14'6 山口県警 50代巡査長が盗み、懲戒処分

管理人一言コメント・訳けがわからん!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警の50代の巡査長が今年4月、リサイクルショップで、レコードプレーヤーに貼ってあったプレートを盗んだ疑いで書類送検され、減給3ヶ月の懲戒処分を受けていたことが分かった。

 懲戒処分を受けたのは県内の警察署に勤務していた50代の男性巡査長。
県警によると、この巡査長は今年4月、県内のリサイクルショップで、商品のレコードプーヤーに貼ってあったメーカー名の入った金属製のプレート1枚を剥ぎ取り、盗んだという。

 剥ぎ取ったプレートをポケットに入れるところを店長が発見、警察に通報したもので、県警は先月29日、巡査長を窃盗容疑で書類送検し、減給10分の1、3ヶ月の懲戒処分とした。

 巡査長は、その日の内に依願退職したという。
公務上の犯行ではなかった為、県警の発表基準には該当せず、山口放送の公文書開示請求で今回の処分が明らかとなった。

 県警の伊藤正恭首席監察官は「警察職員がこのような行為をしたことは誠に遺憾。今後、全警察職員に対する指導を徹底し、再発防止に努めてまいる」とコメントしている。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★オーディオ趣味の巡査長「憤り」盗んだものは…

 山口県警宇部署管内の駐在所に勤務していた50歳代の男性巡査長が、商品を盗んだとして減給10分の1(3か月)の懲戒処分を受けていたことがわかった。

 処分は5月29日付。県警は同日、窃盗容疑で山口地検に書類送検し、巡査長は同日付で依願退職した。

 県警監察官室などによると、巡査長は4月21日、山口市のリサイクルショップで、商品のレコードプレーヤーに付いているメーカーや製品番号を記した金属製プレートを盗んだ疑い。巡査長がプレートをはぎ取り、ポケットに入れる様子を店長が目撃。声をかけると、犯行を認めたという。

 巡査長はオーディオが趣味で、この日は休みだった。「日本製のプレーヤーにアメリカ製のプレートが付いていたことに憤りを覚えた」と話したという。同室は「証拠隠滅や逃走の恐れがないほか、プレートにも商品価値がなく、逮捕しなかった」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一般人だったら新聞に実名が載るぞ!書類送検?減給?ありえんだろ!
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード