13'4 長野県警 女性巡査長、書類の日付改ざん容疑で書類送検

管理人一言コメント・この種犯罪の多いこと!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・

 古物商から提出された書類の日付を改ざんしたなどとして、長野県警監察課は24日、当時の須坂署生活安全刑事課の女性巡査長(35)を、有印公文書偽造・同行使容疑などで長野地検に書類送検したと発表した。

 県警は同日、巡査長を減給100分の10(3か月)の懲戒処分とし、監督責任を怠ったとして、同課課長の男性警部、同課係長の男性警部補(いずれも当時)を、ともに所属長口頭注意とした。

 発表によると、巡査長は同署で約3年半、許可事務を担当。昨年10月、同3月と7月に古物商から提出された役員変更に関する書類を一つの書類とし、今年3月、書類の申請日を同年3月に改ざんしたほか、別の古物商から昨年1月に出された届け出書類の日付も今年3月に受理したとする収受印を押したなどの疑い。

 許可事務を巡っては昨年、猟銃・空気銃所持許可証に必要な署長の決裁を受けずに許可証を作成、交付したとして佐久署生活安全課の男性巡査長が有印公文書偽造・同行使容疑で書類送検され、懲戒処分(減給)となった。

 県警はこれを受け、各署の許可事務の点検や担当者を対象とした研修を実施。県警監察課によると、巡査長はこれらの再発防止策により、事務処理の遅れを上司に報告しづらくなった上、別の署に異動するのが決まったことで、発覚を恐れて書類を改ざんしたと供述しているという。

 県警の長谷川康彦・首席監察官は「適正に処理すべき警察事務において、このような事案を起こしてしまい、県民に深くおわびし、再発防止に努めたい」などとするコメントを出した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード