15'3 千葉県警 交通事故の証拠品廃棄 巡査長を減給処分

管理人一言コメント・仕事のできない警官の多いこと。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警は20日、当て逃げ事故の現場に落ちていた車のバックミラーカバーを廃棄したうえ、証拠品がなかったと報告したとして、香取署地域課の男性巡査長(53)を減給100分の10、1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は辞職の意向を示しているという。

 県警監察官室によると、巡査長は2011年7月、香取市富田で発生した乗用車同士の当て逃げ事故で、現場に残っていた逃走車のバックミラーカバー1個を交番の個人ロッカーに保管。証拠品がなかったとする虚偽の文書を作成し、同署交通課に提出した。ミラーカバーはロッカー整理のため自宅に持ち帰り、13年末ごろにごみとして廃棄したという。

 昨年5月中旬、被害者男性から捜査状況の問い合わせがあり発覚。巡査長は県警の聴き取りに「捜査が面倒だった」と説明。県警は6月、巡査長を証拠隠滅と虚偽公文書作成・同行使の疑いで書類送検し、千葉地検は起訴猶予とした。

 事故は昨年7月で時効が成立。県警は被害者男性に謝罪したが、男性は憤慨したという。同室は「証拠品があれば摘発の可能性はあった」としており、斉藤憲一首席監察官は「警察の信頼を著しく損ね関係者に深くおわびする」と述べた。

 県警では、館山署でも当て逃げ事故のミラーを廃棄していたことが判明し、同室が昨年12月に懲戒処分した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード