スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14'5 福島県警 捜査2課警部と上司の警視、相次いで自殺

管理人一言コメント・何かあるぞ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福島県警捜査2課で課長補佐の男性警部(51)と、上司で同課指導官の男性警視(52)が4月末、相次いで死亡していたことがわかった。

 いずれも仕事に悩む内容の遺書を残しており、県警は2人とも自殺したとみて、死亡した経緯を調べている。

 県警幹部によると、警部は4月28日朝、同課の分室がある福島市の同県警山下庁舎内で首をつって、死亡していたのが見つかった。「疲れた」「(仕事が)大変だった」などと仕事の悩みについて触れた遺書が残されていた。さらに、同30日午前、警視が山形県内で首をつって死亡しているのが見つかった。警視は、警部の死亡について、「部下を守れなかったことについて責任を感じた」などといった内容の遺書を残していたという。

 福島県警警務課の久野浩課長は、「プライバシーに関わることなので、現時点ではコメントを控える。不審な点などがあれば調査していく」としている。

 警視は、同県警捜査2課の課長に次ぐナンバー2で、知能犯や金融犯罪の捜査を指揮していた。警部は同課のベテランで、なりすまし詐欺など特殊詐欺事件の捜査を担当していたという。2人を知る県警幹部は「2人とも知能犯罪捜査のプロ。結果も出ていたのに」と話している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

座間の被害者、福島の二本松市の高校生
行方不明な捜査も、ろくにしないのは全国の警官全てだが、他被害者の、兄が行動起こさない限り
あの福島の女子は永久に見つからなかった程に
福島県の警官は仕事しない、内部さえ自殺警官だらけ
もみ消し得意だから、パワハラあんかけ事件も
福島県じゃ有名だが、市民がしたら傷害暴行罪を
パワハラ警官に、10人近く傷害や暴行された警官は
誰も被害届け出さない。市民がやったら即逮捕を
警官のパワハラは、上層が被害届け出すな脅しだろ
陰険福島県は警官も態度も陰険ネチネチ男ばかり
市民がやったら即逮捕も警官がやれば許され
福島県はヤクザより警官の方が無法地帯の糞だらけ
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。