」-。夏の交通安全県民運動(10~19日)を控え、県内全域で飲酒運転の摘発を強化するさなかの警部補逮捕に、県警幹部らは頭を抱えた。

 「恥ずかしい。現場の士気低下が心配だ」。県警本部のある警察官は逮捕の一報に怒りをあらわにし、「署の地域係長といえば、多くの若手を指導する立場。今後、どんな顔で県民に接し、取り締まりに従事すればいいのか…。最悪だ」と声を落とした。

 飲酒運転事故が増加傾向に転じる中、県警は7月を取り締まり強化月間とし、徹底摘発を誓ったばかり。身内に冷や水を浴びせかけられた格好の交通部幹部は顔をしかめ、「申し訳ない。きょうは何も言えない」。言葉少なに立ち去った。


15'7 京都府警 世界で初 警視→警部補へ2階級降格 ストーカー警告されて

管理人一言コメント・こんな人だからストーカー規制法に基づく警告を受けるんだ、それが暴力団対策室長だったとは府警も人材不足。これでも辞めたくない理由がある?

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警暴力団対策室長を務める50代の男性警視が、滋賀県警からストーカー規制法に基づく警告を受けた問題で、府警が警視を警部補に2階級降格させたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。異動は1日付だったが、府警は公表していなかった。

 捜査関係者によると、元警視は滋賀県内の運動施設で知り合った女性に対し電話やメールを繰り返したり、自宅周辺をうろついたりするなど、つきまとい行為をしたという。女性側から相談を受けた滋賀県警が5月22日付でストーカー規制法に基づき警告した。

 府警は6月25日付で元警視を戒告の懲戒処分とし、7月1日付の人事異動で、暴力団対策室長から府南部の警察署に異動させた。

 府警警務部は理由について「警部補の人事異動のため、従来通り公表しなかった」とコメントした。

15'7 警視庁 事故起こし、友人に身代わりさせる…巡査を千葉県警が逮捕 

管理人一言コメント・飲んだら乗るな!

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 交通事故を起こした際に友人に身代わりをさせたとして千葉県警船橋署は2日、警視庁荻窪署の地域課巡査後藤良弥容疑者(21)(千葉県船橋市北本町)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と犯人隠避教唆の疑いで逮捕した。

 船橋署の発表によると、後藤容疑者は6月11日午前1時頃、船橋市東船橋の国道で乗用車を運転中、乗用車に追突して男性(37)に軽傷を負わせた際、同乗の友人女性(22)が運転していたように装わせ、船橋署員に対しウソの申告をさせた疑い。

 13日に父親と荻窪署の上司に付き添われて出頭し「酒を飲んでいたから身代わりになってもらった」と話した。

 警視庁警務部の森元良幸参事官は「職員が逮捕されたことは極めて遺憾。千葉県警の捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」とのコメントを出した。

15'7 京都府警 捜査2課 巡査部長がネットオークションで詐欺容疑、再逮捕へ

管理人一言コメント・まだまだ余罪があるのでは、別の事件の捜査も徹底する必要がある。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警は、捜査費を盗んだとして逮捕した捜査2課の巡査部長、山崎真容疑者(36)がネットオークションに出品したとする商品を落札者に送らず、代金約3万円をだまし取ったとして3日にも、詐欺容疑で再逮捕すると決めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、山崎容疑者は販売する意思がないのに、金券などを売るとオークションサイトに告知。3月、落札した東北地方の男性に商品を送らず、代金約3万円を詐取した疑いが持たれている。

 山崎容疑者は4月、職場の上司が机の引き出しに保管していた捜査費15万円を盗んだとする窃盗容疑で先月15日に逮捕された。「数百万円の借金があった」と供述したという
プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード