13'4 岡山県警 捜査書類放置の警部補書類送検

管理人一言コメント・警官らしくて素晴らしい、現在はこんな警官ばかりなんだから!!

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 岡山県警の男性警部補(47)が交通事故などの捜査書類を未処理のまま長年放置していた問題で、県警は30日、公用文書毀棄(きき)の疑いで書類送検し、減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。警部補は巡査部長への降格を申し出ており、階級降格が認められれば初めて。

 送検容疑は、勝英署(現美作署)交通課主任だった1997〜99年と、玉島署交通課係長だった2011年4月、人身事故や飲酒運転の実況見分、供述調書など担当した計12事件の捜査書類119点を適切に事件処理せず、自家用車内の段ボール箱に隠した疑い。「書類作成が苦手で、後回しにしたり処理方法が分からず放置していた。異動の際にも今さら上司に相談できず、捨てると大変なことになると思い、車内に隠した」と話している。

 県警監察課によると、勝英署時代の重傷事故、飲酒運転など5件は書類送検の必要があったが、全て公訴時効を迎えていた。

 玉島署時代に交通違反の反則切符1件を未処理のまま紛失していたことが、今年2月に発覚。切符を捜していたところ、段ボール箱が見つかったという。

 県警によると、捜査員らの業務データを一元管理するシステムを導入する11年4月以前は、上司が個別の事件処理状況について把握するのが難しく、長年にわたり未処理に気付かなかったという。

 熊谷勉警務部長は「業務管理や職員への指導を徹底したい」とのコメントを発表した。

 岡山県警では昨年9月にも、未処理の捜査書類を児島署倉庫に隠していた50代男性警部補が書類送検されている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード