12'7 兵庫県警 国選弁護人の選任書類誤廃棄 灘署巡査部長、戒告処分

管理人一言コメント・警察の言うことは信用できない、ホンマに誤って廃棄か!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 国選弁護人の選任に必要な書類を誤って廃棄し、容疑者が10日間にわたり弁護人に接見できなかったとして、県警は27日、灘署警務課の男性巡査部長(41)を戒告の懲戒処分とした。県警は公文書毀棄容疑で巡査部長を書類送検したが、神戸地検は23日付で起訴猶予処分とした。

 県警監察官室によると、巡査部長は5月19日、覚せい剤取締法違反事件で逮捕された京都市内の男(40)が作成した国選弁護人選任に必要な書類を灘署内のシュレッダーで誤って裁断、廃棄した。

 巡査部長は同日、男を神戸地裁に護送した際に書類提出を失念し、別の男性署員(40)に地裁への確認を依頼。しかし、男性署員は地裁に確認せず、「男が地裁で国選弁護人の文書を書いたと言っている」と答えたため、巡査部長は提出済みと勘違いしたという。

 男が起訴された同月28日に未提出が発覚。同日中に弁護人は選任された。男は7月4日、同罪で執行猶予付き有罪判決を受けた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード