14'12 大阪府警 捜査資料8千点 16年にわたって自宅に放置…男性警部補を書類送検

管理人一言コメント・監督責任なしの甘い処分だ事。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警都島署の男性警部補(60)が平成8年から16年にわたって担当した事件の捜査書類や証拠品などの資料を自宅に持ち帰っていたとして、府警は17日、公用文書毀棄(きき)と証拠隠滅容疑で書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。

 持ち帰っていた資料は約8千点に上ったが、焼き増し写真が7割を占めるなどし、府警は400点(51事件分)について立件した。

 警部補は同日付で依願退職。「能力不足で作成途中の書類をため込んだ。仕事ができない奴と思われるのが嫌で引き継がなかった」と話しているという。

 府警監査室によると、元警部補は8年10月~24年3月、天王寺▽大淀▽西成▽淀川-各署の刑事課で勤務。この間担当した資料を異動時に引き継がなかった。

 約8千点のうち捜査対象としたのは、指紋や体液の付着したガーゼなどの証拠品と捜査書類の982点。ほかは、予備として焼き増しした現場写真が全体の7割を占めるなど刑事責任を問えないものだった。

 時効成立などもあり、982点のうち立件できたのは400点。51事件のうち未解決は37事件で、ひったくりや置引、自動車盗が多く、殺人などの重大事件はなかった。同室は「捜査への影響は今は確認されていない」としている。

 書類送検容疑は、西成、淀川両署で勤務していた当時、窃盗や強制わいせつ事件などの資料計400点を署から同府枚方市の自宅に持ち帰ったとしている
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード