15'9 大阪府警 「上司の評価高く、困らせよう」同僚の警察手帳捨て減給 

管理人一言コメント・アホばっかりの大阪府警!

              ・・・・・・・・・・・・

 警察署内のごみ集積場に同僚の警察手帳を捨てたなどとして、大阪府警は30日、寝屋川署生活安全課の男性巡査長(30)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分としたと発表した。巡査長はほかにも窃盗事件で取り調べ中の女性を食事に誘うなどの不適切行為があり、同日付で依願退職した。

 府警監察室によると、巡査長は5月9日朝、署内に落ちていた同僚の男性巡査長(29)の警察手帳を署1階のごみ集積場にあったごみ袋の中に捨てた。「(同僚と)生理的に合わなかった。(同僚は)上司の評価が高く、手帳をなくせば処分されて困ると思った」と説明したという。

 署内で手帳を紛失したことに気づいた同僚が上司に報告。署員らが手分けして探し、翌10日に手帳は見つかったが、同署は本部に手帳の紛失騒ぎを報告していなかった。

 6月に「(巡査長に)しつこく食事に誘われる」などと女性から苦情があり、府警が巡査長から携帯電話を調べるなどして紛失騒ぎが発覚。巡査長も「自分が捨てた」などと認めた。

 府警は、手帳を落とした同僚の巡査長を所属長注意としたほか、行為・監督責任があったとして、署長の男性警視(58)を本部長注意、副署長の男性警視(58)を警務部長注意とした。

スポンサーサイト

15'9 京都府警 捜査費窃盗の元巡査部長に有罪判決 京都地裁

管理人一言コメント・こんなのが多い京都府警!

              ・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警の捜査費を盗むなどしたとして、窃盗と詐欺の罪に問われた捜査2課の元巡査部長山崎真(まこと)被告(36)=懲戒免職=に対する判決が29日、京都地裁であった。中川綾子裁判官は「法を順守することを求められる立場にあり、強い非難は免れない」として懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 判決によると、山崎被告は3~4月、京都市上京区の府警本部別館にある捜査2課別室で捜査費15万円を盗んだほか、ネットオークションに出品したオンラインゲーム用の電子マネーを落札した2人に商品を送らず、代金計約7万円をだまし取った。

15'9 長野県警 警察官が60キロ速度違反、2人処分 

管理人一言コメント・何でもやります警官だから。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 長野県警は春の全国交通安全運動期間中などに乗用車を運転して50~60キロ超の速度違反をしたとして、警部補(58)と巡査(24)の2人を戒告処分としていたことが29日、県警への取材で分かった。

 県警監察課によると、警部補は5月8日、県内の高速自動車道で制限速度を63キロオーバーする時速143キロで走行した。処分は7月9日付。巡査は5月11~20日に実施された春の全国交通安全運動期間中の16日、県内の高速自動車道で制限速度を55キロオーバーする時速135キロで走った。処分は9月3日付。

 2人はいずれも休暇中で、実家に帰省する途中に摘発された。監察課は「交通ルールを守るべき警察官としてあってはならないこと。引き続き職員の意識を徹底させていく」としている。

15'9 北海道警 2人はね1人死亡させた疑い 道警警部補を現行犯逮捕

管理人一言コメント・よくある事故のケース。

             ・・・・・・・・・・・・・・

 北海道佐呂間町若佐の国道333号で29日午後8時15分ごろ、近くに住む女性2人が乗用車にはねられた。無職畑陽子さん(84)が全身を強く打って約1時間後に搬送先の病院で死亡し、無職丹野富代さん(85)が腹部にけがを負った。

 遠軽署は、乗用車を運転していた道警本部警備部外事課警部補の大家正人容疑者(43)=札幌市東区北51条東7丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。はねられた女性2人は、知人の車から降りた後、車の後ろ側から国道を横断しようとしてはねられたらしい。大家容疑者は勤務中ではなかったという。

15'9 長崎県警 パワハラ 部下に 警部補を訓戒 

管理人一言コメント・爆笑、ドッチもどっち。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県央地区の警察署に勤務する50代の男性警部補が部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメント行為を繰り返したとして、県警は警部補を本部長訓戒の懲戒処分にしたと明らかにした。処分は9日付。

 県警監察課によると、警部補は3月17日から6月10日ごろ、部下である複数の男性警察官に「あほ」「使えないやつ」などと大声で叱責した。警部補は「申し訳ないことをした」と話しているといい、同課は「再発防止に努める」としている。

15'9 警視庁 警部逮捕される 電車で痴漢の疑い、本人は否認 埼玉

 電車内で20代女性の体を触ったとして、埼玉県警東入間署は25日、警視庁の警部で滝野川署刑事組織犯罪対策課長の堀康彦容疑者(52)=川越市的場=を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで逮捕し、発表した。「痴漢はしていない」と容疑を否認しているという。

 県警によると、堀容疑者は同日午前0時1~7分ごろ、東武東上線柳瀬川駅―ふじみ野駅間を走行中の下り線車内で、乗客の女性(22)の背後から自分の下半身を押しつけるなどした疑いがある。堀容疑者は帰宅途中で、酒に酔っていた。

 警視庁の滝沢幹滋・警務部参事官は「職員が逮捕されたことは遺憾。埼玉県警の捜査結果を待ち、厳正に対処したい」とコメントした。

15'9 大分県警 飲酒検知の数値見誤り誤認逮捕

管理人一言コメント・謝罪で許されるものではない、責任を取るべき問題。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大分県警大分中央署は21日、大分市内で車を運転していた女性(28)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で誤認逮捕し、約12時間後に釈放したと発表した。

 同署によると、21日未明、大分市上野町の市道で、乗用車がガードパイプに接触したと付近の住民から110番があった。同署の男性巡査長(30歳代)らが約400メートル離れた市道でバンパーが破損した車を見つけて停車させた。巡査長は、運転していた女性の飲酒検知を行い、呼気1リットル中0.8ミリ・グラムのアルコールを検出したとして現行犯逮捕した。

 しかし署の上司が証拠の飲酒検知管を見て、実際の値は0.05~0.1ミリ・グラムで、酒気帯び運転の基準以下だったことに気付いた。署は同日午後、女性を釈放して謝罪した。巡査長は「(目盛りを)見誤った」と説明。安藤幸一副署長は「二度とこのような間違いがないよう指導を徹底したい」とコメントしている。

15'9 徳島県警 セクハラ:警部処分 女性職員に繰り返す


 板野署刑事課長の40代男性警部が、20代の女性警察職員の体を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、県警が停職6カ月の懲戒処分をしたことが明らかになった。男性警部は依願退職した。いずれも18日付。

 県警監察課によると、元警部は別の署に勤務していた昨年5月ごろから今年1月にかけ、女性職員の手や背中を触ったり、「好きだ」「付き合って」と交際を求めたり、2人だけの食事に誘うなど不適切な言動を繰り返したとされる。女性職員が先月、上司に相談して発覚した。

 元警部は「相手が嫌がっているとは思っていなかった」と行為を認めたという。元警部は妻帯者だった。

 監察課は「警部という部下を指導すべき立場の幹部職員がこのような行為をしたことは、誠に遺憾で許し難い。職員の指導を徹底し、再発防止に努める」としている。

15'9 大阪府警 警官に押さえつけられた男性死亡 〜大阪・中央区のホテル

管理人一言コメント・警官の暴力行為により死亡した疑いがある。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4日未明、大阪市中央区のホテルで男性が暴れ出し、駆けつけた警察官が取り押さえたところ、男性は死亡。
警察が死因を検証中。

 4日午前1時前、大阪市中央区のホテルの従業員から「男が暴れている」と警察に通報があった。

 駆けつけた警察官3人が、地下のリネン室で暴れている40代くらいの男性を29歳の巡査長が
うつ伏せの状態にして膝で背中を強く押さえつけたところ、死亡。

大阪府警は「職務執行に問題はなかった」とコメントしているが警官の暴力行為の疑いも。

15'9 福岡県警 警部補 出会い系で女子高生と淫行 罰金50万円 小倉簡裁

管理人一言コメント・懲戒免職にしなければ!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 小倉区検は4日、女子高校生にみだらな行為をしたとして福岡県青少年健全育成条例違反の罪で、県警警備部公安3課の後藤弘警部補(38)を略式起訴した。小倉簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し、警部補は即日納付した。県警は「今後処分を検討する」としている。

 起訴状などによると、警部補は昨年6月にスマートフォンの出会い系アプリを通じて18歳未満の女子高生と知り合い、同年8月と今年1月の2回にわたり、北九州市戸畑区内のホテルでみだらな行為をしたとしている。

15'9 兵庫県警 落とし物 紛失した拳銃実弾 無くした当人の交番に届け

管理人一言コメント・なにせ警察不祥事世界一の兵庫県警、何でもしでかします!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は2日、明石署地域課の男性巡査長(26)が、貸与された拳銃の実弾1発を路上に落とし、一時紛失したと発表した。実弾を拾った通行人が巡査長の勤務する交番に「落とし物」として届けて発覚した。

 同署によると、巡査長は明石市内の交番に出勤する前の2日午前8時45分ごろ、署で拳銃と実弾5発を受け取った。だが実弾を署内で装てんするのを忘れ、ズボンのポケットに入れたままオートバイで交番に向かい、途中で1発を落としたらしい。

 同10時40分ごろ、交番から約35メートル離れた歩道で女性が実弾を見つけて交番に届けた。巡査長は、別の職員が応対しているのを見て紛失に気付いたという。

15'9 大阪府警 捜査車両使い不倫、男性警部と女性巡査長処分へ

管理人一言コメント・懲戒免職でしょう!

               ・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警福島署の地域課長の男性警部(48)が8月、当直責任者として勤務中に捜査車両で署を抜け出し、部下で不倫相手の女性巡査長(33)に会っていたことがわかった。

 府警は地方公務員法(職務専念義務)違反に当たるとして2人を処分する方針。2人は辞職する意向を示しているという。

 府警監察室によると、警部と巡査長はいずれも既婚者で4月から交際を開始。警部は8月19日午後9時~11時頃、当直勤務中に「巡視に行く」と言って捜査車両で署を離れ、大阪市内のエステ店にいた巡査長を府内の自宅に送った。同月中旬にも、当直中に捜査車両で巡査長宅に荷物を届けたという。

           ・・・・・・・・・・・・・・・

☆大阪府警の警官同士がダブル不倫 依願退職へ

 大阪府警福島署地域課長の男性警部(48)が当直勤務の責任者だった8月19日夜、捜査車両で外出し、不倫関係にあった同じ署の地域課勤務の女性巡査長(33)を所轄地域外の自宅まで送っていたことが3日分かった。

 府警によると、2人は事実関係を認めており、依願退職する意向。この出来事があった8月19日、府警は寝屋川市中1男女死体遺棄事件を受け、行方が分かっていなかった星野凌斗君(12)の写真付きチラシを府内の署や交番などに張り出して情報提供を求め、府内全域で捜索を続けていた。同21日に逮捕された山田浩二容疑者(45)は逃走中だった。

 府警によると、当直責任者は署内にいて、大きな事件などの発生があれば現地に出動するが、基本的には署の所轄する管内にいなければならない。警部は8月19日夜、福島署の捜査車両に乗って外出。待ち合わせていた巡査長を乗せ、府内の巡査長の自宅に送り、約1時間滞在し、署に戻った。署にいなかったのは午後9~11時の約2時間。それぞれに配偶者がおり、内部通報で発覚した。

 府警は、2人が署で1年間ほど一緒に勤務しており、今年4月ごろから不倫関係になったと明らかにした。巡査長は8月10日、夫と別居して転居していた。警部はこの10日以降、19日までの間の別の当直勤務日にも、捜査車両を使って、引っ越しの関係の荷物を巡査長宅へ届けていたという。巡査長も警部が当直だったことを知っていた。

 府警は、警部が当直責任者の職務を放棄し、公用車の捜査車両を不適切に使ったことと、巡査長が警部は当直勤務と知っていたことは問題があるとして、2人の処分を検討している。

 ◆寝屋川市中1男女死体遺棄事件 8月12日に外出した寝屋川市立中1年の平田奈津美さん(13)と星野凌斗君(12)が遺体で見つかった事件。2人は、同13日午前1~5時ごろ、寝屋川市駅の商店街の防犯カメラに写ったのを最後に行方が分からなくなった。平田さんは同13日午後11時半ごろ、高槻市の駐車場で遺体で発見され、同18日に身元が判明した。同19日、府警は星野君の写真入りチラシを配布し、情報提供を求めた。府警は同21日、平田さんの死体遺棄容疑で山田浩二容疑者(45)を逮捕。星野君は同日、柏原市内で遺体で発見された。

15'9 福島県警 18歳巡査飲酒運転同乗 県警停職6カ月の懲戒処分 依願退職

管理人一言コメント・こんなことばかりだ!

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 飲酒した友人男性が運転する車に同乗したとして、県警は1日、道交法違反(飲酒車両同乗の禁止)の疑いで県警察学校初任科生の男性巡査(18)を書類送検した。

 県警は同日付で男性巡査を停職6カ月の懲戒処分とし、男性巡査は依願退職した。県警本部監察課が同日、発表した。

 同課によると、男性巡査は7月17日午後8時ごろから翌18日午前3時ごろまで県南地方の飲食店で友人と酒を飲んだ後、友人が飲酒していたことを知りながら車に乗った疑い。

 警戒中の警察官の職務質問で飲酒運転が発覚。当時、運転手と男性巡査を含めて5人が乗っており、いずれも書類送検された。

男性巡査は4月に警察学校に入校し、摘発された日は休みで帰省中だった。調べに対して、男性巡査は「県民の皆さまにご迷惑をお掛けして申し訳ない」と話しているという。

 久野浩首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で極めて遺憾。これまで以上に指導・教養を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。


15'9 福島県警 男性警部補が飲酒運転 自己申告で判明、減給

管理人一言コメント・こんなアホな警官ばかりだこと、大爆笑!

            ・・・・・・・・・・・・・

 県警の男性警部補が今年2月に「酒を飲んで車を運転した」と自己申告し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが2日、分かった。県警本部監察課によると、警部補は処分を受けた8月5日付で依願退職した。

 同課によると、警部補は今年2月26日、「非番の日に酒を飲んで車を運転した」と所属部署の上司に申し出た。県警が捜査した結果、飲酒の事実は確認できたが、飲酒運転については証拠がなく、立件を見送った。

 警部補は罪悪感などから自ら申告したという。同課は、勤務中でない行為の場合は原則、停職以上を公表対象としていることや、事案の内容を総合的に判断し、懲戒処分を公表していなかった。

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード