14'3 鹿児島県警 警視正が署長時代に1年間 家族と夕食、でも単身手当

管理人一言コメント・これは明らかに犯罪ですよ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鹿児島県警は26日、50代の警視正が、鹿児島市にある警察署の署長を務めていた平成23~24年の約1年間、自宅で大半を過ごしながら、単身赴任の手当計約30万円を受け取っていたと明らかにした。警視正は全額を返納し、県警は「故意ではない」として処分していない。

 県警によると、手当は月の半分以上を単身で過ごすことが要件だが、警視正は署の管内にある自宅に帰って家族と食事などを共にし車で十数分の官舎に戻るという生活を繰り返していた。毎月2万3千円の手当を受け取った。

 県警は昨年春ごろ、匿名の情報提供で調査を開始。警視正は調べに「官舎で寝ているから良いと思っていた」という趣旨の説明をしたという。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード