スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14'4 京都府警 宮津署 交通課雨森巡査部長、飲酒・当て逃げ…懲戒免

管理人一言コメント・過去に軽微な反則行為で切符を切られたドライバーは拍手、喝采だろう。上司の処分があまりにも軽すぎる。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府宮津市内で3月、飲酒運転で当て逃げしたとして逮捕、略式起訴され、罰金刑が確定した宮津署交通課の雨森和哉巡査部長(30)について、府警監察官室は10日、懲戒免職処分とした。

 「飲酒運転がばれるのが嫌で逃げた。申し訳ない」と話している。

 同署長の警視(57)と当時、交通課長だった警部 巽英人(47)(現・木津署交通課長)も口頭厳重注意とした。

 片山勉・首席監察官は「言語道断の行為。今後このようなことがないよう職務倫理教養を徹底する」とのコメントを出した。


        ・・・・・・・・・・過去の宮津署の警官犯罪・・・・・・・・・・・

★07'12 京都府警 宮津署員が当て逃げ容疑で書類送検へ

 京都府警宮津署地域課の巡査(19)が、17日に京都市伏見区内で駐車中の車に当て逃げをしていたことが、19日に分かった。伏見署が道交法違反(安全運転義務違反、事故不申告)の疑いで、巡査を書類送検する。

 京都府警監察官室によると、巡査は公休だった17日午後2時半ごろ、伏見区の自動車用品店の駐車場から乗用車で出る際、女性の軽乗用車にぶつかったのに届け出なかった、という。

 店の通報で周辺を捜索していた伏見署員が、約300メートル北のガソリンスタンドで、逃げた車によく似た車と巡査を見つけた。巡査は白いスプレー塗料で車の破損部分を隠し、最初は「記憶にない」と否認していたが、その後「ばれるのが怖かった」と認めた、という。監察官室は「厳正に対処したい」としている。


★07'05京都府警・宮津署のパトカーが電柱に衝突・脇見運転

07'05.16日未明、京都府宮津市内の府道で、京都府警・宮津署のパトカーが電柱に衝突する事故が起きた。運転していた48歳の巡査部長の前方不注視が事故の主因とみられており、警察では器物損壊容疑で巡査部長から事情を聞いている。

同署によると、事故が起きたのは16日の午前4時20分ごろ。宮津市喜多付近の府道を走行していた同署・地域課のパトカーが丁字路交差点を直進するようにして電柱に衝突した。パトカーは小破。運転していた48歳の巡査部長にケガはなかった。

巡査部長はパトロールを終えて同署に戻る途中。調べによると、サイドブレーキ付近に置いていたメモ帳が助手席側に落ちたため、これを拾おうとした際にハンドルを左方向に切ってしまったようだ。当時パトカーは30km/h程度の速度で走行していたが、メモ帳を拾っている際には前方を全く見ていなかった可能性もあるという。

警察では前方の不注視が事故に発展したと判断。巡査部長から器物損壊などの容疑で事情を聞いている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。