17'12 京都府警 城陽署 警察署内で実弾1発を発射 分解点検中


 京都府警城陽署は12日、警務課所属の40代の男性警部補が、署内で拳銃を分解点検中、実弾1発を発射したと発表した。
けが人はなかった。

実弾を装填していない状態で点検するのがルールだといい、同署が経緯を詳しく調べている。

 城陽署によると、警部補は12日午前10時10分ごろから拳銃庫で「精密手入れ」と呼ばれる年1回の分解点検を始め、約45分後に最後の拳銃の点検を終了。

引き金を正常に引けるかどうか確認するため、天井に向けて1丁の引き金を引いたところ、実弾が発射されて天井にめり込んだという。

 拳銃は5発装填(そうてん)するタイプで、4発が残っていた。

 同署の竹下浩之副署長は「職員の指導・教養を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード