11'10 神奈川県警 警部補が署内女子専用シャワー室で同僚を盗撮

管理人一言コメント・婦人警官が存在すれば警官の男女関係で様ざまな悪事が!!

            ・・・・・・・・・・・・・

 警部補が署内の女子シャワー室を盗撮していた神奈川県警大和署 神奈川県警の40代の男性警部補が、勤務先の大和署(大和市)の女子シャワー室でカメラ機能付きの携帯電話で女性署員らを盗撮していたことが25日、県警関係者への取材で分かった。

 県警は県迷惑行為防止条例違反の疑いで、警部補の自宅や大和署を家宅捜索した。県警監察官室も警部補を取り調べしており、立件される見通し。警部補は容疑を認めているという。

 県警関係者の話によると、盗撮事件が発覚したのは、庁舎3階にある武道場の女子専用シャワー室。女性署員が使用する際、「カチッ」などと不自然な音がするのに気付き、10月中旬に署幹部に通報した。「人影を感じた」「物音がした」「のぞかれている気がする」など同例の相談が複数の女性署員からあり、署内でうわさになっていた。

 署幹部からの要請を受けて、県警は監視カメラをひそかに設置。女子シャワー室に不審者が入っていないか、調査を開始した。映像を解析した結果、映っていた不審人物は、大和署の警部補。同僚の女性警察官を署内で盗み撮りしていた疑いが浮上した。

 24日に県警は、警部補の自宅を家宅捜索。合わせて県警が、管轄の大和署内も家宅捜索するという珍事態になった。警部補の携帯電話からは盗撮したとみられる複数の画像がみつかった。

 人口約23万人の大和市は神奈川県のほぼ中央に位置し、管内での刑法犯罪発生件数は神奈川県で最も多いとされている。警部補は、薬物や銃器関連の事件の係長。24日以降は事情聴取のため出勤していないが、これまでの勤務態度は特に問題がなかったという。

 県警監察官室は取材に対して「盗撮の内容などを含めて、事実関係を現在捜査中」としている。警部補は容疑を認めており、立件されれば懲戒免職となる見通しだ。

 同署の若林靖司副署長は「捜査は監察官室にお任せしてあり、何もお答えできないが、きわめて遺憾に思う」と話している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード