11'8 栃木県警 証拠隠滅・巡査長を書類送検 証拠品330点隠した疑い 

管理人一言コメント・考えられない警察犯罪だ!!

                ・・・・・・・・・・・・・・

 時効成立を控えた窃盗事件などの証拠品を検察庁に送ったとうその内容を書類に記載し、証拠品約330点を隠したとして、県警は1日、県警捜査1課の男性巡査長(30)を虚偽公文書作成・同行使と証拠隠滅の容疑で宇都宮地検に書類送検した。

巡査長は辞職願を提出し、県警は同日付で受理した。

 送検容疑は、巡査長が真岡署刑事課で事件の証拠品の管理などの業務に当たっていた09年2月中旬~今年3月中旬の間、同署管内で時効が成立する窃盗や建造物侵入など41事件の「証拠物件保存簿」に「証拠品を地検に送致した」などとするうその内容を記入。

さらに、そのうち36事件で容疑者が使ったとみられるドライバーやたばこの吸い殻など遺留品約330点を、署内の保管管理室から別の部屋に隠すなどしたとしている。

 41事件はすべて時効が成立したが、隠された証拠品についてはすでに捜査段階で調べ済みで、県警監察課は「捜査に支障はなかった」としている。

 巡査長は証拠品を隠した理由については「他の業務に追われて怠けてしまった」と話しているという。県警の阿部暢夫首席監察官は「業務管理等を徹底し、再発防止に努める」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード