14'9 京都府警 飲酒運転で警部補書類送検=今年3人目

管理人一言コメント・たるみ切ってる京都府警。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警は18日、酒気帯び運転をしたとして、道交法違反容疑で川端署地域課の警部補(57)を京都地検に書類送検し、1カ月の停職処分とした。警部補は容疑を認めており、同日付で自主退職した。府警では今年、他に2人の警察官が飲酒運転で書類送検されている。

 送検容疑は8月13日午前11時ごろ、京都府亀岡市内で酒を飲んだ状態で大型バイクを運転した疑い。

 府警によると、倒れたバイクを起こそうとしている警部補を亀岡署員が発見し、酒のにおいがしたため検査したところ、基準を超えるアルコールが検出された。警部補は前夜に飲酒しており、「酒が少し残っている自覚はあったが、基準値以上はないだろうと思った」と話しているという。

 片山勉・京都府警首席監察官の話 短期間に警察官が相次いで飲酒運転事案を起こしたことは痛恨の極み。検証を徹底し、信頼回復に努める。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼今年2人目の飲酒運転

☆14'9 宇治署 飲酒運転の54歳の男警部補、懲戒免職
管理人一言コメント・当然の処分だ。

 宇治署の54歳の男性警部補が警察の会合で酒を飲んだ後、車を運転したとして、京都府警は4日、警部補を書類送検するとともに、懲戒免職処分にした。

 警察官の飲酒による不祥事に京都府警は「極めて遺憾であり、再発防止に努める」としている。

☆14'8 宇治署 警部補が飲酒運転疑い 同僚と宴席後に
管理人一言コメント・懲戒免職です。

 京都府警宇治署警務課の50代の男性警部補が7月下旬、同僚と飲酒後に京都市内で車を運転した疑いのあることが21日、府警関係者への取材で分かった。警部補は帰宅する途中で、路上に駐車した車内で酩酊(めいてい)状態で寝ていたとみられる。府警の調べに「酔って寝ていた。自分で運転した」と話している、という。

 警部補が飲酒運転をしたとみられる時期は「夏の交通事故防止府民運動」の期間中だった。府警は道交法違反(酒酔い運転)の疑いも視野に捜査し、容疑が固まれば書類送検する方針。監察官室は警部補の処分を検討している。

 府警関係者によると、週末の夜、各警察署で柔道を教える警察官の「意見交換会」が上京区のホテルであり、警部補はビールなどを飲んだ。その後、下京区の駐車場に止めていたマイカーを運転して府南部の自宅に向かったが、途中の同区河原町通七条交差点付近で停車し、エンジンをかけたまま運転席で寝込んでいた、という。

 府警関係者の説明では、通行人からの110番で下京署員が駆けつけ、警部補の呼気から基準値を上回るアルコールを検出した。

 府内では、2年前に東山区祇園や亀岡市で多数の死傷者を出す事故が起きた。今年6月には福知山市で高校生が飲酒運転の車に引きずられて重傷を負う事件もあり、府警は専従の取締係を設けて悪質運転者の取り締まりを強化している。府警監察官室は「現在、調査中であり、調査結果に基づいて処分する」としている。


★警官、はしご酒して運転か…路上駐車で居眠りも

 京都府警宇治署警務課の50歳代の男性警部補が、職場の懇親会で飲酒後、車を運転した疑いがあり、府警が道交法違反容疑で捜査していることがわかった。


 捜査関係者によると、警部補は7月24日夜、京都市内で同僚やOBらも出席した懇親会で飲酒。その後、別の店でも酒を飲み、路上駐車した車内で寝ているのが府警の警察官に見つかり、飲酒検知でアルコールが検出された。この直前に別の場所で迷惑駐車だとして通報され、移動しており、府警は酒気帯び運転容疑で捜査している。警部補は任意聴取に「はっきり覚えていないが飲酒運転したと思う」と話しているという。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼1人目飲酒運転

☆14'9 生活経済課 酔って自転車窃盗容疑=巡査部長を書類送検
管理人一言コメント・自転車盗と飲酒運転で減給、処分が軽すぎる。

            
京都府警は酒に酔って自転車を盗み酒気帯び運転をした男性巡査部長を、4日付で書類送検するとともに減給の懲戒処分とした。窃盗の疑いで書類送検されたのは京都府警生活経済課の33歳の男性巡査部長。警察によると、巡査部長はことし6月、酒を飲んで帰宅する途中、奈良市内の民家から自転車を盗んだ疑い。巡査部長はその後、酒に酔った状態で6キロにわたって運転していた。巡査部長は「歩いて帰るより自転車がある方が楽だと思った」と容疑を認めていて、4日付で減給処分となった。

            
★ 京都府警は4日、飲酒後に帰宅するため自転車1台を盗んだとして、窃盗容疑で府警生活経済課の巡査部長(33)を京都地検に書類送検した。同日付で減給の懲戒処分とし、巡査部長は依願退職した。

 送検容疑は6月4日午前1時ごろ、奈良市内の路上に無施錠で駐輪されていた自転車1台を盗んだ疑い



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

千住警察署員

 警察官は職業上、非常に犯罪率が高いが、刑事責任を問われるケースがまれであるので、彼らに社会的制裁を行い、彼らを差別しましょう。
プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード