13'8 大阪府警 警部補が虚偽報告書“手柄”横取り

管理人一言コメント・みんながやっている犯罪、氷山の一角。当人は多分「なぜ俺だけ」と!

              ・・・・・・・・・・・・
 
 インターネットカフェで起きた窃盗事件の捜査で、大阪府警の30代の男性警察官が、店員が見つけた容疑者について「警察官が発見した」とするなど、ウソの報告書を作成していたことがわかった。

 大阪府警都島警察署の30代の男性警部補は2月、管内のインターネットカフェで起きた窃盗事件で、「通報を受けた警察官が容疑者に職務質問して犯行を認めさせ、被害品の財布を発見した」との報告書を作成した。

しかし実際は、店員が男を発見して取り押さえ、財布も見つけていたことが、補充捜査の過程で発覚。男の供述についても、「職務質問を受けた」などとウソの内容に沿う形で調書をでっち上げていた。

 検挙実績を上げる目的があった可能性もあり、大阪府警が警部補から当時の状況などを聴き、詳しく調べている。

 大阪府警では6月にも複数の警察官がウソの調書を作成するなど、不祥事が相次いでいる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード