14'2 京都府警 山科署 警部補、部下に銃口向ける 署員が制止

管理人一言コメント・不適格者だ懲戒免職だ!

                ・・・・・・・・・・・・・

 京都府警山科署地域課の40代の男性警部補が1月下旬、部下の20代の男性巡査に実弾入り拳銃の銃口を向けたことがわかった。府警は銃刀法違反容疑も視野に調べる。

 府警によると、警部補は1月下旬、山科署(京都市)1階で、勤務交代時にホルダーから回転式拳銃を取り出し、約10センチの距離から巡査の腹部に銃を向け、署員が止めに入った。引き金に指をかけていたとの目撃証言があるという。

 巡査が上司に相談するなどして発覚。府警は2月に入り、当時の2人の立ち位置を確認するなど事実確認を進めている。警部補は「何でやったか覚えてない」という趣旨の説明をしているという。

 府警監察官室は「現在、調査中であり、コメント出来ない」としている。



            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★京都府警:山科署 実弾入り拳銃 警官が警官に向ける

◇府警監察官室が調査開始
 京都府警山科署地域課の男性警察官が、署内で別の警察官に至近距離から実弾の入った拳銃を向けたとして、府警監察官室が調査を始めたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。調査結果を踏まえて銃刀法違反容疑などを視野に捜査し、処分も検討する。

 捜査関係者によると、警察官は1月下旬、午前中の勤務交代時にホルダーから拳銃を取り出し、間近で別の警察官に銃口を向けた疑いが持たれている。周囲にいた複数の警察官が目撃していたという。けが人はなかった。

 府警は今月、当時の状況を確認するため、関係者の証言に基づいて現場で男性警察官らの立ち位置などを確認した。監察官室は「調査中でコメントできない」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード