12'11 広島県警 巡査 「脱法ハーブ」吸引は常習的

管理人一言コメント・いろんなのがおるな~。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・

 尾道署の20代の男性巡査が麻薬に似た幻覚症状などを引き起こす「脱法ハーブ」を吸引したとされる問題で、巡査が常習的に脱法ハーブを使っていたとみられることが29日分かった。

 複数の関係者によると、巡査は昨春採用され、坂町の県警察学校に入校。その後、尾道署地域課に配属されたという。巡査は県警に対し、脱法ハーブとみられる商品を複数回にわたって使ったことを認めているという。県警察学校の入校前から使っていた疑いもあるとみられている。

 また、巡査が今回吸引した脱法ハーブとみられる商品は、広島市中区の流川・薬研堀地区で購入された可能性が高いことも判明。県警は8月、同地区の販売店3店を薬事法違反(医療品の無許可販売業)容疑で一斉捜索していた。

 県警監察官室によると、巡査は公休だった23日正午ごろ、東広島市内の20代の知人男性方で、男性と一緒に脱法ハーブとみられる商品を吸引。男性は一時意識がもうろうとした状態となり、病院に搬送された。巡査が同日、同署に報告して発覚した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード