13'9 愛知県警 車両情報漏洩疑いで警部逮捕 組関係者の依頼受け

管理人一言コメント・この種警官による犯罪の多いこと!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

 暴力団山口組弘道会の関係者に警察の端末で調べた車両情報を漏らしたとして、愛知県警捜査2課は19日、県警捜査1課警部の倉木勝典容疑者(55)を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで逮捕した。

 この弘道会関係者が逮捕、起訴された警察官に対する脅迫事件に絡み、名古屋市に本部を置く弘道会の周辺と県警警察官の癒着の疑いが浮上していた。

 逮捕容疑は昨年8月28日ごろ、弘道会と密接な関係があるとされる風俗店グループ実質経営者、佐藤義徳被告(56)=脅迫罪などで公判中=の依頼を受け、県警蟹江署の刑事課に設置されていた端末を操作して自動車の車両情報を照会し、使用者の氏名や住所を同被告に伝えた疑い。

 県警によると、県警は当時、弘道会に対する捜査の一環として佐藤被告の周辺を調べていた。それを察知した同被告が、周辺で見かけるなどした車が捜査車両かどうか確認しようとした可能性がある。

 倉木容疑者は調べに対し大筋で容疑を認め、「1999年ごろに佐藤被告と知り合った」と供述しているという。

 佐藤被告は、弘道会の資金源を捜査していた県警の警察官を脅迫したとして起訴され公判中。5月に検察側の証人として出廷した同被告の元交際相手の女性は「『警察は金で買える』『一番ランクが上の人で2千万円ぐらいで買ったことがある』と(同被告から)聞いた」と証言した。

 倉木容疑者は76年に警察官となり、殺人や強盗などの事件を担当する捜査1課に長く所属している。

 19日記者会見した県警の伊藤昇一警務部長は「警察官がこのような事件を引き起こし、県民の皆様に深くおわびを申し上げる。捜査結果を踏まえて厳正に対処する」と謝罪した。


           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★愛知県警情報漏えい:警部に尾行車照会依頼…風俗店経営者

 愛知県警警部による情報漏えい事件で、風俗店グループ「ブルー」の実質的経営者、佐藤義徳被告(56)が「知人女性が不審な車に尾行されているので調べてほしい」と、捜査1課警部の倉木勝典容疑者(55)=地方公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕=に車両情報の照会を依頼していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 依頼した2012年8月当時、県警は佐藤被告が関与した脅迫事件の捜査を進めており、県警捜査2課は、佐藤被告が身辺に捜査が及んでいるか確認しようとしたとみている。

 この脅迫事件では、佐藤被告が部下を使って、組織犯罪対策課警部に脅迫電話をかけたとされ、名古屋地裁で現在、公判が行われている。

 捜査関係者によると、佐藤被告から照会する車のナンバーを伝えられた倉木容疑者は、県警蟹江署内のコンピューター端末を使って照会をかけた。

 このナンバーは暴力団捜査を担当する部署に実在する捜査車両と酷似しているものの、一部が違っており、照会では、該当する車は存在しなかったという。

 このため倉木容疑者がナンバーの一部を変えながら複数回照会したところ、1台が該当。倉木容疑者は所有者の名前と住所を佐藤被告に伝えたという。ただ、この車は県警とは関係がなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード