12'6 茨城県警 証拠品の薬物を誤廃棄、処分は注意

管理人一言コメント・重要な証拠品を紛失しながら誤廃棄で軽い処分で済ます警察、呆れかえる。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

 茨城県警の警察署で昨年8月、証拠品の薬物が入った封筒をシュレッダーにかけて誤廃棄したとして、警部補ら警察官3人が本部長注意の処分を受けていたことが25日、捜査関係者らへの取材で分かった。捜査への影響はなかったとしている。

 捜査関係者によると、3人はいずれも男性で、処分を受けた昨年11月の階級は警部補と巡査部長、巡査長。県警監察室は調査の結果、誤廃棄は意図的ではなかったと判断し、地方公務員法による懲戒処分は見送った。

 警部補ら3人は署で勤務していた際、押収した薬物の鑑定を県警科学捜査研究所(科捜研)に依頼。科捜研は鑑定後、薬物を封筒に入れて署に返却したが、3人は昨年8月ごろ、中身を確認せずにシュレッダーにかけて廃棄したという。

 昨年10月、署内でこの薬物の所在を点検し、誤廃棄が発覚。県警は昨年11月16付で本部長注意の処分をした。

 県警監察室は「コメントはできない」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード