11'12 埼玉県警 警部補が窃盗容疑者に盗賊小説差し入れ、減給処分 

管理人一言コメント・利益誘導になると分っていながら、安易に供述得ようとする取り調べ能力の低い警部補の多いこと!!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警は22日、捜査3課の警部補(51)が窃盗事件の容疑者の男に対し、盗賊小説を差し入れたなどとして、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。警部補は「捜査しているうちに情が移ってしまった」と話しているという。

 県警監察官室によると、警部補が差し入れた小説は、盗賊の活躍を描いた浅田次郎さんの小説「天切り松闇がたり」の文庫本4冊とその解説本。取り調べの雑談中に話題にしたところ、容疑者が興味を示したので差し入れたという。

 警部補は2010年10~12月の2回にわたり、留置管理課を通じて「容疑者のものだ」と偽って差し入れたという。

 警部補は同年10~11月、別の容疑者にも事件の現場確認作業中、たばこや缶コーヒーなどを渡していたほか、同年10月に捜査車両で軽い物損事故を起こしたことも上司に報告していなかった。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・

★容疑者にたばこや文庫本与える 警察官5人を処分

 勾留中の容疑者に本やたばこなどを与えたとして、埼玉県警監察官室は22日、捜査3課の男性警部補(51)を減給100分の10(3カ月)、同課の男性警部(53)を戒告の懲戒処分にしたほか、同課の女性巡査部長(39)ら3人を警務部長訓戒などにしたと発表した。

 監察官室の調べでは、男性警部補は平成22年10月中旬と12月上旬の2回にわたり、東松山署内で、勾留中の男に対して文庫本など計5冊を供与。また、同年10月中旬から11月中旬までの間、窃盗容疑で勾留中の別の男を伴って女性巡査部長ら3人とともに犯行現場の確認捜査をする際、捜査車両の中で、男に対して数回にわたり缶コーヒーやたばこ十数本などを与えた。このほか、同年10月上旬に深谷市内で捜査車両を民家のコンクリートに接触させたものの、所属長への報告を怠った。

 男性警部は今年4月、男性警部補が容疑者にたばこなどを供与していると女性巡査部長から報告を受けたが、6月下旬まで上司の捜査3課長に報告をしなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード