スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14'11 福島県警 警部補が自殺 捜査二課勤務、4月に続き3人目

管理人一言コメント・異常事態。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警本部捜査二課に勤務する40代の男性警部補が12日夕、南相馬市内の山中で遺体で発見された。首をつった状態で、遺書が残されていた。県警は自殺とみている。同課では4月にも幹部警察官2人がパワーハラスメントを背景に相次いで自殺している。

 県警警務課によると、男性警部補は12日午前、公務のため1人で南相馬市方面に公用車で出張した。同日昼ごろ、出張先から県警本部に戻ると連絡が入ったが、戻ってこなかった。携帯電話が通じないため、関係者が捜索した。

 同日午後5時すぎに南相馬市鹿島区上栃窪の真野ダム近くの山林で車を発見、約100メートル離れた場所で遺体を見つけたという。車内に上司や家族宛ての自筆の遺書が残されていた。

 県警捜査二課では今月、昨年から先月にかけて県警本部内にある同課の執務室内から複数回にわたり捜査費合わせて十数万円がなくなっているのが発覚。被害届を受けた福島署が窃盗の疑いで捜査している。同署などは同課所属の警察官ら全員から事情を聴いており、男性警部補はこれまでの聴取に対して窃盗への関与を否定していた。捜査費は管理を担当する幹部が各捜査員に支給する仕組みで、男性警部補は窃盗の被害には遭っていなかったという。

 妻宛ての遺書には「泥棒はしていない。これだけは信じて下さい」、上司宛てには「信頼を裏切って申し訳ない」などの言葉が盛り込まれていたという。

 県警警務課の久野浩統括参事官兼課長は「自殺の動機は現段階で判然としない。貴重な人材を失ったことは大変に残念で、心からご冥福をお祈りする。県警として、さらに再発防止策に取り組む」と述べた。

■4月に続き3人目
 4月にも男性の警視と警部が当時の上司からのパワーハラスメントを背景に相次いで自殺した県警捜査二課。「2人が自殺した段階で抜本的な対策を打ち立てることはできなかったのか…」。今回の男性警部補を含め今年3人もの自殺者が出た異常事態に、県警のある幹部は苦悩の表情を浮かべた。

 県警は4月に自殺者が相次いだことを受け、従来の相談窓口に加え、警務課内に本人をはじめ家族からの電話相談窓口を設けて体制を拡充した。精神状態のチェックなどにも取り組んでいた。県警によると、12日夕に遺体で見つかった男性警部補からの相談はなかったとみられる。

 男性警部補は選挙の取り締まりを担当していた。通常、捜査員は2人1組で行動することが多い。しかし、1人で出張先に向かい、命を絶った。別の幹部は「(捜査費の盗難が発生するなど)捜査二課を取り巻く現状を考慮すると、不測の事態を予測して単身での行動は慎ませるべきだったのではないか」と悔やんだ。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★警部補自殺…県警幹部 動揺隠せず

 県民の命を守る県警の中枢でまた1人、警察官が自ら命を絶った。南相馬市の山中で12日夕、死亡しているのが見つかり、県警に自殺と断定された捜査2課の40歳代の男性警部補。同課では4月にも2人の自殺が相次いだほか、捜査費の盗難疑惑も浮上しているだけに上層部に与えた衝撃は大きく、13日、取材に応じた幹部は動揺した様子で「原因を検証し、再び起こらないようにしたい」と語った。

 県警幹部によると、警部補は12日午前、南相馬市の南相馬署に「業務で行く」と言い、公用車に乗って1人で福島市の県警本部を出た。同日昼頃、「今から戻る」との電話があったが、帰る時間とした午後2時を過ぎても県警本部に姿を現さず、携帯電話もつながらなかった。

 課員や署員らが探し、同日午後5時過ぎ、近くにダムがある同市鹿島区上栃窪の山林で公用車を発見した。警部補は約100メートル先の木で首をつっていた。車内のかばんの中には上司や家族に宛てた手書きの遺書があったといい、上司宛てには「信頼を裏切って申し訳ありません」、妻宛には「泥棒はしていません。これだけは信じてください」と記されていた。

 同課では今年10月下旬までの約1年間に、少なくとも4回、公金の捜査費約11万円がなくなっており、県警が捜査。捜査費は庁舎最上階の5階にある同課の部屋で保管されており、内部犯行の可能性があるとみた県警は、警部補ら課員から事情を聞いた。この時の警部補の話は、知っていることはないとの趣旨だったという。

 4月には、当時の課長からパワーハラスメントを受けた課長補佐の警部(当時51歳)が自殺し、直後には課ナンバー2の警視(同52歳)も警部について「最後まで寄り添うことができなくて申し訳ありません」との遺書を残して自殺。県警はこれをきっかけにパワハラなどの相談窓口をつくったが、警部補から相談はなかったという。

 13日、報道各社の取材に応じた久野浩・警務課長は「貴重な人材を失い大変残念」と険しい表情で話した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

嬉しい限り

福島県警と言う名の犯罪者集団は、もっともっと自殺してくれたら福島は平和になるのに、1匹でも死んでくれたら、嬉しい限りw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。