12'9 警視庁 「やりすぎ」と別の警官 交番暴行、被害者怒り

管理人一言コメント・下4桁が分っていたら、すぐ検挙できるはず、やる気の無い警官が多い!!署長の釈明が面白い「署員がとった行動を同じ署員が調べると公平性が保てないという」警察はそんなことばかりしてるじゃないか!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・

 「何が起こっているかわからなかった。なぜ警察官から暴行されなきゃいけないのかと思い、地検立川支部に告訴した」。

 交通事故の相談で訪れた東村山署秋津駅前交番で、巡査部長に暴行を受けた東京都清瀬市の男性(24)が19日、読売新聞の取材に応じ、怒りをあらわにし、告訴の理由を語った。男性は14日、同支部に告訴状を提出、19日に受理された。

 男性は8月26日午後7時40分頃、西武池袋線秋津駅南口の路上で、弟(22)が後方から乗用車にひき逃げされたため、近くの秋津駅前交番に、弟と一緒に相談に訪れた。対応した巡査部長に、下4ケタのナンバーと車種を伝え乗用車の捜索を依頼。巡査部長から「これだけじゃ無理だ」と言われたことをきっかけに、口論になったという。

 その際、巡査部長は「口の利き方が生意気だ」と言い、右手で男性の胸ぐらを、左手で髪をつかみ、奥の部屋に連れて行き、壁にたたきつけ、左ひじで首を押さえたまま、右拳で腹部を殴り始めた。その場には別の警察官がいたが制止せず、止めに入ろうとした弟の前に立ちふさがったという。

 「警察がこんなことしてもいいんですか」。男性は抗議したが、さらに巡査部長は、交番内にいた弟の首に手を回し、男性がいる奥の部屋に連れて行こうとした。「弟に手を出すな」。そう言った男性に対し、巡査部長はさらに暴行を加えたという。

 その後、男性は交番の外に出て110番。駆け付けた署員と共に、パトカーで東村山署に移動した。交番には防犯カメラがあり、その映像を見た別の署員から「これはやりすぎだ」と謝罪された。男性は被害届を出したいと申し出たが、若松重久署長が拒否した。

 若松署長は読売新聞の取材に対し、「『受理しない』と言ったのは事実。ただ、署員がとった行動を同じ署員が調べると公平性が保てないという意味で、その言葉を使った」と釈明した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード