15'8 千葉県警 被災地応援の巡査長公然わいせつ、処分公表せず

 東日本大震災の被災地応援で千葉県警から出向して福島県内の警察署に勤務していた男性巡査長が、公然わいせつ容疑で書類送検され、福島県警が減給100分の10(1か月)の懲戒処分にしていたことが、県警幹部への取材でわかった。

 書類送検と懲戒処分はいずれも今年2月で、巡査長は同月に依願退職したが、県警は事案を公表していない。

 県警幹部によると、巡査長は昨年9月、勤務時間外に県内の建物のエレベーター内で、乗り合わせた女性の前で下半身を露出した。女性と面識はなく、女性の関係者からの通報で発覚。県警の調べに対し、事実を認めた。巡査長は略式起訴され、罰金10万円の略式命令を受けた。

 懲戒処分を公表していない理由について、県警監察課は「職務中の行為でない場合は停職以上の処分を公表対象にしている。被害女性の希望などを総合的に判断した」と説明している。警察官の不祥事については「信頼を損ねる行為で誠に遺憾。信頼回復のため、再発防止を徹底する」としている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「職務中の行為でない場合は停職以上の処分を公表対象にしている。」

 そんな取扱いしているから不祥事が減らないんだ。

『県警幹部』『監察課』が千葉と福島のどっちの県警なのかよく分からないです。
採用・教育・出向人選、全て千葉県警だと思いますけど…
福島県警の不祥事として処理されてる気がします

千葉県警の職員を受け入れた福島県警の自業自得な部分もありますけど、福島県警や被災地に丸投げするのはちょっと……
プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード