15'11 京都府警 刑事部 警部補、自転車飲酒運転の疑いで聴取

管理人一言コメント・京都府警の組織は人間関係が最悪、チンコロが多い!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警刑事部に所属する男性警部補が、飲酒した状態で自転車を運転した疑いがあるとして、府警が道交法違反容疑で任意聴取していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、警部補は9月下旬、京都市西京区の阪急京都線桂駅周辺の路上で転倒し、病院に搬送された。目撃した通行人が通報したが、飲酒していた疑いがあり、府警が詳しい状況を調べている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 妄想で人が死にますか?警察が毎日来ますか。貴方方も逆の立場で一切の孤立無援になった場合、今と同じ状況でおられますか。
「緊急」ですから貴方方にも我々と同じ状態になったとしても一切の責任は負いかねます。
「身の危険」罪状なくても逮捕できる」貴方方も選択や手段を断たれた時、同じ事がいえますか。「カサンドラクロス」生と死の分岐点の中、冗談や妄想は言えない。貴方方にも我々と同じで「将軍たちの夜」の様に容赦ない弁明の余地すらない「死の恐怖」に立たせなければいいのですが。相談の封書内の写真を見比べれば納得すると思います。身の危険」なのです。盗聴された形跡があり朝日新聞の各所に我々の会話や封書の内容が掲載されPCでは禁句として投函できず、外部も同様。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。詳しくは後程。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。「紅の党」「マンガ日本人と天皇」を読めば言わんとする事が解ります。兄の交通事故が1994年。前年の1993年に「ある筋」で世間でも週刊誌で有名です。近年、「OOを中心としたOOの国」といえば解る筈。隣国の公安当局のそれをしているのです。私が危惧しているのは、ISの「日本の首相へ~自ら進んで今回の十字軍に参加した」彼らの無自覚さ故に影響力故、他に災いを及ぼし兼ねない。
プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード