12'7 神奈川県警 警官が同僚女子警官に「服を脱げ。」とセクハラ送別会

管理人一言コメント・とに角、警察は組織、犯罪者集団です!!

           ・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警大和署に所属していた30代の男性警察官4人が今年3月、同県大和市内のカラオケ店で、後輩の20代の女性警察官に服を脱ぐことを強要したり、無理やりキスをするなど集団でセクハラをしていたことが27日、県警への取材で分かった。

 県警監察官室は8月中にも4人を懲戒処分する方針だったが、この日夜、名和振平警務部長が修正し「予断を持たずに立件の可否を判断したい」と立件の可能性を示唆した。

 神奈川県警では今月中旬、巡査部長が児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されるなど、ハレンチ不祥事が後を絶たない。

 県警監察官室によると、4人の男性警察官は、当時同署刑事2課に勤務し、現在は県警暴力団対策課所属の巡査部長と、現在も同署に勤務する交通2課の巡査部長、刑事2課の警部補、刑事1課の巡査長。

 4人を含む有志が3月上旬の午後、市内で、異動する同僚の送別会名目で飲食をした。その後、2次会で入ったカラオケ店で、大和署から異動することになっていた女性警察官を「(女性の異動先には)知っている人がいる」と言って電話で呼び出した。

 4人は酔っており、交通2課の巡査部長が女性と一緒にカメラ付き携帯で写真を撮影した際、強引にほおにキス。さらに刑事2課の巡査部長が「服を脱げ。交換しろ」などと命令。

 女性警察官は断り切れず、その場でブラウスとズボンを脱ぎ、下着姿になった。その後、交通2課の巡査部長のワイシャツとズボンに着替えたという。他の2人はハレンチ行為に参加していなかったが、止めずに見ていた。女性は酒を飲んでいなかったという。

 3月中旬に大和署から異動した後、上司に申告して発覚。「今後同じような被害に女性が遭わないために許してはいけない」と話しているが、被害届は出していない。女性は内部調査に「異動先の仕事に悪影響が出るのを恐れて、呼び出しに応じた」とも明かした。

 4人はいずれも「悪のりが過ぎてしまった。申し訳ないことをした」と話し、事実関係を認めた。

 県警の名和振平警務部長は「予断を持たずに立件の可否を判断したい」と、刑事事件として立件する可能性を示唆した。

 当初は立件できないとした説明を修正。その理由について「被害届が出されていないという、あくまで現段階でのこと。県警としての最終判断ではなかった」と釈明し「被害者の意向確認を再度行いたい」とした。

 神奈川県警の体質について「女性を対等なパートナーとしてみる意識が薄い。今回の行為がどんなにひどいかという認識が欠けていた」と意識変革の必要性にまで言及した。

 神奈川県警では今月、少女に“自分撮り”させた裸の画像を携帯電話に送らせたとして、第2機動隊の巡査部長(31)が逮捕されたばかり。昨年11月には、40代男性警部補が勤務先の大和署の女子シャワー室で盗撮したとして起訴されるなど、ハレンチ不祥事が相次いでいる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード