スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15'6 三重県警 監視の巡査長居眠り…保護男性の自殺発見遅れる

管理人一言コメント・処分が軽い、人命を軽視している証拠。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・


 三重県四日市市新正の四日市南署に保護されていた同市、自称土木作業員の男性(当時52歳)が首をつって自殺した問題で、監視に当たっていた50歳代の男性巡査長が居眠りをし、発見が遅れたことが、県警への取材でわかった。

 県警は5月29日付で、男性巡査長を所属長注意処分とした。

 県警によると、男性は今年2月26日午前2時20分頃、泥酔した状態で同署にタクシーで運ばれ、暴れたことなどから保護されたが、約1時間後、保護室で首をつっているのを男性巡査長が発見した。男性は病院に運ばれたが、その後、死亡した。

 県警の調べで、男性巡査長は、首をつった状態に気付くまで8分かかっていることが判明。居眠りで発見が遅れたと結論づけた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。