FC2ブログ

09.5 神奈川県警 威嚇なし発砲に賠償命令 被害者に後遺症、横浜地裁

管理人コメント・テレビ漫画の主人公の天才バカぼんの父親のごとく、拳銃をバンバン撃ちまくる最近の無能警官の多いこと、徹底糾弾すべしとも。

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 職務質問を免れようと逃げる際、神奈川県警の警察官の発砲で銃弾が命中し後遺症を負った横浜市の男性(31)が、県に約8080万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で横浜地裁は27日、「発砲前に威嚇射撃すべきだった」として、警官の過失を一部認め、約1150万円の支払いを命じた。

 小林正裁判官は判決理由で「威嚇射撃で抵抗や逃走を断念させることは十分可能だった」と述べ、違法な職務執行だったと指摘。その上で、再三の警告を無視して逃げようとした男性側の過失も認めた。

 判決によると、男性は2004年8月25日、同県横須賀市内で車を運転中に、窃盗事件の容疑車両の警戒に当たっていた横須賀署の巡査部長と出くわし、職務質問を免れようと車で逃走。パトカーで追いついた巡査部長が発砲した銃弾が男性の背中に当たり、下半身不随の後遺症を負った。

 県警監察官室の永井弘一室長は「主張が一部認められなかった。関係機関と協議し対応を決めたい」とコメントした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード