15'6 奈良県警 交通違反もみ消した巡査部長逮捕

管理人一言コメント・事故処理が出来ない警官が多いのが実態、供述調書も満足にとれない警官がゴロゴロ。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・

 無免許運転で交通事故を起こした男を取り調べながら違反をもみ消したなどとして、奈良県警は3日、県警奈良署交通2課主任の巡査部長、中西祥隆容疑者(44)=同県橿原市新賀町=を犯人隠避と虚偽公文書作成・同行使容疑で逮捕した。

 県警によると、中西容疑者は相手の男から現場で現金を受け取り、事故後には男が経営する派遣型風俗店を無償で利用しており、贈収賄容疑でも捜査している。

 県警は同日、車を運転していた住所不定、風俗店経営、堀遼被告(24)=風営法違反罪などで起訴=を道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕した。

 中西容疑者の逮捕容疑は、県警高速隊に勤務していた昨年1月22日午後2時ごろ、同県大和郡山市の西名阪自動車道で事故を起こした堀容疑者が無免許運転と知りながら、堀容疑者に風俗店従業員の20代男性を呼び出させ、身代わりになるよう男性に持ち掛けて犯人を隠避。さらに同日、虚偽の書類を隊の上司に提出したとしている。中西、堀両容疑者は容疑を認めている。

 県警によると、中西容疑者はパトカーで取り締まり中、速度超過をしていた堀容疑者の車を追跡。堀容疑者の車は約3キロ逃走して側壁に接触して停車し、その際に無免許運転が発覚した。

 中西容疑者は「翌日が非番で長期休暇も予定しており、事故処理が煩わしかった。事件捜査も苦手だった」と供述。県警は、現金やり取りの経緯や風俗店の利用状況なども追及している。また、パトカーに同乗していた20代の男性警察官と、身代わりの男性についても犯人隠避容疑で任意で事情を聴いている。

 4月に風営法違反事件で逮捕された堀容疑者の携帯電話の履歴調査から、中西容疑者との関係が浮上した。

 県警の大久保英二首席監察官は「県民の信頼を損ねたことについて深くおわびする。捜査の結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード