スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14'9 長野県警 警察学校の教官、セクハラで停職 警部補

管理人一言コメント・助けようがない。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長野県警が、女性警察官にセクハラ行為をしたとして警察学校で教官を務めていた40代の男性警部補を停職1カ月の懲戒処分にしていたことが9日、県警への取材で分かった。処分は8月21日付で警部補は同日、依願退職した。

 県警によると、警部補は教官だった昨年夏から今年春にかけ、過去に学校で教えていた複数の女性警察官を別々に食事に誘い、その場で体を触るなどした。4月に被害に遭った女性警察官が上司に相談し、発覚した。

 県警は「被害に遭った女性の保護のため」との理由で、今回の処分を発表しなかった。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★長野県警警部補がセクハラ 複数の女性警察官の体触る

 長野県警察学校(長野市松代町)の教官だった40代の男性警部補が昨年8月から今年春にかけて、同校卒業生の複数の女性警察官を官舎に呼び、体を触るなどのセクハラ行為を繰り返したとして、停職1カ月の懲戒処分を受けたことが、9日に分かった。県警監察課によると、1人の女性警察官が4月に上司に相談して発覚。男性警部補は8月21日に懲戒処分を受け、同日付で依願退職した。

 同課などによると、元警部補は剣道の教官を務め、県内各地に勤務する女性警察官を別々に官舎に招き、セクハラ行為をしたという。元警部補は「魔が差した」と話したという。

 小林康弘課長は「今回の事案の発生は遺憾。今後、再発防止のために警察官や職員に対する指導などを徹底していく」とコメントした。

 問題発覚後に速やかに公表しなかった理由について、監察課は警察庁の指針を参考に判断したと説明。指針は職務上の問題や私的な行為でも停職以上の懲戒処分は公表すると規定しているが、被害者らのプライバシー保護のため、やむを得ない場合は公表しないと例外規定を設けている。同課は「周囲に知られたくないという被害者の意向があり、問題の公表をしなかった」と説明している。

 県警は今回の問題を受け、9日付でセクハラの相談窓口や調査担当として同課に女性警部補を配置した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。